ICAST. 大いなる西部~メキシコ沖

DSCF2201.JPG

Gear-Labは世界最大級と言われるラスベガスのICASTフィッシングショーに出展して参りました。

http://www.icastfishing.org/

Gear-Labスタッフ3名とGear-LabUSAスタッフ1名の合計4名の珍道中です。

DSCF2214.JPG

それにしても大きな会場です。

63カ国から約500社の出展ですが、日本と少し違うのはゲストは一般の釣人ではなく世界中から釣具バイヤーがやってくるという点です。

DSCF2218.JPG

Gear-LabはEZノッターを中心に新製品を出しました。バイヤーの評価は非常に良かったのですが、私たちは色んな点で準備不足。しかし、本当に得るものが多く勉強になりました。

来年はフロリダのオーランドでICASTは開催されるのですが、Gear-Labの主砲製品を揃えてICASTアワードを狙いに行こうとたくらんでおります。

ただ・・・スタッフの殆どがフロリダに釣りに行きたいだけ・・・・・・・・のような気が・・・・・・・

スミマセン。ウソつきました。それは私でした。

DSCF2221.JPG

で、他のブースからまたまた面白い釣具を見つけましたので皆さんにご紹介できるのが楽しみです。

それにしても私のエイゴ・・・どうにかならんもんでしょうか。毎回成田決心です。

IMG_0307.jpg

さて、旅には食事です。ラスベガスはカジノとショーと食事です。

肉食系のGear-Labスタッフは、コノ世にこんなに旨い肉があったんだ!と感動してその日から肉、肉、肉、肉・・・・・という偏った食生活。

写真のステーキですが、左奥からリブアイ、ニューヨークステーキ、プライムリブです。

私はニューヨークステーキがこんなに旨いとは信じられない!生まれて初めて食べる旨いステーキ!

プライムリブが最高だと信じていた。こんなに食事で感動したのは久しぶりです!

日本のオイリーな霜降り肉は一口でもう十分ですが、アメリカの赤身の柔らかい上等な肉はとてもヘルシーで、なんだ~これ~!「もう、どこにでも連れてって~」って感じです。

IMG_0306.jpg

ちょっと変わった料理。 ザリガニです。まさしく私たちが子供のときに釣っていたアメリカザリガニです。これをバリバリ食べてしまうアメリカ人。ちょっとカルチャーショックでした。

今回のラスベガスはカジノより飲むこと喰うことに専念してしまいました。

正直言うとカジノで100ドルあっという間に負けてしまいました。得意のブラックジャックテーブルが少なかったのが残念。スリーカードポーカーがやたら多かったです。

さて、最終日は3時に終わってモハビ砂漠を突っ走ってロスアンゼルスへ。

DSCF2196.JPG

とてつもなく広い西部。昔の西部劇のシェーンやOK牧場の決闘などそして最近ではバクダッドカフェの映画シーンの中にいるよう。サボテンがある砂漠にはガラガラ蛇やサソリも多いそうです。

IMG_0299.jpg

ロスアンゼルスにあるサーフィンのメッカ、レドンドビーチのピアの上です。

地元の人達がなんと「サビキ」で鯖を釣ってます。釣った鯖はクーラーではなく段ボール箱にすし詰め。持ち帰ってどんな料理するのか見てみたいものです。

それにしても日本の「サビキ」がアメリカでこんなに使われているとは。でも集魚材は一切使わない釣りなのです。

DSCF2266.JPG

釣具店には銃も売ってました。安いやつは100ドルくらいからあります。ファットな白人中年女性が銃を構えているのが妙に様になっていたのが印象的でした。

DSCF2267.JPG

お昼くらいは別の料理をということでベトナム料理。これが異国情緒たっぷりでまたまた旨いのです。

アメリカ全土にベトナム人がいてベトナム料理はどこに行っても食べられるとのことで、特に国の政策でドーナツ屋さんは殆どがベトナム人経営らしいです。

さて、翌日は一路サンディエゴへ。

DSCF2285.JPG

船に乗る前にまたまた「The 肉」を平らげて安心している地元民に定着しやすい橋本さん。カリフォルニアの風が気持ちいいとご機嫌のJUNさん。

夜9時出航のSEA ADVENTURE Ⅱに27人乗り込んでメキシコ湾沖で翌朝から釣りです。

IMG_0317.jpg

殆どの人たちが活きエサのノマセ釣りでマグロやカツオ、ヒラマサを狙います。

私達だけジギング。

    ↓どうにかならんかな~。この人たち。

IMG_0311.jpg

と!トローリングにキハダマグロ15kgが4匹ヒット!

スタン(船尾)に竿をこうやってぶら下げて結構速いスピードでトローリングします。

IMG_0314.jpg

衛生放送でワールドカップを見ながらの釣りでしたが、私たち4人だけ日本人で他はアメリカ人。

声援をおくりながらも妙に日本人に気をつかっている雰囲気のアメリカ人。

しかし。ナデシコジャパンが勝ってからまた妙に静まった雰囲気。

古川さんが大物を掛け粘って粘って・・・・・・・大バラシ!残念!

私はマジメにマジメに竿をしゃくったのですが・・・丸ボーズ。

メキシコ国境のサンディエゴに帰港し、食べたのは本場メキシコ料理です。

IMG_0318.jpg

タコスやチリビーンズ。そして本場コロナビールが妙に旨い。

 

さてさて、来年のフロリダで開催されるICASTは勿論申し込んできました。

もし、ご一緒したい方がおられれば是非ご連絡ください。

フロリダでマグロやカンパチやマリーンを狙っての釣りも楽しみです。

続・フィッシングショー

Gear-lab初出展のウワサを聞いて、初めてフィッシングショーを見に行って参りました。 地元の方々ならいざ知らず田舎モンにとっては一大イベントです。 もちろん投げ釣り関係とエギング関係のメーカーさんのブースも見たいし、高名な各テスターの方々とも話したいし...そんな田舎モン丸出しの横浜遠征であります。

まず最初に探したのはもちろんGear-labブース。 入場口で出展社ガイドをチェックするも、かなりのブース数にビックリ!! Gear-labの名前を探すもなかなか見つからないんです(^^;; そこでとにかく回って探すことにしました。 ダイワ・シマノ・がまかつ・富士・ゴーセン・サンライン・ささめ・ヤマシタ・デュエル・エバーグリーン・第一精工などなど、気になるブースの位置を確認しながらウロウロ徘徊したところ、「トライアルブース」の一角にこんな人だかりを発見しました。

隙間から覗いてみるとこんなオジさんがカッコ良くEZノッターの実演をしてました!

  2010021314220001.jpg

よ~く見るとイケメン...(?) 怪しい雰囲気もありますが、いいスマイルですね~

しばらく様子を見ていると、5~6分置きに続々とお客様がやって来ては実演をジ~ッと見てます。きっとGear-labのサイトを見て相当気になっていた方々なんだろうなと感じました。 中には投げ釣りで有名な方も見かけました。 強くて簡単なノットに対するニーズの多さを実感です(^^)

DETCHさんへの挨拶もそこそこに、ここからは各メーカーさんのブースを回ることにしました。 気になる大手メーカーのブースでは、投げ釣りテスターの方々にお願いして話し込んだり写メを撮ったり... いい歳コイたオッサンは、すっかり舞いあがっておりました~

 2010021313440000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

名人、もしかしてその手にあるのは新商品の0.3号ですか?

メチャメチャ気になりますね~

秋の釜谷浜でお待ちしております!

 

2010021315220000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは御三家そろい踏み!

草野さんに「俺と同じ体型だな~」と言われて嬉しいやら恥ずかしいやら...(^^;;

横山さん、丁寧なタイプRのご説明ありがとうございました!

日置さん、座布団カレイ遠征いかがですか?汗を拭き拭き撮影にお応えいただき、ありがとうございました!

 

 あこがれのテスターの皆さま、ド田舎モンの質問に気さくにお付き合いくださって誠にありがとうございましたm(_ _)m

出来るものならキスの大会本番でもう一度お会いしてご挨拶いたしたいものです。今年は頑張らないと!

 

夜はDETCHさんとGear-labスタッフの皆さんと中華街で楽しく一杯! 九州~大阪~静岡~神奈川と、住む地域も釣り方も狙うターゲットも違えど共通の釣りを軸とした内容は、とても初対面とは思えないくらい会話も弾んで、私の釣りや考え方にも刺激になって大変勉強になりました。 楽しい宴だったせいか時間が経つのも早く感じられ、あっという間にお開きとなりました。 

ホテルの部屋に戻った頃には日付も変わっていました。それからは記憶がございません... 延々と6時間も会場内を徘徊し、更に酔っ払いも手伝ってたんじゃ仕方ないところでしょうかね~(^^) ふと目が覚めて時計を見たら6:00。テレビも電気もつけっぱなしでいつに間にか得意の爆睡モードに入っていたようです。 エコの時代になんてことを...(>_<)

しかし釣りという趣味の世界でこんなにもたくさんの人が入場し、そして自分の知らないジャンルの釣りがこんなにもあるのかと驚かされたのが実感です。 釣りの奥深さと裾野の広さをあらためて知って、刺激的な体験をさせていただきました。

DETCHさん、来年も出展されるんですか? 今から気になってます!(笑)

 

 

対馬酒酒珍道中

tsushima1.JPG
お盆に対馬に3日間釣りに行って参りました。いえ・・・ウソつきました。
お酒を飲みに行ってまいりました。(~_~;)

同行者は酒好き「魔王さん」
私はあまり飲みたくなかったのですが、(゜O゜)☆\(--;) バキッ! すみません。またウソつきました。

深夜に車をフェリーに乗せて5時間、乗ると酒盛りスタート。

初日は、車で対馬海峡西水道から思いっきり潮があたる海神神社の前の波止です。素晴らしい海です。しかし、残念ながらあと少しでカケアガリのポイントまでジグが届かない。対馬は本当に海が綺麗です。

次は北上して田ノ浜の綺麗な防波堤。誰もいないです。ここも本当に綺麗な海でした。携帯写真ですので写り悪いです。

tsushima2.jpg


折角の良いポイントが消波ブロックである大きなテトラ積みがあるため釣りを断念。しかし、みなさん。あんなところでは絶対に釣りはしてはいけませんね。落ちたら高い確率で死にます。(>_<)
早速内側でブッコミ釣りでチヌ狙いに、魔王さんはイカ狙い。。。
海はムチャクチャ綺麗。・・・しかし暑い!!メッチャ暑い!!クールビットが大活躍でした。私には今後酷暑の時期にこれがない釣りは考えられません。氷水にクールビットを浸すともう天国です。(^。^)

それでもあまりの暑さに昼過ぎから民宿の「千馬」で一息です。
http://www.senma.info/

一息どころか二人とも思いっきりビールや焼酎を飲んでしまいそのまま夕食時まであぐらかいて幕末の志士の話しなどに熱あげて飲んだくれてしまいました。
夜近場でちょこっとイカをエギで狙うも不発。

翌朝は最南端にある豆酸(つつ)に行き、ここでも外洋の素晴らしいポイントは大きなテトラに悩まされて湾内に向けてジグを投げて私はエソや魔王さんが小さなカンパチ程度。
こりゃいかんと思い私がずいぶん以前にプロ空手をやっていたときの先輩で現在豆酸で漁師をやっている風間猛さんの漁船「風間丸」に乗せてもらうことに。
ジギングで大物を狙おうとワクワク勇んで行ったのはいいのですが、船の揺れの大きさと連日の酒は私の体調をおかしくしておりシイラ一匹を釣っただけであとはゲーゲーやっちゃいました。(>_<)
終日私は船の上でダウン。修行のような釣りでした。陸にあがるとまた瞬時に回復したのですが納竿です。(~_~;)
そのあと厳原の対馬藩の武家屋敷などを見てまわり民宿に戻ります。こういったものが二人とも大好きなのです。

今回の反省を民宿「千馬」でまた酒を飲みながらやってると対馬の名物料理に舌鼓をうってしまいました。それは郷土料理「六平汁」というさつまいもで作った麺のそばです。この味の深さはなんとも。初めて食べる味です。おかわり!
tsushima3.jpg

対馬では天皇陛下にも献上したという自慢の郷土料理らしいですが対馬に行って最大の収穫はこの「六平汁」だったような。(~_~;)

翌朝また5時間かけて博多に帰りました。

ほとんど釣行記らしいものが書けなくてスミマセン。<(_ _)> これはオフ会?
でも、キレイな海に確かに行ったしこれも釣りかなと思った今回のプチ遠征でした。

六平汁はホントにお奨めです。(^。^)

天草オフ報告

amakusa.jpg

5月24日、25日、熊本県天草の大矢野島で行われた天草オフの報告です。今回は九州メンバー6人が、ざわざわと各地から集まってきました。

宮崎市内の自宅から大雨の高速をどんどん進み、天草に着いたら向こうも雨でありまして、とりあえず6人の男が顔を合わせたわけです。宿の部屋は海に面していて、というか満潮になると部屋の前にあるコンクリの小さな階段の下はもう水面でありまして、泊まり客はわれわれのみ。昨年秋にさわいで怒られたので、今年はもう勝手にやってくれという塩梅で、少し離れた部屋をあてがわれました。これで最高の環境になった。

部屋の前には縁側があり、そこに幅1メートルほどの屋根付き通路があるのですが、われわれはここで七輪に火を入れ、まずタケノコを焼いてビール。続いてトウモロコシ、シイタケを焼いてビール。うめえうめえといいながら、肉やらなんやらも出してきてビール。宿のおばちゃんが作ってくれたおにぎりも醤油たらしてこんがり焼いてビール。

おおかぜさんが雨の中を浜に降りて、海に向かってキス釣りの仕掛けを投入。どうするのかなと見ていると、そのまま後にじりじりと下がり、そのコンクリの屋根付き通路まで竿を持ってきて、手すりにもたせかけて竿先を見ている。すぐにゴンとアタリがあって丸々と太ったキスが釣れたので、そいつも焼く。アナゴも釣れたので焼く。

「とにかく釣れたものは、どんどん七輪にのせるように」ということになり、どんどん焼く。ビールは焼酎になり、ワインになり、日本酒になり、チェイサーに1ケース買ってきたホッピーも飲み、とにかくそうやって夕方5時から朝3時半まで、「海に向かって横一列に座る男6人の宴会」は続きました。何しろ車座になる幅がないので、横一列にならざるを得ないわけです。目の前が海なのに、部屋に上がるなんてもったいないこともできません。

よく昔の青春ドラマなんかであったでしょう。男二人が少し間をあけて堤防かなんかに座り、夕焼けの海を見つめながら「あのよう」「なんだ」「ちょっと相談があんだけど」とかいうやつが。あれが6人になってさわがしくヨッパラッテいる状態なわけでした。

翌日は朝から沈みそうな手漕ぎボートを借りて、沈みそうになりながらキスを釣り、昼過ぎに解散して帰ってきました。釣りと仲間とサケはいいものであります。

幹事を引き受けたくださった安藤さんはじめ、おおかぜさん、サカタさん、あららさん、田村さん、お世話になりました。また、やりましょう(^_^)。