ショアフリップ in 鹿児島県三島村「硫黄島」

201610ioujima4.jpg

10月下旬に『ショアフリップ』を持って鹿児島県三島村の硫黄島に行ってきました。とは言っても釣りがメインではなく、早朝から午後までは所用の予定がいっぱい~(>_<)。竿が出せるのは夕方のわずかな時間だけです。荷物もいろいろ多いので、タックルは仕舞寸法52cmとコンパクトなロッド:ダイワ・モバイルパック 806TMSと、リールはレブロス3000。ラインはPE2号にフロロカーボン・リーダー5号を「EZノッター」を使いFGノットで結束。あとはショアフリップを結ぶだけで出来上がりの超かんたんです。

201610ioujima2.jpg

硫黄島は活火山の島で、港の中にも温泉が湧き出しているので海の色が赤褐色に染まっています。しかし魚はちゃんといるのでご心配なく。島の人に聞くとこんな赤い色の岸壁の際にもオオモンハタなどのハタ類が潜んでいるとか。夕方になるとタチウオ狙いの人たちがぼつぽつ港にやってきます。私もがんばって所用をやっつけて、日没30分前に港入口の波止先端でスタートです。

潮が温泉の影響で濁っているので、ショアフリップは「ピンクゼブラ20g」をチョイス。アピールUPのため「Gブレード」を装着します。海の色が赤褐色と青色の境目となる潮目を狙ってキャスト。サミングしながら底まで沈めたら、あとはタダ巻きで楽チンなのもショアフリップの良いところ。港の景色を楽しみながら足下まで巻いてくると、よそ見をしていた時に突然「ガガガッ!」と竿を絞り込むアタリが!!

201610mekki.jpg

もう釣れちゃいました(^^)ノ。メッキサイズのカスミアジです。
島の若者たちとしばし釣り談義をしていると、日が暮れて暗くなってきたのでこの日は終了。徒歩で5分の民宿に帰りました。

翌日は、まずは所用のついでに島の南東部にある露天風呂「東温泉」に行き、目の前の絶景を楽しみながらお風呂タイム。ここは「死ぬまでに1度は入りたい秘湯」と温泉マニアの間では言われているとか。手前から高中低温の3つの湯船は、真ん中が良い湯加減でした(*^o^*)♪。

201610higasionnsenn.jpg

その先の地磯も青物が回ってくると聞いたので、風呂上がりに軽くキャスト。こんな楽しみ方もショアフリップならでは!?ちょうど干潮の潮止まりだったためか、魚の回遊はありませんでしたが潮風に吹かれて気分は最高です。

そして日没1時間前に再び港へ。波止には餌釣りの島民のおじさんがひとりだけ。あいさつをして昨日のポイントでスタート。まずは「イワシカラー30g」で遠投。しばらく様子を見ますがアタリがないので、昨日のヒットカラー「ピンクゼブラ20g」にチェンジ。潮目にキャストしサミングして沈めているとフォール中にアタリが。すかさずアワセたら強烈な引き。昨日のメッキより明らかにデカい魚です。時折ドラグを滑らせながらやりとりを堪能して寄せてくると、ほど良いサイズのサゴシでした。

201610sagoshi.jpg

餌釣りのおじさんにプレゼントすると「晩御飯のおかずが無くて困ってたんじゃ~」と大喜びで速攻で帰宅されました。僕もお腹が空いてきたので民宿へ帰ると、ご主人が船でアカジン(スジアラ)を釣ったというので、最高のお刺身をいただきました(^^)

いつもの大物釣りも良いけれど、「お手軽~簡単なショアフリップ」にもハマリそうな感じです♪
それと沖縄遠征の時に、、、活き餌を確保するのにも使えそうです!←そっちかよっf(^^;)


初釣り

神戸沖にガシラメバル狙いで行ってきました。

メバルは少なくほぼガシラ釣りとなりましたがいい感じで楽しめました。

 

 

DSC06681.JPG友人の釣った1kgオーバーのタコ!

DSC06685.JPG

明石鯛&ガシラ

友人3人と出船。

なんと一人だけ爆釣。

3時間弱で一人で7枚。

腕の差って怖いΣ(|||▽||| )

 

 

DSC06674.JPG

 

ガシラは大爆釣!

200匹超えでした。

 

DSC06675.JPG

神戸沖

友人3人ガシラ釣り行ってきました!

ポイントに到着すると風が強く全然釣りならずどうなることやらと思いましたが風が止みなんとか釣れた感じです。

 

DSC06665.JPG久々だとポイントも迷いますね。

ガシラはたまってるポイントがあるのでそこを外すと釣れないので探すのが大変でしたΣ(|||▽||| )

DSC06668.JPG

ベイトフックで太刀魚パターン

親父と二人で淡路沖に行ってきました。

雨と風で大荒れの中淡路沖に行ってきました。

最近よく釣れている太刀魚パターンでのジギング。

私の苦手な太刀魚パターン・・・

狙うはメジロ サワラ!!

ポイントに到着して数投目 

ガガッっとしたアタリがありアワセをいれた瞬間 スカッ!

サワラにジグ取られました・・・

そして更に数投目 フォールでアタリ。

大きくアワセを入れてリールを巻いた瞬間、スカっ!

またサワラにジグを取られる

ジグ高いのに(つд⊂)

そして親父にヒット!

穂先が海面に刺さりがんがんロッドがしなっている。

こりゃでかいんちゃうの!?

電動ジギングの為、リールの水深を見ると60mとなっている。

ぬ?水深25mなんですけど・・・

ちょっとドラグゆるすぎちゃうの?

その場で少し強めの設定をしあがってきたのは・・・・

DSC06662.JPG

メジロ83cm

ええなー

私も俄然やる気になりしゃくっていると・・・

3度目のサワラの襲来。

そうこうしているうちにジアイ終了となる。

やっぱ太刀魚パターンは嫌いじゃ!

 

その後鯛狙いに行くもチャリコ数匹で終了となりました。

 

 

 

大阪湾大荒れ

日曜日に行ってきました。

しかし、風がすごくて波も高く危険と判断ししばらく神戸沖で待機。

波が少し収まったので近場のポイントまで行きましたが風がすごくてボートが流れて釣りになりません・・・

う〜ん 困った

水深15m以内のなるべく浅いポイントを流すも底取りがかなり厳しい。

なんとか友人が1枚釣ってくれたもののジアイは短くバラシがあっただけとなりました。

今日は夕方の潮がいいのでなんとかそれまでもってくれたらいいなと思いながらがんばってましたが、波がまた高くなりこりゃ危険と帰ってきました。

疲れた・・・

DSC06661.JPG

ギアラボカブラ!

セブンスライドではなくギアラボ製カブラのテスト釣行行ってきました。

しかしながら風強くめちゃくちゃ釣りずらい・・・

あかんこりゃ釣りにならん

時たまアタリはあるものの超超ショートバイトのみ・・・

なんとか1匹!と思いがんばってるとやっと待望のアタリ!

しかーし、システムに問題があったかリーダーからラインブレイク

しょぼーん(´・ω・`)

友人がなんとか1匹釣り上げてくれたのみとなりました。

DSC06648.JPG

その後ガシラに移動。

ここでも風強く・・・

河豚大量で・・・

潮めちゃくちゃ早く・・・

撃沈

でしたorz

DSC06646.JPG

明石鯛

友人3人と行ってきました。

今回も濁りが残ってたせいかアタリは多いもののよくばらしました

最近私はいろいろ試してるせいかちょっと迷いちぅ。

友人たちは絶好調で釣っておりました。

リリース含めたらかなりの数あがってました。

カブラは楽しいですね~

DSC06644.JPG

明石鯛&ガシラ釣り

友人と3人で行ってきました。

午後仕事終わって出発、日没までの3時間での勝負です。

なんとか午後のジアイに間にあいましたが、台風の影響かゴミだらけ!Σ(▼□▼メ)

しかも濁りがきつい・・・

と~っても嫌な予感がするもすぐに友人にヒット、いい感じでロッドが曲がるも途中でバラシ。

もう一人の友人にもヒットするも途中でバラシΣ(T□T)

アタリはあるもののショートバイト連発。

やっとこさのったと思ったらリリーサイズ・・・

( ̄~ ̄;) ウーン

このまま撃沈か!

段々潮も緩くなりなんとか1枚お刺身サイズがあがりC=(^◇^ ; ホッ!

06630.jpg

 

続いてガシラ釣りの為、神戸沖へ移動。

 

DSC06632.JPG DSC06633.JPG

ここでもショートバイト連発で食いが浅いもののなんとかいい感じに釣れました~

DSC06636.JPG

明石沖でUSリール

風が強く釣りずらい中なんとか釣ってきました。

DSC06623.JPG朝一からこんな感じでぽつぽつと・・・

DSC06626.JPG釣り初の友人も小ぶりながらなんとか1枚ゲット!

私もUSリールで本日最大の60cmを釣りあげました~。

このサイズだとドラグがでるのでUSリールのドラグの滑らかさがわかりますね。

DSC06629.JPG

神戸沖

ちょこっと時間あったので行ってきました。

なんとか夜0時に船着場に到着し速効で準備して出船。

この間から釣れているメインポイントに行くと漁師さんが網を入れてらっしゃる・・・

せっかく好調だったポイントなのにΣ(T▽T;)

しょうがないのでポイント移動。

ぽつぽつ拾いながらポイントを流していく。

潮の流れも弱く風がほとんどないので釣りやすいけど暑い・・・

DSC06616.JPG DSC06618.JPG

チヌにガシラに絶好調でした。

よく釣れるし釣りやすいしいつもこんな感じなら楽ですね~。

DSC06620.JPG

usリール大活躍!

金曜日の朝、「今週日曜日行ける~?」との電話。

潮を見てみると午後からかなりいい潮が来る予定だったので、子供とのプールの約束があったがなんとか説得し行ける事になりました。

・・・が、友人から「ゴメン、用事できた;;」って事で中止にしようかと思いましたが、こんだけ潮のいい日に行ける事なんてあまりない為、1人で出船!

ちょっと早く着いた為にゆっくり燃費運転でボートを走らせポイントに向かうと、ポイントに着くとゆっくりしすぎてすでに数隻の船が・・・しくった出遅れたorz

さっそく釣り開始、一流し目からアタリがあるものの乗らない。

二流し目、すぐにアタリがあり今度はのった!しかもかなりいいサイズのようでUSリールのドラグが滑らかに出るも水深50mで30mほど巻いた心でラインブレイクΣ(T▽T;)

どうやら、カブラを丸のみにされた感じ。

うぅ・・今日のメインは午後だから!と気持ちを落ち着かせる。

そしてガシラ5連発。

徐々に潮が緩んでくる、午前中の潮が終了間近に・・・

ま・・・まぁ今日は午後からの・・・ry

午前中はダメかなぁって感じが濃厚に。

 

マケチャダメダマケチャダメダマケチャダメダ。

気合いを入れ直し再度ボートを流すと・・・

カブラが底に着きかけた時に行き成りかっさらうようなアタリがきました。ついに大鯛が(ウソ)

ロッドが海面に突き刺さりドラグがちょびっと出ますw

でもまぁそこそこのサイズかなぁって思いながら上がってきたのは

06604.JPG50cmちょいの立派な真鯛。

身高があり身も分厚い立派な真鯛でした。

これでとりあえず一安心。

その後、すぐにアタリがあり今度はちびっこのリリースサイズ。

06607.JPG

しかし、フックが鰓に入っており血が出てたのでリリースせずにお持ち帰り・・・ゴメンネ。

そして似たようなサイズを数枚リリースし、潮がほとんど止まる。

午後からのゴールデンタイムに向けてポイントを大きく変更し途中潮が止まった時のスペシャルポイントにちょこっと寄って見る。

一発大物ポイントだけに期待せずにカブラを落とすと・・・

なんと一投目からアタリが!

そこそこの引き具合だけど、何かがおかしい。

何この重量感!?

嫌でも期待が膨らむ。

まさか、まさか、まさか!

 

06610.JPG

上がってきたのは大阪湾ではとても貴重なアコウ(キジハタ)!!!

明石でカブラを初めて約10年。

初じゃないけどw 明石では初めての40オーバーのアコウ!

めちゃくちゃうれしすぎて、お昼からのゴールデンタイムを残し帰港しました。

久々にいい釣りができました。

 

06615.JPG

 

 

 

 

 

UAリール

ついにUSリールの試し釣り行ってきましたよ~。

 

USリール実際に見てみると、ちょっとハンドルとクラッチのプラスチック感がチープな感じがしますね。

日本のリールは高級リールはかならずこういう所も気を使ってるのでこんな事はないですが、4万円近いにしてはもっと高級感があっていいように思います。

・・・・が逆に言うとそういう所にお金をかけてないからこの値段ですんでいるのでしょう。

 

 

まずUSリールの性能を最大限見る為、超シャローのポイントへ。

水深6mからじょじょに15mくらいに落ちて行きます。

小型が多いポイントだけど70cmオーバーの実績もある為、期待が膨らみます。

軽くキャストして斜めからカブラを巻き巻き、いい感じで底がゴロゴロ行ってます。

そして一流し目から塩焼きサイズのマダイがヒット。

すぐさまもう一匹追加、今度はさっきよりちょっと大きめ。

usリール驚いたのはバックラッシュが皆無。

単調なカブラ釣りでふと油断するとたまにバックラッシュするがこのリール、適当に投げてもバックラッシュしません。

そしてレベルワインドがない為、やはり飛距離も伸びる。

しくった・・・ケチケチせずにもっとちゃんとしたPE巻いてればよかったかも(>_<")

このPEちょっと沈下速度遅いんですよねぇ、強くて丈夫でノットも結びやすくてお気に入りなんですが・・・

友人もいい感じで釣っております。

DSC06599.JPGこんな変わったのまで!

ちなみに昨晩のガシラ釣りの疲れか、まともに釣りをしてるのはこの友人kと私だけ・・・

鯛釣りの方がメインなのにヽ(`○´)/

そしてアタリがなくなったので次はちょっと深場のポイントへ移動。

レベルワインドがない為、落下速度、感度もいい感じかも。

最初はこんなのでちゃんとレベルワインドの代わりになるの!?って思ってたけどちゃんと巻けてます(当たり前かw)

これ開発した人すごいですよね~。

そのうち日本の大手も真似してきそうです。

バックラッシュがなく、飛距離も伸びるベイトリール理想的ですね。

ここでも2匹追加して、昼前に潮が完全に変わったので納竿となりました。

せっかくのusリールのデビューなので大物がほしかったのですが、そううまくいきませんね~。

DSC06602.JPG

 

神戸沖ガシラ釣り

久々のガシラ釣りへ行ってきました。

今年は珍しく今時期にもかかわらずメバルが連発!

DSC06590.JPG

ガシラもいい感じで釣れました。

DSC06592.JPG DSC06591.JPGチヌまで!

風が強く釣りにくい日でしたがそれなりに楽しめました。

メバルショット、ロックと大活躍です。

  DSC06594.JPG

明石沖

土曜日曜と船底掃除を終え、水曜日にボートを降ろすついでに釣りに行ってきました。

ちょっとしたトラブルがあり、ポイントに着いたのはすでに17時。

日没まで2時間ちょっと。

友人2人が順調にサバを釣る中、鯛狙い一本の私はチャリコが数匹釣れるもののリリースサイズばかり。

友人が塩焼きサイズを釣って納竿となりました。

厳しい釣りでございました。

 

DSC06587.JPG

明石鯛

仕事を午前中で終わらし友人と2人で午後からカブラ真鯛で出船してきました。

最近ボートに乗ってない為、貝が付きまくりスピードがでません。

トロトロ運転でなんとか3時過ぎにはポイント到着したもののまだ潮が動いてない様子。

予定では4時半から動き出してから日没までが勝負です。

予定通り潮が動き出しポツポツ当たるも乗らない・・・

釣れても小さいのが多くリリース数回。

そして塩焼きサイズが友人に釣れると・・・

 

友人 「あみとさん鯛持って帰ります?」

あみと「いや・・・いいですよ~ てか、持って帰らないんですか?」

友人 「今日から嫁さんと子供が実家帰ってるんですよ」

あみと「うちも嫁さんと子供しか食べないから、さっき釣ったキスとガシラがあればオッケーなんやけど・・・」

友人「んじゃリリースでいっか」

 

ってな感じで、明石鯛が喜んで帰っていきました。

その後も数匹リリースし、

 

プルプルプルプル~TEL~

嫁さんから電話が・・・

嫁   「今日実家泊まるから鯛持って帰ってきてね」

あみと「ええええぇぇぇ・・・ リリースしたばっかやのに・・・もう時間があああぁぁ」

 

そしてなんとか釣れるものの少し小さい。

まぁいっかと、同サイズを友人が2匹追加で釣ってもらい納竿。

久々のカブラは楽しかったです。

DSC06575.JPG

神戸沖

水曜のリベンジーとばかりに3人で出船してきました。

今回は風もなくメインポイントに入りいい感じ釣れます。

が、胴付き仕掛けにロックが不調。

テンビンにキス仕掛け&ロックでちょい投げがいい感じでした。

DVC00060.jpg

神戸沖

夕方から4人で出船。

そろそろメバルの季節なのでゴカイをたんまり用意していつものメインポイントを目指しました。

ところが~ 到着すると波が高い 風もすごいことに・・・

こりゃ釣りにならんと少しでも風裏になる所に移動。

数か所移動するもまったく釣りになりそうにないので大移動。

メバル釣りを諦めガシラ釣りに変更しました(TT)

しかし、当然メインポイントには行けず近場のポイントでやるもたま~に釣れる程度。

他に行けそうなポイントもないのでここで粘る事に・・・・

厳しい釣りでした。

DVC00059.jpg

初釣り 丹後沖

初釣りでジギングへ行ってきました。

しか~し

海は大荒れ 暴風雨雪霰の中がんばってしゃくりましたが撃沈。

きつい一日でした。

DSC06547.JPG

明石沖

日曜のリベンジに、友人2人と強硬手段で行ってきました。

仕事終わってすぐに出発。

3時過ぎになんとかポイントに到着。

友人がハマチを食いたいとの事で鯛ポイントの近くの青物ポイントに。

友人はジグをしゃくっております。

その隣りで私ともう一人の友人がカブラです。

よくハマチがついてる漁礁をピンポイントで狙います。

するとカブラをやってた友人にヒット!

・・・が、あれ?引きがおかしい、ハマチ!?

上がってきたのは丸丸としたハマチ。

なんでジグがカブラに釣り負けてんねん!Σ(▼□▼メ)

 

そして本命真鯛ポイントに移動し、日没まで鯛狙い。

どうしてもこの時期ちっこいのが混じりますね。

そんな時、私に大当たり!

こりゃでかい!

・・・が途中で気づく。

うん  カン鯛でした。

まぁ楽しめたし釣ったのは初めてだからまぁいいやヽ(^◇^*)/

DSC06469.JPG

そして日没。

カップラーメンを食べながらガシラポイントへ移動。

1投目からいい感じに釣れてきます。

しか~し、予想より早い雨がΣ(T▽T;)

 

大人しく帰港となりました。

DSC06472.JPG

明石鯛

行ってきました。

朝は鯛の潮じゃないなと言う事で午前中ジギング、午後からカブラ予定でいきました。

が、

ジギングしてる中、カブラを落としてた友人に鯛がヒット!

これがいけなかった・・・

「青物より鯛のがいいんちゃうのー?」

って事で、午前中も鯛狙いすることに・・・・

しか~し、やはり鯛の活性あがらず今一。

しょうがないから、潮は終わりそうだけど青物いこっか~

って事でジギングに。

DSC06453.JPG

ハマチとサゴシがすぐに釣れるものの潮もすぐに止まってしまい鯛狙いに。

カブラを落とすものの中々乗らない。

釣れてもちっこいのが多くリリース多数。

って事で納竿となりました。

DSC06458.JPG

明石

気合い入れて夜明け前から出船しました。

・・・が風がああああああ;

波がぁあああああ><。

ほとんど釣りできず、荒れ狂った明石海峡をクルージングしてきました。

DSC06452.JPG

明石鯛

友人と二人で行ってきました。

先週に続きギアラボカブラのテストです。

最初はあたりもなくどうなる事かと思い先週の釣果が頭をよぎりましたが、途中から食いだしいい感じに♪

DSC06444.JPG

仕様した感想は、かけてからバレにくくノリがいいですね。

バレ安い鯛ラバ釣りではうれしい鯛カブラです。

ただ、潮の早い明石や風の影響を受けやすい鯛ラバ釣りなので底取りが厳しい時がありそうです。

鯛カブラは重さ、フックやラバー等が同じ条件であればヘッド部が小さくシルエットが小さい方がアタリが出やすいです。

DETCHさん是非タングステン仕様のも作って下さい!

DSC06449.JPG

隠岐

弟のkoujiがまたもやベイトフックで爆釣してきたようです。

活性の低い中、他を圧倒しベイトフックを使ったグループで独擅場だったそうで・・・

うらやまし(>_<")

こういうの見るとジギングも行きたくなりますねぇ。

 

DVC00034.jpg

明石で鯛カブラ

噂のギアラボ製カブラが到着しました。

袋を開けてみると・・・・

うん、一見普通の鯛カブラ。

・・・が、コレか~~

コンセプトのコレが少々見えるもののやはりテストにいかなてくは!

いつも私が使ってるのはラバラバTGあみと仕様です。

当たりが多くなるようチューンナップしております。

私がギアラボカブラ、もう一人にラバラバTGで勝負です。

 

・・・・が、潮悪くまっ~~ぁったく当たりがありません。

気づけばすでに16時。

最後の最後のポイントでやっとこさ、1枚ずつゲット。

もうちょい釣れる日にテストしないとテストにならない(笑)

ちなみに、ノーマルでタングステンのカブラを使ってた二人は坊主に(泣;

DSC06440.JPG

明石沖

友人3人でカブラ真鯛で行ってきました。

潮はいい感じで流れてたのですが、ちょっとポイントを外してたようです。

中々狙い通りにはいかないもんですね。

しばらく離れてたせいでポイントが把握できてないようです。

次はがんばらねばっ!

DSC06412.JPG

再びトカラ列島へ

6月11日~13日に再び例のサップに連れられてトカラ列島へ行って参りました。

あのトカラの空気が忘れられなくて、ただし今回は悪天候・・・のトカラでした。

波高が3mとなると通常は釣りには行かないレベルなのですが、行くと決めたら行くというまるで子供のように東京出張から帰り飛行機から車に乗り換えて急いで鹿児島へひた走りました。

大きなフェリーでもふわっと浮くような船の走りはなんともいやはや。

雨のトカラへ着きましたが、外洋はむっちゃ荒れています。でも湾内で釣りは十分できる状況です。

民宿で例のぶっといラインをEZノッターで結びLLサイズの試作がなかなかうまくいきませんが、今回ハッキリと見えてきました。

いてもたってもいられず青物でも釣りに行こうと小雨のなかを軽トラで旅先で知り合ったH氏と防波堤に向かいました。二度目になると、なぜか知ったかぶりの私がいます。

で、100gのジグにベイトフックですぐに釣ったのがこの魚です。

100612tokara.jpg

雨が降りしきるなかキャストを繰り返しているとH氏に大きなアタリがありずっこけてしまうくらいのとんでもない引きでした。まるで前回の私と同じです。動揺をかくしきれません。

そうこうしているうちに雨もやんだところでまたもや「う~ん。なんだぁ~こりゃ~!!」とロッドが丸くまがり応戦しています。私は近くの釣り師にGT用の落としタモを借りに走ります。このタモがとにかく大きいのです。直径1.3mくらいでしょうか。

あがってきた魚がこれ「イソマグロ」15kgでした。

isomaguro.jpg

このトカラは防波堤でもこんなとんでもない魚がかかるところです。

H氏は重い病気が治癒して久しぶりの釣りでこんな魚を釣ることができて狂喜している彼の姿がとても印象的でした。しかしあの竿でPE4号ラインで防波堤からよくぞ釣ったものです。この写真はまさに勲章ものです。

私はというと行きのフェリーからずっと呑んでばかりで、民宿でも晩ご飯で私だけ呑んでいます。トカラ列島に行ける嬉しさが私を高揚させてついついビールに焼酎に・・・。

さて、決戦のGT夜釣りです。

夜8時から翌朝夜明けまで竿を振り続けなければなりません。

結果虚しく私は何のアタリもありませんでした。

廻りは最高28kgのGTまで引きづりだしています。魚がかかったときに防波堤の雰囲気は一瞬にしてショータイムに変わります。掛けた本人は防波堤の曲がり角でラインを切られないように右へ左へ走り回る光景がなんともいえないのです。もちろん太い竿は曲がりっぱなしです。

しかし、いい年をした男が引き上げた一匹のGTにあそこまで狂喜して喜んでいるのがとても素晴らしいと感じました。

100612gt28kg.jpg

GTは釣れなかったけどやっぱりトカラは素晴らしい島です。

民宿で美味しいトビウオ塩漬けを送ってもらうように約束してトカラを去りました。

GTの季節でなくてもここはこれから何度も足を運ぶことになりそうです。

 

 

 

明石鯛

友人3人と私の4人で行ってきました。

久々に大漁でしたね~

DSC06183.JPG DSC06188.JPG

ベイトフック

弟のkoujiがまたベイトフックでブリを釣ったようです。

 

船中唯一のブリだそうです。 

場所は丹後半島。

うらやまし・・・

 

DVC00022.jpg DVC00024.jpg

電車男のFGノット

皆さん、こんにちは。ここでは業務連絡ばかりですが、自分のブログにFGノットのことを書きましたので転載しておきますね。

............................................................................................................

fg.jpg

EZノッターSサイズで5号のリーダーを結んでいた数ヶ月前まではそうでもなかったのだが、SSサイズを使って、PE0.8号にリーダー2号でFGノットを結んだとたんに、何かに火がついたごとく、毎晩やたらと結んでいる。用もないのに結んでいる。だから、せっかくの新品のPEラインがどんどん短くなっていく。

大体、こんな細いラインでFGノットを結束できるというのが、しかもそれが自分の仕業であるというのが、ちょっと信じられない。おそらく日本中で何十人かは同じ症状に陥っていることとと思われる。「むやみにFGしたがる病」だ。幸い、最近、誰かと釣りに行ったりということはないのだが、19日からの天草オフで、ワタシがどんなフルマイをするかは、もう目に見えている。

「エギングやるんでしょ。PEの結束は何?FGノットで結んであげようか?」
「え、電車結びなんだ。大きいの取れないかもよ。FGノットで結ぼうか?」
「FGノット覚える?思ったより簡単だし」
「おれのノット見てよ。ほら、PEがリーダーに食い込んでるでしょ。カチカチだし」

大きなお世話というものである。これが他人ならよけて通りたいのだが、残念ながら自分の話だ。

そもそも数ヶ月前までは、「なーんが、ラインシステムやらしぇからしか。エギングばやるとになんで08やら使わんといかんとか。男なら2号やろう。電車結びやろうもん」と、なぜか博多弁で吠えていたのである。

それが、君子のジャガーチェンジ。自分ではできない、面倒くさい、やろうとも思わないというものが、ふと出来た瞬間に、世界の景色が変ってしまった。そのくらい、PE0.8のFGノットというのは、自分にとってえらいことだったのだ。

ある業界関係者によると、今、もっともラインシステムの壁に直面しているのは、関東のベテラン沖釣り師の面々であるという。テトロン8号くらいから始めた彼らは、PE5号、3号の時代を経て、昨年あたりから、一つテンヤのブームで一気にPE0.6号という世界に突入した。最近では0.4号まであるという。

こうなると、FGノットなりPRノットなりの摩擦系ノットを、何かひとつ覚えなくては仕方がないのだが、しかし、摩擦系ノットというのは、YouTubeを見ても解説図を見ても、そう簡単に頭に入るものではない。頭に入ったとしても、指がうまく動くものでもない。指がうまく動いたとしても、うまく強度が出るとは限らない。最後の締め込みを考えれば、子供、老人、女性にはちと無理がある。

結局、どうするかというと、今のところどうしようもないようである。

ワタシにしても、たまたまEZノッターが手元にあり、たまたま開発者が身近なところにいるので、どうにかなっているだけのことで、これがなければ、以前のままの電車男であったのだ。解説図を見ながら、死ぬ気で何か名もわからないノットを結び、あとは切れるまでそれを使うというのがせいぜいで、現場で結べるのは電車結びのみであった。

それにまた。これが不思議なことなのだが、EZノッターというのは一度使い方を覚えてしまうと、それを使いたくて仕方がないという症状が出る。投げ釣りが、釣りを離れてオモリを遠くへ飛ばすことをもってスポーツ性と唱えているように、ラインシステムを組むことも、それ自体がひとつの趣味として成立するのではないかとすら思ってしまうのだ。

そんなわけで、今夜も5つほどFGノットをこしらえた。どうも釣りに出かける前に、リールのPEラインがちびてしまうのではないかという気がする。

T401でメバル

いつものようにT401でヘビキャロスタイルで狙っておりました。

メバル(((.. )( ..)))ドコドコ

寒かった・・・

寒波の時は魚も食い悪いようです。

DSC06011.JPG

DSC06010.JPG

大阪湾

太刀魚ジギングです!

青物狙ったけど、いまいちだったので、太刀魚に変更したわけじゃぁありませんw

いっぱい釣れる釣りは癒されますねぇ。

普段釣れない釣りをしてると、心のケアが必要なんです。

太刀魚楽し~♪

DVC00023.jpg

明石鯛

寒波の為、2回も出船中止となり、久々の釣り。

時間空いちゃうとどこに魚がいるか探さないといけないのが時間かかります。

友人ボート数隻と連絡とりあいながらの魚探しです。

しかし、あたりはあるものの、ショートバイト連発。

噂によると、1週間で3.5度も水温が下がったらしい。

そりゃ低活性なるわなと・・・

そんな中、私についにアタリが!

・・・ちっこいアタリでしたが、なんとか食い込んでくれたのですかさず電撃フッキング!!

すると、急に走り出す。

ありゃ、青物か メジロサイズかな~

って、まったりとやりとりしてると

うん・・・・?

なにか違う

重い・・・

こりゃ、鯛だわ

さらに大事にやりとり

リーダー見えた

@少し!!!

魚見えた!!

 

 

 

 

 

 

 

001.jpg

 

久々のナナマル!!!

楽し~~~ヽ(^◇^*)/

今日はこれで満足^^

後はオヤジが釣ってくれれば、帰って昼寝して鍋だわ。

それからぽつぽつと40ちょいのがあがり、二人して満足して帰港となりました。

 

05899.jpg

 

EZノッターいいですね~

やりとりしてると、いつも不安になるのが、ばれるなよ~って願いです。

一番さいて~なのがリーダーすっぽ抜けです。

大物かけた時ほど、リーダーまで巻き取ると安心します。

とくにカブラ釣りはばれやすいですから・・・

一つでも不安材料は消し去りたい。

EZノッターだと、ラインの限界を知っていれば安心してやりとりできるのがいいですね。

この前のメジロも今回の鯛も安心してやりとりできました。

 

 

神戸沖

淡路沖で青物が釣れてるとの事でジギングへ行こうと思いましたが、荒れるとの事でまた近場の太刀魚狙ってきました。

今回はジギング初の2人とプロ級の一人と普通人の私の4人釣行です。

今回もメジロを期待して朝1番は青物狙いをしました。

水深10mなのでキャストし底を取って斜め引きにしゃくってきます。

底から4しゃくり目、どかんと私に当たりが!

しかし、軽い・・・

なんなく寄って来たのはサゴシでございました。

残念(><)

1時間ほど青物狙ってみましたが、まったく反応ないので太刀魚狙いへ。

こちらもなぜか、まったく反応ありません・・・

先週あれだけいた太刀魚はどこへ行った?

1時間ほどうろうろ探すもまったく反応がでません。

どうしよう、困った。

そこに、友人からTEL・・・「こっちで反応あるで~」との事。

さっそく行ってみると1投目からいい感じに釣れてきます。

ジギング初の2人もいい感じに釣れてます。

青物はダメでしたが、太刀魚爆釣で機嫌よく昼まで釣って帰港となりました。 DSC05897.JPG

 

神戸沖

先週のリベンジと青物狙いで出船。

青物はやっぱジギングっしょとジギング初の親父と二人です。

PE1,5にリーダー5号をEZノッターでノットを組みます。

太刀魚の多いポイントなので、行く時に寄った釣り具やでのワゴンセールのジグを数個購入。

センターバランスジグ60g390円 なんてお得なジグなんでしょヽ(^◇^*)/

6時出船。

そしてそして、15分でポイントに到着。

さっそくジギング開始。

太刀魚が順調に釣れてきます。

魚探にはベイトがぎっしり。

こりゃ期待もてるかも!

とさっそく私に青物のアタリが!!!

大きくあわせ、やり取り開始。

あ~なんかいいですね~

最近鯛カブラばっかで久々にジギングで青物釣った気がする・・・

水深10mの超らくらくジギングですw

足元まで寄ってきたと思ったらすぐにまたびゅ~んとラインがでます。

何度か繰り返し無事ランディング。

関西で言うメジロサイズです。

やり取りしてる間にポイントがずれたので、ボートを戻します。

すると・・・

あれ?あれあれあれ?

あれだけあったベイトの反応が消えてるΣ(T▽T;)

なぜだ・・・

どこ行った!?

あっちこっちマーチと探すもどこも薄い反応ばかり・・・

しょうがないのでちょとでも反応のあった場所にボートを止める。

太刀魚はぽつぽつあたるも、青物の反応が消えました。

ま・・1本あがったし、太刀魚釣りでいっかと太刀魚ジギングを堪能しました。

11時過ぎると完全にベイトがいなくなり帰港となりました。

本日の釣果。

メジロ×1 ハマチ×1 太刀魚30匹くらい(画像なし)

DSC05894.JPG

 

 

 

神戸沖

友人がボート釣り初の人を3人釣れてやってきました。

そして、噂を聞いた友人も一人プラス私で6人でのガシラ釣り。

ボート狭っ!!!!

 

普段から釣りはしてるとの事で何もアドバイスせず、各々の考えた仕掛けやジグヘッドやらでやってましたが、かなり根掛かりに苦戦してる様子。

そこで、ロックT-302 の2号の登場です。

これでどないかな?とそれからはぽんぽんといい感じで釣ってくれて一安心。

大漁でございましたが、デジカメ忘れ携帯画像です><

DVC00010.JPG

明石沖

日曜日、午後から雨という事で、午前中だけと時間が短い為、近場でアジでも釣って運よくいけば、ノマセでメジロでも!

と親父と二人で出船。

しかし、アジを探して2時間。

まったく見つからず・・・

諦めてタイカブラへ・・・

道具もってきててよかったorz

 

午前10時やっとこさ、ポイント到着。

すぐに親父にアタリが!

でもバラシ。

そして、私にヒット手のひらくらい。(画像なし)

そして、親父にホウボウ。(画像なし)

そして、親父に手のひらマダイ(画像なし)

(´ヘ`;) う~ん・・・

そして、私にちょいと大きな引きが・・・

リーダー見えた、魚見えた・・・

そしてすぐさまバラシorz

 

まずい時間がない

 

そして私についに大物が!!!!

けっこうな引きぐあい。

大鯛きましたか!!!?

そして、ついに魚体が見える

む・・・なんだ・・・青物か・・・しくしく;

 

タモですくって貰うとなんじゃこりゃ

む・・

・・・・・。

・・・・・・。

・・・・・・・。

気持悪いのですぐさまリリース。

DSC05890.JPG

 

本日の釣果ホウボウのみ・・・Σ(T▽T;)

 

明石沖

友人の所の子供がお食い初めとのこと。

そこで明石の真鯛を釣りたいとのこと。

うん 潮悪いし確実に釣るなら来週のが・・・

来週だと間に合わないらしいorz

半ば強行軍で行ってまいりました。

朝マズメのジアイを外せない為、朝3時集合にすると、前の晩から行って駐車場で待ってるよと気合いの入れ方が違う・・・

なら、私も・・・って事で、せっかくだからとロッドホルダーの取りつけ等々の作業をする為、早めに行きました。

取りつけ完了し出航!

また徹夜だわorz

しか~し、予想以上の苦戦でございます。

友人ボートも苦戦してるようですが、1枚2枚と釣れているもののこちらはアタリすらなし!

困ったねぇ・・・

朝5時から釣りして夕方5時までアタリなし。

途中でガシラと太刀魚とサバフグが釣れたのみ!

こりゃいかん・・

ここからの逆転は奇跡と偶然が重ならねば・・・

17時10分・・・もうすぐ日没。

太陽でてる間はチャンスある 皆ラストまでがんばろう!

17時20分・・・太陽が隠れ出す。

まだ太陽でてるから大丈夫 絶対釣ろう!

17時30分・・・太陽が完全に隠れる。

まだ少し明るいうちは大丈夫釣れる!!

17時40分・・・ほぼ真っ暗。

まだ西の方はちょこっと明るいから大丈夫!!!

そして、奇跡が起こる。

後ろで釣ってた弟が「きたーーーー!」

しかもでかそう・・・

ロッドが根元から曲がる!

リーダー見えた後少し!!!

パスッ・・・え・・・?・・・えぇぇえぇぇぇぇ???

無念のフックアウト。なんと針が真ん中から折れるorz

しかし、奇跡だけででは終わらなかった!

なんと、前の方で釣っていた今回メインの友人にヒット!!!

と、同時に、私にもヒット!!!

最後の最後の最後でジアイがくる!!!

そして後ろでもまたヒットの声が!

本日最初で最後のフィーバー全員ヒットと言うすばらしい奇跡と偶然の重なりです。

メインの友人が最初に無事タモ入れ終了。目測50cmほど

その後私もタモ入れ完了となりました。

自分が釣ったのはともかく、友人が釣ってくれた事にものすごく感謝感謝で、ものすごくうれしかったです。

お食い初め用の鯛をなんとしてでもほしいと友人に言われて出船し、これだけ苦戦をして最後の最後で釣ってくれました。

こんなにうれしい鯛は初めてです。

そして、最後は笑顔で納竿となりました。

DSC05887.JPG

↓こっちは前回の鯛シャブです。うまかった~ヽ(^◇^*)/

 明石の鯛は身が綺麗ですね~ 

DVC00003.JPG

神戸沖でガシラ&太刀魚

友人4人と鯛カブラ&ガシラ釣りの予定でしたが、仕事が終わるのが遅くなり潮も悪そうなので鯛カブラをやめて太刀魚釣りに変更となりました。

前回から試してる太刀魚用のアシストフックが今回もいい仕事をしてくれ、ほとんどの太刀魚がテールフックじゃなく、アシストフックにかかってました。

しかしながら、太刀魚のアタリもぽつぽつです。

太刀魚釣りはもっとアタリが多くないと!

 

DSC05845.JPG

あっという間に日没が来たので、カップラーメンで腹ごしらえしながらガシラ釣りにポイント移動。

こちらはかなりいい感じでほぼ入れ食い状態。

エサでもワームでも釣れてきます。

3時間ほどで十分釣れたので早めの帰宅となりました。

DSC05847.JPG

DSC05848.JPG

EZノッターで結束するFGノットの評価

EZノッターはGear-Labが初めて一般釣具店で販売していただける自信作なのですが、早速いろんな評価をいただいております。

どんな釣具も長所短所があるようにEZノッターにも短所長所があると思います。
下記はオオマサ狙いの上級者からお寄せいただいたメールで、ご本人には承諾をいただいたのでそのままアップさせていただきます。ノットに対する想いが切実に迫っているのがとても印象的でした。

-----------------------------------------------------

福山様
先日、EZノッターを購入しさっそく使ってみたところ4回目できっちりFGノットを結束できました。
一目一目確認しながら、2分30秒とはいかないものの、納得いくノットができ16日、千葉県外房Y丸に乗船し実戦投入しました。
台風18号が通過後、外房は10キロオーバーのヒラマサが連日、かもし釣り、ルアー共上がっておりここのところ熱い日が続いていました。
この日も、キャスティングメインの釣りで、外房の浅いエリア15~25mを流してました。
午前7時半頃、プラグをフルキャストし船より20mほどのところでバコーンと水柱、浅場ということもあり、慎重なやり取りと強めの寄せと相反するこの釣りで11キロのヒラマサをキャッチできました。
またこの日は、同船者も20キロクラスと思われる魚も掛けてますが、根ズレでラインブレイク。

この日は、キャスティングタックル2セット持込、1本はボビンノット、もう1本にFGノットとし使い分けして試したところ、ボビンノットはラインキンクが2回、2回目が団子状になりアウト。
FGのほうは、まったくのノントラブルでした。
釣り師にとって、ノットの変更は相当な覚悟で行わなければなりません。
それまで使っていた信頼するものを、捨てるわけですから。
以前、FGは試しましたが、指に巻き付け編みこんでいく過程でテンションが不安定だったり締め込みの時に隙間ができたりと、シイラに行く時に使う程度でした。

今回の釣行で、EZノッターで結束するFGノットに信頼ができ、これから安心して使って行きたいと思います。
おかげさまで今期2本目の10キロオーバーをキャッチでき、まだまだ熱い外房でのオオマサ狙いに通いこみます。
また今月末には玄界灘への遠征が控えており、プラグを投げ倒したいとおもいます。

明石鯛

土曜日仕事終わり大荒れの中、ボートを神戸から堺へ移動。
徹夜仕事でなんとか、船底掃除やら部品取り付けを終了。
朝10時に海上におろしてもらい淡路島のいつものポイントへ向かう。
昨日の波が残ってるようで全然前に進まない。
通常の倍以上の時間がかかってしまった。
やっとの思いで到着するも風が強く釣りが大変。
操船しながらボートを風に立てるもカブラがけっこう流れてしまう。
そのうち漁船が網を入れ出しポイントが潰れてしまう。
今から別のポイントに行くのもしんどいので帰港となりました。
3時間かけてポイントについて2時間しか釣りできんかったorz
親父がちびっこ3枚、私が0と不甲斐ない結果に・・・


写真を撮る暇もなかったので帰ってきてからさばいてる途中で思い出し激写。
DSC05843.JPG


EZノッター感想

私のようにボートを操船しながらの釣りの場合、仕掛けロストした際、操船しながら結びます。
ノットを手動で結んでると手を離すとすべてバラバラに・・・
EZノッターはある程度結んでしまえば手を離しても大丈夫なのですばらしく応用力があります。

DETHさんへ
3gのロックの作成状況は進んでますか~?
楽しみに待ってま~す。。。

神戸沖ガシラ

昨日、前のボートの部品取りに行ってきました。
友人に手伝ってもらい、使えそうな部品を外していきます。
そして、終了後、神戸沖へ・・・

活性悪くぽつぽつ拾っていく感じで、数か所ポイントを回りましたがどこも似たような感じ。
大幅にポイント変えなきゃ状況変わりそうにない
今日は時間も遅いのでまた近いうちリベンジ行きましょと大人しく帰港しました。

DSC05841.JPG

EZノッター

明石に釣行という事で、メインは鯛カブラ、状況を見てジギングと言うことで出船。

ついに噂のEZノッターが発売との事で我が家にもやってきました。
まずはHPの動画を見ながら練習、鯛カブラのタックルPE1号 リーダー3号を用意する。
手元にあるEZノッターを見るとMサイズ。
MサイズだとPT1.5~8号とある・・・

(- -) (- -) (- -) (- -) シーーーン

終了。

そこでジギング用の1,5号が巻いてあるリールを用意。 うん今回はこのリールで!
PEをEZノッターにセット、そしてリーダーをセット、そしてリーダーとPEの編みこみ。
うん 上手くいかん・・・
なぜだ・・・
細いとやりにくので、もっと太いタックルでまずは練習しよう
PE4号と8号リーダーでやってみる。
驚くほど簡単にできてしまった。
次にジギングで使うPE2号と6号リーダーでやってみる。
うんうん 簡単にできる。
そして、カブラタックルになると・・・ダメだこりゃ
PE1.5号になるとできなくなる。
そこでDETHさんに苦情の電話 (笑
「難しいよ これわ できない!!」
PEとリーダーの号数を聞かれ答えると・・・
リーダーが細すぎますとのこと、Mサイズはリーダー5号~36号ですと・・
なんと! 私のカブラ用ラインではsサイズのEZノッターでないとダメなのか!
しょうがないので6号のリーダーに変更してやってみると、あら不思議。
簡単にできますねぇ・・・
スプリングの強さが違うらしくSMLのEZノッターで使い分けなきゃいけないっぽい。
PEもリーダーもメーカーによって太さ強さが違うので微妙な号数だとEZノッターも選ばなきゃですね。

なんとか準備万端となり、いよいよ出船。
今回は4人での釣行。
しかも、人数合わせの為、無理やり誘った釣りが生まれて初めての友人も一緒。
実質戦力は3人と・・・((φ( ̄ー ̄ )

まずは、最近釣れてる淡路島のポイントを目指す。なんとか到着したももの、風が強く波もバタバタで釣りにならん・・・
しょうがないので風裏になる明石にポイント変更。
3時間のロスタイム発生することに><
せっかく早起きしてきたのに・・・(Tへヽ)(/へT) シクシク..
到着するとすでにボート仲間の船が数隻いてて、皆さん数枚釣ってらっしゃる。
さっそく投入するものの全然釣れにゃい、アタリもない時間が過ぎて行く。
しょっぱなから大苦戦となる。
しかし!初心者君が、「なんか釣れたーー!大きいよ!!」
おー期待してみると、22cmほどのガシラ (笑)

昼前になりやっとこさ風も落ち着き今回のメインポイントに行ってみる。
さっそくぽつぽつ当たりがあるものののらない。
次に潮が動き出すのが15時。それまではガマンの釣りだわと皆を元気つけながらがんばる。
そしてやっと私にお刺身サイズの真鯛がヒット。すぐに友人も同サイズ。とぽつぽつとあがっていく。が全部ちっこい。

初心者君を除き一応全員真鯛の顔は見れた。
後は君だけだがんばれ!!!
「一人だけ釣れなかったら、帰りの車は気まずいだろうなぁ~」
「一人だけ釣れなかったら、皆が気を使うだろうなぁ~」
と、皆が心から応援してます。

そして~
ついに
ロッド曲がる!

・・・・が。なんかおかしい。
(絶対いらないけど、ボートに積んである一番大きい)タモを準備して、隣りで待機!
上がってきたのは太刀魚。 あぁ残念、鯛じゃなかったねぇと初心者君以外は全員分かってたけど、ねぎらいの言葉をかける。

DSC05813.JPG

そして、またもや初心者君のロッドが! ちょことだけ! 曲がる。。。

ちっこいかもだけどそれ鯛やで!と皆次々に応援する。
がんばれがんばれ~ 普段ならタモを出さないサイズだが、大事な1匹なので船内で一番ちっこいイケス用のタモを用意。(笑

上がってきたのは25cmほどのチャリコ。
でも今日初めて魚を釣った人には大満足の真鯛でございました。
秘儀、チャリコを真鯛ににする奥義で記念撮影。

DSC05816.JPG

なんだかんだと、ありましたが、けっこう満足できた釣行でございました。

DSC05818.JPG

EZノッター感想。

うん、全体的に大物が出なかったので、強度など全然問題なしでした、というか、よくわかりませんでした。
結び方は簡単です。
しかし、これからジギング等を始める人でノットを結んだ事がない人は、何度かFGノットをEZノッターなしで結ぶとEZノッターをより理解できていいかもと思います。
EZノッターでノットを作ればだれが作っても実用強度がでる。
これはかなり大きいと思います。
あとは値段ですね。
昔からやってて、きちんとノットを素早く結ぶ事ができるような人は高いと思うでしょうし、自分で結べない人にとっては1万円でも損はないと思います。
テストでもあれだけのヒラマサ釣っても問題ないノットが誰でも結べるEZノッターは、初心者の方や結ぶのが苦手な私にはかなり大きい存在ですね。
ジギングも場所や対象魚によって使うラインは違うので、EZノッター2,3種類買うとなるとそれはそれで、2万3万となっちゃうので、難点だと思います。

私もカブラ用にsサイズのEZノッターがほしくなりました。
そのうちお財布に余裕ができたら購入しようとがんばってみます。。。

丹後半島

丹後半島に旅行に行ってきました。
子供と嫁と・・・TT
19日 昼に出発し、その日は疲れたので大人しく就寝。
20日 朝4時半に目覚ましをかけこっそり抜け出しアオリイカを狙うもメインポイントは軒並み人が入っている。 ひどい場所だと1m間隔でエギを皆さんしゃくってらっしゃる・・・(´○`; ポカーン
  こりゃ釣る場所すらないなぁとしばし考えるもアオリイカなんて海岸にどこにでもいるんだと言うことを思い出し、ここらの海岸を思い出す。
私のエギタックルは1.5mのトラウトロッドに2000番のリール、PE1,5号にリーダー25lbとかなりなめたタックル、普段ボートシーバスをやってるタックルそのままです。その為、飛距離に難がTT
しか~し高校生の時から早20年通っている丹後半島てことで、すぐにいいポイントを思い出す。
真っ暗だとちょと危険だが、時間もちょうど明るくなって来たため、足元に気をつけながら海岸まで降りると一人占めポイントへ到着。
さっそくエギをキャストするとさくっと釣れてしまいました。

DSC05799.JPG

立て続けに数匹釣り朝飯ゲットと言うことで、普段から超早起きな息子が起きる前にこっそりお布団に戻る。

その後、みんなを連れてプチ遊園地へ・・・

21日 今日も朝からアオリイカ釣り その後漁港へ魚の買いだしへ・・・
    白イカ(剣先イカ)2kgで1500円 大アジ(2kg)900円 カワハギ(1.5kg)300円安いw
    アジは塩焼きと刺身 イカは刺身 
    カワハギは鍋で肝がおいしすぎ(@ ̄¬ ̄@)ジュルリ♪

DSC05766.JPG
↑漁港で上がってたシイラ 日本海にもこんなでかいのいるんですねぇ
一番でかいのは1、3m超えてます

その後、みんなを連れてプチ遊園地へ・・・

22日 今日も朝からアオリイカ釣り その後、また昨日の漁港へ買出し。
    イカばっかりいらねぇーって言われ、カワハギ鍋が好評だったのでカワハギと朝のみそ汁用の小魚数種とお土産用のちっこいイカをいっぱい買って1200円。釣りをするのがあほらしい値段ですね。カワハギなんて2kg買って300円ですよ・・・

DSC05801.JPG

その後、子供を連れて温水プールへ・・・・

夕方にまたアオリイカ釣り。

DSC05800.JPG

そしてそしてそして・・・

23日 弟と合流して、ジギング船へ!!

久しぶりの日本海のジギングですが、船長によるとまったくもって釣れてないらしい
なんで日本海のジギングはこんなに裏切られるんだろ・・・
最初はサゴシ狙いらしいのであまりやる気がせず、ガシラを狙う
インチクの上にサビキをつけると・・・・

DVC00001.JPG
変な熱帯魚が釣れる  なんじゃこりゃ

ということで久々のジギングでございましたTT

DVC00003.JPG

FGノットの結び方を簡単にするEZノッター

pritty-girl.jpg
PEラインとリーダーをFGノットという理想のシステムで結ぶための器具、EZノッターは簡単、最速にそして確実に結束します。

今回リリースしたEZノッターはGear-Labのネットワークを最大限に駆使して出来上がりました。Gear-Labが設立して8年間で過去最高の釣具です。

まず一切の妥協をしておりません。そのために試作に拘わる部品メーカーさんが泣きました。私も苦渋の選択でNGを出し続けました。(*_*)

泣いたり、感動したり、笑ったりしながら作り上げたEZノッターは世界に出しても恥ずかしくない釣具だとして" Made in Japan "を自信をもって刻印させていただきました。

それにしても運の良い釣具です。この釣具の誕生には色んな人から助けていただき、自然に神様に感謝したくなる場面があまりにも多かったのです。

最後にはこの高校一年生の女の子のビデオ撮影で助けられました。
なんと2分33秒でFGノットを結束してくれたのです。結んでくれた1.2号のPEラインと50ポンドリーダーの結束で約4kgの重さを引き上げて強さまで証明してくれました。

しかし、なんと言ってもFGノットは最高のノットです。世界が認めている摩擦系最強のノットなのですが、結び目がないのでガイドの抵抗なくキャスティングできます。

EZノッターは、揺れる船の上でも、強風の釣り場でも結べるようになっていますが、それだけではなくこのツールで確実なノットを結ぶことが楽しいというのが魅力です。電車結びより面倒だけどEZノッターでFGノットを巻くことがなぜか楽しいのです。

この楽しさをGear-Labとしては伝えないてはありません。

高校一年生の女の子が楽しくFGノットに挑戦するタイムトライアルをご覧下さい。>^_^<

神戸沖でガシラ

親父&従兄と、カブラ真鯛に行こうと計画。
ところが・・・
親父「仕事入ったから昼からしかいかれへんわ」
従兄「2時くらいになるわ」

なんでやねん・・・

結局、ボートに到着したのが4時。
今からだとメインポイントに行ってもすぐ日没に・・・
しょうがないので近場のポイントへ行きました。

もうね だめですね
ここ最近、実績がまったくないポイントだけあって、アタリすらありません。
あっと言う間に日没で強制終了。

このまま帰るなんてさみしすぎると言う事でガシラ釣りに変更。
幸いロックとキス仕掛けはボートに常時装備なのでキス仕掛けにワームをつける。

ここらでは久々のポイントでしたが、なんとか釣れました。
2時間ほどお土産分だけ釣って納竿となりました。

DSC05737.JPG

PEラインの高切れにもEZノッター

sameline.jpg

このお盆は、釣りにも行かず引きこもってEZノッターのテストを繰り返しておりました。(~_~;)

さて摩擦系最強の強度と、結び目のコンパクトさが特徴のFGノットですが、PEラインが高切れした時にも使えるのではないかと思い、PEライン同士を結ぶテストをしてみました。PEの0.8号、1.5号、4号、8号、12号の同じサイズ同士を結んでみたのがこの写真です。FGノットだけあって強度は十分あります。

見た感じですが細いラインほど、繋いでも大丈夫という感じでした。インナーロッドでも大丈夫でしょう。今までPEラインは繋いでは使えないという常識があったのですが、もしかしたらこの常識を覆すことになるかもしれないと思います。

PEラインは、古くなると巻き直して、古い方をリール芯側にして使っていましたが、先端部分の少なくとも100mを新しいラインにした方が実用的かもしれないのです。

PEラインが切られるのは、よっぽど大物か根に入られた時ですが、実際には近くまできて突っ込まれた際の強度が一番大事だと思いますので、そこを新しいラインにしておけば安心です。

PEライン同士を電車結びしていたら簡単に切れてしまいますので、FGノットで強くて結び目のコンパクトな結束ができたら、高価なPEラインを効果的に使えるのではないかと思います。

壱岐沖でヒラマサ ・・・ 締め方が大事です。

hira6.jpg

6月第一週目、今月は釣るぞ~と、入れ込んで長崎県の壱岐の近くまでジギング船に乗って行って参りました。
写真は6人合計の釣果ですが、ヒラマサ~ヒラゴ×26本、ヤズ×12本、アカハタ×2匹、アラカブ×35匹、その他青物バラシ有り・・・というコンスタントに釣れた釣りでした。

近いうちに正式にご紹介したいと思いますが、この船の船長に敬服です。
素晴らしいサービスで、和気あいあいとした雰囲気が船の中にいつもあります。
船長自ら釣ったら全部針を外してくれて、生け簀に入れてくれます。
それもマーク無しというのが嬉しい。釣果は適当に和気あいあいのなかで分けましょう。というスタイルです。

hira5.jpg

さて最後に船長自ら絞めてくれて神経抜きしてくれて、血抜きまでしてくれます。
その手際の良いこと良いこと・・・
目と目の間に太いキリで背骨まで穴を開けます。

hira4.jpg

そのあと神経抜きですが、一発で挿入するのです。まさに職人。
神経抜きの失敗がない。魚は一瞬のうちにお黙りモード。
活きジメ君・・・今日は忘れました。(*_*)

hira3.jpg

そして鮮やかに包丁を鰓に入れて血抜き。 バケツの上の空間を利用してサックリと刃を入れるんですね。

hira2.jpg

持って帰って、船長の完璧な締め方で死後硬直全くなしだったので、近くの天然魚専門の行きつけの居酒屋へ、ヒラマサ持参で家族サービス。>^_^<
むっちゃ旨いヒラマサ刺身・・・写真は待ちきれなくて相当に食した後の写真です。スミマセン。<(_ _)>

hira1.jpg

で、・・・・・全く違う料理になるヒラマサのしゃぶしゃぶです。

育ち盛りの子供達はヒラマサ海鮮どんぶり。 ・・・・・・大盛りごはんを注文するだけでその上にヒラマサ刺身を盛りつけて、醤油を垂らすだけのシンプル料理。これがむっちゃ旨いんです。

今回はジギング船の船長の実力を伴った上での素晴らしいサービスと、そして何よりも締め方はやっぱり大事だとしみじみ思いました。(^。^)


ごちそうさまでした。 (^。^)/

またまた元気なヒラマサです。

gennkanmae.jpg

ゴールデンウイーク最終日福岡県筑前大島沖ジギング船で元気の良いヒラマサと出会いました。しかし、私のヘタな竿技術ではなかなか浮いてきてくれません。
水深60mの底より10m位でヒットしたのですが、一週間前にロッドが折られたことからどうもドラグは緩めになるし、以前の強引さがなくためてためてのやりとりとなりました。
あがってきたのは86m 5,3kgでした。 大きさのわりには元気なヒラマサでした。

しかし、磯からのヒラマサと船からのヒラマサとはこんなに違うものかとヒシヒシと感じています。
何事も経験値が自信につなげてくれますしね。

ヒラマサは本当に旨い魚です。絞めて、血抜きして、活きジメ君ロングで神経抜きをしっかりやるともう最高に旨い刺身がいただけます。(^。^)

沖ノ島沖でヒラマサジギング

hira.jpg
5月5日こどもの日に新しいロッドとリールをまるで子供のように喜んで持ってジギング船に乗り込みました。同行者はジギングの師匠の魔王さん。福岡県鐘崎漁港から早朝5時半に出航して沖の島沖合まで約1時間半です。 写真は同船した計6名の釣果です。
ワクワクしながら155gのロングジグ落とし込み何度もシャクって船移動。最初のうちは誰もアタリなしでしたが、いきなり私の竿が絞り込まれドラグは一切ださず約3kgのヒラマサを水深75mから強引に引きづり出しました。
最初の一発はむっちゃ嬉しいのを一人だけ喜ぶのを抑えて抑えて・・・。(^。^)
それから誰のアタリもなく静かな船上でした。
10分くらい船移動してから皆さんの竿が曲がりだし、私もシャクり続けていましたが突然大物の引きにロッドはまたもや折れるのではないかという心配をよそにラインブレイクです。PE4号のリーダーから20mくらいのところでタカギレです。結び目でなくて良かったあ~。と私だけ変な価値観をもってせっせとFGノットを例の治具で約60回の編み付けを5分でこなしすぐに臨戦態勢に入り即刻シャクり続けました。
流石に昼頃になると皆さんの疲れも目に見えてきます。この釣りは体力が勝負でしょう。午後二時納竿で帰港。
私はヒラマサ82cm(4.5kg)を筆頭に計6本。お土産には十分な釣果です。(^-^)/
FGノット治具はもう完璧に出来上がりつつあります。

紺碧色の海、沖ノ島・・・ロッドを折られました。(*_*)

okinoshima1.jpg
5月2日 福岡県宗像市の沖ノ島に行って参りました。
FGノット治具の完成を大きなヒラマサで確認したいということと、新型ギャフのフィールドテストでたった一人でかなり気合いが入っています。早朝4時半に出航で神湊から約1時間10分かけて瀬渡しで渡してもらいます。最初は島の南側のケーソンです。
気持ちいい~。 着くなりまず御神酒のビールをちょこっと海へ・・・で釣る前に乾杯。(^。^)こんなに綺麗な海に来ることができるだけでも幸せだあ~。なんて平和な気持ちで海を眺めてました。
okinoshima2.jpg
ケーソンの北側にあるスリットから美しい海中が少し見えます。写真撮影しましたが実物はこれよりもっと綺麗です。
さて、ショアジギングの開始です。80~100gのジグを10.6feetのロッドで遠投して底をとりながら探ります。昨夜FGノット治具でPE4号にショックリーダー80ポンド(約18号)を祈るようにして編み込みました。80gでは潮の流れが速く底が取りにくいくらいです。
どれくらい投げ込んでシャクったでしょう。 ベイトはいるのに生態反応なしです。
20cmくらいのポッパーでも海面を探ります。海は釣れそうな感じがするのですが、ヒットしてきません。正午まで体力の続く限り投げ込みましたが、青物狙いの場合はよくあることですのでとりあえず瀬替わりです。
okinoshima3.jpg
この切り立った瀬はとんでもないドン深の水深を連想しますが、予想通りチョイ投げで水深60mの深さです。海底にも面白い瀬を発見することができて期待大です。
いろんなアクションで試してみましたが5投目いきなりガツンという今までに体験したことのないくらいのアタリがあり、アドレナリンを噴出しながら思いっきり大合わせを3回やりました。するととたんにジィィィィィ~~~ッとドラグ音がなります。ドラグが止まりません。すでに一気にリールが摩擦で熱くなっています。こんなの初めてです。
やっと気を取り戻しリールを逆回転させて魚への負担を軽くしました。するといつもの通りに魚は止まってくれます。しかし!ラインがリールに絡まっている!慌ててラインの絡みをとりました。間に合って良かった。(~_~;)
それから反撃にでてリールをガンガン巻きました。なんせかなりラインがでていますので足元に魚がでてくるまでに時間がかかりました。銀色のヒラマサが見えてきます。うぉぉぉ~デカイ!!1mで10kgは楽にある。 といきなりまた突っ込まれまたまたジィィィ~~~ッとドラグ音でまたまたリール逆転し同じように巻き上げます。でかい魚体が見えてきました。今度は横走りです。アッ!ダメダメダメ~。と一人で叫んでました。
左側には瀬が切り立っておりそこに入られたらラインは一発で切れてしまいます。そこで慌ててドラグを絞めて魚との正面きっての闘いです。ラインを信じるしかありません。
バキッ!!もの凄い音です。???一瞬何が起きたのか分かりませんでした。次の瞬間別の音がビーンッ、 バチッ。
なんとロッドが折れて、次にラインが切れたという音でした。
okinoshima4.jpg
これがその無惨なロッドです。竿先は海に落ちて流されてしまいました。
しばらく座り込んで折れたロッドを眺めていました。残念という気持ちは全くなく、あれほどのやりとり出来たことだけでも嬉しかったのです。もちろん私の腕が足りないのが取れなかった原因です。腕があればたぶん取れる魚だと思います。
またここに来たいという気持ちで一杯でした。
逃げた魚は大きいと言いますが、まさしくその通りです。今日は1mと言っていますが、来週は2mの幻の魚に変わっていると思います。
釣りって本当に楽しいですね。(^。^)

それにしても竿が~。(; ;) 剛竿を早速買いました。(^-^)/

明石沖 神戸沖

友人と2人で仕事終わり明石へ
今回こそ真鯛を!
と意気込んで行きましたが、
ちょっとやそっとじゃ釣れないようで・・・

DSCN0307.JPG
こんなのとか
DSCN0315.JPG
こんなのとか

しかしでかいシーバスだ・・・
大阪湾で80cmは値打ちありますねえ
カブラでカレイは初です

夕方の短い時間にすべてを賭けましたが撃沈でした。

気合を入れ直し友人2人を途中で追加しメバルガシラへ!
今回はベストメンバーだけあって、いい感じでガシラにメバルと釣れてます
DSCN0321.JPG
メバル28cm
お刺身お刺身♪
ロック2号大活躍です
ちなみに、いつもキス仕掛けにロックですが、メバル狙いの時は胴付き仕掛けにロックが調子いいですね
ワームでやる場合はメバルでもキス仕掛けにロックのが釣れるようです。
そんなこんなで、いい感じに終わりました
あまりにいい感じだったのでついつい遅くなり帰ってきたのは早朝5時
また眠い顔で仕事しなくては・・・・

DSCN0325.JPG

ブルーランナーでまたまたヒラマサをヒット。

Image013.jpg

氷点下1度というのは北国には当たり前の気温かもしれませんが九州の温暖ぬくぬく男にとっては釣行を躊躇してしまいそうな気温です。(~_~;)
そんな極寒の中、仕事サボって12月7日(日曜日)に佐賀県小川島へヒラマサ狙いに行って参りました。

ブルーランナーの専用天秤を試作中で、どうもこれはエビングにも使えそうな天秤でして、そのテストを兼ねての釣行です。

最初は全く釣れずあまりの寒さに釣りよりも焼き肉を始めてしまい、良い気分になりもう今日はお昼であがろうとしてましたが、いきなりウミネコが近くを飛び出し「ん?」ボイルまでにはいたらないが何かが海中の中で起こっていると思い竿を振りました。
予想通りにヒラマサ3kgとヤズ1kgをヒットさせました。

PE1.5号でヒラマサ3kgはなかなか楽しいやりとりです。リールを逆転させたりしながら間合いを詰めていく、手前でいきなりの走りはヒラマサならではの動きです。

ブルーランナーは思いもよらないアタリが魅力ですね。(^。^)

丹後半島沖でジギング

DSC00341.JPG

友人5人で行ってきました
今回こそは大物をと思い言ってきましたが、ハマチツバスの猛攻にやられました
唯一、友人に小型のヒラマサがヒットです
DSC00339.JPG

メジロ~ ブリ~と叫びながらしゃくるも釣れませんでした・・・
大物はいずこへ・・・?
前日の夜釣りで釣れたイカ
なんじゃこりゃ・・・

DSC00338.JPG

明石沖でのカブラ真鯛

前々から誘われていた友人のボートに乗って真鯛を釣ってきました

中々釣りにいけず、明石沖でのカブラ釣りはなんと今年初です
ポイント案内役として乗ったものの釣れるかしら・・・

神戸から出発しポイントに着いてさっそく釣り開始
しかし、潮と風が逆。 これって一番釣れないパターンなんですよね;
ボートをバックで立てて流すと・・・
友人にチャリコがヒット すぐさま友人にハマチがヒットするものの、釣れない時間が続く

友人「どこか釣れるとこないんですか!?」

皆でプレッシャーをかけてきます 汗;

あみと「潮が動かないとどうしようもないねぇ・・・」
とお決まりの言い訳をいいながら、少しでも動いてる場所を頭の中で探す

淡路島行けばいけそうなんだけど、あっちまで行って釣れなかったら悲惨やし、行くのもめんどくさいし、転流の時間はこっちで大物狙いたいし、その時間戻ってくるのも大変やし・・・

あみと「うん もうちょいで転流やから、その時間なったら釣れるわ!」
    ・・・・・タブン と心の中で付け足しました。

そして、しばらくしてぽつぽつ当たりだし、私のロッドが大きく海面にささります!
むむ 大きいのかな? と思ったら引きがあまりありません
ただ、重い・・・
なんだろ!? とあがってきたのは1,5㌔のトラフグ!
人生初トラフグです

DSC00312.JPG


その後もぽつぽつ当たったり、釣れたりバラシたりバラシたりばらしたりのがしたりで納竿となりました
いろいろ真鯛の釣り方はありますが、カブラ真鯛は楽しいですねぇ
大物はでませんでしたが、久々のカブラ真鯛を楽しみました
ただ、釣れるまではかなり辛い釣りです^^;

いつも、使ってるカブラはアンサーとビンビン玉です
最近はビンビン玉のが使う事多いです
ビンビン玉はタングステンでできてる為、底がとりやすく扱いやすいです
アンサーはどうしても形状から底が取りにくい為、使用頻度が減ってます

カブラ釣りも狭いポイントで使用する為、同じカブラだとスレてしまいます
そこで、自作でスピナーベイト用のふさふさ(?)を買ってきてつけたりしてます
お勧めはビンビン玉にタコダンサーです
マダイにもいい感じなのですが、特にいいのは、底物狙い
関西圏の日本海で流行ってるインチクですが、根魚狙いの時、ビンビン玉にタコダンサーはかなりお勧めです

DSC00310.JPG

ジギング

DSCN1586.JPG

和歌山にジギングに行ってきました

水深も浅い所と事前にきいていたので久々に岸ジグを持っていきましたが、40~80mとまったく使いどころなく・・・
元々ボートじゃなくおかっぱりジグだからしょうがないですね
最近どこの釣り場も浅場近場が釣れなくってるせいか、どんどん深くなってる気がします
根魚なんてもっと悲惨ですからねぇ・・・

新製品・ブルーランナー

hirasu2.jpg

佐賀県呼子小川島に9月末に渡り青物狙いに行ってきました。
ここは、ブリ、ヒラス、シイラが回遊し水深15mくらいの潮通しが良い魚影の濃い波止です。

新製品ブルーランナーのマダカブルーという何とも美しい弓角をリーダー4mにつなぎ、トレーラー部分には改良名古屋テンビンにジグ60gを付けて遠投し、4号磯竿6.3mを振りました。
釣り方は、必ず底をとりながら高速リトリーブをしてまた底を取りながら1キャストに3回底を取るというやりかたで青物を待っていましたところ期待通りに、ヒラマサ58cmをランディングさせ、そのあと根がかりかと思うようなアタリのあと強力な締め込みしたあと35lb(10号)のリーダー切れをおこし、次にはPE1.5号で慎重になりすぎて針外れという情けないバラシを起こしました。

使ってみて思うことは、状況によって違うとは思いますが廻りのジグよりも明らかに反応していましたし、何よりも使い方が高速リトリーブだけで簡単であり何の技術もいらないというお気楽な釣りでした。
少し肌寒い天候でしたが私だけは一日中Tシャツ一枚でリールを巻いていました。(^。^)

リーダーのラインシステム治具を募集します。

fg.jpg
難しくて時間のかかるリーダーとPEの結束についてですか、これをなんとか器具で簡単にできないものかをずっと研究しています。

既に数社から器具が発売されておりますが、どうも手で締めるようにうまくいかないのです。大手電機メーカーからも売られていますが全く使い物になりません。そうです。現在この分野では納得のいく商品が世の中に存在しないのです。
釣り場で素早く尚かつしっかり結べる治具があれば最高ですね。

じっくりコツコツと試作していましたが、私の低い技量ではFGノットやSFノットはできません。

どなたか今販売されているもの以外にご提案があれば是非ご連絡ください。製品化できればと思います。

私DETCHのメールアドレスは下記の通りです。
NQE50210@nifty.com
宜しくお願い申しあげます。

ボートシーバス

DSC00220.JPG
やっと大阪湾へ行けたので初更新です
ガシラ狙いに行きましたが、風が強く断念
なんせ17ftのちっこいボートなもんで、ここまで荒れると近場のシーバスポイントしかいけません。
最近シーバスはご無沙汰過ぎた為、近場ポイントにいてくれるといいなーと甘い期待でボートを走らせました
近場の人気ポイントは軒並み他船がいた為、なんとかシーバスのいてる場所を探さなくてわと、考えます
やっとこさ、誰も入ってなさそうなポイントを発見
そして第一投目からすさまじい入食状態
しかもサイズ50~70cmと楽しいサイズ!
久々にシーバスの引きを楽しめました
3人で3桁釣りと大満足で帰港しました

と最初の更新からギアラボ製品と
         な~んも関係ない釣行記となり申し訳・・・m(_ _;)m

ヒラメDSでの釣り

春ヒラメの時期になりました。(^_^)

週末釣り師でヒラメ打率10割を2ヶ月更新している私の友人がいます。Gear-LabのヒラメDSはヒラメかマゴチかガシラがいれば高い確率で喰ってきます。

さて、既にルアー歴が有りましたらおこがましい説明になりますが、念のためにヒラメDSを使った釣り方です。

 元々ダウンショット仕掛けの原型はブラックバス釣り用でして、現在でも非常によく釣れるという定番の仕掛けスタイルです。ただ、狙うにあたって難しいことはただ一つ。「底取り」「タナ取り」「出来るだけ目の前に疑似餌を通してやる」ということに尽きるのです。

ヒラメに対していかに旨そうに、生きたように「喰ってやろう!」と思わせるようにワームをあやつるのですが、あくまでも「弱った魚」を演出させるのがミソとなります。

竿をあおったり、引いたりしてワームを横に泳がすのではなく、ラインがちょっとタルんだ状態から、軽い手首の返しのみで、チョンチョンと竿先のみで上方向に引き、ラインに振動を伝える程度で、ピクッピクッと躍らせるという動きができれば、低活性のヒラメにも食い気を起こさせられるということです。ワームを逆さまにセット(腹を上に)するのもその為です。

ヒラメやマゴチは、活性の低い昼間は大概は砂に潜って獲物を待ち伏せしております。ですから特に昼間は、引っ張ってルアーを泳がすという横の動きより、「躍らせる」「振動させる」という、「ワームの縦の動き」に、より良く反応し砂から這い出させることが出来るのです。

手首の返しのみで丁度オーケストラの指揮者の指揮棒のように、竿先3分の1で、大体1秒間に2~3回チョンチョンチョンと弾き、そして、寄せた分だけリールを巻き取り、そしてチョチョンのチョン、そしてリールを巻き取り・・・。たったこれだけの繰り返しです。 

コツはシンカーをできるだけ水底を這わせながらということで、キャストして、完全にオモリが着底し、ラインがふわっとたるんだ状態からシェイクしはじめます。

是非是非大物狙って楽しまれてください。

DSシンカーが進化ー!

hirame.jpg

今月発売のヒラメDS用の新シンカーですが、かなり大きな進化をしました。
釣具というものは完全なものはなく進化すれば後退する部分がいつもついてまわります。

このシンカーは完全脱出を試みるくらいの素晴らしいオモリです。特にさわってみると分かるのですが、ゴムが非常に柔らかいのです。クネクネと簡単に曲がります。一度根がかりしたこのシンカーはラインテンションの力により反転して脱出します。
原理としてはROCKT601と同じで反転脱出オモリです。
ただ、再セットの必要がなく続けて釣りが続けられます。またオモリ重心が低いので底が取りやすいオモリでもあります。他にも長所がたくさんあるのですが、あえて少し欠点を言えば、遠投性が少し落ちます。飛んでいるときに重心が先端にあるのでどうしても少し安定しません。といっても気にならない程度です。
張力で一瞬伸びたゴムは縮もうとする力によって初速が速くなりますので一長一短でしょう。

なんと売れているオモリが意外に軽い(5号程度が多いです)ことを考えればそんなに遠投の重要性はないのかなとも思います。

あとはROCKと同じなのですが、空中での重量と水中での重量との差が他のオモリよりあるようです。つまり竿には重たいのですが、底を引きづるときに軽いという現象です。

ROCKもDSシンカーも進化してきていますが、今後益々進化していくでしょう。