DAIWA スパーバトルカップ投げ2012秋田大会

6/23(土)はダイワさん主催のキス投げ釣り大会でした。

会場は地元の釜谷浜。

東北各地の常連をはじめ、遠くは神奈川県からの参加者もあり、雨交じりの強風が吹き続ける中で熱いバトルが繰り広げられました。

2012062305290000 (2).jpgのサムネール画像

大会の様子はこちらからどうぞ~http://blogs.yahoo.co.jp/xjfdx372/8902707.html

大会の結果詳細はこちらからどうぞ~http://all.daiwa21.com/fishing/event/nage/2012nage/120623a/download/kekka.pdf

いくらやっても次のステップに進めない自分のヘタさ加減に呆れかえっておりまする...(^^;;

2012年ジャパンカップ東北大会

久しぶりのアップになります。

みなさんお元気で釣りしてますか~?

6月3日は「シマノ ジャパンカップ 東北大会」でした。

前回の記事が昨年9月に開催された2011年度のジャパンカップ予選の内容で、時間が経つのが早いもんだなと感じております。これも歳をとったせいなんでしょうかね...

本部で受付を済ませて、ウチの同行メンバーと気合いを背中で表現しています! やるど~!!

2012060305090000 (3).jpg

ウチの集団(?)からは左からケイキさん、ケンタ、M隊長、JK(ジャンケンキング)です。 それにトンボさんが参戦しておりましたが、ゼッケン番号を見るとJKが5番をゲットしたようで、好位置からスタートダッシュが出来そう...(笑)

開会式も終わっていよいよスタート、ゼッケン1番からGOです!!

 

私は前日の下見で最大のサイズが出たポイントを目指して歩きます。 少しすると目の前にゼッケン5番の後ろ姿が見えました。 私は55番だったんすけど、どうやらJKに追いついた模様っす(^^)

狙った場所に到着すると、ラッキーにも空いていたのでクーラーを置いて釣り座を構えます。 左隣には新潟から参戦された方が、その3人ほど先にはJKが居ます。 反対の右隣はかなり間が空いていて自由にやれそうな気配が...

そして6:00になり競技開始です!

2012060306030000 (2).jpgのサムネール画像

下見の釣れ具合から、この日は2色以内の釣りに徹する作戦。

1投目⇒半色(0.5色?)で変なアタリもフッキングせず 2投目⇒同じく0.5色でゴンゴンと魚信! しかし...キスではなくウグイさん...(^^;;

それからはマッタリゆったり無反応、何事もないまま1時間が経過しました。 周囲の10人ぐらいを見渡しても一人しか、一匹しか釣れてなさそう...

すると激シブにシビレを切らしたJKが私の右に移動して来ました。 様子を聞こうとしましたが、全くアタリが無くてつまらないゾと、顔で訴えておりました。 二人並んでしゃがんでアタリを待ちながら、「絶対来ると信じてキレずに頑張るべ!」と言った次の瞬間、

私のロッドに『ブルブルッ!』と激震が走ります! さすがのJKも『言ったそばからマジっすか!』と驚きの様子です(^^) 慎重に取り込むと20cm弱の良型ですv(^^)v  よ~し、もう一丁!!と鼻息が荒くなります。

しかし、それから1時間半はバックラッシュを2回発生させ、たまに反応があるのは針ごと持って逃げ去るフグさんのみで、こうなると集中力も途絶えそうになっていました。 周囲も全くダメダメ...

ダラダラとエサ付けしながら何気にJKを見ると、何と!! 良型が掛かったみたいで、左手で強くキスを握りしめ、クーラーに投入しているではありませんかっ! 背中の5番が躍動してます(^^)

私も仕掛けを投入してからJKの隣に寄ってみると、そこまではドロドロに濁っていたその目に光が宿っていて、真剣モードに突入しているみたいです。 するとJKが『花丸さん、絶対来るって信じるべきだすな~』と笑ったかと思ったら『今また掛かってらすよ!』ですって~

JKが残り30分を切ってから2匹を連続ゲット、この周辺では確実にトップでしょう! 更にもう1匹と欲張ったJKは無限仕掛けを取りだして針数を増やして再投入、流れに乗って一気に連掛けを狙っているようです。

残り時間はわずか、本部帰着時刻まで間に合わないと失格なので、私はタックルを仕舞い始めたところ、 『うわっ!なんだ~!』とJKの悲鳴(?)が聞えて来ました。 どうやら奥のエリアから歩いて来た人がJKの仕掛けや道糸に絡まってグシャグシャになっているようです。 このトラブルでJKも追加を諦めて終了した模様ですが、もしもトラブルが無かったら...どうなっていたのか?

 

そして本部で検量、私は1匹59g。 周囲は数匹のキスを持っている人が多く見かけたので、集計を待つまでも無く間違いなく撃沈確定でした~(^^;;

そしてJKは1回戦通過だ!と思って検量したみたいですが、103gの通過ラインに届かなかったみたいで無念だった様子です。

結局ウチの集団(?)から2回戦に進出できたのは、トンボさんとケイキさんの2名、拍手っす!!

2012060309140000 (2).jpgこれで私の今年のJC予選は撃沈のうちに終了っす。 これまで何度も修行が足りないと言い続けてきたけど、マジでダメさが際立って参りました。 どうしましょ...(笑)

2012060309150000 (2).jpg落ち込むケンタ、JK、M隊長、そして私...反省しとけってが~!!!

大会前日の下見やら表彰式やらを見たい方はこちらからどうぞ...

http://blogs.yahoo.co.jp/xjfdx372/folder/314425.html

 

2011年 JC浜中

10月9日は「シマノ JAPAN CUP 東北大会」が、いつもの山形県の浜中海岸で開催されました。

もちろん気合いを入れて参戦して参りました(^^)

2011100906240000 (2).jpg

参加人数も多いんでしょうけど、D社さんの大会に比べるとスタッフさんの数が多い気がしますね~

本部受付ではいつものように封筒を引かされ、その中にあるゼッケン№がスタート順になります。

 

 

今年のスタートは...

2011100906280000 (2).jpg

107番...

真ん中より後ろのほうっすね~

先にスタートする有力者の様子を見ながら右へ行くか左へ行くか決めよっと(^^)

 

 

そして参加者がタックルを揃えてスタート位置に並んでいます。 

2011100906230000 (2).jpg

みなさん気合い満々のようっすね!

ところが...

選手が並んでからスタートまでの段取りが毎年悪すぎですね... 

 

 

参加者もちゃんと揃っているのに20分もスタート時間を遅くするなんて、どうなってんの?シマノさん...と思ってるのは私だけでは無いような気がします。 次回からはちゃんとやってくださいね~

やがてゼッケン№1の人からスタート!

参加者はそれぞれ好きな方向へ散っていきます。 私は悩んだ末に少しだけ広い右方向を選択し、状況に応じて足を使って移動する作戦を考えました。

浅瀬の際を探しながら歩いていると、良さ気な場所を発見! クーラーを置くと目の前を歩いていた山形の金毛のアンさんも立ち止まってクーラーを置きました。 さらにその右隣にはSBC釜谷予選で隣だった最近好調のSさんの姿が、そして左隣にはベテランのNさん、その左側には地元酒田の紅会長、さらにその左隣には先日のSBC決勝で準優勝したSさんの姿も見えていて、まずまずの釣り座を確保できたようっす(^^)

7:20になってスタッフのホーンの合図で1回戦がスタートです!

1投目、周囲の様子を見ながら5色付近に投入。 すぐにカケアガリを感じやので仕掛けを止めながらネチネチとサビきます。 10分ほど掛けて波口までゆっくりと引いてくると、先針にキスの姿があったものの、サイズが5cm程度でリリース決定(^^;;

4年ほど前から始まった12cm以下のキスはリリースという、山形県独自のルールの餌食になっています。

2投目、3投目もキスは掛かって来るものの、すべて10cmにも満たないサイズ...「どうすんべ? キスは居そうだけどサイズが出ないなぁ~」と迷っていたところ、その直後に左隣のNさんに17cmぐらいのキープサイズが掛かりました! 見渡す限りキープサイズが掛かった様子も無いし、時間もまだ30分ぐらいしか経過していない。

「やっぱいいのが居るんじゃん! ここで粘るぞ~!」と決めつけました。

ところがそこからは周囲でも12cmを超えるキスは誰にも掛からず、ネチネチ探りするとフグの餌食で針が1本も無い状態、そして気合いで遠投したら7色半付近で根掛かりで道糸がプッツンするし、お隣さんと絡み合ったりしながらと、全く釣果が出ないまま更に1時間があっという間に経過...

仕方なく更に右の赤川方向へ大きく移動を開始しました。 狙いは突堤を超えてすぐの潮のヨレやゴミが溜まる場所から、何とかキープサイズを1匹引っ張り出したいところです。 沈みテトラに引っ掛かったり、針数だけゴミの玉を引き上げたりと四苦八苦しましたが、他に入れそうな場所や釣れてる情報も無さそうだったので、ここでラストまで粘ろうと決めました。

少しすると全国大会常連のOniさんがやって来て、私の隣で同じようにゴミ溜まりを狙うとのこと。 Oniさんもキープ0匹だったので、開き直っていたのかも知れません。 残り時間も30分ほどになって二人で釣れない状況を嘆きながらサビいていると、突然Oniさんの表情が変わって急いで回収に入っています。 

すると... 確実に12cm超えのサイズが2連で掛かっているではありませんかっ!!!

やられた~(>_<)

本部帰着まで歩いて20分以上かかりそうな場所だったので、残り時間からしてあと1投しか出来そうにありません。 恨めしそうにOniさんの獲物を横目で見ながら最後はフルキャストっす! しかし際を狙って少し左目に投げたつもりが見事に真正面に飛んでしまっていますが、もう時間がないのでそのまま奇跡の1匹を待ちます。

すると微かに「プルッ」と魚信があったような...!!!

期待を込めてリーリングし波口付近まで来たところ、横で余裕の笑顔なOniさんが「おっ!キスが着いてんじゃね~? それっぽいのが見えたよ~」と嬉しい事を言ってくれます(^^)

それはコイツでした!

2011100909590000 (2).jpg

やはりリリースサイズっす(^^;;

THE ENDっす。。。

キス釣り終了!

 

 

 

落ち込みながら本部に戻ると、先にルンルン気分で検量していたOniさんは満足顔。

2011100910170000 (2).jpg

この激シブで2匹キープなら2回戦進出は確実でしょう! おめでとうございます! 

ぜひセミの権利をゲットして下さいね~(^^)

 

 

 

そして1回戦の検量結果は...

2011100911090000 (2).jpg

なんと1匹超の検量を行ったのがわずか25名

こんな大会ありっすか?

一発逆転の楽しみもあるんでしょうけど。。。

果たしてどうなんだべ...?

 

 

単純に激シブで釣れないのなら自分の腕が悪いと諦めもつきますが、この会場で行う12cmルールは正直言って楽しくありませんね~

そんな負け惜しみを言いながら、自分の今年のキス釣り大会も全て終了しました。

一緒に参加した秋田投魂会やFC投人のメンバーも全員が0匹撃沈の釣果だったし、過去3度優勝を飾っている我が秋田投魂会のジャンケンキングは、『4台もチャリは要らねっす!』と表彰式後に行われる恒例のジャンケン大会をパスすることを宣言したので、2回戦の結果も待たずに帰国することにしました。

来年は...釣れる状況、釣れる会場での開催を願うばかりです...

参加された選手の皆さま、大変お疲れさまでした!!

 

 

 

 

 

 

 

第8回 ダイワ スーパーバトルカップ投 2011

9月24日はいよいよSBC決勝戦、今年は単なる見学者としてその熱い戦いの模様を会場である釜谷浜で拝見して参りました。

2011092406410000.jpg

 

朝5:30、天気予報だと7:00頃までにわか雨が降るかも知れないとのことで微妙な雲行きなのですが、それよりも気温が11℃と今シーズン一番の寒さとなってしまいました。

 

男鹿半島方面は雨が降っているようで陸地は全く見えませんが、クッキリとキレイな虹が見えます。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 前日の下見の様子(http://blogs.yahoo.co.jp/xjfdx372/6020991.html)を見ると結構イケそうな雰囲気でしたが、北から流れて来た潮で水温の低下が心配されました。

 

2011092405380000 (2).jpg

本部も準備完了のようです。

 

 

 

 

 

2011092405370000 (2).jpg

こちらはラインズおじさんズ。

寒くて大変ですね~

背後には虹が出てますね...

 

 

 

2011092405460000 (3).jpg

やがてファイナリストが集合し、開会式っす!

内に秘めた投志がメラメラと...

 

 

 

 

決勝の予選は6:30~9:30の3時間で釣ったキスの総重量勝負です。

 

既に前夜祭で抽選が行われていて、本部から海に向かって右側がWエリア、決勝エリアを挟んで左側がRエリアと2つに分かれて予選が行われます。 両エリアから2名が決勝戦に勝ち上がり、4名で2時間の決勝戦を行って頂点を競うことになります。

各ブロック大会から勝ち上がってきたファイナリストの皆さんは、

◆東北北陸ブロック代表◆

1位 斉藤 隆広さん(新潟県・初出場)

2位 酒井 邦浩さん(新潟県・初出場)

3位 西田 正樹さん(石川県・初出場)

4位 川村 公二さん(新潟県・3回目・前年度準優勝)

5位 澤谷 彰広さん(富山県・初出場)

◆関東東海ブロック代表◆

1位 安藤 誠 さん(静岡県・初出場)

2位 古牧 康彦さん(静岡県・4回目)

3位 望月 哲宏さん(静岡県・初出場)

4位 大林 登志男さん(愛知県・2回目・前年シード権獲得)

5位 先崎 隆 さん(神奈川県・初出場)

6位 高橋 明彦さん(神奈川県・8回連続出場・前年度4位・優勝4回)

7位 友重 秀樹さん(神奈川県・2回目)

8位 高本 泰樹さん(東京都・初出場)

◆中国四国九州ブロック代表◆

1位 妹尾 泰博さん(広島県・初出場)

2位 矢葺 博 さん(愛媛県・初出場)

3位 木谷 真一さん(香川県・初出場)

4位 大前 勝紀さん(兵庫県・初出場)

6位 戸村 貴行さん(大阪府・初出場)

※5位の小関 典久さんは都合により欠場とのことです。残念っす(>_<)

以上、各ブロック代表の精鋭18名に加えて、

◆前年度優勝シード選手◆

古牧 義康さん(静岡県・5回目)

が加わって合計19名で栄冠を競い熱いバトルを繰り広げます!

2011092405500000 (2).jpg

クーラーチェックも終わって、選手たちは各エリアに向かいます。

 

 

 

 

 

2011092406300000 (2).jpg

やがて6:30になりスタートっす!!!

皆さん、ベストを尽くして頑張ってください!

 

 

 

 

2011092406480000 (2).jpgのサムネール画像開始時はRエリアを観戦していましたが、エリアの左から2番目に陣取った方が(東京の高本さん?)が4連・3連などといいスタートを切ったようです。

2重の虹をバックにカッコいいっすね~

 

 

 

それからは全体を見ていると、朝イチは皆さんが連で釣果があったようですが、徐々に単発になってきたり型が小さくなったり素針を引いてしまうケースが増えてきたようです。

各選手は場所移動をしながらキスが溜まっているポイントを探す作戦に出ているようですね~

そんな中で、朝イチからド遠投に徹していた2名の選手がいました。 Wエリアでは前年度優勝の古牧 義康選手、Rエリアでは古牧 康彦選手です。 同性ですがこの2人は投げ釣り業界では最も有名(?)な親子で、私は前日の下見でお二人を横から拝見していましたが、ド迫力満点でその飛距離に圧倒されっぱなしでした。 昨年はこの遠投力で古牧ジュニアが優勝したし、今年の釜谷浜の傾向からして遠投が有利なのかなと思っていました。 案の定、お二人ともいいスタートを切っているみたいっすね(^^)

2011092406300000 (2).jpgやがて9:30を迎え、予選の終了です。

検量の結果が気になります。

 

 

 

 

2011092410080000 (2).jpg

結果発表を待つ選手たち...

その右端に居る3名の方々は、選手かと思ったら地元のギャラリーオジさんたちっす(^^)

さすが秋田のお父さん、決勝に出ないでね~

 

 

そして決勝に残った選手は... 2011092410130000 (2).jpg

Wエリア1位 新潟の斉藤選手

Wエリア2位 同じく新潟の酒井選手

Rエリア1位 静岡の古牧パパ

Rエリア2位 東京の高本選手

以上の4名が決勝戦に進むことになりました!

 

一方で前年度優勝の古牧ジュニアは、わずが18g足りずWエリア3位...

そして8回連続出場の大本命である高橋名人も、わずか12g足りずRエリア3位...

有力と見られていた2名がまさかのシード権争奪戦に回ることになりました。

3時間もの間で、たった1匹程度の重量差で明暗を分けることになるとは、あらためてトーナメントの厳しさと集中力の必要性、そしてアクシデントやトラブルを潜り抜ける運の必要性も感じました。

 

2011092406300000 (2).jpg

やがて10:40になり、いよいよ決勝戦とシード権争奪戦がスタートです!

ここから2時間後には2011年のチャンピオンが決定します!

 

決勝は風車の3本目~7本目の約700mのエリアで行われ、シード権争奪戦は予選で入ったエリアと反対のエリアに入って競います。

 

決勝エリアの右端には、大勢のギャラリーを従えて古牧パパが陣取ります。

2011092411440000 (2).jpg

作戦はもちろん遠投!

さっそく良型をボコボコと釣り上げています。

一歩リードという感じです。

 

そのすぐ左隣には高本選手が釣り座を構えます。

2011092411400000 (2).jpg

高本選手も遠投でスタートした模様。

その後の見ていると古牧パパを徹底的にマークする作戦のようで、パパが移動すると高本選手もすぐに移動し隣で釣るパターンが続いていました。

 

そして真ん中程でフリーな状態でキャストしているのは酒井選手。

2011092410570000 (2).jpg 流木を利用しての微かなアタリも逃がさない姿勢は勉強になります。

酒井選手は4色付近の距離に徹して中型キスを確実に掛けていっています。

 

エリアの左端から徐々に場所移動をしているのは斉藤選手。

2011092411230000 (2).jpg キス釣りの基本ともいえる足を使った作戦です。

今年の釜谷浜では、昼近くになると同じ場所では2投もするとアタリが続かなくなる傾向が強かったので、理にかなった作戦のように見えました。

 

 

古牧パパが良型を遠投で掛けて始まった決勝ですが、時間が経過すると遠投でもミニサイズしか掛からなくなって移動を繰り返す展開になりました。 そ してその姿を追って移動する高本選手も小型ながらキスを追加していきます。  一方で酒井選手はフリーでキャストできる状況を上手く活用して広角に探り、大きな場所移動をせずに着実に釣果を伸ばしています。  斉藤選手は場所移動の足が止まって、どうやらキスが溜まっているポイントを探し当てたようです。

まさに接戦、混戦、激戦、誰が優勢なのか全く分からない展開になりました!

 

2011092406300000 (2).jpg

やがて4名がそれぞれ違った作戦で心技体の全てを注いで争った2時間も経過しタイムアップ!

 

選手のみなさんお疲れ様でした!

2011092412520000 (2).jpg

決勝を争った4名が、それぞれの勝利を確信したVサインっす!

 

誰が優勝なの?

その結果は...

ダイワさんのHPで正式な成績発表ご覧下さい(^^)

http://all.daiwa21.com/fishing/event/nage/2011nage/index.html

明日にはアップされるのかな?  ワクワクしながらお楽しみに!!!

 

ヒントはこちら...(^^)

2011092412560000 (2).jpg 右は前年度優勝のジュニアっすね

左は...?

 

 

 

最後に、やはりトーナメントは見学でも審判でもなくて選手で出たいモンですね。 頑張らなきゃと思ってはいるものの、今回は前日の下見と決勝戦を間近で拝見し、自分の実力の無さや努力の足りなさを痛感させられた大会でした。  参考になる点が多数ありましたので今後に活かして参りたいっす!

2011092413130000 (2).jpg まずは2週間後に控えるJAPAN CUP浜中予選っす!  でもその前にエギングもしたいなあ~

って、こんなんじゃダメじゃん(笑)

第1回 東北クラブ対抗キス釣り選手権

9月18日は記念すべき「第1回東北クラブ対抗キス釣り選手権」、台風に刺激された前線が停滞して大雨洪水警報が出されて開催が心配される状況でした。

大会前日の14:00頃に会場である秋田市の桂浜海水浴場に到着すると...

2011091714530000 (2).jpg

親分をはじめSさんミヤちゃんなどが既に1,000円飲み放題のビアガーデンを開催してました。。。

さっそく私も参戦です(^^)

  

 

 

この日は海の家「マリン」五十嵐さんのご厚意によって海の家をお借りできたので、雨が降っても何の心配もなく楽しい前夜祭が送れそうです。 五十嵐さんありがとうございますm(_ _)m

一方、大会エリアを示す旗を持っているこの方は...

2011091714260000 (2).jpg

ご存知、大曲浜つりえさ店の店主さんです。

3月の震災では店舗が津波で流されて先が見えない状況だったそうですが、全国の投げ釣り大好きな皆さまからの応援や支えがあって、まさに復興を決意されたとのことです。 今回の大会開催は店主さんの夢のひとつだったそうで、それが実現できてよかったですね!!

やがて夕方を過ぎると続々と参加者が集まって来ました。

2011091720390000 (2).jpg

登録したのは投げ釣りクラブ30チームですから、最低でも90名が集まります。

さすが酒どころ東北のツワモノ、呑む量も語るボリュームもハンパないっす(^^;;

 

 

2011091720420000 (2).jpgのサムネール画像

かまどキャスターズのOさん、ウチのケンタ、紅花サーフの酒田師匠、そしてノリノリのTさん

目の前の包丁が気になったりして...(^^;;

 

 

2011091720400000 (2).jpg こちらはウチのメンバー

ラッキー伊藤ちゃん、モトちゃん、M隊長がマジモードで作戦会議でしょうか?

その奥では鱚汐サーフのⅠさんとNさん

 

 

 

2011091720390001 (2).jpg

トマトさんに熱く語る店主(^^)

さて、明日はいったいどうなるのか?

 

恐らく23:00頃でしょうか...記憶が余りないのですが、14:00から呑み続けて足腰がフラフラ意識が朦朧としてきたのでホテルマイカーに戻って眠ることにしました。 しかし...強風を伴った大雨がクルマの屋根を叩きつけて物凄い音が鳴ります。 そして窓も開けられず湿気と加齢臭で室内が息苦しい状態 で、ほとんど寝付けないまま朝の4:00を迎えてしまいました~

  大会の受付は4:30から開始なので海の家「マリン」に入ると、そこは酔いつぶれたオジさんたちが数十人雑魚寝している大広間と化していました。 それでもポツポツと参加者が集まって来ますが、屋根から発せられる音で風雨が激しいことが把握できます。  事務局と各クラブ代表者が集まって協議した結果、少し待機して様子を見て、6:00開始予定を延長しましょうとのことです。 

やがて6:00になった頃、タナが私のホテルマイカーを叩く音で目が覚めて、7:00に集合して3時間競技で開始することを知らされました。 どうやら1時間半ほど爆睡zzzしていたみたいっすね~

 

大会事務局長(大活躍の店主さんっす)がルール説明

2011091806550000 (2).jpg

ABC3エリアに分けて、それぞれに各チームのメンバーが1名ずつ入ってキスを釣ります。

エリア内で重量と匹数の順位を付け、その順位に従って1ポイントずつ加算し、3名のポイント合計がチームの総合ポイントになります。

1位=1Pなので、ポイント数が少なければ少ないほど順位は良いということになります。

 

2011091806470000 (2).jpg 海はこんな感じですが、3色ぐらいまでは濁って茶色くなってます。

塩は左⇒右方向に強く流れているみたいです。

 

 

2011091806480000 (2).jpg

大会本部マリン前に集まる選手たち

 YYGGと雨にも負けていません

 

 

 

私は本部マリン前のBエリアですが、準備が遅れて最後尾のスタートになりました。

300mに30人が入るので広いようで結構狭くて、入れそうなスペースがあまり見当たりません。 ちょっとだけ広い所に入れてもらって、7:30になりいよいよ競技のスタートです!!

 

1投目は何かが気になったのか思いっきり引っ掛けて左方向。。。5人ほどまたいで誤りと挨拶をしながら左へ動いてからサビキ始めました。 予想通り右へ右へとオモリが流されます。 やがて自分のクーラーの前まで来たところで流が止まりました。 もしかするとキスが溜まっているポイントか!?

何のアタリないまま濁りゾーンまで来たので仕掛けを回収すると、5cmぐらいのピンギスが2匹針に付いていました。 ラッキーv(^^)v

しかしそのうちの1匹は何者かに襲われたのか、内臓までエグされていて1~2gほど損した気分。でも周囲では余り釣れていなかったので、気持ちを取り直して再び投魂注入です。  

その後はフグ、ミニ黒鯛、ミニ真鯛が続々と掛かりますが、たまにピンキスが2連で掛かりました。 しかしキスのアタリが取れたのはわずか1回、その他では30cm弱のマゴチと30cm超のヒラメしかアタリが取れず、なんだか訳のわからないままタイムアップとなりました。

途中で強風あり大雨ありでプライベートでは絶対に釣りなどしない状況で、キャスト時に2回ほど感電を感じながらもクラブの名誉(?)のために集中してました。 久々に3時間が短いなと感じました。

わがチームの釣果は

Aエリア(M隊長)=1匹、Bエリア(花丸)=9匹、Cエリア(タナ)=1匹、合計11匹117gでした。

どのエリアも超激シブだったみたいですが、結果的に私が偶然入れたポイントが良かったようで、匹数は全体のトップの方と同じだったようです。 まあ重量はピンしか居ないから...(^^;;

 

そして集計が終わって表彰式です!

2011091812130000 (2).jpg 優勝は宮城の「投道楽」さん

私の2人隣でつっていたM田 さんが個人でも1位でした~

おめでとうございます!  第1回東北№1です!!

 

2011091812120000 (2).jpg 準優勝は宮城の「チームアンフィニ」さん

真ん中のイケメン君が釣った大物が決め手だったようですね~!

おめでとうございます!

 

2011091812110000 (2).jpg

そして第3位は...

なんと秋田の「秋田投魂会」っす!

やった~!!v(^^)v

 

 

2011091812160000 (2).jpg続いて第4位は青森の「FC投人」さん

実はポイントがウチと同じだったのですが、匹数で順位を決めるルールとのことで「特別賞」を受賞されました~

また、閉会式でのヘマタイトさんのスピーチが良かったからでしょうか! ケイキさんは引き続き絶口調、Tetsu殿の気合いの1匹ゲットが生きました。

 

そして最後は全員集合っす!

2011091811430001 (2).jpg

全国からいろんな支援・応援をいただき、盛り上がってたうちに終了となりました!

各メーカーさん、取材していただいた釣り東北さん、そして喜んで会場を提供してくださったマリンの五十嵐さん、本当にありがとうございました。

 

 

そして大会運営の全てを担っていただいた事務局の皆さま、大曲浜つりえさ店さま、心より感謝申し上げますm(_ _)m 

これからも東北のメインの大会として根付いて、キャスターの更なる交流と親睦の場となることを祈念いたします。

こんな感じで東北の投げ師たちは一足早い復興に一歩踏み出しました!!

 

大会の結果や詳細はこちらをご覧ください

http://www4.plala.or.jp/OOMAGARIHAMA/ 

 

 

青森県釣り三昧?

久しぶりのアップになります。

今週は「青森県オープンキス投げ釣り大会」に参戦するため、前日から青森県日本海側のエギング&キス釣りに行って参りました。

まずはエギングなのですが...

烏賊んせん(?)、青森県西海岸でアオリイカが爆釣という情報がまだ聞えて来ないので半信半疑のスタートです。

場所は深浦周辺の磯場でシャクることにしましたが、ここは昨年の同じ時期にいい思いをしているので、夢よもう一度、2匹目のドジョウを...そんな浅い単純な目論見であります。

 

そしてその様子は... 2011091006240000.jpg

 

 

 

予想通りの悲しい展開っす...(^^;;

 羽根も食いちぎられてるし...

 

烏賊の姿が見えましぇ~ん

 

  

という訳で朝から6時間以上磯場を徘徊したものの、数匹のチビっこを見た程度で、エギを追いかけるようなヤル気のある烏賊を釣ることは出来ませんでした。

   

もちろん気分はブルーなままですが、温泉に入っていつものように加齢臭と脂汗を洗い流し、日曜日に行われるキス釣り大会の前夜祭会場に向かいました。

 

さっそくの盛り上がりっす(^0^)

2011091018340000 (2).jpg

サムライ殿と本部長に囲まれたラッキー伊藤ちゃんっす

早くもビールから酒に手が...

 

 

2011091020230000 (2).jpg

こちらではヘマタイトさんとケンタが絡み...

 

 

 

 

 

2011091023210000 (2).jpg

それを横目にかまどキャスターズの皆さんが黙々と肉を焼いてくれています

 

んで、振り返ると熱い二人が...

 

 

2011091018110000 (2).jpg

ケ:あ~んして~♡♡

テ:いつもありがと~♥♥

見てられません...(^^;;

 

 

 

2011091023200000 (2).jpg

上下浜から帰りたてホヤホヤのケイキさんも絶好調っす!

 

 

 

 

2011091019490000 (2).jpgヘマタイトさんは上下浜の憂さ晴らしか!?

 

ケ:冷たいけど気持ちいいッス!

こんな感じの時間を忘れる危ない盛り上がりを見せている頃、すでに日付も変わっておりました...

 

 

翌朝、開会式っす

2011091105360000 (2).jpg

全サ青森協会ヘマタイト会長の二日酔い挨拶

上の画像とはまるで違って引きしまった表情っす

 

 

 

 

2011091105350000 (2).jpg結構マジ顔で気合い満々の皆さんっす

 

ラッキー伊藤ちゃんは直立不動っす(^^)

 

開会式も終了し、いざスタート!!!

 

 

海は凪だけど白く濁っていてあまりいい状況ではありませんね~

15分ほど歩いて自分の入りたいポイントに近づくと...

2011091105550000 (2).jpg

でっかく長い流木っす(>_<)

全長20mぐらいかな?

これじゃダメじゃん...

 

 

 

という訳で、足を使いながら探って移動する作戦に。函館からお越しの鶴さんが200mぐらい左にいますが、右側は500m以上誰も居ません。これはフリーに探れそうっすね(^^)

二日酔いで腰痛をガードするコルセットを巻き忘れたため、今日はフルキャストは諦めました。6色以内を10本針でキスの溜まっているエリアを探ると、3色付近でブルブルッとキスらしきアタリが来ました。続いてコツコツと変なアタリが続きます。 回収するとキスは2匹で残る針にはチャリ、チャリ、チャリ、チャリ、チャリコ、フグ&豆アジ...の9連っす(^^;;

続く2投目からは3色ラインに絞って広角に探っていくと、キスよりも多く掛かって来るチャリコに悩ませられながらも4連、3連、2連、6連、3連...と、着実にキスが掛かって来ます。

時折雨も降る天候でしたが、この夏に多用していた日陰作りパラソルが功を奏して、エサも雨水に濡れて痛むことを回避できたし、シブ目ながらもまずまずの4時間が終了しました。

本部に戻ると...

2011091110350000 (2).jpg

八戸B級グルメのせんべい汁っす

雨で濡れて冷えた体には最高です!

絶妙な塩味がイケてます(^^)

 

 

 

2011091110350001 (2).jpg

その横には大量のおにぎり

ゴマ塩がたっぷりで、塩分補給にもなってます

4個も食して私の腹は大変なサイズに...

 

 

 

そして結果発表、優勝は...

2011091110550000 (2).jpg

昨年に続いて我が秋田投魂会のM隊長が連覇!

何と3キロぐらい歩いて秘めたポイントでガッツリとキスを持ち帰って来てました。

さすがっす

 

 

2011091110590000 (2).jpg

第3位は秋田投魂会のタナっす!

隊長とは対照的、本部下で20mぐらいしか移動せずに気合いの遠投だったそうです

 

 

2011091110530000 (2).jpg

シマノJCでは無類のジャンケンキングもビールをもらって口元が緩んでます(^^)

 

 

 

2011091110530001 (2).jpg

前夜祭では大活躍(?)のケンタはお米をゲット!

 

毎回何か貰うよね~

 

 

 

2011091111070000 (2).jpg

今度はデルナー伊藤ちゃんに改名だな...

 

 

 

 

 

2011091110520000 (2).jpg

こちらはFC投人のレオ君。

もらったのはアルコール入りだな...

まだ呑むんじゃないぞ~

お父さんにガソリン代としてプレゼントだな(^^)

 

 

そして私は...

2011091123410000 (2).jpg

同重量でタナと並んでいましたが、壮絶な(?)ジャンケン勝負を制しての2位っすv(^^)v

抽選でメロンもいただいて、ホクホク顔で帰路に着きました~

 

ヘマタイト会長はじめ、FC投人、かまどキャスターズの皆さま、大会の準備から終了まで大変お疲れ様でした。 呑んだくれ&食いまくりのオヤジですが、また次回も宜しくお願いしますm(_ _)m

 

来週からは第1回東北クラブ対抗選手権、ダイワSBC決勝(見学)、ダイワエギングパーティー、シマノJC浜中大会とイベントが連続しております。 

呑み過ぎて体調不良なんてことにならないようにしないとなぁ~(^^)

DAIWAスーパーバトルカップ投2011 秋田大会

ここまでの約一ヶ月、ほぼ毎週のごとく通って練習を積んだ釜谷浜で、いよいよ本番が開催されました。

気心の知れたメンバーと前日から入って下見を行いました。

画像の二人は八戸FC投人のいTetsuさんと秋田投魂会のタナがなにやら会話しています。

金曜日まで大雨洪水警報が出て、秋田県内では洪水の被害があった地域もあったとか・・・

ここ釜谷浜では雨による濁りの影響は少なかったものの、潮の流れが早くて波も結構出てますね~

 

 続いて下見の状況は・・・

2011062507280001 (2).jpg酒田師匠がご覧の通りの獲物をゲット!

取り込むまで5分以上掛かってましたが、

なんだか尻尾がありますね~(^^)

 

何すか?それ?

 

2011062507280000 (2).jpgのサムネール画像

秋田弁で言うと『カスベ』っす!

いわゆるエイっすね~

師匠、ステルス戦闘機みたいっすよ(^^)

 

 

 

肝心なキスの釣果は・・・

2011062514400000 (2).jpg

上は八戸FC投人代表のヘマタイトさんがゲットした、本日最大の27.5cmっす!

下のカワイイのは・・・オイラが・・・

明日は大きいほうが欲しいっすね

 

 

そして前夜祭のメンバーが揃って、

2011062517500000.jpg

明日の健闘を祈って! 

左手前のケイキさんの笑顔がイイっすね

 

一発ありそうな気配がプンプンっす!

 

2011062517580000.jpgのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

プンプンと臭ってくるのは、盛り付けが豪快なカツオのたたき!

ニンニクとショウガが効いてます!

酒田師匠がお気に入りのようで、確か先週もあったような気がしてますけど・・・

2011062518200000.jpgのサムネール画像

 

 

 

 

続いて味付け&盛り付けに腕をふるっているのはヘマタイトさん。

彩りもいいしセンスの良さを感じます~

 

そして完成したのは・・・

2011062518280000.jpgのサムネール画像のサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

釣りたてのキスのカルパッチョ!

 

 

赤黒い鬼(なまはげ?)の形相で酒田師匠がポーズを決めてます・・・

これがまたサッパリとして上手いんす!

 

2011062518130000.jpg

 

 

そしてこの人、秋田弁が通じなくても雰囲気だけで盛り上げる能力を持つラッパー伊藤ちゃん

カツオのたたき汁をすすり始めると、彼のハートにスイッチがはいったようで、まだ明るいのに宴は最高潮に入りやした!

ここからはお見せできない事情があり、前夜の模様はこのへんまで・・・

明日は頑張るど~!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

迎えた大会本番、AM3:30に起きて片づけを終了、全員ヨロヨロしながら本部へ受付に向かうと、既に多くのキャスターが並んでいます。 見覚えのある方々が約半分ぐらいかな?

抽選で引き当てたのは「R19」。

R(レッド)は左側のエリアのようで、出発は真ん中ぐらいの順番っす。

タックルを準備して、いざ出陣!!

スタートしてから10分ほど歩き、まずは狙っていた釣り座を確保しました。隣には地元のオジさんが三脚を立てていましたから、少し離れて邪魔しないようにします。 

オジさんの向こう側(左側)は・・・

2011062605530000 (2).jpgのサムネール画像

秋田投魂会のタナがしっかりと入って来て、その奥には酒田師匠、そしてケンタと並んでいます。

これなら引っ掛けてミスキャストしても大丈夫ですね~(^^;;

 

 

一方の右側は・・・

2011062605590000 (2).jpg宮城勢がズラリと並んでました。

Sさん、親分、H賀さん・・・みんなツワモノっす!

こちら側へのスッポ抜けのミスキャストは出来そうもありましぇ~ん 緊張する~(>_<)

やがてホーンが鳴って1回戦の開始っす!

 

 

ここからはガチなので画像がありません・・・

1投目は案の定、オジさんを通り越してタナにお邪魔するミスキャスト・・・「ワリィ~」と苦笑いしてそのまま回収すると、良型1匹にピンが2匹着いてました。 何とラッキーなスタートか!

続いて調子コイてキャストするも、2投目・3投目は素針を引く始末・・・

ところが右隣のSさんは良型の連を続々とゲット、親分は6連のラッシュ、H賀さんも連で掛けているのが見えます。 大事な朝イチに完全に出遅れてしまいました(^^;;

そこからは焦りを感じながらも仕切り直しでジックリと探り、やっとヒットゾーンを確認しました。25cm超の良型こそありませんでしたが、20cm前後を3連~4連で掛け続けることができて、何とかマイペースになって落ち着きました。

やがて時計を見ると8:30。 少しアタリも遠のいて掛かって来るキスも小型になったところで、釣果は1.5キロを超えているだろうし、1回戦は通過できるだろうと勝手に判断し、残り30分のタイミングで本部方面に移動を始めました。 途中の何箇所かでキャストしてみたものの、キスの反応は全くなく、そのまま納竿して本部に戻ることにしました。

本部に到着すると、オイラが最初に検量をするようです。 キスを袋からザルに移すと、ダイワのスタッフから「おおっ!さすが釜谷だね!」と嬉しい声が聞えてきました。

そして結果は・・・1760g

他の地区ならダントツのトップ通過なんでしょうが、ここは釜谷浜。 そんなに甘くはありません。

結局1回戦はRエリアの6位でした。

トップ通過は酒田師匠の2015g、さすがっす!

秋田投魂会ではタナとモトちゃんも通過、FC投人ではヘマタイトさんとケイキさんも通過しました!

 

私はこの3年間、他のメーカー主催も含めた5試合で全て1回戦を突破していましたが、2回戦で全部撃沈という厚い壁に阻まれておりました。 今回こそ、何とか2回戦を突破してブロック大会へ進出したいモンです!

スタートするとすぐに新潟の若い衆(?)や細身で軽快な人たちはダッシュして行きますが、こちらは一週間前に腰を痛め、さらにメタボな体型のため、とてもダッシュできるような状況にありません。 出来れば一回戦の場所を抑えたかったけど、もう10名以上が勢いよくそちら方向に進んでいます。

一瞬迷ったものの第2候補にしておいたポイントで、一回戦のモトちゃんがいい成績を出していましたから、そちらに入ることにしました。 そして運命の2回戦がスタート!

しかし・・・最初の3投目までは小型ながら2連ずつをキープしましたが、それからはアタリが遠のきました。 遠投しようが、それまで良かった4色付近で待とうが、生体反応が全く無くなりました。焦りを感じ始めて少しずつ移動しながら探るものの、納得がいかないピンギスの単発ばかり・・・

ラスト30分になって、17cmクラスの3連が2回続き、ヨシッ!逆転だ!と鼻息が荒くなります!さらに自分に気合いを入れましたが、その後は無反応に終って万事休す・・・っす・・・

本部に戻って検量すると、678g。

場所の選択以外は全力でやったから、満足はしていませんが釣果には納得していました。

やがて表彰式が始まり、トップから順番に発表されます。ブロック大会には9名が進出とのことで、他の先週の成績が気になります・・・

トップ3はこちら

2011062613310000 (2).jpg

みんなあの場所で投げてたみたいっす・・・

やっぱあそこまで行かないとダメだったんか~?

3名さん、おめでとうございます!

  

そして順位発表は進んで行きますが、7位の方で815gだそうな。

 確かヘマタイトさんが800gぐらい、ケイキさんが780gぐらいだと聞いていたので、この時点でオイラの釜谷予選はジ・エンドっす・・・

そして残る2枚のチケットは

2011062613360001.jpg

見事にこの二人がゲットしました!

ヘマタイトさん、ケイキさん、おめでとうございます! 昨夜のカツオのたたきやカルパッチョが効いたんすかね~(^^)

お二人ともいい笑顔っす!うらやましい~!!

 

オイラの分も頑張って来てください!そしてまた秋にはファイナルで釜谷に戻って来てください!

 

2011062613420000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最終結果は、

第11位 黒い豚ってそのものやんかっ!

 

2011062613470000.jpg

 

 

 

 

 

 

第12位には三脚を持った酒田のオジさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2011062613490000 (2).jpg

第19位にはタナ

隣には前夜祭でケンタとの絡みで爆(笑)だったTetsu殿、

もらったのはワレットポーチかな?

2011062613530001.jpg

 

 

第23位にはモトちゃん

そば食ってもっとデカイ体を作ろう!(笑)

 

一回戦の成績は見事だったよ~!

 

 

 

 

 

 

 

 

トンボさん、ラッパー伊藤ちゃん、ケンタは、1回戦敗退ということで、画像なしの罰とさせていただきました(^^)

 

参加された選手の皆さん、大変お疲れ様でした! 

今年の釜谷浜は3年ぶりに良型が多くて、投げ釣りの醍醐味を十分に味わってもらえたのではないでしょうか? ブロック大会に進出された皆さんは、この釜谷浜にファイナリストとして戻って来られることを、心よりお祈り申し上げます! 頑張って来てください!

 

最後に地元の三種町から、身も心も胃袋も温まるサービスがありました。

地元の旬な名物『じゅんさい』を使ったじゅんさい汁の無料サービスっす!

 

2011062614110000 (2).jpg

2011062613140000 (2).jpg

 

 

 

 

 

 

2011062613150000.jpg

濃い目の味付けが、流した汗と涙(?)の補給にマッチして旨かったっすよ~(^^)

ついつい3杯おかわりさせていただきました~

 

町長もお越しいただき、他の地区では味わえない歓迎ムードではないでしょうか!

 

今後とも三種町、釜谷浜をヨロシクお願いします

 

 

大会の様子と全成績はこちらで・・・http://all.daiwa21.com/fishing/event/nage/2011nage/110626/download/kekka.pdf

ゆる~く一週前の予行練習です。

いよいよ来週はダイワSBC秋田大会が行われます。 またしても釜谷浜で予行練習をして参りました~

さすがに自宅の冷凍庫がキスでいっぱいなので、この日は生意気に20cm未満はリリースすることにしてみました。

 

2011061806440000 (2).jpgのサムネール画像

さっそく連で掛けたのはケンタ。

良型で気持ちよさそうです(^^)

 

その奥で誰かが様子を伺っています。

 

2011061805120000.jpg

今度はその人に4連が来ました!

 

この背中に「紅花サーフ」の文字・・・

 

日焼けした顔がニヤニヤしてるんだべな~

 

もしかして〇〇師匠っすか!?

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

2011061810570000.jpgのサムネール画像

続いて私にはこんなヤツが・・・

 

 

オクトパスっす!

 

でもコイツ、シッカリとアタリを出してくれたし重いし、超デカいキスだと思ってました(^^;;

 

 

 

 

  

 

 

 

 

こんな感じで楽しくゆる~く予行練習は午前中で終了。 

2011061812470000.jpgのサムネール画像

 

この日のキープは20匹。

 

ベスト10を選んで検量すると961g!

自己新の更新ですv(^^)v

 

 

その後はラーメン&温泉&プチ宴会、ホロ酔い気分で話が弾みました。

やがて日付も変わったので爆睡しましたが、あっという間に朝日が昇ってました~

 

 

 

 

 

翌日は10名ほどメンバーが集まるので一緒に釣りをします。

さっそくタックルを準備してメンバーの後を追います。

2011061910000000 (2).jpgのサムネール画像

この光景、来週の本番のようですね~

 

この一カ月で最高の人出のようで、一般の釣り客も多いし相変わらずゴミもあって、キャストするのに気を使いました。

 

案の定、3投目までミスキャストを連発して意気消沈・・・(>_<) 

前日の好釣もすっかり忘れてしまうブルーな気分で、しかもこの日は激シブに一変してました。

私は集中できないまま時間が経過、腰を痛めるなどこの日は何もいいところが無く終了っす。

 

〇〇師匠は満足の釣果だったようで、ご機嫌で帰路についたようです(^^) 

来週はみんなの釣果と頑張りに期待っす! 自分も頑張らないとな~

またまた釜谷でキスっす!

関東方面では悪天候でメーカーの大会が延期になっているようですが、こちら北国では夏のような陽気になって、キスの活性も上昇しているようです。

今日もいつもの釜谷浜で投魂してまいりました~(^^)

投げてチョイと待っているとブルブルッ!!と小気味いいアタリが来ます。 2011061105080000.jpg

 

 

んで、回収するとこんな感じ・・・

 

 

Oh!バナ~ナ~

 

今日のキスは元気がいいド~(^^)

 

 

そんでまたキャストして、

 待って、

ブルッて、

回収すると・・・

 

2011061107510000.jpg

Oh!

またしてもバナ~ナ~!

 

元気があれば俺でも釣れるっ!!

 

  そんでまたまた・・・

投げて

待って

ブルって

回収すると・・・

 

2011061108520000.jpg

Oh!!

なんとまたしてもバナ~ナ~!!

  

これでは仕掛けがいくつあっても足りましぇ~ん(>_<)

 

でもサイズがいいからOKっすね

 

 

 

2011061105350000.jpg

  

 

今年初の爆釣モードで、クーラーの投入口もキスで渋滞してます・・・

 

こんな感じは久しぶりですね~

 

 

そんで、5時間経過してエサ切れしたので少し投げ練して終了、なんとも心地よい疲れでした~(^^)

 

 

 キスを入れていた袋2枚からトレーに移すと、出てくるは出てくるは・・・

2011061111480000.jpg

 

秤で計量しましたが、3回に分けないと計れませんでした(^^;;

 

キープしたのは90匹

総重量3,870g

1尾平均43g

 

 

なかなかの型揃いで、ちょっと調子コイて釣り過ぎ・・・反省っすm(_ _)m

 

と言いながら、明日も行くのかな~?

 釜谷のキスは今が一番アツいっす!

 

 

 

 

 

 

釜谷浜にもやっとキスが!

先週の大撃沈にもメゲず、今日も釜谷浜でフルキャストして参りました。

今日はオイラのほかには秋田投魂会から遠投大好きのタナと若手成長株のケンタ、それから八戸FC投人さんからヘマタイトさんとケイキさんが参加されたので、ダイワさんのSBCをパクったプチ大会を実施してみました。

ルールはSBCと全く一緒ですが、5名なのでエリアをギュっと絞っての実施です!

 

2011052206110000.jpgAM6:00みなさん思い思いの場所でいざスタート!

 

オイラは探りながら右へ移動する作戦と取ってみましたが、

気がつくと時計は7:00だし、いつの間にかエリアの一番右端に立っていました...

ってことは、全くアタリもないままチョコチョコと動いたんでしょうけど、1時間も経ってるとは...

これはボ〇ズ覚悟っす(^^;;

 

しかしその30分後に、優しいキスの女神さまは、オイラに微笑んでくれました~(^^)ホッとしました~

 

 

2011052207270000 (2).jpg

こんなにかわいいサイズでしたが、約半年ぶりの『プルッ』は嬉しい限りっす!

 

あまりに嬉しくて、ついついタナに電話をしてみました。

「タナ、釣れでらが? オレはやっと1匹掛かったど~!」

するとタナからは、『おれも釣れでらすよ~、ケンタは10匹ぐらいっすかね~』と即答です。

よーく考えたら、1時間もノーバイトだったんだから、出遅れていたんですね...

 

2011052209100000.jpg

結局3時間の予定時間が過ぎてみると、

合計2匹で74g...やってもうた~(>_<)

 

タナを見ると6匹持ってる...

ケンタは?9匹!?

ヘマタイトさんは...5匹!

 

どうやらオイラと隣にいたケイキさんが選択ミスをしたようです。 

 

2011年のキス釣りはこんな悲しいスタートになってしまいました...

もっと頑張らないとな~

 

 

 

凹んでるオイラの横では、トップを撮ったケンタが嬉しそうに笑ってました 2011052209340000.jpg

 

 

 

 

Vサインって...

 

茹でて食っちまうぞ~

蟹じゃないんだからナ~(^^)

 

 

 

 

そして背後にはこんな怪しい男が...

 

2011052209440000.jpg

 

この人は自分がキャストする場所を『熊手』で掃除

 

をするクマのような方です。

 

都合上、顔出しが出来ないとか...(笑)

 

 

このあとは15:00頃までしゃべりながらダラダラとキス釣りを楽しみました。

 

結局1日やって11匹と悲しい釣果でしたが、例年の傾向と比較すると釜谷浜にしてはやや早くキスが揃って入ってきたようです。

いつもなら初キスは1~2匹で終了してしまうんで、今後の釜谷浜に期待であります!!

 

出るか?釜谷浜の初鱚!

日中の気温もだいぶ高くなってきて、そろそろサーフからのキス釣りシーズンインです。

今日は秋田投魂会メンバーと久々に顔を合わせ、いつもの釜谷浜に初鱚を狙いに行ってきました。

 

AM8:45に到着すると...

2011051509190000 (2).jpg海はこんな感じ...

遠くに見える男鹿半島、天気は上々!

 

波は少々あるもののキスが居てくれれば食ってくるレベルの状況です。

 

それでは張り切って参りましょう!!

 んで、投げて回収すると...

2011051515200000 (2).jpg

何やら竿先に...

  

さらに道糸にも...

 

 

まるで万国旗で~す(^^;;

 

 

 

 

 

 

 

 

そんで仕掛けを回収すると...

2011051515220000 (2).jpg

 

お見事な藻の塊で~す(>_<)

 

ワカメ?

マリ藻~?

マミムメモ~ヤダ~!!

 

 

結局のところ投げても投げても藻がキレイに絡んでくれて、とてもキス釣りができる状況ではありましぇ~ん!!

 

 

 

 

そうこうしていると、画像の奥に見える男が...

 

『どりゃあ~!』『うりゃあ~!』と唸り声をあげてフルキャストしています。

 

2011051515500000 (2).jpg遠投と他人の視線が大好きなタナが、ド迫力の投げ練をし始めました。

 

2011051515440000 (2).jpgのサムネール画像カメラを向けると飛距離が伸びるらしく、また気合いも入ってくるらしく、何度も何度も楽しそうにキャストしてます(^^)

 

しかし何度撮ってもタイミングが合わず、ロッドが反発した後で曲がっていない状態ばかり...

 

タナ、上手く撮れなくて申し訳ないっすm(_ _)m

 

 

 

そんな訳で、この日の釜谷浜は投げ練の「タナ道場」となっていました(^^)

 

ウチら以外の釣り人は皆無、シロギスの接岸にはまだ1週間ほど早そうですね。

もうちょっと夜から朝の最低気温が10℃を超えてくれば水温も安定してキスの顔を拝めそうです。

早くあの『ブルッ!』という感触を味わいたくなって参りました~

2011GW下北半島投げ釣り PART3

さて最終日の5/6(金)はAM2:30に起床し、3:00~10:00の6時間勝負と決めていました。 前日の投げられなかったモヤモヤ感が残っていましたが、コヅキ船団が現れないことを祈って同じ釣り場に向かいました。 港にはエンジンが掛かった車が1台駐車してありましたが、恐らく睡眠中だろうと考えて起こさないように静かにスルーして行きました。

この日は八戸FC投人のHさんがお見えになるとの情報があったので、早めにいいポジションをキープして場所取りをしないと...そんな気持ちで堤防を進んで行くと、先端付近に竿先ライトが4つも光っているではありませんかっ!! 『やられた~、もう誰か来てるんだ!』

近くまで寄ってみると、振り出しのスピンパワーがズラリ、リールもドラグ付きの本格派、竿先ライトはGear-labの『ROD TIP』なのはご愛敬(^^;;

きっとこれはさっきのクルマの人が場所取りを完了して日の出を待って寝ているんだと思いました。そうと決まったら(?)、まずは良さそうな場所を少しでもキープすべく準備を始めました。

すると暗闇の中から『花丸さ~ん、どうも~、Hで~す!』と聞えて来ました。 Hさんに状況を説明しようとしたところ、実は先端のタックルはすべてHさんのものだったようです。 一足先に到着されて、私と同じことを考えて場所をキープして車で待っていてくれていたみたいです。それをスルーしてしまう自分が情けない...Hさんスミマセンでした(^^;;

さっそく2人で暗闇の中でキャスト&トークを開始です!

Hさんはキャスティング競技をされていたので、投げ方もキレイだし飛距離も出ますんで、距離不足に涙する私にとって、この日は非常に勉強になりそうです(^^)

 

2011050604360000.jpg

やがて朝日が顔を出し、竿先に集中するHさんの後ろ姿から気合いがビシビシ伝わって来ます!

 

それにしてもご覧の通りいい天気!

風は追い風で気温は2℃だったものの、冬物の防寒着を着ていたおかげで寒さも感じず、コンディションは上々です!

 

今日こそ出でよ座布団カレイ!!

 

 

 

 

 

 

 

ポツポツと小さなアタリが出ますが、恐らくエサ取りのチビアイナメかチビカジカの仕業なんでしょう。なかなか針掛かりしないし、投入して5分もしないうちに付けエサが無くなっている状況です。

そうこうしているうちに小ぶりのクロガシラカレイが掛かり始めました(^^) いよいよ時合だな!!

また、港内では漁船が一斉にエンジンをかけ始めたので出漁することが確実です。昨日のような悲惨な状態は絶対にないなと確信しました。 それからはポツリポツリとカレイが掛かりますが、なかなか座布団と呼べるサイズが来ません。 

 

2011050607330000.jpgそんな中でも嬉しいお客様が...

 

私の寄せエサの針を、しっかりとハサミで挟んでくれています(^^)

 

実は私の2番目のターゲット、いや、一番欲しかったのかもです...

コイツのミソが格別なんですね~

 

この日挟んでくれたのは2杯だけでしたが、昨日の悔しさを全て忘れさせてくれました!

 

早く帰ってコイツで一杯!

 

 

 

  

 

その後も座布団サイズは影を潜め、無念のタイムアップを迎えることになりました。

 

2011050610500000.jpg

最大はHさんに来た38cmのクロガシラでした。 

 

私に至ってはご覧の画像の通りで、17枚のカレイの中で30cm超えはわずかに4枚だけ、ほとんどが28cm前後で『食べごろ』などと言い訳しながらキープしておりました...

 

しゃあない、カニが来たからいいんだ!!

なんて虚しい強がりで締めることとなりました~

 

 

今度はいつここに来れるのか?

来週?来月?来年?

また何度でも来たいところですね~

 

帰り道でHさんがご存じだった食堂で昼飯をご馳走になりました。

2011050612040000.jpg

 

 

880円で好みのラーメン大盛りにバラ肉丼が付いていてボリューム満点のようです!

 

 ラーメン大好きな自分が珍しく スープを飲みきれない...感謝の一食でした(^^)

  

満腹で帰りの睡魔が心配かも...です。

 

こんな感じで今年のGW釣行は終了です。 北の海では6月からシロギスがシーズンイン、そろそろ大会の準備もしないと!!

 

最後になりますが、同じ東北の地で発生した大震災によって多くの方々が被災されましたことに、心よりお見舞いを申し上げます。 投げ釣りの大会などで顔を合わせる方々の中にも被害があったと伺っています。 

あの日から私になにかできることはないかと考えていましたが、自分なりに出した結論は一日も早く『普段通り』の生活を送ることだと思いました。

こんな時に海釣りなんて不謹慎だ!などとお叱りを受けることも覚悟しておりますが、自分も含めていつまでも自粛と遠慮ばかりでは、復興どころか生きているみんなの活力さえ失われてしまいます。 まずは各自が元気な生活を送り、消費活動を行うことで経済も活性化してくるものと思います。 

ぜひ、安全を考慮しながら、防災対策をしながら、大好きな釣りやレジャーに出かけましょう!!

頑張ってますよ! 東北も!

2011GW下北半島投げ釣り PART2

翌朝AM3:00、セットしていた携帯のアラームが鳴って、呑み過ぎなのか寝像が悪いのか、頭痛&腰痛でモヤモヤ気分のお目覚めっす...

タックルを準備してお目当ての堤防を歩いて行きます。 GWだというのに車も無く釣り人も居ません。 『もしかしたら独り占めできるんかい?』『今日はツイてんのとちゃう?』とニヤけてるのが自分でわかります!

堤防の先端に到着し、三脚を2個セットしてロッドを出そうとしたら、背後から『おはようさん、早いね~!』と突然声を掛けられ、ゾクッとしました。 鳥肌・サブイボ・冷や汗・悪寒... 

どうやら地元のオジさん夫婦が先端を取ろうと早く出てきたらしいのですが、タッチの差で私が先に占拠してしまったみたいです。 オジさんごめんね~ まあ仲良くやりましょう!

 

3本のロッドをセットして投入し、はやる心を落ち着かせるように座って「ROD TIP」の灯りを凝視しますが、暗いうちは竿先が微動だにせずマッタリとした時間が過ぎていきます。 明るくなって手元が見えるようになったし、暇な間にメシを食うことにします。 前夜酔っ払って食べれなかったいなり寿司を出してパクリとくわえた瞬間、竿尻が大きく音を立てて横にズレています!

来た~!! ファーストヒットぉ~!!

 

2011050507390000.jpgグングンと閉め込む感触は1年ぶりなのでちょいと鼻息が荒くなっていましたが、何とか冷静に引き寄せてタモ入れすることが出来ました。

 メジャーをあてて計測します。

本命のクロガシラガレイではありませんでしたが、見事なイシガレイでした。

幸先のよいスタートにニヤけた顔が、調子コイてどや顔に変わっていたかも知れません。 その証拠に「49cmのイシゲット!」と知り合い数名にメールを流しておりました。

でもよ~く見ると44cmだよね?

 

恥ずかしいっす...

 

  

 

続いてクロガシラを!と思いながらキャストを繰り返しますが、今度は新たな敵が現れました。

 

2011050506540000.jpgのサムネール画像いつもなら漁港から漁船が沖へ出ていく時間ですが、この日は休みなのか四艘しか出て行きません。

更にはどこからか小型のプレジャーボートまでも登場し、目の前に並んで停泊しています。

距離にして3~4色程度、100m以内の位置ですから、飛距離が出ない私でも届いてしまうところです。

キャスト出来ないので様子を見ていると、漁師さんもボートの人も「コヅキ」でカレイ釣りを始めた様子です。 

 

『おいおい、頼むぜィ!』『嫌がらせかィ?』

『何もこんな目の前でやんなくてもいいんでないかい?』

『あっち行かんかい、ボケッ!』

はしたない言葉を思わず発してしまいそうでしたが、彼らには鉛は届いても心の声が届く訳ではなさそう...

 

お隣さんもいるから横は狭い範囲でしか投げられないし、絶対に船に当たらない方向か、2色ぐらいから手前しか探れない状況が何と6時間近くも続き、気長で有名な(?)花丸もお手上げでした~

 

ふてくされて投げ槍の選手になっていた私は、あきらめモードで堤防先端のプチ白灯に寄りかかってフテ寝を始めました。 これでは投げ釣りじゃない! どげんかせんと!...古っ(笑)

やがて午後になって目が覚めると、釣れていなかったのか船団が居なくなっていました。 これはチャンスかな?と思いましたが、今度は強風が真正面から吹き始めていました。 せっかくポイントが空いたのにちょっと嫌な状況ですが仕方ありません。 しかし何度投げ返しても全くアタリが無く、青イソメもそのまんま回収される始末で、どや顔のオジさんはフテ顔に変わっておりました...

その後はポツリポツリと忘れた頃に掛かっている状況で、まるでカレイたちのヤル気が「船コヅキ」で失われてしまったのではないかと感じました。

 

2011050516400000.jpg結局この日は14時間も粘ったものの、ご覧の通りの釣果でした。

 

最大はイシガレイの46cm(フテ寝したあとだったので単独の画像を取り忘れました~)、クロガシラは40cmが2枚とカワイイのが数枚でした。

一発大物!という意気込みも大切ですが、この日は釣り場にいて投げられないというストレスが溜まってしまい、気分的に満足できませんでした。

 

もうやめて明日に備えよう!

明日はもっと数を出したいもんだ!

そんな独り言を言いつつ温泉に浸かって居眠りしていたのでありました~(^^;;

 

 つづく...

2011GW下北半島投げ釣り PART1

どうもお久しぶりです。

冬ごもりをしてご無沙汰しておりました花丸です(^^;;

 

このGWに半年ぶりに投げ釣りに行って参りました!

自分で毎年恒例の行事にしている青森県は下北半島でのカレイ釣りです。

 

5/4(水)AM11:00、投げ釣りタックルを積み込んで自宅を出発です。

1年ぶりの座布団カレイを拝みたくて心はウズウズ、アクセル全開でダッシュ!かと思いきや、自宅を出て5分で国道7号線が渋滞してます。 『何しとんねん?事故かいな~?早くせんかいワレ!』とエセ関西弁でボヤキながら待っていましたが、10分経過しても数メートルしか進みません。

巷では短気で有名(?)らしい私は、弘前の花見渋滞もあるなと勝手に妄想し、すぐに車をUターンさせていつもの碇ヶ関ICより一つ手前の小坂IC入口を目指します。 Uターンの際にふと後ろの荷物に目をやると、何かが足りない違和感を感じて、ルームミラーでガン見してみると... いやいや、ロッドケースの長物を積んでいないではありませんかっ!? 『何しとんねん!ロッドも持たんでどないして投げ釣りするんや?アホかいな(笑)』とエセ関西弁がまたしても...クゥ~!!(>_<)

自宅に戻ってロッドを積み込み再びダッシュです。 やがてスムーズにインターまで来たら、今度は電光掲示板に赤文字で『ユキ通行止め』!! 5月のこの時期に雪で高速が通行止めとは記憶にありません。 ナビで迂回ルートを検索しても、高速道か渋滞の7号線に戻るルートしか表示されません。どうしたものかとウロタエル花丸であります...

青森市内のエサ屋さんで青イソメを予約していたので、どうしても青森市を経由しないといけないために、十和田湖~奥入瀬渓流~八甲田という夏から秋の名物観光ルートを選択しようと決意しました。奥入瀬渓流から先は通ったこともありませんが、仕方ない観光しながら行くかと開き直っておりました。

 

2011050412300000.jpgまずは十和田湖の遊覧船乗り場っす

 

ご覧の通りの雨(みぞれ)模様、ゴールデンウィークというのに人影がありません...

 

駐車場のオヤジさんたちが「こっちへど~ぞ!」と手招きする声がむなしく響いてました...

 

ここは湖面から見る秋の紅葉がキレイです。

十和田湖名物のヒメマス料理とともに楽しめますよ~

 

 

続いて奥入瀬渓流ですが、ここは夏の暑い日には涼を求めることもできるし、何よりも渓流沿いの遊歩道をずっと歩けるし両サイドにある数々の滝もキレイです。 この悪天候の中でも、カッパを着て散策している観光客がいましたので、やはり人気のスポットなんですね~

 

2011050413120000.jpgのサムネール画像やがて温泉好きなら一度は聞いたことがある「酸ケ湯温泉」や「八甲田山」方面に向かっていくと...

  

周囲の景色が一変して道路わきには雪が...

  高さにして5メートルぐらいはあるでしょうか?

  

まるでボブスレーの選手になった気分っす(^^)

 

除雪をされた方々の苦労が目に浮かびます

 感謝感謝!

 

 

 

 

そうこうしているうちにやっと青森市内に入りました。

 

2011050414090000.jpg

青森の『そふえ釣具』さん、いつもいつも新鮮で激安の青イソメを提供していただいてありがとうございますm(_ _)m

 

画像は1kgでROCKも驚きの3,500円!!

 

発泡スチロールに入って、頼めば太さも選んでくれているし、私の北への発信基地にさせていただいています~

 

無事に青イソメを仕入れ、いざ下北半島へGOっす!!

待ってろよ座布団!!

 

それから夕食・朝食・昼食をスーパーで仕入れ、道の駅で短時間爆睡の休憩をし、結局現地へ到着したのはすでに夕マズメも過ぎて暗くなりかけた頃でした。

 

すっかり予定外の移動時間をくってしまったので、釣り場を見て今日の情報を仕入れようともせずに、近くの温泉に浸かって疲れを癒し、車内一人宴会にて締めた次第であります。 明日は果たして...

つづく...

 

 

DAIWA エギングパーティー 庄内大会

最近ハマっているアオリイカのエギングなのですが、 先週のSBC投決勝に引き続き、ダイワさん主催の「エギングパーティー庄内大会」に初心者が調子コイて大会に参加して参りました。

会場となる山形県の庄内エリアはキス釣り大会のついでに2回しかシャクッたことがなかったので、ポイントや釣れ方を知りたくての前日入りです。 今回参加するメンバーは、酒田の師匠を団長とする新ユニット『東北神起・イカ墨団』で、全員がキス釣りから団長に無理矢理引きずり込まれた(?)おなじみの面々であります(^^)

2010100306300001 (2).jpg  

左からトンボさん、タナ、酒田師匠(団長)、ケンタ、そして私の総勢5名であります。

前日から庄内入りして下見したのは私とケンタ、2週間前に酒田師匠と同行していただいていい思いをしたポイントに向かいました。 ところが...暗闇の中でヘッドライトの光がチラチラ、どうやら2名の方が既にシャクっておられるみたいです。遅かったか~ (>_<) 明るくなるのを待てばいいのに、周りのシャローで根掛かり覚悟の無謀なムチャシャクリを開始しました。

ケンタは初の庄内だし、しかも真っ暗闇ではどこにどうキャストしていいやら... 案の定、数回の根掛かりによるエギロストをしながらも黙々とキャストを繰り返しました。 やがて明るくなって、先行者の方々に「おはようございます。どうですか?釣れてます~?」と聞いてみると、アオリは反応がイマイチで2杯しか釣れていないとのことです。 しかし、その代わりにこんなのが...

 

2010100206060000 (2).jpg おおおよそ50cmぐらいの真鯛がクーラーに納まっておりました! エギがダメだったのでイナダでも居ないかなとジグをキャストしていたらヒットしたとのことです。 ん~!羨ましい!!

でも、青物や真鯛がウロウロということは、アオリはビビって隠れているのでは...? 

 

なんとなくいやな予感がします(^^;;

 

それからケンタと2時間ほど粘りましたが、掛かったのは同長12cmぐらいのが2杯だけ。 激シブなのか下手クソなのか...(間違いなく後者でしょうけどね~)

あまりにも侘しい釣果なので、場所移動して回ることにしました。 2番目のポイントではサイズがイマイチながら10杯をキープ、また動いて3番目のポイントに入りました。ここは前回酒田師匠が33杯のアオリを掛けた大本命と狙っていた場所。 エサ釣りで黒鯛狙いの先行者が居ましたが、少し離れた横でキャストを開始しました。

3号エギの着底を待ち糸フケを取って軽くダートさせた直後、いきなりグンッとロッドが持っていかれるではないですか!! 「ジジジジジ~」とドラグが鳴ってラインが出て行きます! 青物?何者?

正体はコイツでした(^^)

2010100210020000 (2).jpg

同長19cm363g、自己新のサイズです。

ベテランや南国?の方々には「なんだそんなサイズで喜んでんじゃねえゾ!」とお叱りを受けそうですが、個人的にはラインが出ていくような引きを味わったことが無かったので、メチャメチャ嬉しい1杯でした(^^)

 

気合いを入れて「もう一丁!」とシャクリ続けましたが、それ以降は何の音沙汰もなく時間だけが過ぎていき、結局はこの1杯だけでジ・エンドでした...

夜には「東北神起・イカ墨団」の作戦会議と称した前夜祭を予約していましたので、早めに上がって温泉でムレムレの加齢臭を洗い流します(^^)

2010100217140001 (2).jpg

お釈迦さま~(^^)

 

 

 

 

 サッパリしたところで外に出ると気持ちいい夕日。

2010100217140000 (2).jpg

明日はどうなるんだべな~?

釣れるといいな~

 

 

 

やがて18:30になって作戦会議の開始です。 タナは22:00頃到着予定なので4名の酒宴、板さんにお願いしてアオリを調理していただきました。

2010100219070000 (2).jpg

 

釣りたては新鮮!

歯ごたえと甘さが堪りませんv(^^)v

 

酒もすすむ進むぅ~

2010100221090000 (2).jpg

意気込み満点のお二人、見た目は怪しい鉄砲玉みたいなケンタですが、決してそっち系の人ではありませんよ~(笑)

 

 

2010100221100000.jpg

こちらはオヤジギャグ連発のお方、余裕の笑顔でクイクイ呑んでますのぉ~

 

もうロレツが回ってない?

飲んだらいつものことっすよね(^^)

 

なんだかんだで作戦会議は予想通りただの宴となってしまい、何の作戦も立てないうちに閉店時間となってお開きです。

駐車場に戻るとちょうどタナも到着、2次会はケンタの車内で焼酎ロックをグイグイ...ヘベレケになったのは疑う余地もありましぇ~ん(^^;;

 

 

 

 

 

翌朝目が覚めたのはAM5:30。

例によってもちろん二日酔い、フラフラっす~~~

 

開会式が始まって、いよいよ「エギングパーティー」の開始です。

競技説明では12:40までに本部に戻って検量を済ませるようにとのことですから、約5時間ほどシャクれそうです。 参加者は総勢約100名、個人部門(約70名)とペア部門(約30名)に分かれて、10杯(胴長10cm以上のみ)の重量で順位を決めるとのことです。

2010100306290000 (2).jpg

参加者を見ると若い方が多く、キス釣りの大会のような緊張感やギスギス感(?)も無く、和やかな雰囲気ですね~

パーティーなんだからリラックスして参りましょう!

 

イカ墨団は2班に分かれての別移動です。 酒田師匠&トンボさんのアラフィフ(?)班、タナ&ケンタ&私のイカれた投げ釣り野郎班、お互いの健闘を祈ってGOっす!

我々が目指したのは前日19cmが出たポイント、到着するとチャッチャと準備して我先にと釣り場へ向かいます。 大会参加ではなさそうな先行者がおひとり居たものの3人が入れるスペースは何とかあるので、何とか朝イチのチャンスをイカしたいものです。

まずは気合いを入れて沈み根の際を狙ってフルキャスト! 前日のような一発ゴンを期待しますが、何の反応もないままエギを回収しました。 その後も何度も探るものの、私のエギにはイカが見向きもしていないようです。

ふと右端に入ったケンタを見ると良型をゲットしたようで、私に向かって笑顔でガッツポーズしてます。 いいな~ うらやましい~(>_<)

 

私の右隣にいるタナは...まだ私と同様にガックリボーズのようです(^^;;

先行者の方はかなりの腕前のようで、ポツポツと良型のアオリを掛けています。 どうやら右サイドの根回りにアオリが集中しているみたいです。 左の二人(タナ&ハナ)は嫌な予感が...

それから2時間はいろいろ試行錯誤、ボトムをネチネチしようがシャクリのパターンを変えてみても、私にはイカの気配が全くありません。 タナにも数杯のイカが掛かったようだし、ケンタも数杯キープしたようだし、たったひとり蚊帳の外状態の花丸であります。

その後アタリが遠のいたみたいでケンタもタナも場所移動に賛成、海沿いを走りながら竿が出ていなさそうな磯を狙って3ヶ所を徘徊しますが、私には15cmを最大に10cm以上はたったの4杯しか掛かりませんでした。 タナは検量対象が3杯でサイズに泣かされたようです。 ケンタは朝イチの勢いがストップしたようで、思うように釣果が伸びていないようです。

最後の悪アガキで無我夢中で高い岩に登ってキャストしていると、そこには大量のイカ墨後が... きっとパラダイスだったんでしょうね~ しかし時間は既に12:00を回っていました。 どうやらタイムアップ、潔く自分の力量不足を認めなければなりませんでした...(涙)

 

本部に戻ると既に酒田師匠とトンボさんは検量済みのようです。 私も恥ずかしい釣果を持って検量を受けましたが、回りの方々は結構いいサイズのイカを持っていますね~ ダメだこりゃ~

 

イカ墨団メンバーの検量結果は...

2010100314030000.jpg

 

 

 

酒田師匠  1356g

 

全体の10位です!

さすが~

ダテにニヤけてないですね~

 

お楽しみ抽選ではネオトップガードが当たったようですね

 

 

 

 

 

 

2010100314040000.jpg

 

トンボさん   766g(以下、順位は不明です)

 

なぜか「SBC投Tシャツ」なのがいいです(^^)

 

抽選ではダイワのエギホルダー

なんでも今回のために同じヤツを買ったばかりだとか...

 

またエギをたくさん買ってくださいませ~(笑)

 

 

 

 

 

 

 

2010100314040001.jpg

 

 

ケンタ     524g

 

なんとなく寝むそうで疲れた表情に見えるのは私だけでしょうか?

 

リーダーをもらったんだから、根掛かり覚悟でボトムをガンガン攻めてくれ!

 

 

 

 

 

 

 

 

2010100313550000 (2).jpg

 

 

花丸      432g

 

 

当たったのは双眼鏡???

 

もらっておいて贅沢なのですが、果たして使うのかな~???

 

ダイワさん文句言ってすみませんm(_ _)m

 

 

 

 

そしてラストは...

2010100314030001.jpg

 

 

 

タナ      336g

 

ちゃっかり者は欲しがっていたエギクリールをしっかりゲット!

 

ガッチリと小脇に抱えて嬉しそうにしてました~

 

この後タナは残って宮澤名人の実技講習を受けておりました。 

いよいよエギングにドハマリ状態っす(^^)

 

 

 

 

 

こんな感じで「東北神起・イカ墨団」のエギングパーティーは無事に終了です。

 

優勝者は2キロ超えだったので、歴然とした実力の差を見せつけられました。

そんな中でもさすが酒田師匠、団長としての面目(?)もキープ、この方には敵いません!

脱帽っす!!

 

最後に2週連続でダイワさんにお世話になり、誠にありがとうございました。 ぜひともまた来年も開催してくださいね~(^^)

 

あ~もっと上手くなりてェ~

  

どうやら場所選びを誤った(?) いやいや下手クソなんだよ~(笑)

第7回ダイワSBC投2010 全国決勝大会 in 釜谷浜

9月26日は「ダイワ スーパーバトルカップ投2010」の決勝。 今年の会場は私のホームグランドである秋田県三種町の釜谷浜です。 私はすでに予選でコケてしまっていましたが、幸運にも審判員というカタチで裏方として参加させていただくことができました。 そんな訳で今回は釣行記ではなく観戦記となります。

大会本番の前日、AM5:30に釜谷浜駐車場に到着すると、見慣れない県外ナンバーやレンタカーが数台あって、既に決勝の選手たちは会場の下見をされているようです。 待ち合わせしていた秋田投魂会のM隊長と合流し、全国各地から勝ち抜いてきた投げ釣り精鋭の技術・タックルなどを間近で見て、またできれば交流を持てたら嬉しいなとワクワクしておりました。

駐車した隣には神奈川方面から参戦のクルマがあり、3人の方々がタックル準備をされています。さっそく挨拶すると、G杯優勝者の友重さん、親子で常連の古牧ジュニア、神奈川サーフの西山さんでした。 すごいメンバーに出会えると田舎モンはすぐに舞い上がってしまいます(^^;; やはり全国大会は見に行くだけでも楽しいっすね~!!

この日の海は数日前に降った雨の影響で白濁しておりイマイチな色で、台風の影響なのか北東の風が少し強くて寒く、更には急に気温が低い日が続いたせいか水温もいくぶん低いようで、キスの活性が気になるところです。

 

2010092610450000 (3).jpg一応我々もタックルをサクサクとセットして、3名の隣で投げさせていただきました。 最初は6色から探りますが何の反応もありません。 4色まで来たところでキスのそれとは違うガツガツとしたアタリが出たので回収してみると、10cmみ満たないチャリコ(小鯛)の2連でした。 やはりあまり状況は良くなさそうな感じです。

 

 

ところが隣で投げていた古牧ジュニアさんを見ると仕掛けを高速で回収していて、その先には良型のキスが3~4連で掛かっているようです。 近づいて「何色で来ましたぁ~?」と聞くと、『ここのキスは温かいですね!気持ちいいですよ!今のは9色ですね!』とのこと...

ン? 9色!?? しかも仕掛けの針数は6本だそうで、釜谷でその飛距離を攻める投げ師は記憶にありません。 さすが関東方面でも抜群の飛距離を誇る古牧ジュニアさん、北の地で「前人未投」のエリアを別次元の釣りで楽しんでおられます。 もしかすると優勝かな...? そんな予感がした私でした。

それからは九州・中国・四国・関西・北陸・新潟・神奈川などの参加者の様子を見たり挨拶したりしながら場所移動をて釣りましたが、周囲が気になって自分の釣りなど全く出来ず、皆さんの邪魔をしちゃいかんと早めに切り上げて宿泊先である森岳温泉のホテルに向かいました。

14:30からは審判員のミーティングです。 審判員は宮城の親分・山形の紅会長・宮城の店主・私の4名で、インストラクター石亀さんをメインにダイワのスタッフさんたちとルールや我々の仕事(?)について確認をしました。 その後は選手の皆さんの説明会があり、18:40から前夜祭に突入です。

前夜祭で一番の注目は組み合わせ抽選です。 大会2連覇でシードの高橋名人を含め、全国各地の予選参加者総勢1900名の中から勝ち抜かれたツワモノ20名の選手たちが、W(ホワイト)R(レッド)の2エリアに10人ずつ分けられますが、勝負の展開を見る上でも興味津津です。

その結果.、まずWエリアはこの方々です。

2010092520180000 (3).jpg

前年度準優勝の達人小町さん、初出場の八王子の吉原さん、新潟のベテラン川村さん、岡山の巧者2回目出場の曽根高さん、東北北陸ブロック1位通過の石田さん

なかなか手ごわそ~

 

 

 

2010092520220000 (3).jpg

同じくWエリアには

2年連続出場の難波さん、兵庫の常連の経ヶ阪さん、G杯優勝経験者で神奈川の友重さん、決勝当日が誕生日(おめでとうございます!)で香川の増田さん、そして静岡の超遠投大好きな古牧さん...

  Wエリアは激戦の予感です(^^)

 

続いてRエリアには... 2010092520040000 (3).jpg  

ご存知高橋名人、富山の名手の保里さん、一番遠方(福岡)から23時間かけて車でお越しの安部さん、愛知から初出場の片山さん、同じく愛知の大林さん...

 虎視眈々と...そんな雰囲気ですね~

 

 

 

2010092520110000 (3).jpg

同じくRエリアは

愛知から出場の小池さん、兵庫の塩崎さん(私の釣行記を見てくれてるそうで、ありがとうございます!)、神奈川の遠投派西山さん、新潟から出場の古俣さん、四国は高知から山中さん...

こちらの皆さんはダイワSBC決勝初出場とのことで緊張感とともにヤル気が伝わって来ます!

 

 

この方のユニークなメンバー紹介とイジリで前夜祭も楽しく進行します(^^)

2010092520040001 (3).jpg

 

おなじみのダイワのインストラクターで競技委員長の石亀さんです。

  

 

3年前の前夜祭で私がイジられた時に秋田弁で答えたら、「はい、どうも~!」とわずか3秒でカットされたことを思い出しました(^^;;

 

 

 

 

  以上の20名で予選が行われ、WR各エリアの上位2名(計4名)が優勝をかけて決勝戦へ進出、残る各エリアの8名で来年のブロック大会のシード権(エリア各1位で計2名)争奪戦が行われます。

 

前夜祭は和気あいあいと大いに盛り上がり、我々審判団のテーブルは東北弁でガチャガチャ盛り上がり(^^)、選手の皆さんともお話できて楽しいひと時でした!

2010092520440000 (3).jpg  

イケメン揃いの楽しそうな笑顔がいいですね~

明日は表彰台でその笑顔が見たいっす!

この雰囲気が堪りません(^^)

 

いつの間にか前夜祭もお開きとなり、選手の皆さんは本番に備えて早めに床に着かれたことでしょう。 一方の東北審判団はダイワスタッフの方を部屋に引き込み(?)2次会を開始! ビールに日本酒にハイボール...(^^;; 終了時刻は...いったい何時だったのか...うるさかったかな~?スミマセンm(_ _)m

 

自分の雄叫び(イビキ)に起こされて目が覚めたのはAM4:00。 隣では紅会長が既に行動を開始されています。 やはり私の騒音で眠れなかったみたいで...これまたスミマセンm(_ _)m

 

2010092605460000 (3).jpgのサムネール画像 モサモサと荷物を片づけて会場に向かいます。  本部の横には二日酔いと寝不足を必死に隠そうとしている審判員3名の姿がありました(^^)

親分、上に誰か居るんですか?

紅会長、眠そうですね...(^^;;

 

 

二日酔いの審判団はさておき、大会本番を迎えて海の状況は前日の白濁は少しだけ良くなったように感じますが、ウネリがあって潮の流れも早いように見えます。 

車の外気温を見ると...

2010092605140000 (3).jpg 雪国生まれで寒さに強いはずの私もブルブル震えてしまう8℃!  9月でこの気温は滅多にありません。水温の低下で活性が下がらないといいのですが...

酷暑だった夏を過ごされた南国の皆さんには真冬並みの寒さだったのではないでしょうか...?

 

 

そんな中でいよいよ開会式が始まります。

2010092605480000 (3).jpg  

選手のみなさんも見るからに寒そ~

寒さを吹き飛ばして頑張ってください!

   

  予選の開始はAM6:30。 私の担当任務はWエリアの右端ラインズマン。 選手の出発より一足早く現場に移動して準備も整った頃に選手の皆さんは抽選順に続々とスタート、思い思いの釣り座を目指して移動しているようです。

 

本部からの無線連絡で開始の秒読み開始!

2010092609280000 (3).jpg  

 

初体験のフォーンを鳴らして、いよいよ試合開始です(^^)

 

自分は関係ないのに「気合いだ~!」と叫んでいるアホが...

調子コイて選手の邪魔するなよなぁ~

 

予選が始まったものの私の居る右端には誰も来ません。 釣果や 状況が気になるのですが、あまりにも遠くなので釣れているのかどうか全く確認できません(^^;; 

キャストする姿を見ると、多くの選手は遠投からはいっているみたいです。 皆さん前日のデータを参考にして遠目から攻めているんでしょうね。

 

それから3時間が経過し、ほとんど仕事(?)も無いままに予選が終了しました。 一度本部に戻ったところ、検量所で「おおっ!」歓声が上がっています。 

誰か爆釣したんだろうなとワクワクしながらその様子見に行くと...

2010092609380000 (3).jpg

超遠投派の古牧さんでした。

他の選手よりも明らかにワンサイズ大きいキスを大量に持っているようです。

やはり遠投が効いているみたいです。

 

聞いてみると何と9色より沖目だったとのことです。

どんだけ投げてんの?

っていうか羨ましいっす!

 

 

 

そうこうしているうちに全員の検量も終了し、予選の結果発表となりました。

 

古牧さんの 検量の結果は32匹925g。 Wエリアでトップなのはもちろんですが、2位だった川村さんが428gだったのでダブルスコア以上の開きです...

 

一方のRエリアでは高橋名人の結果が気になります。

 

 

そして決勝進出の4名はこの方々...

2010092610070000 (3).jpg

左から

W2位 川村さん

W1位 古牧さん

R2位 山中さん

R1位 高橋名人

 高橋 名人はRエリア貫録のトップ通過でした!

少しのインターバルの後、10:40から決勝戦&シード権争奪戦が開始となります。 決勝戦はWエリアとRエリアの中間部で行われますが、再び私の居るWエリア端からでは選手が小さな点にしか見えず、悶々としそうな予感がします...(>_<)

 

開始時間となり再びフォーンを鳴らして、2時間の決勝戦&シード権争奪戦がスタートです!!

 

私の居るWエリア右端の近くまで来てサビいていたのは福岡の安部さんのようです。 それでも釣り座とは100mほど離れていて、手元の動きや釣果もサッパリわかりませんが、後半は近場を丁寧に探ってキスを拾っているみたいです。 

しかしその他の選手の状況は全くわからず、やはり悶々としている私でした...(^^;;

 

暇にしていると三種町の三浦町長と観光協会の畠さんが歩いて来られ、地元発展に関するよもやま話が始まりました。 町長はダイワさんの釜谷開催を非常に喜んでおられましたし、来年以降も色々と工夫を凝らして協力したいとのご意向で、私も嬉しくなっていました(^^)

 

そうこうしているうちに2時間が経過、本部無線からのカウントダウンコールに従って大会終了のフォーンを鳴らしました。 長くも短い5時間の終了です。 選手の皆さま、お疲れさまでした!!

 

本部ではWエリア、Rエリア、決勝戦の順で検量が始まります。

Wエリア1位でシード権を獲得したのは...

大林さんと塩崎さんが同重量225gで並んだのですが、塩崎さんの10匹に対して11匹を確保された大林さんが見事にトップとなりました!

Rエリアの様子は...

この日の最大サイズ27cmをゲットし、4匹192gだった石田さんです!

 

大林さん、石田さん、来年のシード権獲得おめでとうございます。 うらやまし~

そしていよいよ決勝エリアの検量結果がアナウンスされます。

アナウンス順に...

古牧さん 14匹423g やはり遠投勝負がバシッと決まったようです!

高橋名人  9匹 91g ピンギスを拾ったけど...無念

川村さん   3匹118g 良型が揃いましたね!

山中さん 10匹114g 数で勝負でした!

2010092615030000 (2).jpg

古牧さん、優勝カップが重そうですね!

堂々のブッチ切りレースでした!

おめでとうございます!

 

 

  川村さん、山中さん、高橋名人、渋い状況で僅差の勝負となりましたが、最後まで自分の釣りに集中されたんでしょうね!  お疲れ様&おめでとうございます!

 

この日のキスは三種町の福祉協議会へ贈呈されたようです。

2010092615000000 (3).jpg

三浦町長、エリアの端までお越しいただき、暇コイていた私に色々と勉強になるお話を賜りましてありがとうございましたm(_ _)m

 

これからも微力ながら地元の釜谷浜を盛り上げて参りたいと思います!

 

   

最後に参加選手の集合写真です。 

2010092613010000 (3).jpg  

 

 

皆さんお疲れ様でした! そして熱い戦いを見せていただき、本当にありがとうございました。  皆さんの釣りに対する真摯な姿を見ていると、やはり決勝大会は選手として出ることが最大の喜びだとあらためて痛感しました。 今度は自分も...と気持ちを入れ替えて頑張ります!

 

再会する機会がありましたらよろしくお願いいたしますm(_ _)m

※実名・顔出しは決勝進出の名誉だと思いましたのでお許しくださいませ。

そしてダイワのスタッフの皆さま、本当にお世話になりました。 SBCの更なる盛り上がりを祈っております! ありがとうございました!!

 

 

 

青森オープンキス投げ釣り大会

今週は全日本サーフ青森協会主催の『第一回オープンキス投げ釣り大会』に参加してきました。

会場である青森県つがる市の高山稲荷神社には、北海道・青森・宮城そして我々秋田のメンバーで合計29名が集まり、第一回の開催としては大勢の参戦となって幹事の皆様の努力が伺われました。 

その大会の前に恒例(?)の前夜祭も企画されるとのことで、私は最近ハマりつつあるエギングで釣りたてのアオリイカの刺身を提供しようと会場途中の漁港や小磯でシャクりまくりました。 まだまだ初心者のレベルですが、ギリギリ食せそうなサイズを20杯ほど確保できました。

2010091010210000 (2).jpg

今のところこんなカワイイサイズしか自分には釣れないんです...(^^;; 資源確保のためにリリースしろとあちこちから叱られそうですね... アオリちゃん、イジめてゴネンねゴメンね~

前夜祭会場に到着して調理職人の大三元さんにお願いしてさっそく刺身にしてもらい、参加した皆さんに食していただきました。 この独特の甘さは堪りません!

 

一方、ホスト役のFC投人さんに準備してもらったメイン料理はこちら... 2010091120550000 (2).jpg

すき焼きの上にドバっと乗っかっているのは、八戸の郷土料理で有名になった「せんべい汁」の主役である南部煎餅です。 初めて食べましたが濃厚な汁を吸いこんだせんべいは独特の食感、ついついおかわりした私でした。 〆には鍋にうどんをブチ込んで、これまたおかわり、これではメタボがと止まるはずがありましぇ~ん(^^)

PM5:00に開始した前夜祭も、気付くと日付が変わってAM2:00、ビール・チューハイ・梅酒・焼酎ロック...どんだけ呑めば気が済むのかっ!! 翌朝の受付開始はAM5:00だったので早く寝ないとダメオヤジになってしまうど~!

 

ウトウトしたかと思ったら4:30に合わせたアラームで起こされて前夜の宴の後片付けを済ませ、当然のように寝不足&二日酔い状態で受付会場に行くと既に参加される皆さんは準備万端です。 ところが私はモタモタして準備が一向に進みません。 そんな訳で開会式の画像を撮り忘れました...

全サ青森協会会長のヘマタイトさんの挨拶、Tetsuさんからの競技説明があり、クーラーチェックが済んだ順番にスタートして行きます。 準備が遅れた私のクーラーチェックは一番最後、最後尾からのスタートと早くも嫌な予感が走りました...(^^;;

海岸に着くと既に皆さんは思い思いの方向に散らばっていました。 私は思考能力が停止していたのか、惰性にまかせてダラダラと1~2分歩いたところで息切れして止まりました。 この日は11:00までの5時間ロングラン1本勝負だったこともあって 「まあ後で様子を見て動けばいいや~」などと自分に言い訳しながら微かに震える指先で仕掛けの準備を開始です。 この日はバルサシンカーを実戦で初めて試してみることにしました。

6:00になっていよいよ競技開始!  

第1投目は何も考えず5色目から引いてくると、4色で微かなアタリをキャッチ。 続いて1色目でガツガツとアタリが続いて仕掛けを回収すると、14cm程度のキスが1匹、他は赤(真鯛)黒(黒鯛)白(フグ)茶(メゴチ)とカラフルな小魚がズラリと...なんじゃこりゃ~(>_<)

 

2投目は少し遠投して6色半でキスっぽいアタリをキャッチ! 回収すると15cmのキスが3連でした! やるじゃん、バルサテンビン! なんだか今日はイケそうな気がするぅ~♪♪(^^)

 

ところが3投目にもう1匹追加し、続いて6色でいいアタリを掛けたところから事態が急変、掛けた良型と思われるキスが青物らしきヤツに横取りされて仕掛けがプツン! ついでに私もプツン!

ムキになって遠投しようがどうしようが、1色付近の赤黒白茶攻撃以外に生体反応が無くなってしまいました... こうなるともうパニック、北側に15分ほど歩いて移動しようが、また20分ほど歩いて戻って来ようが、キスのキの字もありましぇ~ん(。。) ただただ右往左往するばかりで、それから2時間半の間、私のクーラーにはため息だけが投入されていました。 周囲の方々も朝イチのアタリは止まっているようですが、それでもポツポツとキスを拾っているようです。

開き直った私は1投して空針だったら即移動を繰り返していましたが、残り1時間半になってやっと6色半で忘れかけていたアタリ、なんだかキスがメチャメチャ愛おしく感じてしまいました(^^) それから2連があり単発がありと少しだけクーラーにキスが収まりましたが既に時遅し、南側から撤収される方々に「まだ粘るの?」と冷やかされて、初めてタイムアップを知りました。 見事に撃沈です(^^;;

検量すると5時間でたったの306g...(×_×) もしかして最下位?ブービー?罰ゲーム?

 

表彰式が始まって表彰台の方々が発表されます。

 

優勝は...

2010091211330000 (2).jpg

我が秋田投魂会のM隊長!(やるぅ~!) ヘマタイト会長からS社のフィクセルを受け取っております。 いいな~うらやまし~オイラも欲しい~ 同じクーラー持ってましたよね? 2個目じゃないっすか? サイドボックス要らないよね~?

 

準優勝は...

2010091211340000 (2).jpg

函館つるさん! さすが! 笑顔がステキ! 北の大本命が実力発揮ですね(^^)

 

第3位は

2010091211340001 (2).jpg

日サ青森協会から参加されたK口さん! まさにここは庭なんでしょうね~ 渋いっす!

 

懇意にしているFC投人の皆さんでは...

 

2010091211360000 (2).jpg

ヨコさん、全キス他魚の部で優勝したばかりなのにここでも5位入賞!! 最近絶好調だね~

 

さらには...

2010091211360002 (3).jpg

ヘマタイト会長、7位入賞! 手にしているのは3号ライン? S真鯛には細すぎません?(^^)

 

そしてこの人...

2010091211380000 (2).jpg

我が秋田投魂会の新人ケンタが10位に入賞です! チャラいキャラでもこの日は頑張ってました~ オジさん脱帽っす! 参りました~m(_ _)m

 

最後にお楽しみ抽選会、出番の全くなかった私にもなんとか...オヤジのお願いっす!

 

ラッキーにも秋田投魂会メンバーで抽選が当たったのはこの2名...

2010091211420000 (2).jpg

ありゃ!? また隊長!! 今度はメロンっすか? せめてサイドボックス譲ってェ~!

 

そして...

2010091211410000 (2).jpgのサムネール画像

おいおい、またケンタぁ~? 今夜もせんべい汁かい? 

そんな訳で運も味方にした2名は楽しく笑顔で万々歳でしたとサ~(^^)

 

片隅でショボくれていた私は下から数えて〇番目、ダメオヤジの順位は極秘にしてください(笑)

 

こんな感じで「第1回全サ青森協会オープンキス投げ釣り大会」は無事終了しました。 幹事の皆様お疲れ&ありがとうございました! 楽しい1日半でした! 

 

今度は10月17日、釜谷浜で開催する「タンポ会」でお礼させていただきます! 北東北では今年最後のキス釣りイベントになりそうです。 もちろん前夜祭付きですよ~(^^) 興味のある方は遠慮なくご参加くださいませ!(お問い合わせはコメントをお願いします)

 

その頃の夜はちょっと寒いかもね~ 夏が終わりそうなばかりだけど、そろそろ防寒着も出しておかないとな~

台風一過の釜谷浜で新商品のインプレ

猛暑の続いた北国に台風4号が直撃し、好釣だったシロギスが居なくなる恐怖感(?)に駆られ、思わずいつもの釜谷浜へ行って参りました。 この日はGear-labさんから届いたNEWバルサテンビンを試したいという想いもあって意気揚々と出陣です!

久々に最低気温が20℃まで下がって気分良く爆睡、おかげで寝坊したために釜谷浜に到着したのはAM9:00、いつもなら朝イチの絶好タイムが終了している時刻です...(^^;; 

台風の影響が心配されましたが、そこは雨風に強い(=濁らない)釜谷浜、3~4色付近までは白っぽく笹濁りの状態でしたがその沖には南からのキレイな潮が入りこんでいます。 これならOK!!

さっそくNEWバルサテンビンの30号をセットして、8点針仕掛け、エサはジャリメで第一投です。

 

2010081309060000.jpgバルサシンカーはボディ部分に水中浮力があるのはご存知の通りですが、その一方でボディ部分の重量があるため、他の同じ号数のオモリよりも総重量が重くなっています。 従って、30号のバルサをキャストするときは33号程度の重さでありながら、引く時は20号にも満たないということも独特のスペックになっています。 ※ロッドの負荷よりも軽めの号数での使用がオススメです。

飛距離は6色半、左斜め前方からの向かい風なので、まずまずの飛びですね~

30号だとボディ部分が大きいために空気抵抗もおおきくなるので、純粋なデルナーテンビンよりも飛距離は落ちますが、鱚介+バルサのパターンと比べると「ブラブラ」「遊び」がない分だけ飛距離が出るようですね。

仕掛けをサビいて来ると...5色半で「プルン!」という小気味いいアタリが来ました。 キスのサイズとアタリの強さの関係を知りたかったので、連掛けを狙わずに即回収しました。 掛かっていたのは18cmで太めのキスでした。 鱚介テンビンとバルサシンカーの組み合わせでのアタリと比べると感度は若干低めになりますが、ボディの浮力によってオモリの重量が相殺されるのでデルナーテンビンよりも明確なアタリがキャッチできます。

 

 

鱚介テンビンを使っている方は体験しているかと思いますが、大アタリしたのに回収したら「あれっ?」という小型サイズでガッカリ...ということは無くなると思います。 また、ちゃんとアタッたのに弾いてしまって針掛かりしていないというフッキングの弱点もなさそうです。

そして巻き上げの感覚ですが、デルナーテンビンよりも間違いなく軽く、「鱚介+バルサ」とほぼ変わらない手応えだと感じました。 これなら一日中キャスト&リーリングを繰り返しても腕の疲れは軽減できますね~

 

続いて2投目以降は連掛けを狙ってみました。

6色で小さな「プルッ」というアタリをキャッチ、そこから一定の低速スピードでサビいて来ると、5色半~4色で「ブルン」「ガツン」「ブルブルブル~!」とアタリが続いて20cm~12cmが入り混じって無事に7連掛けに成功しました。※8連をさせられないのは花丸の腕が悪いからっす(^^;;

 

元はデルナーテンビンのアームなので、連掛け出来るのは当たり前と思っていましたが、やはりサーフからの投げ釣りでの連掛けは癒されますね~(^^)

前述のように鱚介テンビンで「弾き」を体験した方は、このバルサテンビンにしてみると釣果に変化が出るかも知れませんね~(保証は致しませんけどね...)

 

結局この日の釣果は良型10匹の重量を計量すると513g。 15cm未満のキスは多数リリースしていたので3時間で1キロ超えは確実でした。 ちなみに1時間早く投げていた秋田投魂会の「ジャンケンキング」ことO王子の10匹重量は631g、こちらの総重量は2キロ近かったでしょうね~

 

2010081312200000.jpgこの日のキスは明日の夜に能代市内の寿司屋で行われる『納涼会』のネタとして美味しく料理していただくことになっております(^^)

 

『納涼会』には秋田投魂会のメンバーのみならず、遠方から「ごり3」、「C師匠」、「八戸FC投人」など投げ釣りを通じた投げ飲み仲間(?)も集まっていただく予定になっています。

 

そして明後日は二日酔いの中で『どすこいカップIn釜谷』を勝手に開催しようなんて考えています。  楽しいひとときはまだまだ続きそうです!!

 

 

 

 

 

 

 

それからこの猛暑対策として私が使用し始めていたのが、画像にあるUVパラソル(ゴルフ用)+サンドポール。 3年前のお盆に湘南エリアへ遠征した際に、トップキャスターの方々がやっていたスタイルをパクッただけのものです。

 

2010081309350000.jpg単なる日陰が出来る熱さ&日焼け対策だけではなく、晴雨兼用の傘なので突然の雨で活きエサが雨水に濡れて昇天するのも防ぐことができます。 サンドポールにロッドベルトでくくり付けているので風に弱いのが難点ですが、確実に5℃以上の気温差になっているのではないかと思われるほど「涼しく」感じられます。 カンカン照りの直射日光だとなおさらですのでお試しあれ!!!

と、オススメしようと思っていたら、Gear-labさんから「パラソルホルダー」の案内メールが...(^^;; さすがGear-labさん、かゆいところに手が届く!!

 

しかし...ちょっと提案があります。

この「酷暑対策パラソル投げ釣り」の場合、時間の経過とともに日差しの角度が変わるため、クーラーとパラソルの位置を臨機応変に変えないといけません。 「パラソルホルダー」はクーラーに固定するタイプなので堤防などでは有効ですが、砂浜では自在にパラソルの位置を変えることができるのにもったいないような気がします。

そこで早くも新商品に対しての要望なのですが、サンドポールとパラソルをしっかりと固定できるタイプがあれば使い勝手が良さそうです。 ロッドベルトで固定したつもりでも風でグラグラするし、釣り座を移動する時は毎回傘をたたまないと傘だけにかさばってしまいます(?)。 ガッチリ固定できて、移動時も簡単にたためて、ベルトで縛り付けるといった余計な作業が少なくて済む、そんなワガママは実現できないものでしょうか?

真夏の直射日光が当たってしまえばエサの活きも悪くなるし、クーラーの保冷力も低下するし、何よりも自分の息も絶え絶えに...(。。)

より快適に釣りを楽しむUVパラソルサーフバージョン、ご一考いただければ嬉しいなと...(^^)

2010年JC浜中

いよいよシマノJAPAN CUPの東北地区予選の日となりました。

例年のパターンと違って今年は「2試合制」が導入されて全員が2時間半×2ラウンドで競うことになり、それなりの作戦や準備が必要になるものと思われます。 我が秋田投魂会のメンバー数名も前日入りして対策を討議しようと打ち合せておりました。

ところが...前夜に尺アジを堪能した私は、会場の下見をする予定だったのですが朝イチで再び尺アジ狙いの投げサビキに没頭する始末!? 更には市内の温泉で朝から爆浴のうえ仮眠...!? メンバーの皆さま、前夜祭での刺身分をキープしたことで許しておくんなまし~(^^;; 

そんな訳で会場に到着したのは午後2:00を回っておりました。 先に着いて下見していた新人ケンタから状況を聞くと、投げてもほとんどアタリが無くてメチャ渋く波口勝負になるのではとのこと。 それを聞いたのでタックルを持たずに本部前から右サイドをケンタと一緒に散歩するだけの下見で済ませることに。

そうこうしているうちにラッパー宴会部長・トンボさん・C師匠も到着されたようで、作戦会議と称した前夜祭に突入しました。 冷えたビールの味は格別です!! ところがいざ呑み方が始まると、初めての2試合制を如何に戦うか?の議題は全く出ず、ラッパー宴会部長の独演会のおかげで笑いの渦が延々と続いたのでありました...安眠中の参加者の皆さま、お騒がせしてスミマセンでしたm(_ _)m

 

翌朝目が覚めると既に本部で受付を開始するアナウンスが流れておりました。 寝ボケ状態で受付を済ませて選んだ封筒を開けると、ゼッケン番号は「115」。 いつもなら出発が遅くなる3ケタ番号は嫌な展開なのですが、今年は2試合目で早いスタートとなるので特別気にすることもありませんでした。

AM5:30を過ぎてスタッフの競技説明も終了し、いよいよスタートです。

私は波口勝負と決めつけていたので右サイドを選択し、波口の状況を見ながら歩いて良さげなポイントに釣り座を構えることに。 下見をしていないので自分の目を信じて歩く作戦です。 海は朝の追い風でベタ凪、波が立たないので見た眼でポイントを探すしかありません。

AM6:00になって開始の合図が聞こえ、1試合目の勝負開始!!

1投目、3色からジックリ探って波口で10cm程度のピンギスが2連。 しかし山形県では12cm未満のキスはリリースのルールがあったのでキープできず... でも両隣の方々にはキープサイズが1匹ずつ掛かっていたので、場所の選択は間違っていないのかな?

2投目、2色から探っていると、私はガッチョ(メゴチ)&リリースサイズだったのですが、左の方に14cmぐらいのキープサイズが4連! ここはいいポイントだと判断して腰を据える決意をしました。

3投目、半色の位置で突然強烈なアタリ! 思わずアワセを入れてしまってフッキングならず...ついつい焦りが出ていたみたいです(>_<)

4投目、またしても半色で強いアタリが来ました! 今度は予期していたので上手くフッキング、更に追い食いもあったようで仕掛けはバナナ状態に絡みながらも18cmクラスが3連!! 見渡せる周囲でこのサイズが出ていなかったので、アドレナリンが吹き出て来ますv(^^)v

続く5投目、同じ場所を引いてくると同じ場所で強烈なアタリ!! 連を狙ってその場にステイさせるとブルブルが長く続きます! きっと良型が5連だろうと期待を込めて回収すると、22cmと18cmの 2匹が付いていただけで無念のバラシがあったようです...失敗した~ヘタクソ~(^^;;

それからは20cm超えが1匹来ただけでキスのアタリが止まってしまい、掛かって来るのはフグ&ガッチョのオンパレード、結局1試合目は良型のみ6匹でした。 ただ周囲の10名に中では恐らくトップの重量と思われたので、まずまず満足の結果でした。

 

本部前に戻ってのインターバル。 秋田投魂会メンバーや知り合いに状況を聞いて回ると、全体的に激シブの様子で私の釣果は上位に食い込んでいるみたいです。 2試合目はスタート順が早くなるのでチャンスかも!

ポケットに入れていたパンを食べていると、スタッフから2試合目の開始時間を30分早めるとのアナウンスが流れました。 まだ30分も時間があると余裕をコイていたのであわててしまい、パンが喉に詰まってムセてしまいました(^^)

2試合目のスタートとなって目指すポイントは1試合目と同じところ。 この時間には海風に変わってさざ波が立っており、キスの食いも上がっていると思われます。 最初のダッシュで10数名を抜き去って、何とか狙った釣り座をキープできました。

左隣にはいつもお世話になっている某店主の姿があって気分もリラックス、それほど激混み状態にもならずに済んだのでイケそうな気がする!?

 

AM9:00となって、いよいよ2試合目が開始です!

1試合目と同じルートで探るものの、1時間してもキスのアタリが全くありません。 ガッチョの連発や、8本針が全部フグに取られていたりと非常に厳しい状況です。 ここで場所移動の迷いが生じましたが、周囲にもほとんど釣果が無くて同じような感じだったので、1試合目の貯金で何とか...という守りの態勢に入ってしまいました。

残り時間が1時間となってから、やっと15cmクラスが単発で掛かり始めました。 何とか3匹まで続いたのでこれからだと期待していると、左隣の店主にアタリが来たようです。 回収されたのは良型の3連でした!  期待はますます大きく膨らみます!

 

2010060609300000 (2).jpgしかしキスが連で掛かるのは画像の店主のみ、私は追い食いを待っても単発でしか掛かりません。 

そこで連を狙わずに1匹ずつ確実に回収し、手返しで数を稼ごうという訳のわからない作戦に出ました。

 ところがこの後は私の仕掛けにキスが食いつかず、結果的にこの作戦が見事に的外れに...

ついに終了時間が迫って最後の1投、するとガツン&ブルブルッと強烈なアタリが来ました!!

しかし既に余裕を失っていた私は反射的にアワセを入れてしまい、無念のノーフッキングでタイムアップ(>_<)

アタリの強さからして20cm超えは確実だったのでメチャメチャ後悔が...

 

本部前に戻って検量の列に並ぶと、直前にいた酒田のSさんの袋にはたくさんのキスが...直後に並んだ宮城のEさんの袋はパンパンです...ダメだこりゃ~

検量すると私の釣果は492g

結局セミへの通過ラインは610gぐらいでした。 バラしてしまった3~4匹や連掛けを狙わなかった2試合目の作戦を反省するしかありません(^^;; 

この悔しさは月末に地元で開催されるSBCで晴らしたいものです!

 

検量で私の前後にいた宮城のEさんが準優勝、Sさんも見事に予選通過されておりました。 おめでとうございます! 来年のセミでは弓ヶ浜を目指して頑張ってください!

 

表彰式を終えて最後に恒例のジャンケン大会です。 このジャンケン大会は我が秋田投魂会には無類のツワモノがおります。 2007年、2008年を2連覇したジャンケン王子が、また昨年はラッパー宴会部長が見事に勝利してシマノ特製チャリンコをゲット、クラブ3連覇を成し遂げました。

果たして今年は...

2010060612480000.jpg

結果はまたしてもこの男、ジャンケン王子が順当に(?)自転車をゲットしました! 

何と通算3台目!?

これは強運なのか実力なのか!?

 

巷では秋田投魂会はジャンケン大会のために参加してるという噂が流れているとかいないとか...

 

今度はセミの権利をゲットオンしようゼェ~イ!!(^^)

 

こんな感じで今年のJAPAN CUPは次に続かない結果で終了しました。 でもジャンケン王子の活躍と前日までの尺アジ爆釣体験で、思い出に残る大会となりました。

 

来週は昨年の浜中でセミファイナルの権利をゲットしたC師匠が上下浜に向かわれます。 アジを肴に泥酔しながら師匠のご活躍を祈っております(^^)

来年は頑張らないとな~

山形県酒田で尺アジ

6月6日は山形県酒田市の浜中海岸でシマノJAPAN CUPの東北予選。 一昨年はラッキーでセミファイナルの出場権をゲット出来ましたが、家の事情で無念の辞退となった大会です。 何とか今年は権利を獲得したいと気合いを入れての酒田遠征でした。

仕事を終えてから6月4日の夕方に酒田入りし、まずはこの時期に良く釣れると聞いていた「尺アジ」を楽しむことに。 上手くいったら刺身に塩焼きに開いて干物にして...などと、取らぬ狸のスケベ心がまたしても騒ぎます(^^)  狙うポイントは酒田のC師匠から聞いていた酒田北港の離岸堤沿いですが、先行のクルマがズラリと並んでおります。 やはり陸から狙える尺アジは地元でも人気のようですね~

タックルを準備してさっそく釣り座を確保し、「投げサビキ」の仕掛けをセット。 地元の方々はアミコマセのカゴをサビキの上に付けていましたが、敢えて秋田流(?)自己流(?)の下カゴにしてアジ投魂の開始です!

開始から1時間、日の入りまでの間はほとんど反応が無く、たまに掛かるのは尺アジならぬデカフグばかり... 隣にいた地元のオジさんに聞いても全くダメな様子です。 ところが暗くなって電気ウキのライトを点灯させてから状況が一気に変化しました。

投入してからロッドを大きくシャクってコマセを撒いた直後、私のウキがいきなり沈んで行きます!

思わず「来た~!」と独りごとを発しながら慎重に取り込んだのはジャスト30cmのアジですv(^^)v これは時合いが来たなとニヤニヤし、それまで暇で暇で折れかけていた心にスイッチが入りました! 

それからはガツガツとアタリが続いて、小さくても25cmのアジが次々に掛かります。 そんな時にC師匠が様子を見に来られました。 時合いに登場するなんてさすが師匠、オイシイところを逃さないですね~

21:00頃になってアタリも止まって、納竿することとなりました。 全部で27匹のアジ、そのままクーラーの氷だけで2日間も保管するのは鮮度が落ちるので、C師匠にワガママを言って自宅冷凍庫にキープしてもらうことにしました。

 

この日の最大は36cm。

2010060504280000 (2).jpgしかも入った場所が良かったのか、それともコマセの下カゴ仕掛けが良かったのか、周囲ではほとんど掛からずに汗をかいて釣りをしていたのは私だけのようでした。

 また来年のこの季節に再チャレしたいものです!

 日曜日のJAPAN CUPもこのように上手くいけばいいのですが...

 

 

そんなにオイシイ話が続くとは思えませんけどね~(^^;;

秋田のサーフにもやっと鱚が!

新潟方面からキス爆釣のニュースが聞こえてきてウズウズしていたところに、秋田県内の漁港でキスが釣れ始めたとのウワサがあったので、そろそろサーフでも接岸していないかな?と思い、釜谷浜まで行って参りました。

まだ時期が早いのか、到着してもご覧の通りほとんどと言うか、全く釣り人が見えましぇ~ん...

 

2010052209080000.jpg釜谷浜は今年、ダイワ「スーパーバトルカップ投げ」の決勝が行われる会場と決定、地元でもあるし東北地区予選の会場でもあるし、いろんな意味で情報を仕入れておきたいところです。

 

鱚介テンビンにバルサシンカーをセットし、9:00から投魂開始です!

 

6色からじっくりとサビキ始めましたが、生体反応が全くなくてシーズン当初によくあるジリジリする展開。小さなかけあがりに仕掛けを止めて待ってみたり、シンカーをユ~ラユ~ラ動かしたり、様々なパターンの探りを入れても一向にアタリが来ません...

 

1時間半ほど経過してから大きく200mぐらい移動したとき、やっと今年の初アタリが来ました(^^)16cmとレギュラーサイズ(?)でスレンダーボディのキスでした。

 

それからは忘れた頃にポツリポツリと1匹ずつ単発でヒット、これが大会ならとっくに撃沈ですね~

 

この数カ月間はカレイ狙いで大針と青イソメばかりいじっていたので、数時間はジャリメを小針に付けるのに苦労しておりましたが、午後になってやっと少しだけ感覚を取り戻してホッとしました。

 

結局この日は17:00まで投げて合計14匹の釣果。 シーズン中なら全く納得のいかない数ですが、初日なのでこんなもんで勘弁してくださいませ~m(_ _)m

 

2010052217200000.jpg2週間後には早くもシマノ「ジャパンカップ」の東北予選があります。

明日も来週も、また投魂あるのみです!(^^)

 

 

 

下北半島GW投げカレイ PARTⅡ

前半戦でのC師匠の無念を晴らすべく(?)、GW後半は秋田投魂会のタナと一緒に下北半島カレイ釣りのリベンジに行って参りました。 

ポイントに到着したのはPM10:30。 普通ならこのまま仮眠して朝マズメのゴールデンタイムを狙うのですが、この日はタナの気合いと鼻息が物凄く、徹夜で翌日の昼まで投げまくりを決行することとなりました。

ヘッドライトとランタンの灯りを頼りに、お互い3本のロッドを出して投魂開始!!

最初にアタリを出したのは、30cmぐらいのアイナメでした。 アイナメ独特の「首振りダンス」の手堪えを楽しみながら本命のカレイを待ちますが、続いて来るのはまたしてもアイナメ。 嬉しい外道の常連ですが、竿尻を持ち上げるほどの強烈なアタリと魚信は病みつきになりますね~(^^)

この日最大のアイナメは、日の出直前に来た42cmでした。

ほかにも30cmオーバーの「カジカ」も来ました。 カジカは『鍋壊し』と呼ばれるほど鍋の食材として美味しい魚らしく、帰国してからの鍋が楽しみです!

 

日が昇って明るくなってからは本命のカレイが掛かり始めました。 下北半島初参戦のタナは、釣り上げるとグイッと海老反りをキープする元気のいいカレイの連発にご機嫌です(^^)

 

2010050304350000.jpgのサムネール画像のサムネール画像昼近くになって私のロッドが大きく曲がりました! しかし魚信はなくズッシリと重く水の抵抗が掛かっています。 このパターンは9割以上の確率で巨大ヒトデか海藻なのですが、浮き上がった姿は一番嬉しい外道中の外道「トゲクリガニ」でした! 今晩の肴をゲットしたところで撤収、楽しみは翌日に残しておくことにしました。

2010050309460000.jpg

GW後半戦の初日はこんな釣果。

アイナメもカレイも30cmオーバーが主体でまずまず満足、画像の右下にはカジカが、逃走防止のため水汲みバッカンにはカニが入って居ます(^^)

 

本命のカレイの数は...

タナは釣れたのがカレイだけ12枚、

オイラは11枚、

タナに1枚負けちゃいました~(^^;;

 

外道のカニ・カジカ・アイナメで勘弁してくださいませ。

明日も頑張るド~!

 

 

温泉で鰈臭を落とし、車内で約4時間爆睡してから宴会の開始です。

2010050319210000.jpgのサムネール画像

 

一番オイシイところはタナの胃袋に吸い込まれました...(^^;;

 

コイツぅ~

旨そうじゃないか~

 

目がトロけてるド~(^^)

 

この日は寒くなかったので漁港に停めた車の脇で陽気に楽しく飲んで笑って、心地よく酔っ払っていました。

 

もちろん2人とも爆睡であります...

 

 

 

 AM3:00、GW後半戦の第2部スタート!

酒が残ったタナは二日酔いの模様、ド遠投のはずがパワーがイマイチ入ってません。 釣果も朝マズメに来たカレイが2~3枚で、その後はパッタリ音無し、口数も少なく居眠りモードか...?

一方の私も朝マズメにカレイ&アイナメのダブル2連発と好釣だったのですが、忘れた頃にポツポツ単発でカレイが掛かるものの、合計10枚を超えるのがやっとで時合が長く続きません。

 

そうこうしていると沖の100m以内の距離にカレイを狙う船とボートがやって来て、コヅきカレイ釣りを始めてしまいました。 一体どこにキャストすればいいの~? 投げるところがありましぇ~ん(>_<)

 

仕方なくチョイ投げしたり船の両サイドにコントロールして投げていましたが、終いには根掛かりによる道糸の高切れ3連発ですっかり意気消沈。。。

私はブーブー文句を言いながら諦めモードで1本ずつ竿を納めて片づけを始めました。 すると今度は船が居なくなって目の前が広々となるではありませんか!

 

こうなるとド遠投大好きなタナの眼がパッチリと開きます! これまで数時間も撃沈モードだったタナは水を得た魚のごとく「どぉりゃあ~!」の掛け声とともに渾身のフルキャストの連続です。 本人いわく、投げる場所が無い=つまらない=気合いが入らない=釣果も落ちるという悪循環だったとのこと。しかしここに来て気合いスイッチが入ったようで、突然元気満々になりました!

 

すると...

2010050308060000.jpgこんな良型カレイを連発するではありませんかっ!? 

 

どうやらこの人は遠くに投げれば投げるほど釣果がでるようです。

 

 

あれほど沈黙していたのに、視界が広がるやいなや、口数は増えるは真剣な眼差しに変わるは機敏に動くはで、メチャクチャ分かりやすい性格ですね~(^^)

 

 

結局この日は12:00で納竿することとしました。

 

カレイの枚数対決(?)は...

タナが6枚、

オイラは13枚、

何とか前日のリベンジを果たしました(^^)

 

2010050411560000.jpg 

船さえ来なければ、根掛かりの場所さえ交わせれば、もっと釣果は伸びそうでしたが、これもまた投げ釣りには付き物なので仕方ありませんね。

 

これで今年のGWカレイ釣りも終了。 前半は暴風雨に悩まされ、後半は船と根掛かりに悩まされ、納得がいかない部分もありますが、C師匠やタナと楽しい時間を過ごせました。

いいカレイもゲットできたし、青森の豊かな海に感謝です!

 

私の4月からのカレイ累計釣果は79枚となりました。(リリース除く)

2か月間で3ケタ到達します!などとC師匠に大口をたたいていましたが、GWが過ぎるとシロギスを始めないといけないし、もうこのへんで師匠に勘弁してもらいたいところです...(^^;;

下北半島GW投げカレイ PARTⅠ

北国でもやっと桜が開花し、いよいよ春を迎えた気分です。 春といえば「花見カレイ」でしょう!

ってことで毎年恒例の青森県下北半島のカレイ投げ釣りに行って参りました。 今回は2回に分けて出陣、連休前半はお世話になっているC師匠と、連休後半は秋田投魂会きってのド遠投派タナと一緒です(^^)

まずは前半戦、昨年のGWでカレイ爆釣の美味しい思いをされたC師匠は、1年ぶりの北上に気合い満々でした。 もちろん私も案内人(?)として気合いが入ってます!

夕飯を一緒に食べてから爆走して現地に到着したのは23:30頃、しかしこの日は途中から降り出した雨と風で車から降りることすらできません(>_<) 仕方なく朝まで爆睡して天候の回復を待つことにしました。

翌朝4;00、日の出間近のうっすら明るくなったころに目覚めましたが、雨も風も一向に弱まる気配がありません... 協議した結果、車横付けで横着な待ち釣りができて風裏になる港まで移動し、各々1本ずつ竿を出してキャスト、車内でワイパーを掛けて待ちますが、はたして強風で竿先が揺れまくっているのにアタリなど出るものなのか...?

くだらないオヤジギャグを交わして待つこと約30分、C師匠が最初に投げて放置していた竿先が明らかに風の影響とはまったく違った動きを見せました! 急いでロッドに駆け寄って大きくアワセると、C師匠の黒い顔にニヤリと笑みが浮かび、白い歯がクッキリと輝いてます(^^)

慎重に引き寄せるとカレイの姿が! 

取り込んだカレイのヒレには黒い斑点があり、早合点した私は『あ~それヌマガレイでしょう』と知ったかぶり。 ところが記念写真を撮ろうとよ~く見ると、「ヌマ」にあるはずのイボイボがありません。

 

2010042906260000.jpgこれはもしかして珍しい『マツカワガレイ』???

マジぃ~?

初めて見た~

きっと間違いないでしょう!!

 

さすがC師匠!

ただでは帰らない職人です(^^)

 

 

2010042906350000.jpg

 

 

サイズは30cmに届くか届かないかですが、

そんなことよりもマツカワガレイを釣ったこと自体に拍手!

 

オイラには一生かかっても釣れないんだろうな~

 

そんなオイラは強風にヒラヒラと舞う木の葉カレイが2枚だけとお寒い限りのGW前半戦です...(^^;;

 

 

  

そうこうしているうちに、ますます風が強くなり撤収を決意、ダメモトで昨年いい思いをしたポイントに移動を開始、14:00に到着すると雨も止んで風も少々収まりかけております。

このチャンスを黙って見過ごす手はありません! すぐにタックルを準備していざ、第2部のスタート!

3セットを準備してフルキャスト、するとさっそくアタリが来ました(^^) 回収すると25cm程度の小ぶりな「マコガレイ」、ホッと一息つきますがその後が続きません。

仕掛けや針には毎回トロロ状の藻がへばり付いて帰って来るので、きっと波で底荒れしてカレイの食いが悪いのでしょうね~  結局午後の第2部は大きな見せ場(?)もないまま5枚のカレイをゲットして終了でした。 

近くの温泉に入ってカレイ臭を洗い流してから、マツカワガレイの快挙を祝いながら翌日の爆釣を祈念し延々と酒を酌み交わす2人でした...

やがて目がショボショボになってきて寒さも加わったので、翌朝は3:00に起床予定にして爆睡することにしました。 明日は頼むゾ~!!

 

グラグラと大きく揺れて目が覚めました。 きっと寝坊した私をC師匠が起こしてくれたんだと思いながら寝ボケ眼で起き上がると、昨日よりも強烈な暴風雨、なんと風で車が揺れていたのです...(>_<)

C師匠とどうするか相談しましたが、とても釣りなど出来る状況ではありません。 残念無念、断腸の思いで釣りを断念することとなりました。

この思いは来年に続くんでしょうね~ C師匠、お疲れ様でした!

マツカワは美味しかったんだろうな~

 

 

 

 

寒中カレイ釣り

もうすぐ3月、北国では毎年いいサイズのマコガレイが出るシーズンなので、またしても青森県の太平洋側の港で久しぶりの投げ釣りに行って参りました。 九州や南の方面では春の気配がチラチラ見え隠れしているのでしょうが、さすがに北国、到着した15:00の気温は2℃で夜中には氷点下5℃まで下がるとの予報です...寒そう~(>_<)

この日のチャンスタイムは21:00頃の干潮前後、それまで3本のタックルで仕掛けを投入、エサ取りもアタリも何もないまま時間だけが過ぎていきます。まだ明るい時間なのにエサ付けする指先の感覚が無くなって参りました...寒ぶぅ~(>_<) 車のエンジンを掛けてエアコンの温風を指先に当てますが、ジンジンと刺すような痛みが走ります...

そうこうしていると八戸「FC投人」のキクチさんからメールが入り、仕事が終わったから今からナイトキャストに合流するとのこと。 続いてTetsuさんからも合流の連絡が来て、寒い中にもヤル気がみなぎって来ました。 

竿先に『ROD TIP』を装着して夜釣りのアタリをキャッチする準備も整い、車内から竿先に集中して待ちます。 この『ROD TIP』、使い捨てタイプの竿先ライトと比べるとメリットが多いです。少し並べてみると...①日中でも蛍光色でアタリが明確にわかる!②暗闇で断然明るい!③結果的にランニングコストが安く付く!④寒さでも明るさが変わらない!(この日は氷点下5℃、使い捨てタイプは鈍い光量しか出ません)⑤絡みやすいPEラインでも引っ掛からない!(この日は1.5号使用でノートラブルでした)などなど、昼夜兼用で使えるスグレモノですね~ 2010022808360000.jpg

やがて日も暮れてぼんやりとした満月の光に堤防が照らされる中、車の中からカレイのアタリをジッ~と待っているとキクチさんが到着、挨拶しながら竿を並べ、その後はアルコールを補給しながら雑談に花が咲きながら、二人の眼は竿先に集中しておりました。

ところが...1時間半経過してもアタリすらありません。 針に付いた青イソメもダラ~っとしたままでエサ取りすら居ない状況で、さすがに吹きすさぶ北風と寒さに耐えきれずお互いに車内で待つことに...

そんなお寒い状況で迎えた20:45。 本日のチャンスタイムがやって参りました。 3本の仕掛けのエサを付け直し、気合いとカレイゲットの願いを込めてフルキャスト! 糸フケを取って『ROD TIP』がキレイに見えるように並べて車に戻って3つの灯りを凝視していると、真ん中のライトがグイングインと動いているではありませんか! イノシシの如くロッドへ猛進しロッドを大きくアオると、確かな魚信があってしかも重い! 型の良さ気なカレイがバンバン暴れているのを確信しました!v(^^)v

残り2色まで巻き取って来るとグングンと海底に突っ込みます! 今までにない重さを感じ、自己新記録更新か?とニヤニヤと妄想しながら慎重に取り込みます。 良型カレイ独特のヒキを堪能しながら水面まで上げてくると、白い菱形が黒い海に浮かびあがりました。 タモ入れしようとヘッドライトを照らしてよ~く見ると菱形が2つありました。 なんだよ~ダブルヒットだから重かったのか~と、贅沢な独りコメントを吐きながら少々ガッカリです(^^;;

簡単にタモ入れ出来ると思っていたら、2枚とも元気が良くてなかなか上手く収まってくれません。 キクチさんは爆睡モードの様子で助けを求められず、自分でなんとかするしかありません。 3分ほどの悪戦苦闘の末、やっとタモに収まってくれたのは40cmと39cm、これは確かに重いはずで自己記録更新と勘違いするのもしかたないところでした(^^)

 

2010022808320000.jpgその後35cmを1枚追加しましたが、リリースサイズの25cmが来ただけでチャンスタイムも終了。 遅れて到着したTetsuさんとも釣り談義で盛り上がりながらも、さすがに寒さには敵いません。辛抱堪らず車に戻ってTVのニュースを見たら、翌日の昼過ぎにはチリ地震の津波が来るとのこと...(×_×) 爆睡してから朝マズメだけやることにしました。

翌朝は4:00頃から30分ごとにアタリを聞いてみたものの、何のアタリもないまま寒さに耐えるだけの辛い状況でした。 諦めモードの中で再びニュースを見たら、青森県~宮城県沿岸に大津波警報が出ているではありませんかっ!! さすがに釣りバカなオジさんでも身の危険を感じてソソクサと撤収し帰国しましたとサ~(^^;;

 

※危険な状況で無理して釣りをするのは慎みたいものです。せっかくの楽しい釣りで事故でも起こってしまったら自分だけのレベルでは済みません。家族の悲しみはもちろんのこと、レスキュー隊の出動で想定外の費用も掛かるし、みんなの釣り場が立ち入り禁止になることもあります。 たった一人や数人の無謀な行動が、多くの人に迷惑を掛けてしまうことになりかねません。 悪天候などの場合はぜひとも心の余裕を持って撤収し、楽しみは次回に残しておく、そんな感覚でいたいものですね。

 

 

続・フィッシングショー

Gear-lab初出展のウワサを聞いて、初めてフィッシングショーを見に行って参りました。 地元の方々ならいざ知らず田舎モンにとっては一大イベントです。 もちろん投げ釣り関係とエギング関係のメーカーさんのブースも見たいし、高名な各テスターの方々とも話したいし...そんな田舎モン丸出しの横浜遠征であります。

まず最初に探したのはもちろんGear-labブース。 入場口で出展社ガイドをチェックするも、かなりのブース数にビックリ!! Gear-labの名前を探すもなかなか見つからないんです(^^;; そこでとにかく回って探すことにしました。 ダイワ・シマノ・がまかつ・富士・ゴーセン・サンライン・ささめ・ヤマシタ・デュエル・エバーグリーン・第一精工などなど、気になるブースの位置を確認しながらウロウロ徘徊したところ、「トライアルブース」の一角にこんな人だかりを発見しました。

隙間から覗いてみるとこんなオジさんがカッコ良くEZノッターの実演をしてました!

  2010021314220001.jpg

よ~く見るとイケメン...(?) 怪しい雰囲気もありますが、いいスマイルですね~

しばらく様子を見ていると、5~6分置きに続々とお客様がやって来ては実演をジ~ッと見てます。きっとGear-labのサイトを見て相当気になっていた方々なんだろうなと感じました。 中には投げ釣りで有名な方も見かけました。 強くて簡単なノットに対するニーズの多さを実感です(^^)

DETCHさんへの挨拶もそこそこに、ここからは各メーカーさんのブースを回ることにしました。 気になる大手メーカーのブースでは、投げ釣りテスターの方々にお願いして話し込んだり写メを撮ったり... いい歳コイたオッサンは、すっかり舞いあがっておりました~

 2010021313440000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

名人、もしかしてその手にあるのは新商品の0.3号ですか?

メチャメチャ気になりますね~

秋の釜谷浜でお待ちしております!

 

2010021315220000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは御三家そろい踏み!

草野さんに「俺と同じ体型だな~」と言われて嬉しいやら恥ずかしいやら...(^^;;

横山さん、丁寧なタイプRのご説明ありがとうございました!

日置さん、座布団カレイ遠征いかがですか?汗を拭き拭き撮影にお応えいただき、ありがとうございました!

 

 あこがれのテスターの皆さま、ド田舎モンの質問に気さくにお付き合いくださって誠にありがとうございましたm(_ _)m

出来るものならキスの大会本番でもう一度お会いしてご挨拶いたしたいものです。今年は頑張らないと!

 

夜はDETCHさんとGear-labスタッフの皆さんと中華街で楽しく一杯! 九州~大阪~静岡~神奈川と、住む地域も釣り方も狙うターゲットも違えど共通の釣りを軸とした内容は、とても初対面とは思えないくらい会話も弾んで、私の釣りや考え方にも刺激になって大変勉強になりました。 楽しい宴だったせいか時間が経つのも早く感じられ、あっという間にお開きとなりました。 

ホテルの部屋に戻った頃には日付も変わっていました。それからは記憶がございません... 延々と6時間も会場内を徘徊し、更に酔っ払いも手伝ってたんじゃ仕方ないところでしょうかね~(^^) ふと目が覚めて時計を見たら6:00。テレビも電気もつけっぱなしでいつに間にか得意の爆睡モードに入っていたようです。 エコの時代になんてことを...(>_<)

しかし釣りという趣味の世界でこんなにもたくさんの人が入場し、そして自分の知らないジャンルの釣りがこんなにもあるのかと驚かされたのが実感です。 釣りの奥深さと裾野の広さをあらためて知って、刺激的な体験をさせていただきました。

DETCHさん、来年も出展されるんですか? 今から気になってます!(笑)

 

 

2010年初爆釣!

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。 今年もバンバン釣行の模様をアップして参りますので、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

元日以来、毎日吹雪と寒さで釣りどころではありませんでしたが、今日は雪も止みそうだし少し波も低そうだし、新年の初釣行に行って参りました。 狙いは磯場のウキ釣りで狙う『ホッケ』です。 昨年の最初の釣行はまずまずの出来だったので1年ぶりの磯釣りながら「もう一丁!」と意気込みます!

この時期の青森県日本海側は、波さえなければ漁港や地磯からホッケやヤリイカを楽しめます。狙う場所は青森県西海岸の漁港近くの磯場。 AM4:30に到着すると気温は氷点下2℃と少し寒い...荒い鼻息が寒さで白く湯気となってメガネを曇らせております(^^;; 

駐車場には車が3台、更に3台が連なって入場して来て、気合いが入っている釣り師がすでに場所取りをしているようです。 西風が強めだったため風裏になるいい場所をキープしたいので、急いでタックルの準備をして磯場に向かいます。 時折足を滑らせながら歩いて行くと、6~7人がすでに釣り座を構えていて、入った場所は西風を正面から受ける場所となりました。ちょっと厳しいかな~?

ピトンとタックルをセットしてコマセを作りながら空が白み始めるまで待ちますが、日の出までまだ1時間以上もあるし寒いし暇だし、何か釣れないかなと電気ウキでイタズラしてみます。 仕掛けを流しながらウキの灯りを追っていると、スゥ~っと消しこんで行くではありませんか! ホッケは明るくならないと回って来ないし、もしかしてクロダイ!? かすかな願いを込めて2010年の初アワセをすると、「グイッ!」と引っ張る魚信が伝わって来ます! 『やった!(^^)』と心の中で叫んでニヤケながらリールを巻いてみますが、最初の突っ込みの割に軽いではありませんか... 

今年のファーストヒットはコイツでした(^^;; どこがクロダイじゃ~

2010011106130000 (2).jpg 

 

 

 

 

 

 

それからかわいいクロソイが続き、「ダメだこりゃ~」とテンションが下がってきます。 それでもコマセがたくさんあるし、そのうちホッケも回って来るだろうと自分を慰めながら気を持ち直していると、またもやウキが消しこんで行きます。 「今度は何や~」と半信半疑でアワセると、何やら横に走って行くのが伝わって来ました。 寄せてくると1号の磯竿が大きく湾曲しています。 ライトを当ててみるとブルブルと震えるホッケの姿が目に飛び込んで来ました(^^) 初ホッケ、ゲットしましたよ~

気がつくと東の空が白んでいて、いよいよホッケの群れが回って来ているんでしょう。 群れをおびき寄せようと急いでコマセを足元の際に3杯撒いて待ちます。 ホッケちゃん、何とか寄って来いよ~

それからは止まず休めずの1投1尾が続きました。 ロッドを操作する右腕が疲れますが、これが何とも心地よいではありませんかv(^^)v 

食いが止まったのはAM9:30頃。 ちょうどコマセも空になってしまったので納竿することとしましたが、それまで21リットルクーラーが満タンで2杯! 予備のバッカンと並べて記念撮影です。 2010011110400000 (2).jpg

 

ホッケが爆釣したときは釣り場で頭とはらわたを落として軽量化するのですが、包丁もまな板も忘れてました(>_<)

車までこのまま運んだのはいいのですが、重いこと重いこと...

肩と腰にメチャメチャ負担が掛かります。もしもホッケにチャレンジする方がいましたら、包丁とまな板を忘れずに!!

 

これでしばらくはホッケの塩焼き、一夜干し、みりん漬け、味噌漬けなどで楽しめそうです。

 

今年もこんな感じで爆釣が続くといいのですがね~(^。^)

投魂2009

2009年もいよいよ終わろうとしております。 最後の釣行を!と考えておりましたが、生憎の天候のため自宅で延々とフテ寝しておりました。 これで「投魂2009」も納竿です。

振り返るとこの1年は、ホッケのウキ釣りに始まり、下北半島でカレイの大爆釣、シロギスのトーナメントは予選で撃沈、アオリのエギングにドハマり、その延長でヤリイカ連釣、初めてのハタハタ釣りで爆釣と、1年を通して様々なターゲットを求めて日本海~太平洋~津軽海峡を徘徊していたなと感じます。 これも自然の恵み、北東北の豊かな海のおかげだと感謝しております。

来る2010年もいろんな釣りをするためにGear-labグッズを携えながら、大いに釣りを楽しみたいと思っております。

最後に、先日行われた我が秋田投魂会の忘年会で、酔っ払った挙句のひとコマをお届けします。新加入の投げ丸クンが背中で表す投志、来年の活躍が楽しみになって来ましたよ~(^^)

    2009121923090000 (2).jpg来年もよろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

秋田名物季節限定ハタハタ釣り

これまでは見向きもしていなかった「ハタハタ」釣りに初めて行って参りました。

 「ハタハタ」は毎年12月1週目前後の大潮回りに産卵のため秋田県沿岸に接岸します。 特に大潮とシケが重なると大きな魚群となって来るので、各漁港は普段は釣りをしない人や家族連れも押し寄せて日夜を問わず大騒ぎになります。 かつてハタハタは絶滅の危険性があるとして禁漁を行っていましたが、その効果が表れたのかこの数年は群れが岸まで寄ってくるようになりました。 投げ師としては心苦しい部分もありますが、ほかのターゲットもイマイチ釣れていないし、秋田にいてハタハタ釣りをしたことがないと言うのも何なので先週からコツコツと準備を開始しておりました。

そして昨日、我が秋田投魂会のO王子から「ハタハタ接岸しましたっ!」のニュースを聞き、仕事を終えたと同時に青森県境に近い八森漁港へスッ飛びました。 八森漁港に到着すると、いつもは釣りやすい岸壁には大きな土嚢がビッシリと並んでいるし、釣りができそうな堤防際には網やロープが張り巡らされております。 きっと漁協さんのほうで無言の「立入禁止」、「ハタハタは漁師に獲らせろ」と伝えているような気がしました...(^^;; 

仕方なく近くの岩館漁港へ行ってみましたが、いつもは釣り人の車が並んでいる場所がガラガラ...「なんじゃこれは?」と思いつつ荷物を準備して堤防へ向かって歩き出すと、この漁港にも網やロープが張り巡らされています...(×_×)ダメだこりゃ~

普段ならここで諦めて帰ってしまうかフテ寝するところですが、アホな私は初めてのハタハタをゲットして、鍋・焼き物・寿司などで食したくて堪りません。 そこで思い切って男鹿半島まで一気に移動してみることにしました。 男鹿半島の北浦漁港でもハタハタ接岸のニュースが流れていましたので、迷わず北浦漁港へ!

途中居眠りに襲われて仮眠しながら3時間かけて到着すると、常夜灯の下にビッシリと釣り人が並んでいます。様子を見ようと車を止めようとしますが、駐車できるスペースが全くありましぇ~ん(>_<) 駐車スペースを探しながらゆっくりと奥まで進むと、やっと1台入れる場所を発見! よ~し待ってろよハタハタ!!

先行者に釣果を聞いてみますが、群れは小さいとのことで爆釣とまではいかない雰囲気です。

 

 

2009120506330000.jpg

ハタハタ初心者で小心者の私は、人ごみを避けて誰もいない突堤の中間部に荷物を降ろしました。 仕掛けは磯竿にサビキ仕掛けで気合いのスタートです!! (秋田県ではサビキ釣り以外は禁止です! カニカゴ・網・引っ掛け釣りなどはご法度ですよ~)

足元の底までオモリを落として軽くシャクって誘いをかけますが、なかなかハタハタさん達は私の仕掛けに食いついてくれません。 たまにズッシリと重くなるのはホンダワラの切れ端が絡んで来るぐらい、1時間ほどシャクリマシーン状態だったので腕が疲れて来ました...

ため息をつきながら突堤の反対側を向いてタバコを一服していると、、なんだか水面がモヤモヤと動いています。 もしかしてハタハタっ!?と勝手な妄想をしながら仕掛けをモヤモヤの中に降ろすと、すぐに魚信が来ました! 初ハタハタゲットン!! ブリコ(抱卵)付きだよ~んv(^^)v

それからは大きな魚群だったせいか、1~2匹ずつコンスタントに掛かって来ます。ハタハタを水汲みバッカンに投げ込んでいましたが、いつの間にか「カチ盛り」状態に。 水汲みバッカンからクーラーに移して釣り続けましたが、AM8:00には21リットルクーラーもハタハタだけで目一杯、蓋が閉じなくなってしまいましたので納竿することにしました。 初のハタハタ釣りは、キス競技での手返しのいい練習になりました。 

ハタハタはこの後、秋田港や山形県の酒田港付近まで南下するようです。 季節限定のハタハタは初心者でも簡単に釣れてしまいます。 東北の冬はメチャ寒いのですが、ラッシュに当たると寒さも忘れてハンティング本能にスイッチが入ります。 あと数週間のお楽しみですが、機会があれば一度はお試しあれ!(^^)

2009120508320000.jpg 

 

 

アイライトで津軽イカ!

日々寒さも増す中で北東北ではシロギスの姿も消えて(?)、投げ釣りならカレイ&アイナメのシーズンに入りました。 いつもなら座布団カレイを求めてあちこちを徘徊する私なのですが、今年はちょっと竿先、いやホコ先が別の方向に向かっております。

昨年の秋頃からC師匠に指導を受けたアオリイカのエギングにハマっておりまして、その流れで今年は何とか通算60杯ぐらいまで釣果が伸びました。 でもまだまだ全然下手っぴなレベル、11月に入ってほぼアオリシーズンが終わったと見るや、今度は北国の恩恵であるヤリイカ&スルメイカのエギングに移行しております。 ただ、エギングだけだと年齢的に疲れてしまう軟弱オヤジなので、冷凍アジの餌釣りと兼用で夜釣り中心に楽しんでおります。

そんな訳で先日、この秋になって初めての下北半島イカ遠征に行って参りました。 この時期の津軽海峡は子持ちのぶっ太いスルメイカが掛かるし、またヤリイカも出始めの頃なので、イカオヤジには堪らないエリアであります。 狙いはその日の風裏になる漁港になります。堤防の向きによって外海側を攻められれば最高なのですが、秋~冬は季節風が強まるので行ってみないとわからない。 この日は南風が吹いていたので最初に入った漁港で竿を出せそうです(^^)

最初は様子を見るために冷凍アジを付けて「アイライト75レインボー」で誘う仕掛けを2セット投入、ウキ下を5mほど取って流してイカのアタリを待ちます。左⇒右方向の潮の流れが結構強く、打ち返す作業を3回繰り返しました。すると...

3投目をそれぞれ投入して仕掛けが馴染んだ直後、一気に電気ウキが水中に沈んで行きます!! しかも2本ともウキが見えなくなってしまいましたv(^^)v すかさず2本ともアワセを入れるとズッシリとイカの重さが伝わって来ます。潮下の仕掛けから回収し始めると、25mほど先で「ブシュッ!」というイカの逆噴射音が聞こえてきます。この音でアドレナリンが最高潮に出まくるんですね~

慎重に引き上げると、胴長25cmのヤリメイカ!!「アイライト75レインボー」陸っぱりのイカ釣りでもイケますよ!

 2009110702280000.jpg

調子コイた私は餌を1本にしてエギロッドを準備しました。 巷ではヤリ&スルメには小さなエギという話も聞きましたが、胴長30cmクラスが回っているなら3.5号でアピールすることを考えました。セットしたエギはダイワさんのミッドスクイッド夜光タイプ。このエギはラトルが入っていてガシャガシャとうるさい(?)のですが、この音にイカが刺激される...そんな謳い文句を鵜呑みにしてキャスト! 着底を待ちますが40秒以上も掛かります。きっと潮が速くて流されているのでしょう。

着底してからラインスラッグを取って大きくゆっくりとシャクリ始めました。3回シャクって反応が無いので、今度は軽くスローなジャークでエギをダートさせました。すると...なんとなく重みを感じます。流れ藻でも引っ掛かったかと思って回収すると、カンナに胴長5cmのミニヤリイカが...(^^;; 

2009110701550000.jpg

3.5号にこんな小さなイカが抱きついたんだから、もっと大きいイカでも掛かってくれるはず! そんな訳のわからない自己満足の解釈(笑)で、そのまま3.5号をキャスト。今度は着底を待たず、中層~表層をジャークでダートさせる作戦にしました。

そこからは餌とエギに交互にイカ掛かる忙しい釣りとなりました。 寒い中にも関わらず汗ばむメタボオヤジ、20杯ほど釣り上げた頃には疲れが出てきました。なんたって仕事が終わったと同時に直行したために、睡魔にも襲われて来ました...

 

2009110705540000.jpg「今日はこんなところで勘弁してください」と、誰に言う訳でもなくソソクサと納竿しました。帰宅して旨い刺身でいただいたことは言うまでもありません!イカさんありがと~!!

※暗かったので画像が見にくいのはご勘弁くださいm(_ _)m

山形県~秋田県の投げ&エギ③

庄内でのエギング&芋煮会を終えて、程よい疲労感に包まれながら秋田県内に戻りました。翌日は秋田県の出戸浜でキス釣りの予定です。最近日本海のレギュラー(?)になっている八戸FC投人のヘマタイトさん、Tetsuさん、大三元さんと6:00の待ち合わせです。

近くの道の駅で車中3泊目を過ごして翌朝6:00ジャストに出戸浜に到着。 まだ3人がみえていないので一足先にキャストしました。2009092108310000.jpg
1年前に投げた時に感じたデータで、ここは遠浅で3色以内はフグしか掛からないと判断、朝イチから遠投のみに絞ってみました。

1投目は6色半で18cmの3連、2投目は同じく6色半で20cmが2連となかなか好釣です。 3投目を7色に投入した直後に八戸の3人が到着したようで、遠巻きながら手を振りながら会釈(^^)

すると「ツン」という前アタリの直後にブルブルと振動しながらロッドが一気に引き込まれます! バラさないように慎重に引き寄せると波口で横に走る魚影を確認、「こりゃサバか?」と思いつつ引き寄せました。 波の間から姿を見せたのは27cmのキス、今年の自己ベストサイズです(^^)v

クーラーに仕舞うと3人が準備を整えて来ました。 さっそく自慢げ(?)に27cmを見せると、大物釣り師たちは爛々と目の色が変わってきました。どうやら投志に火をつけてしまったようです。
 2009092111080000.jpg

それから4人で雑談しながらキスを楽しみました。 また、ヘマタイトさんが試作したテンビンを試させていただいたり、キャスト練習をしたりと、中身の濃い1日を過ごさせていただきました。 私の釣果は9リットルクーラー満タン、キスが入り切らなくなったので、私だけ昼過ぎに納竿することといたしました。

この日は「鱚介テンビン」+「デルナーシンカーのブッタ切り」で遠投しましたが、7色でもシッカリとアタリが取れて十分に楽しめました。いろんなテンビンやシンカーが出て試していますが、今のところ私の中では遠投が効いてアタリもキャッチできる組み合わせです。 タングステンをブッタ切ればもう少し飛距離が出るのでしょうが、予算が無くてそこまでは実行できていません。どなたか飛んでアタリが出るオススメの組み合わせがあれば、コッソリ(?)教えてくださいませ~(^^)


八戸FC投人3人は夕方からマダイ狙い、翌日は釜谷浜でキスに向かうとか...いや~投志満々で元気な方々です。 参りましたm(_ _)m
またヨロシクお願いします!!

山形県~秋田県の投げ&エギ②

エギングを楽しんだその夜は、NSCF山形協会&宮城協会主催『芋煮会』の前夜祭へ参加いたしました。 浜中海岸に集まった東北のシロギスキャスターの皆さんとお酒を酌み交わしながらの楽しい宴です(^^) いつもなら最後まで飲み続ける私ですが、この日は寝不足と慣れない磯歩きのせいか21:00頃にはフラフラ状態、諸先輩たちには失礼してちょっと先に爆睡することにしました...zzz

翌朝は『芋煮会』のキス釣り大会です。5:00に目が覚めると早くも皆さんが昨夜の宴の後片付けを初めていました。みなさんよく飲むしよく気がつく方々ばかりです。こんな素晴らしいことは見習わなきゃ!

幹事の方から説明があり、この日はキス3匹の重量で順位を決定するとのことです。そうこうしているうちにいつの間にか(?)大会が始まりました。 私は磯歩きの軽い筋肉痛で歩く元気が無く、本部近くの凹部で開始することにしました。 ふと左横を見るとC師匠の姿も(^^)

1投目は3色投げて近場にキスが居ないか探ります。投入すると間もなくアタリが来たのでさっそく回収すると、ふくれっ面のフグが3連...(^^ゞ ありゃりゃ~
次は5色投げてみますが、潮が速くてあっという間に左へ流されてしまいます。私の「引き出し」にはない厳しい状況で、どう対応しようかと迷いながら数投しましたが、キスを引くことが出来ずにいました。

するとC師匠の隣に居たS親分が遠投してキスを2連で掛けていました。そこで私も遠投に切り替えて右からの横風に押されながら6色半から引き始めます。 仕掛けを流しながら落ち着く場所を待っていると、ゴツゴツした感触のところでオモリが止まりました。 その直後にキスの「ブルッ」という感覚が伝わって来て、何とか18cmと15cmのキスをキープすることが出来ました。

それからはキス3匹と30cmのヒラメを追加しましたが、思うようなサイズが出ないままタイムアップ。 検量に行くと94.5g、これではどうにもなりません...

結果の集計を待つ間に地元の味噌仕立て「芋煮」、残った汁で作ったカレーうどんを食しながら、YYGGと楽しく美味しく時を過ごさせていただきました。ご馳走さまでした!!

渋い状況の中で1位の方は良型を3匹揃えて見事に200g超。素晴らしい!
私は11位でこれをいただきました(^^)
2009092010490000.jpg
嬉しい賞品です!

山形協会、宮城協会の皆様、今年もお世話になり誠にありがとうございました。
幹事の皆様、いつも企画運営と準備の大変さを感じております。お疲れさまでした!

山形県~秋田県の投げ&エギ①

5連休のシルバーウィーク、せっかくの機会なので久々に3連チャンの釣り三昧を計画しました。 まずは昨年から始めたものの初心者の域を出ないエギングでアオリ烏賊、2日目は同じく庄内浜中でのキス、3日目は秋田県出戸浜でのキス、そんな車中3泊の内容です。

初日の朝4:30にC師匠と酒田市内のセブンイレブンで待ち合わせ、小手調べで近くの酒田北港でエギングの基礎を教えてもらうことに。 この時期はまだコロッケサイズしか掛からないとのことですが、私はアオリの習性も釣り方も知らないので、サイトフィッシングで数を釣る基本テクニックの習得が目的です。

C師匠から「寄せ方」「見せ方」「誘い方」を実戦で見せてもらうと、『ほ~れ、こんな感じだ!』といとも簡単にかわいいアオリをゲットされます。 真似してエギを操作すると、少し先から2~3杯のイカたちが追って来るのが見えますが、なかなか思うように抱きついてくれません(^^ゞ すう~っと寄って来てはチョンチョンするものの、私には抱かせるテクニックが無いようで... C師匠は順調に5杯6杯と釣り上げて実力を発揮、さすがに経験値と場数には敵いません。

そんな私を見かねたC師匠は『ほれ、これ使ってみれ~』と必殺のエギを私に貸してくれました。 そして再度チャレンジしてみると...


P1030756.JPG
今年の初アオリをゲット! なんとかわいいチビちゃんなんでしょうか(^^)

やっとノルマの1杯を釣ったので、今度は庄内の磯場へ移動して釣ることとなりました。磯場は岸壁や堤防に比べてイカもスレていないので、ヤル気のあるヤツらが居るとのこと。 それを聞いて私も俄然ヤル気マンマンです!

磯場に着くとC師匠はさっそく1杯ゲット! さすが~やるね~!!
私も岸壁で教えてもらった基本を思い出しながらシャクっていると、いきなり根掛かりしたと思うような重さが伝わりました。 海には一気に黒いイカ墨が放出されたようで、何とか私にも磯での1杯が掛かりました。
P1030764.JPG

それからはなんとなくコツを覚えたので、別々の場所に分かれてシャクっていました。私が入った所にはエグれた岩盤が斜めに入っていたので、そのライン沿いに誘えば来るかな?と素人ながらも妄想してシャクり始めました。すると...エグレからイカたちがエギを目指して忍者のように集まって来るではないですかっ!

シャクって見せてフォールさせると、ヤツらはエギを奪いに我先にと追っかけていきます。中層でフォールを止めると「グイッ」とエギを持っていこうとする動きをキャッチ! それからは6連チャンでイカを仕留めることができました。これってメチャ楽しい(^0^)
エギングの引き出しを一つだけ覚えた感じがしました。

その後C師匠の場所まで移動し、一緒にシャクりながらシャベクリながら楽しいひと時を過ごさせていただきました。P1030760.JPG
この日の釣果は18杯。初心者の私が昨年釣り上げた2倍の釣果に満足した一日でした。


一方のC師匠は私の2倍の釣果、さすがです。なんとか少しでも近づきたいものです。
小さいイカでしたが記念ですのでキープさせていただき、美味しく食したのは言うまでもありません。
2009092118080000.jpg
C師匠、ありがとうございました!!!

お盆休みも釜谷浜で②

ごり3来秋記念プチ大会が終了したころ、私の携帯にメールが来ました。 いつもカレイ釣りでお世話になっている「FC投人」のヘマタイトさん&Tetsuさんが森山海岸でキス釣りをしているとのことでした。 早速連絡すると翌16日に一緒に投げようということに。 連日の投魂が決定です!

前々日の濁りも落ち着いた頃だろうと考え、峰浜で待ち合せることにしました。 翌朝到着すると、浜辺には大量の流木とゴミの山、とても投げるスペースがありません(^^;; そんな訳でまたもや釜谷浜に行くこととしましたが、3日連続で釜谷に入るとは思ってもいませんでした...

FC投人の2人に、秋田投魂会のM隊長と横手風焼きソバ師改めカモメ釣り師「タナ」も加わって、5人で投げ始めました。 ところがこの日の釜谷は前日と一変していて、沖でもピン、手前でもピン、どこでもピンというピン地獄であります... ヘマタイトさんはシビレを切らしたのか肉眼では姿を確認できないほど遥か彼方まで大移動を決行する一方で、私は動く気力も失せてダラダラと波口のピンを掛ける練習をしていました。 

いい加減に集中力が切れ始めた時、横に並んで雑談しながらサビいていたM隊長が『おおっ! 来た! 重いな~!』との一言。 6色で何モノかが掛ったようです。 キススペAXが気持ちよく曲がっていますので、自分のことのようにワクワクしていました。波間から姿を現したのは良型のキス、それを確認して「いいっすな~」と言った直後、続いて更にブッ太いキスがズリ上がって来ました!
慎重に取り込んでサイズを測ると28.5cm! M隊長の自己新記録のようです(^^)
M隊長おめでとう~!!
2009081611550000.jpg


2009081611580000.jpg
クーラーに納めようとしてもご覧の通り...
お前はアナゴかよっ!?

このキスで一気に盛り上がり俄然ヤル気満々となったメンバー、そこにヘマタイトさんが遠路戻って来ました。 向こうでもピン地獄で落胆の表情でしたが巨ギスを見たとたんに大物ハンターの血が騒ぎ出したようです。 集中してサビいていたと思ったら、ヘマタイトさんの青スナイパーが大きく湾曲しています!

駆け寄って「デカイの来ました?」と聞くと、『こりゃキスじゃないな~何だろう?』と慎重に引き寄せます。 残りチカラ糸のところまで来ると、水面に茶色い魚体が浮かんできました! ヤツは波口で最後の強烈な抵抗をみせ、バラシの危険性が高くなってきましたが、何とか寄せ波に乗せてランディングしたのは61cmのコイツでした!!
2009081612200000.jpg

このマゴチはFC投人さんのクラブ記録だとか。 満面の笑み&ガッツポーズ、ヘマタイトさんおめでとう~!!(^^)


そんな訳で終盤に私の両隣で記録が出て、おおいに盛り上がったままお盆休みも終了です。

この3日間の投げ込みの効果で、水曜日頃にやってくる筋肉痛が怖い私です...(^^;;

お盆休みも釜谷浜で①

昨年のお盆休みにに続いて石川県から遠路はるばる「ごり3」が来秋しました。ごり3は投げ釣り業界(?)の有名人で顔が広い方なので今さら紹介は不要でしょう! 
※気になる方はこちらをどうぞ! → http://blog.goo.ne.jp/gori3_2006

12~13日の雨の影響で海は濁りまくり、仕方なく川水の影響が少ない釜谷浜で投げることにしました。 翌15日には秋田投魂会&鴎サーフ&地元投げ師にごり3も加わってのプチ大会を行う予定だったので、まずはその下見を兼ねて釣況を探ります。 5~6色付近で良型が出たり1~2色付近でも25cmクラスが出たりと、手返しを考えると狙いを絞り切れない感じであります。 この日は様子見だけで終了、夜の宴会場に良型を持ち込んで刺身&テンプラで美味しくいただきました(^^)

15日になってAM6:00には参加予定の10名が集合、プチ大会を開催しました。この日は波口のサイズがイマイチだったので、7色~5色の範囲に絞って移動を繰り返したのが功を奏したようで、いい釣果を残せました。
 ※詳しくはは鴎サーフさんのHPでご覧ください。 → http://www.cna.ne.jp/~stmwhk/


一番気になったのはこの足元です。2009081506260000.jpg

また、ごり3からは「ちいむ どすこい」ステッカーを伝授していただきました。 私のような体型の投げ師にはお馴染みのステッカーで、キレイな仕上がりと笑いのセンスがあって嬉しい1枚です。何気にクーラーに貼り付けすると釣果も上がるのでは...(笑)
2009081517040000.jpg

それからこの日の一番の獲物は、ウチの横手風焼きソバ師「タナ」が釣り上げた(?)この大物でした海の中だけで飽き足らず、空中でも釣りをするなんて...(^^)
2009081508490000.jpg

無事にカモメさんにもお帰りいただきプチ大会も終了、大いに楽しんだ一日でした。

秋田の海も夏バージョン!?

昨日の釣り味に調子コイて、今日はホームである秋田県北部の峰浜での投魂です。

今日のタックルは昨日と同じ、ダイワさん一式にバルサシンカー+鱚介テンビンバルサバージョンにオリジナル6点針仕掛けです。 AM5:00に第1投、着底して糸フケを取ると早速ブルブルッ!!とキスのアタリが来ました。 サイズを確認しようと早めにリーリングすると、5~4~3色と立て続けに追い食いのアタリが乗ってきます。 結局6点針に18cm前後のキスがキレイに並んで掛っていました(^^) こりゃ調子いいド~!! この様子ではかなり活性も高そうなので、バコバコとアタリを楽しめそうです。

その後もアタリは止まず、2時間ぐらいの間にビニール袋いっぱいのキスが納まっていました。
20cmオーバーも10本を超えて、ゆったりモードながらも十二分な釣果です。

『もういいかな?』といつものようにタバコ休憩(‐。‐)y‐~~
煙越しになんとなく沖をながめていると、6色付近に鳥山&ナブラが目に入りました。 どうやら青物が回遊しているみたいで、一気にアドレナリンが吹き出して来ます!! ここは青物ハンターにチェンジ! 急いでサイドボックスをガサゴソと物色、しかし、まだ青物への意識がなかったせいか、秋には必ず持参している弓角もサビキ仕掛けも入っていません(>_<) シマッタ~!

仕方なく7号キス針に金ビーズを付けた6点針仕掛けを引っ張り出し、ジャリメを付けてドリャ~と気合の遠投です。 どうやらナブラの沖まで届いたようで飛距離はOK。 糸フケを取ってシンカーの重さを感じながら着底を待っていると、いきなり「ガツン!」と竿ごと海に引っ張り込まれます!
狙い通り青物、この走りは間違いなくイナダ、少しずつラインを出しながら張らず緩めずで人間ドラグで調整します。 しかし、更に「ガツガツガツン!!!」と強烈な突っ込みが入り、思わず『ヤベ~』と泣きが入った瞬間プツンと糸が切れてしまいました...(T0T)
回収した仕掛けは見事に6本の針が取られており、恐らくイナダの群れの真っただ中に仕掛けが入ったのでしょうね~ 0.8号のハリスじゃ仕方ないか...でもクヤシ~!!!

気を取り直して仕掛けを交換してフルキャスト。 
今度はナブラのちょい右に入りました。 着底するとすかさず「ガツガツ」「クンクン」「バババババー」とバイブレーターのようなアタリが来ます。 今度はイナダではなくベイトの魚のようです。 慎重にリーリングしながら回収すると...
2009080209260000.jpg

アジの6連、「アジのぼり」ゲットン!!(^^;;
サイズは15cm~20cmと、周辺の漁港で掛る豆アジよりもちょっと大きめです。

それからは投げるたびに「アジのぼり」が続き、10数投でビニール袋いっぱいのアジをキープしました。 これは投げ練にもなるし、まさに一石二鳥。 コマセで集めたアジではないので臭くもないから、アジのタタキの超大盛りダ~!!

最後の1投で40cm弱のヒラメもゲットン!して、刺身天国になりそう(^^) 
先週までのピンギス地獄から解放され、秋田の海は一気に夏モードに入ったようですね~
 

ただ、仕掛けにはドロドロしたジェル状の付着物が毎回へばり付いてきました。 これは越前クラゲ??? こちらも大量に流れて来ておりました。 ハハハ~(^^ゞ

久々の釜谷浜

6月末のダイワSBC釜谷浜予選以来、約1ヶ月ぶりに地元の釜谷浜で投げて参りました。 ダイワさん・シマノさんの大会も予選2回戦で撃沈したので、ゆったりのんびりとキスのアタリを堪能しようという目論見です(^^)

いつもなら日の出と共に第1投!というパターンなのですが、この日は寝坊もいいところで目が覚めたのはAM8:00(・・;) そんな訳で朝イチのゴールデンタイムは布団の中でした。 モサモサと起床して顔も洗わずに朝飯を胃袋にブチ込み、いざ、釜谷浜に出発です!

10:00になってやっと到着すると、我が秋田投魂会のM隊長が既にキスを拾いまくっていたので様子を聞くと、一時のピン地獄(?)から少し回復したみたいで、20cmクラスもポツポツ持っていました。 でも「型は朝イチが一番良かったね~」の声に思わず苦笑いするしかありませんでした(^^ゞ

気を取り直してタックルを準備、この日のタックルはロッド~リール~ライン~チカラ糸までダイワさん尽くし。それにバルサシンカー+鱚介テンビン(バルサ用)をセット、仕掛けは手抜きで市販のノーマル4本針、エサはSBC釜谷予選で余ったチロリを塩締めして冷凍保存していたものです。

第1投を軽くキャストして糸フケを取ると6色ジャスト。 私のゆったりモードの釣りでは、このタイミングでタバコに火を付けて(‐。‐)y‐~~良型のアタリを待つというパターン。 タバコの煙が目に染みて涙目になりながら竿先を見ていると、ブルブルと見るからに気持ちいいアタリが出ました。ゆっくりサビいてくると20cmクラスの3連ですv(^^)v 『おいおい、大会で出せよ~』などと自分にツッコミながらも、その顔がニタニタしていたのは言うまでもありません。 それからしばらくは素針を引くこともほとんどなく、15cm~20cmのキスを1~2匹ずつゲットしていました。

15:00には会社に行かないといけない用事があったので、13:00頃になってラストキャスト。 7色から引き始めると6色半で、突然竿尻までビリビリとシビれるような強烈なアタリが!! 一気に沖へ走るようだったので、いい型のアジかワカシでも掛ったんだろうと、バラさないようにゆっくり慎重に取り込みます。 やがて波間から見えたのは横走りする魚の姿、寄せ波に合わせて取り込んだのは26cmのキスでした(^^)
2009080113370000.jpg

良型キスをゲットして気分よく納竿、M隊長に挨拶してルンルン気分♪♪で帰路に着きました。 この日の3時間での釣果は、26cmを筆頭に20cm超えが10本で合計2キロ弱といったところ。 リリースサイズのピンは3匹ぐらいしか掛らず、梅雨明け前にまずまずの収穫でした。

大会でこれだけ釣れたら良かったのに...などと考えても仕方ないところ、雨の予報にも関わらず明日も一丁!などと企んでおります(^‐^) 

※写真のキスは縮んでしまった後なので26cmに見えません(^^;;

JCセミファイナル東日本大会

先週の土曜日は神奈川県大磯海岸で『シマノ JAPAN CUP セミファイナル 東日本大会』が開催されました。 昨年の東北大会で幸運にも権利をゲットできたので、気合を入れて準備も万端、いざ出陣!と思っていたところ、直前になって家族の都合で数日間も家を留守にできない状況に...そんな訳で念願のセミファイナルは断腸の思いで辞退しました(>_<)

メーカー主催の投げ釣り大会に参戦し始めた頃は、ここに出場することを最初の目標にしていましたから、何とも言えない心境でありました。 でも仕方ないですね~ また次の機会に頑張ります! とは言っても、今年の東北予選は2回戦で撃沈してしまったし、来年の予選までジックリと寝て待つしかないです。 ちょっと悲しい~!!!(^^;;

今日になってシマノさんからセミファイナルのオリジナルキャップ・ネームタグ・ステッカーが届きました。 くやしい思いも半分ですが記念に画像をアップさせていただきます。
2009061820560000.jpg

大会では実力者の方々が全国大会の切符をゲットされていますが、東北からはトマトさんが見事に権利を取得されました!! いつも大会でお目に掛ってお世話になっている方なので、自分の事のように嬉しく思います。 トマトさん、おめでとうございます!!

JC浜中予選

6月7日は山形県の浜中海岸で行われた、「シマノ JAPAN CUP (JC) 東北地区予選」に参戦して参りました。 この浜中海岸では、一昨年はダイワSBCを勝ち上がって九州まで行けたり、昨年のJCでは人生初の表彰台に輝いた思い出の深い海岸です。 果たして今年は...?

AM4:30、受付に行って引いたゼッケン番号は『109番』。 参加者が130数名だったのでほとんど後ろに近いスタート順となりました。 そんなに上手くいくはずない... 我が秋田投魂会の他のメンバーのクジ運はみんな2ケタ後半の番号だったようで、微妙に嫌な予感が走ります。 同じ秋田から参戦のトンボさんだけゼッケン4番と引きの強さを発揮していました。 やがてスタッフの説明が終わって、いよいよ1番の人からスタートです!!

エリアは本部の左サイドが約2Km、右側は約1.5Km。 ただし昨年の大会でサーファーとの間でトラブルがあったことから、左サイドの中間部分数百メートル区間が投擲禁止エリアに設定されていました。 どちらに進むか悩んだ挙句、右側を選択してゆっくりと歩き始めました。 どうせ良さそうな場所には先行者が居るはずなので、ちょっとした隙間に潜り込む作戦です。

ちょっとしたワンドの凹部分の端が空いていたので、何気なくクーラーを置いて準備を始めました。 仕掛けをセットしてふと左横を見ると、2人を挟んだ先にGWに一緒にカレイ爆釣遠征をしたC師匠の姿がありました。 これは師匠にキスを持っていかれそうな気配です・・・
AM6:00、ホイッスルの合図でJCが開始されました!

前日の夕方に下見した方から情報を仕入れると、遠投してもキスの反応が薄く(ほとんど無い)波口勝負とのことだったので、2色以内の超近投げに徹することとしました。 1投目、力糸がトップガイドに来るところまでネチネチとサビいてくると、来ました!「ブルブルッ」!! 少し追い食いを待っていると2匹のキスが掛っていました。 山形県では12cm未満のキスはリリースするルールなのですが、この2匹はシッカリとキープできるサイズでした。 続く2投目は同じ場所でキープサイズが4連と好調なスタートです(^^) 

周囲を見ると一番気になるC師匠は単発ながら良型をコンスタントにゲットしています。 さらに私の右隣に入って来た方にはキープサイズ6連が!! これで場所の選択は正解だったと確信しました。 それからは群れが居なくなったり回ってきたりと、インターバルがあったものの、集中力を切らさずに3時間釣り続けました。 まずまずの釣果だったのでそこそこ手応えはありました。

本部帰着が9:00までで〆切とのことだったので、8:50にてタックルを片付けて検量を受けると775g。 例年なら1回戦突破は大丈夫なボリュームですが、如何せん遠いエリアの方々の釣果が気になるところです。 秋田投魂会や他の秋田のメンバーもやって来たので検量結果を聞くと、横手風焼きソバ職人(?)で遠投派のタナが347g、トンボさんが371gで、その他のメンバーは撃沈とのこと。 もしかすると1回戦は突破できるかな?

一度車に戻って朝飯を食べていると、地元の方から予選通過は500gぐらいだろうと聞いて、急いでタックルを準備して本部に向かいます。 既にボードには結果が書かれていて、私は16位で通過できていましたv(^^)v 

11:10からは2回戦の開始、1回戦の上位順にスタートするので上位の方々からいいポイントを押さえていかれます。 私のスタート順になったので先ほど入った場所に向かったものの、見事に入るスペースがありません(^^;; 仕方なくその先まで海の状態を見ながら歩を進めます。 するとワンドになっていて良さげな場所を発見、先行者のHさんとTさんの間に入れさせてもらって2回戦が開始です!

1投目は2色投げて1色半から真剣にサビきます。 すると波口から5~6m先でキスの明確なアタリ!! 慎重に取り込むと19cmと15cmのダブル。 まずまずのスタートです。 隣のHさんとTさんにもキスが来ましたが1匹で私よりも小さいのを確認しました。 密かに『こりゃイケるかも!?』とニヤニヤし始めました。 

ところが私の2投目は12cmギリギリのキスが1匹だけ。 隣のHさんは3投したところでクーラーを抱えて移動を始めました。 続いてTさんも移動... 私は迷ったものの、『もしかするとこの場所のキスを独占できるのでは?』ととらぬ狸の何とかで同じ場所で粘ることにしました。 しかしこれが災いしたようで、キスが3~4連で来るものの全てが12cm未満のリリースサイズ(>_<) 見事に外してしまっています...

焦って場所を移動しましたが風向きが変わって潮の流れも変わってきて、全体的に釣れていないような雰囲気です。 移動ですれ違う他の選手も一様に首をかしげてイマイチの様子。 こうなるともう集中力も冷静な判断もできません。 リリースサイズしか掛らない場所でダラダラと30分も時間を浪費してしまい、タイムアップを迎えてしまいました。
検量前にC師匠の様子を伺ってみると、良型をボロボロと持っていました。 さすがC師匠!

検量すると私は192gと撃沈、死後硬直で縮まってしまったキスが4匹も除外されてアウト!! 釣った時は13cmぐらいあったのにぃ~(>_<) 悲しい~
そんな中でC師匠は672gと上位が濃厚。 そして最初は隣にいたHさんが検量すると、何とこの状況で1,090gと見事なキロオーバー!! 更に同じく隣にいたTさんは609gとこれまた上位が確実な気配です。

2回戦の結果はこんな感じでした。
2009060713150000.jpg

優勝したHさん、おめでとうございます! 
C師匠、昨年の釜谷大会に続いての準優勝! さすが!
Tさんも見事に4位入賞でセミファイナルの権利をゲット、おめでとうございます!
2009060712590000 (2).jpg

アタシは17位でカルピスウォーターセットをいただきました。
2009060713030001.jpg

こんな感じで今年最初のトーナメントは勉強することばかりでした。 次はがんばるド~(^^)

こちらも例会ですが...

新潟柿崎中央から北上すること約415km、昨年初めてダイワSBCの東北地区予選が行われた釜谷浜で、我が秋田投魂会の2009年度1回目の例会が開催されました。

突然のアクシデントや仕事の都合などによる欠席者があって参加者は6名と寂しい人数。 でも少数精鋭(?)のメンバーで実釣は7:00~10:00の3時間、各自思い思いのポイントに釣り座を構えて「投魂」の開始です!

昨日の雨の影響で気温は11℃、水温もずいぶんと低く、また昨日のウネリが治まりきっていない状況で、しかも西風が真正面から吹き付けていて飛距離が伸びそうもなく、始める前から激シブだろうと安易に想像ができました。 

最初の1投は6色からジックリ&ネチネチと波口までサビいて活性の低いキスを引っ張り出そうとしましたが、案の定、生体反応が全くありません... 続く2投目も同じ... これは集中力を欠いてしまう完璧に苦手で嫌な展開です(^^;; これではアカンと思って200mほど場所を移動、そこで2投するものの状況は全く変わりません。

何とか現状を打破しようとして遠投してから流して待つことにしましたが、今度は道糸・テンビン・仕掛けに大盛りの「ホンダワラ」が絡んで超重リーリング... 他のメンバーも激シブと「ホンダワラ」に苦戦しているようで、1時間半経過しても誰にもキスのキの字もない様子です(>_<)
それから2回場所移動を繰り返すものの、時折フグが邪魔するだけで本命のアタリは全く現れません。 ここでゆっくりタバコタイム。 時計を見ると既に9:30。 残り30分ではジタバタしても仕方ないので、仕掛けを交換して再び6色半からネチネチサビキを再スタートしました。

するとボウズ覚悟の私をパールの女神様は見捨てていませんでした! 残り20分になって本日最初の「ブルッ!」(^^) 連掛けなど狙っている余裕はありません。 愛しい1匹を何としても取り込もうと慎重にリーリングすると、2色でガツンとホンダワラさんが絡んできました。 『おいおい、アンタはどこまでオレをイジめるの~?』と泣きが入ります。 テンションを掛けながら寄せ波に乗せて砂浜に引きずり上げると、ホンダワラさんの中にプルプルと白く動く物体が見えました! 本日の初キスですv(^^;;
サイズは17cm程度。 この状況ではまずまずの大きさでしょう。

すかさずアタリのあった同じポイントに投げます。 残り時間はたったの10分。 先ほどと同じ距離まで引いてくると、オヤジの願いが通じたのかまたしても「ブルッ!!」 今度はホンダワラさんにも邪魔されず、素直に波間から顔を出したのは18cmのキスでしたv(^^)v
ちょうどここでタイムアップ。 長そうで短い3時間が終了しました。 

検量に集まるとみんな辛そうな顔をしています。 釣果を聞くと2匹釣ったのがたったの3名。 1匹が1名。 2名は無念のボウズでした。 重量勝負だったので全員が検量を終えると、何と私の2匹合計がトップ! 何ともラッキーです。 こんな感じでは2009年は先が思いやられますね~(^^;;

検量後はみんなでBBQ。 横手風焼きソバ即興調理師の「タナ」が気合いを入れて作った焼きソバと焼肉を食しました。200905241250000.jpg200905241249000.jpg

アルコール抜きながらYYGGと楽しく例会を終了しました。

アクシデントで例会を欠席になってしまった「O王子」もBBQから参戦し、食後の初キスをゲットできて、それなりのスタートが切れた秋田投魂会でした。
200905241400000.jpg

ゲストで参加してくれたトンボさん、ナベさん、お疲れ様&ありがとうございましたm(_ _)m
メンバーも激シブにメゲず、予選開始まで頑張って参りましょう!

最後まで諦めずに粘ればいいことがあると実感した1日でした。
それにしても、もう少し釣れてくれないとね~(^^)

初ギス!

GWでカレイ爆釣を楽しみましたので、今週からはシロギスモードにChange!

近くの漁港でチラホラ釣れているとの情報がありましたが、サーフからはまだ魚信がないみたいで ジャリメをチョロっと買って、さっそく若美海岸へ行って参りました。

AM11:00から開始、遠目でしか掛らないと予想したので4色まで探ってカケアガリで止めて待つ作戦です。 1投目は4色のカケアガリで待っていると「ブンッ」という感じのアタリが来ました。 でもどう考えてもキスのアタリではありません。 やがて水面に白い菱形の魚影が見えます。回収すると30cmのヒラメちゃんでした。 もちろんリリース、もっと大きくなれよ~!!(^^)

それからはフグやミニイシガレイなどが掛りましたが、本命シロギスのアタリはまだ出ません。 そんな5投目、 5色で「コツン」という前アタリらしき反応があり、そのまま本アタリを待っていると、来ました来ました「プルッ」という微かなアタリがっ!! 追い食いを狙うよりも、まずは初物の顔を拝みたいのでワクワクする心を抑えながら慎重に取り込みました。 
200905091149000 (2).jpg

出た~初物シロギスです!

200905091150000.jpg

サイズを測ると19cm。 ちょっとスレンダーなボディーですが、今年の初ギスにしてはまずまずのサイズ。 シッカリと画像に収めて優しくリリースいたしましたv(^^)v

気分を良くしたところで今度はいつもの釜谷浜へ移動、到着してすぐにピンの単発が2回続き、そして6色付近でピン・17cm・18cmの3連まで出ましたが、南西風が強くなってアタリも取れなくなったので撤収することとしました。

これでNEWロッドにも魂が入ったし、連掛けも出来たし、明日は9:00過ぎから同じ釜谷浜でメンバーと一緒にガチンコモードで投げてみます!! 

秋田の投げ師の皆様、釜谷のキスも始まりましたよ~ \(^0^)/

怪しい3人組の最終日

連休釣行の最終日、AM3:00にセットしていた携帯電話のアラームも30分間鳴りっぱなしだったようで、目覚めた時刻は3:30でした。 当然の如く頭ガンガン、足元フラフラ、目ン玉ショボショボ...

5/4(月)みどりの日
そんな状態でのスタートでした(>_<)
ところが前日釣りを休養(?)していたS師匠はヤル気満々です!! なぜなら、前夜お隣にいた親子連れの方に釣れたてのカレイをプレゼントすると豪語してしまったからです(^^;; スタスタと軽快に歩くS師匠のスピードに、千鳥足の私はとても付いて行けましぇ~ん!

S師匠は堤防の先端を陣取り、気合いマンマンのご様子。 C師匠と私は先行者がいたのでS師匠からちょっと離れた場所での開始になりました。 第1投目から両師匠とも小型のマコを1枚ずつ上げました。 でも共に25cmぐらいでちょっと悲しそうな表情です。
一方の私はフラフラながらも5色ちょいに投入した2投目に強烈なアタリが来ました! この3日間で一番のズッシリ感です。 あと1色まで引き寄せてもドンドン底に潜ろうとして、なかなか浮いて来ません。やっと足元まで来ると2枚の茶色いシルエットが見えました。 C師匠にタモ入れしていただいたのは、44cmのイシガレイと30cmのマコガレイでしたv(^^)v

満足のスタートに期待が高まりましたが、その後はアタリが全く続きません。 たまに掛ってくるマコも30cm弱と物足りない気分です。 それでも天気はいいし風もほとんど無かったので、ゆったりのんびりとC師匠との会話を楽しめました。 S師匠は黙々とカレイを釣っているのかな?と思っていたら、自分の竿に背を向けて地元の少年と釣り談義に励んでいたようです(^^;;

その後はC師匠に3日間で最大の42cmマコが掛り、私もポツポツながら30cm超えのマコを地道に揃えていました。 合わせて3Kg準備していた青イソメもそろそろ底をついてきた頃、昨夜の親子が発砲スチロールと氷を携えて堤防に登場。 さっそくS師匠はいつの間にか釣っていたマコ10枚ぐらいを詰めて無事に約束を果して撤収して話し込んでおりました。
さすが師匠! やる時ゃやるね~!
お二人と怪しいオヤジ3人で記念撮影をパチリ。 カレイのお返しと言ってリンゴをいただいて、どうもスミマセンでした。ありがとうございました。m(_ _)m 

お二人をS師匠に見送っていただき、その間にC師匠と私も撤収を開始。 楽しく過ごせた3日間のカレイ三昧も終了です!
最終日の釣果はC師匠が24枚、私が21枚、またしても師匠には敵いませんでした。参りました~

この3日間でこれだけのカレイを釣ったので、今年の春カレイシーズンは終了にして、これから数か月間はキス釣りと大会に専念したいと思います。 でもしばらく青イソメや大きめの針に慣れてしまっているので、キスの小針にジャリメを付ける作業が心配であります(^^;;

※この日は二日酔いによる頭痛で全く気が利かない状態だったので、私はアップする画像を撮ってませんでした。 ごめんなさい・・・

怪しい3人組の2日目

カレイ爆釣に酒もクイクイと進み、翌朝は足元がフラフラ状態ながらも気持ちいい目覚めです(^^;;

5/3(日) 4:30~9:30
AM4:00、S師匠は取り込み疲れのせいか運転疲れなのか二日酔いなのか、行きますよ~と起こしてみても「いってらっ▽※%$*#...」と何を言っているのか解読不能な状態(^^) 仕方ないのでそ~っとしておいてC師匠と2人で爆釣への挑戦再開です!

この日は昼前から風も強く雨も混じりそうな天気予報、空もドンヨリと暗くて短期決戦になりそうな雲行きであります。

C師匠の第1投、またしても即食いになるか!?と注目していましたが、さすがに2日連続とはいきません。私も2本投入して10分ほど待ちましたがちょっと渋いスタートです。 お互いに『そんなに甘くはないよね~』と言いながらも、視線は常に竿先に集中していました。 最初のアタリは私に来ましたが、イシガレイの25cm。 C師匠も前日のメタボカレイに見慣れてしまったのか感覚がマヒしてしまったのか、「ちょっと小さすぎるね~」と30cmに達しないカレイには満足しなくなってしまったようです。

それでも3時間ほど続けていると、お互いのスカリがズッシリなるほどの釣果に恵まれました。 そうこうしていると寝ボケマナコのS師匠がお寝覚めのご様子で、「釣れてっか~?」と登場。 そしてスカリを持った瞬間に「オメエら釣りすぎだ~!飯食って温泉行くゾ~!」と早くも撤収を促すような呆れ顔です(^^)

やがて空から雨粒がポツポツこぼれて来たので、そそくさと撤収を開始しました。 1本目を回収すると、イシとマコのダブル! そのままカレイを放置して根回りを狙って投入していたロッドに近づいたところ、竿先が一気に曲がったと思ったら竿尻が真横を向くほどの強烈なアタリが来ました!! シッカリとリールを握りしめてアワセを入れると、ゴンゴンと首振りダンスの魚信が伝わって来ました。 上がって来たのはもちろんアイナメ、しかも太い!
44cmは私のアイナメ自己記録のサイズでしたv(^0^)v

200905030948000.jpg

この日キープしたカレイの釣果は、C師匠が30枚、私は21枚。 さすが師匠!敵いません!

春雨にシトシトと濡れながらもニコニコ顔で撤収し、その後食べに行ったラーメンの味も一塩、入った温泉も心地よい感じでしたよ~
その日の夕食は18:00頃から地元の魚を食べられる店をチョイス。 マスターも釣り好きの方で釣りの話に花が咲きました。 お隣にいた親子のお客様とも仲良くなり、YYGGと楽しい時間を過ごしました。 
酔っ払ったら〆にはラーメン。 この日2回目のラーメンも食し、時計を見たらすでに0:00を回っていたような...明日は起きれるのかなぁ~(^^;;

怪しい3人組の初日

大型連休に入って私の酒の師匠(?)であるCさんとエギングの師匠であるSさんの怪しい3名で3連チャンの投げカレイに行って来ました。
釣り場所は地元の方々や漁師さんたちの迷惑になるといけませんので、申し訳ありませんが今回は伏せさせてくださいm(_ _)m

5/2(土)AM4:00~AM9:00
師匠(?)のお2人は初めての場所なので釣り場の特徴と釣れるパターンなどを少々お伝えし、いざスタート! エサはいつものごとく青イソメ1Kgが一人分、軽い追い風で凪の状況です。 

この日の私のタックルは以下の通りです。
テンビン → スーパーシグナルⅡ&鱚介テンビン
シンカ― → ROCK T601のワイヤーを外した本体(30号)
仕掛け  → 自作オリジナルの派手系カレイ仕掛け
ライン  → PE1.5号+PEチカラ糸(1.5~8号)


C師匠の第1投目、オモリが着底して糸フケを取っていると、いきなり竿先がグングンと暴れだしました! それは着底からたった5秒ほどだったでしょうか... アイナメが食い付いたのかと思って見ていると、上がったのは30cm超えの肉厚マコガレイ、しかも初っ端からダブルです!
続くC師匠の第2投、今度は着底から1分ほど時間がありましたが、またしても肉厚メタボマコのダブル!! しかも今度の1枚は40cm近い良型です。
いやいや、さすがは師匠(^^)

その後はS師匠にも私にもマコやイシが続々と掛り、あっという間に2時間が経過。 持っていったスカリも引き上げるのが辛くなってきたので、他の2個のスカリも使うことにしました。 
私も過去にカレイの数釣りを経験したことはありましたが、この日は遠投派の師匠が2名もいたのでその数はあっという間にグングンと伸びて行きました。

しかし8:00を回った頃からパッタリと音沙汰が無くなり、横風もかなり強くなってきました。 興奮ぎみの師匠たちと相談し、この日は早上がりすることに。 でも師匠たちは初めての入れ食い良型カレイの体験に満足いただいた様子で、案内役の私もホッと胸をなでおろしました(^^;;
さて車まで獲物を持っていこうとしましたが、あまりにも重いので私のキャスター付き背負子が台車に変身、カレイ入りのスカリを3段に積み上げての運搬です。

カレイたちは釣りたての新鮮なうちに師匠のご家族などにクール宅配されることに。 その時に3人の合計枚数を数えたら63枚!! リリースした25cm以下のカワイイカレイも結構あったので、驚きの釣果でした。

200905021333000.jpg

その後はハイテンションのままスーパーに行って酒と肴を仕入れて宴会を開始!!
明日は果たしてどうなるものか...つづく

自己新更新!

前日の釣果に気を良くし、雪の降る中でもグッスリと爆睡しましたzzz
3:30にセットしたアラームで目を覚まし、トイレで顔を洗おうかと思ったらトイレが閉まっているではありませんか(>_<) GWまでは開けてくれないようで、仕方なく積もっていた雪で洗顔、一気に眠気も吹っ飛ぶ冷たさです(当たり前か...)

クマ君に加えて「八戸FC投人」のTetsuさんも到着していたようで、私がゴソゴソと準備を始めると二人とも起きてきました。 『おはようございます。花丸さん、もう行くんですか!?』とTetsuさんは驚きの表情です。 日の出までまだ1時間半もあるのに、私は気合いが入っていました。 なぜなら満潮が4:30だったからです。 ここで夜釣りをしたことはないのですが、朝マズメの下げっパナを狙いたかったからです。 「先に行ってるね~」と鼻歌♪♪交じりで陽気に堤防に向かいます。

昨日と同じ場所に陣取り、昨日と同じく4本投入して一服(‐。‐)y-~~~ 座布団来いよ~と願ったものの、アタリはなかなか来てくれませんでした。 やがてクマ君とTetsuさんもやって来て堤防がにぎやかになってきました。 そんな中で最初のヒットは明るくなりかけた頃、25cmサイズのイシガレイが立て続けに3枚。 全部口に掛っていたので優しくリリース。 「何かイマイチだな~」と言いながらもみんなキャストを続けます。
200903290908000.jpg

Tetsuさんの話では「FC投人」メンバーが更にこれから3人ほど合流して来るとのことです。 この狭い堤防にいったい何本のロッドが並ぶことか...

漁船が出払って漁港が静かになってくると、Tetsuさんにマコが掛り、クマ君が順調に釣果を伸ばし始めました。 クマ君はシッカリと血抜きをしてバケツにいれており、美味しくいただくみたいです(^^) そうこうしているとヨコさんも登場し、YYGGと楽しい雰囲気に。 

一方の私はそれまで30cm前後の小型マコしか来ていませんでしたが、35号の振出スピンを聞き上げるとズッシリとした重さです!! 「来たか~?」とニヤけていたのは間違いありません。 結構硬めのロッドが大きく湾曲、その様子を見たクマ君がタモを持ってサポートしてくれそう。 なかなか浮いてこないヤツに座布団クラスだと思い込んでいました。 クマ君が差し伸べてくれたタモに納まったのはこんなヤツでした...
200903290655000.jpg
見た目は確かに座布団のカタチですが、針金の骨組では...トホホ...(^^;;

何とか気を取り直してフルキャストを再開します。 時計を見ると8:30、干潮前の時合いが近づいていたので青イソメをテンコ盛りに付け替えてアタリのラッシュを待ちます。 すると...

今度は35号スピンの竿先が3回ツンツンして、スゥ~っと糸フケが出たのを発見! ダッシュして竿を握りしめ、一呼吸入れてから大きくアワセを入れました。 「ゴンゴンッ!」と下に潜る感じの魚信が伝わってきます! 思わず「来た~!! 重でぇ~!」と悲鳴をあげると、クマ君は既にタモを持って臨戦態勢。 いやいや、「FC投人」さんのチームワークの良さを実感します。 テンションを緩めず慎重に引き寄せると、大きな扇形の尻尾と三角形の頭が海面に浮いて来ました。 エビ反り状態で浮いてきたのは間違いなくカレイのシルエット。 集まって来たみんなから『うお~!デケぇ~!』との声に心臓がバクバクし始めています♡♡♡

無事にタモに納まってくれたのはコイツでした!v(^^)v
200903290842000.jpg

54cmのイシガレイ、自己記録の更新!(^^)
参考までに横に置いたマコでも35cmですから、その大きさにビックリです。 記録更新の記念にカレイを持って笑顔で撮った私の画像もあったのですが、嬉しさのあまりその顔が醜くてアップできましぇ~ん(^^;;
昨年のマコ51cmを記録した時も、クマ君が必死にタモ入れしてくれました。 クマ君は座布団の申し子なのでは?と思うくらい、後光がさしてみえました。 クマ君ありがと~!!


記録更新の満足感に浸っていると西風が強くなって来たので、気分のいいところで撤収することにしました。 順番にロッドを仕舞い始め、最後の仕掛けを回収しようとすると、またしてもズッシリとした重さが... 「また来た~?どうなってんの?」と言いながら引き寄せると、2時間ほど前に根掛かりして高切れした私の力糸と仕掛けが見えて来ました。 その後ろカレイの白い菱型も...
最後にタモ入れしたのはこんなカレイでした(^^;;

200903290958000.jpg

何者かに食われたのか、それともカニ達のエサになってしまったのか、グロい姿のマコガレイでありました。 かわいそ~(;o;)

どなたか何者にやられたのか分かる方がいらっしゃったら解説してくださ~い

爆釣しちゃいました(^^;;

3月も最後の週末、ホッケもいいけどやはり投げたいと体がウズウズ...

高速料金も1,000円になるとのことだし、潮も動きそうだし、風の弱まりそうな土曜の午後から日曜の昼頃まで、いざ下北半島へドライブ&フィッシングです!! いつも青イソメを調達する青森市内の釣具屋さんで、いつものように1キロ頼むと3,800円。 おっと、こりゃ200円安くなってる(^^)うれっしぃ~!! 

13:00、狙いの漁港に到着すると小雪が舞っていましたが、ほぼ背負う風向きなので何とか投げられそう。堤防にはウミネコさんたちがズラ~ッと並んでいます。 大量の荷物を持って見慣れたポジションをキープして投魂開始です!! 

ロッドを4本並べてタバコを一服していると、さっそく最初のアタリが... グイッとアワセを入れて大きく煽ると確かな手応えがありました。 回収すると35cmのマコガレイで幸先よいスタートになりました(^^) すぐにエサを付け替えてキャストすると、今度は別のロッドが大きく竿尻を浮かせて持っていかれています! 来たど~っ!

ロッドを煽ろうとするもビクともしません。「根掛かりか...?」「やっちゃった~(>_<)」とテンションが下がり↘ながらもラインのテンションを掛けながら30秒ほど一人で半ベソをかいていると、ズリズリと浮きはじめました。 「よっしゃ~、このまま、このまま!頼むど~!!」

慎重に引き寄せて来ると、間違いなくカレイの姿が見えます。 それも2枚、しかもデカイ! タモを差し出して素直に納まってくれたのは48cmと42cmのダブルでした~v(^^)v 48cmはマコガレイとイシガレイのハイブリッドのようで、独特の顔をしています(どんな顔じゃ?)
200903281901000.jpg

やがて16:40の満潮を過ぎた頃、仲良くしていただいている「八戸FC投人」のクマ君が登場。 一緒にロッドを並べて時合いを狙います。 それからもポツポツとアタリが続き、気が付くと夕マズメを過ぎて暗くなっていました。 真っ暗になってからは中小サイズのアイナメがアタリを出して楽しませてくれました。

さすがに疲れが出始めたので、クマ君を一人残して撤収することにしました。 スカリを引き上げるとこんな感じでした...

200903281856000.jpg

暗くて見えにくいですね~スミマセン
この日のキープしたのは最大48cmを頭に、合計19枚のカレイ(リリース4枚)、アイナメ33cmを1匹。 カレイはほとんどが30cm超えで、マコガレイ、クロガシラガレイ、イシガレイとバラエティでした~(^^)

明日はどうなることか? 車内で爆睡しながらいい夢見よっと!

懲りずにホッケ

毎終末ごとに海が荒れるので水曜日の休みはチャンス!!と思っていたところ、天気予報を見たらベタ凪の予感。 迷わず釣行いたしました。

この日はカレイの投げ釣りを一休みしてホッケのウキ釣りです。 情報では50匹ぐらい出ているらしいので、青森県の深浦まで行ってきました。 5:00に漁港に到着すると既に何台か車があるので、早く準備しないと狙っていた漁港の隣にある磯場のポイントに入れないかも・・・

背負子&両手に荷物。私はどんな釣りをしても何かあると困ると思って荷物が大量になってしまいます。 ズボラな割に心配症なのでしょうか(^^;;
それにしてもコマセや配合エサなど、使い切る量を持参するもののメチャメチャ重いです。 磯専門の釣り師の方々はいつもこんな感じで大汗をかいているんでしょうか...

磯場に向かうと狙っていた先端は既に先行者がいました。 仕方なくV字になっている向かい側に陣取って投魂、いや、浮魂開始です(^^)

最初のホッケ回遊は向かい側の先端の方に来たようです。 2~3人のロッドが湾曲しています。一方、こちらは何の気配もなく、ただただコマセを撒き散らすだけ... ところが少しして、隣の人にも順番(ホッケの群れ)が回って来たみたい。 「オレにも来てくれ~」と願いながらウキをジ~ッと睨みつけていると、スゥ~っと消し込まれて行きました!「よ~し!来た~!」

それからは1投1匹の入れ食いでしたv(^^)v ホッケを掛けたらコマセをひと撒き、取りこみながらコマセをひと撒き、この繰り返しで連続ゲットとなりました。  1時間ほど続いた確変モードでしたが、突然パッタリとアタリすら無くなってしまいました。 しかし時を忘れるってこんなふうに熱中している時なんですね。 実感。実感。

21リットルクーラーがもう少しで満員御礼になりそう(^^) 恐らく40匹以上でしょうか?
こんな感じで楽しめた半日でした!!
200902110915000 (2).jpg

2009年初投げ釣り

懇意にしている八戸の「FC投人」さんから、座布団が出そうな気配があるのと情報をもらい、勇んで六ケ所村まで行って参りました。 思えば約1年前の2月中頃、51cmのマコ(自己)新記録が出たので、夢よもう一度!!と欲の皮を張ってタックル4セットに青イソメ1キロを携えての釣行です。 明日の朝には「FC投人」のTetsuさんも合流してくれるとのことで、また楽しい釣りができそうな予感です。

現地に到着したのは22:30。 干潮がとっくに過ぎてしまっていたので、掛ればラッキー掛らなきゃ明日の場所キープという軽い気持ちで準備を開始。 エサ付けするだけで指先が痛くて凍りそうなほど...(>_<) 3本投入して一服しようとクーラーに腰を下ろした瞬間、最初に投げたロッドのケミホタルに動きが! 「おお~、さっそく来たが~!ってが~!」と独り言を発しながらロッドを煽ると、グイッと潜るような感触が伝わってきます。 2009年の初カレイのアタリです(^^)

シッカリとアワセを入れてゆっくり寄せてくると、残り1色のところでグイグイと潜っていく。 間違いなく大物の気配がプンプンします。 ヘッドライトで足元の海面を照らすと、白い菱形が見えます。しかもなかなかデカい!! 慎重にタモを差出して無事に納まってくれたのは50cmのマコガレイでした。 やりぃ~v(^^)v 200902070015000 (2).jpg

それから日付が変わる頃までポツポツとアタリが続き、50cmをもう1枚追加するなど合計で30cmオーバーを5枚(25cmリリース1枚)キープして気分も上々で爆睡モードに入りました。 好調な出だしで朝方の時合にも期待が高まります。 ところが気分が高まって興奮状態なのに加えて、車のエンジンを切るとメチャ寒くてなかなか寝付けません。 エンジンをかけて暖房で暖まりながら、徐々に夢見心地に入っていきました...

車の窓をコンコンと叩く音で目が覚めました。 「FC投人」のTetsuさんが到着したようで、私を起こしてくれました。 時計を見ると5:00。 Tetsuさんも急いでタックルを準備、座布団ゲットを目指して投魂の再開です。

朝マズメ干潮が重なる6:30頃と満潮の12:00頃が最大のチャンスタイムと読んで、針には青イソメをタップリと付けてアタリを待ちます。 しかし...2人とも朝マズメは何の音沙汰もなく過ぎてしまって気合いが空回り。 9:00を回ってしばらく放置していたTetsuさんの仕掛けに47cmが来てアドレナリンが噴き出したものの、その後12:00を回ってもが全く続かず眠気との戦いに入ります。 ここで登場するのが得意の七輪(^^) 暇つぶしと寒さ凌ぎには欠かせません。 おでん3人前を温めて2人で一気にたいらげ、まだ食欲が納まらない私はお湯を沸かしてカップラーメンをズズズッ~。 体の芯から暖まり、さらに心地良い満腹感に包まれていると、思わず記憶が飛んで行きます。 私はまたもや爆睡モードに突入し、目が覚めると16:30。 何と4時間以上も寝ていたようです。 我ながらホントによくこんなに寝れますね...(^^;;

すでに日没が近づいており、少しずつ夕闇が迫ってきていました。 携帯の天気予報サイトで天気を確認すると18:00から雪の予報だったので、夕マズメまで集中してやろうということにしました。 再びタップリとエサを付けて投入しコマメに聞き合せすると、本日最大の重さが伝わって来ました。 「おお~!座布団来たが~!?」と雄叫びを上げます(^^)

ワクワクしながらグリグリと引き寄せてくると、白い菱形が2個見えました。 嬉しいけど内心ガッカリ、贅沢モノです。座布団かと思いましたが35cm程度のマコのダブルでした。 Tetsuさんにしっかりとタモ入れしてもらうと、「時合到来だ!」と叫び合って2人の気合いが入りました。 それからは17:30頃まで30cmオーバーが続いて掛り、その後はパタリとアタリが止まって夕マズメのラッシュも終了。 

この日キープしたマコガレイは11枚。上々のスタートです(^^)200902071805000 (2).jpg

帰り道は雷→雨→雪→吹雪と絵に描いたような寒冷前線通過の気象変化。 シャーベット状態の高速道をノロノロと慎重に運転して帰った花丸でした。

こうして2009年初投魂は満足な釣果でメタボな顔がエビス顔でした。 この調子で今年も投げまくって参ります!!!

たまにはウキ釣り...

遅ればせながら、新年おめでとうございます。 本年もいろんな釣行記をカキコみたいと思いますので、何卒よろしくお願いしますm(_ _)m

この頃は北国の寒さも本番となって、毎週末ごとに荒れる天候に悶々としていました。 年末にヤリイカ狙いで津軽半島を攻めましたが、風速20m以上の猛吹雪・ブリザードに撃沈(>_<) さすがの釣りバカもあの強風には太刀打ちできませんでした。

そんな中で久々に風も波も弱そうな天気予報を確認し、すかさず釣行を決意しました。 今回は投げ釣りではなく、これから旬を迎える北の風物詩であるホッケ狙いです。 私にとっては年に一度だけ磯釣りタックルを使う季節、3月頃まで磯場や漁港で狙え、食べて美味しい嬉しいターゲットです。 ガンガン釣って開いて干して炙って食す。 早くも得意の妄想の世界であります(^^)

向かった先は秋田県男鹿半島にある漁港、風も気にならない程度だったので日の出1時間前に仕掛けとコマセを準備開始! 気温は氷点下5℃。 海水でコマセを溶かしながら寒さで手の感覚が無くなって行きます。 使い捨てカイロは必須、これがないとやってられましぇ~ん!!

やがて手元がシッカリと見え始め、電気ウキでなくても肉眼で確認できる明るさとなりました。 コマセを撒きながら隣のオッサンに近況を聞いていると、早くもオッサンにファーストヒット!!
30cmオーバーの手頃なアベレージサイズです(^^) 燃えてきた~

ホッケは回遊の魚なので、群れが来たら一気に釣れ始めます。 案の定、私のコマセの下にホッケの魚影がチラチラと見えて来ました。 ウキと道糸の動きに集中していると、スウ~っと道糸が引き込まれて行くのを確認できました。 来たぁ~! シッカリと竿を煽ってフッキング、1号の磯竿が綺麗に曲がっています(^^) 投げ竿ではここまでグンニャリとは曲がらないし、何とも言えない手応えです。 ブッコ抜いたホッケは33cmありました。 ここで取り込みながらコマセを1杯撒いて群れを留めるのがホッケ釣りで数を伸ばすコツだと思っています。

それから7匹まで一気に掛りましたが、いつの間にか周囲もアタリが遠のいてしまいました。 さすがに回遊モノ、そこに居なきゃアタリも出ません。 それでも何とか群れを呼び戻そうとコマセを撒き続けるのが釣りバカの悲しい性... それから1時間はウンともスンとも反応なし。 コマセの量だけが減っていきます。

今日はこんなもんかな?帰ろうかな?と思いながら、コマセを沖目に遠投して仕掛けを同調させていると、エサのオキアミの頭だけが食われていました。 私の中ではこれが回遊の合図。 今度は少し手前にコマセを巻いてタナを1ヒロだけ深く取って沈めてやると、スウ~ッとウキが沈んで行きました。 来たぁ~!! 掛ったのは本日最大の35cmのホッケでした。 周囲の人も一気にコマセを撒き始めると、海中にホッケの群れが見えます。 今度は大きな群れが入って来たようで、表層近くまでホッケが浮いています。 ただ、この表層のホッケは小型(地元ではロウソクホッケと呼んでいる...)が多いので、タナを深めのままにして手返し重視で集中しました。

それからは港にいた人のロッドが次々と湾曲していました。 私もまるでキス釣りの競技会のように真剣に手際よく1匹ずつ取り込みました。 30分もしないうちに群れは過ぎ去ってしまいましたが、21リットルクーラーにはまずまずの数が納まっていました。 

200901181135000 (2).jpg

本格的な黒鯛師にはヘナチョコなウキ釣りに見えるでしょうし、船をやる人にも厄介なエサ取りの外道なのでしょうが、これでも私にとってはとても楽しい釣りです。 家族連れやカップルでもそれほど難しい釣りではないし、当たれば100匹を超える釣果も出るし、なんたって食べて美味しいのが嬉しい。 これから2ヶ月間は通いそうです(^^) 北国の冬~春の名物。 東北の投げ師の皆様、一度はお試しあれ!!

軟体系へ転身?

今週は年内数少ない大潮、雪の予報ですが気合いの釣行です。

場所はいつもの六ヶ所村、何とか座布団マコガレイを仕留めたいところです。 車横付けできる堤防到着したものの何か様子が違う。 いつもはズラリと並んでいる車がほとんどないではないか... 向かい風にはなるけれど、波も無く決して条件は悪くないはずなのになぁ~
気温は氷点下1℃、寒いから仕方ないのかと思いつつさっそく仕掛けをセットして投魂開始!!
この日は8:45頃の干潮と14:45頃の満潮、そこを時合いと読んで集中的にカレイを狙う作戦。 はたしてそんなに上手くいくものでしょうか...(^。^)

3本投入し終わるとさすがに手が凍るように冷たい、いや、痛い(>_<) 思わず車の中に待機して横着な釣りのスタートとなりました。 待つこと10分、最初のアタリが来ました! 勢いよく車から飛び出して大きく竿を煽ると、ググ~ッと確かな手応えですv(^^)v 時折底に向かって潜る感触は間違いなくカレイ。 それにしてもよく引きます。 やがて水面に現れたのはまずまずの茶色い菱形、でもタモは要らないサイズなのでブッコ抜きました。 上がったのは32cmのイシガレイで、狙いのマコガレイではありませんでした。

その後は手のひら大のイシガレイが3枚と25cmのハゼが数匹掛っただけで、朝の干潮タイムは終了でした。 あれ?マコガレイはどこへ行ってしまったの...? 昼過ぎの満潮前まで一眠りしようと車の中でシートをフルフラットにして爆睡モードに入りました。 

突然車がグラグラ揺れて目が覚めました。 地震?津波?誰かのイタズラ?
ガバッと起きて寝ボケ眼で見ると一面が真っ白な世界。 寝ている間に吹雪になっていたようで、何とフロントガラスが雪で覆われていました(×。×) 竿にもリールにも雪が積もり、とても釣りをする状況ではありません。 時計を見ると16:00、なんと5時間近くも寝ていたようです(^^;;
撃沈!!

状況は西風が強く、ますます雪が強く降って来ています。 片付けが終わってブルブル震えながら今後の予定を考えました。 結論は津軽半島まで一気に移動して風裏でヤリイカでもヤルか!
10月頃からアオリイカ狙いのエギを始めたばかりで、エギングはモロ初心者なのですが、その延長線でヤリイカにチャレンジです。 抑えにウキ釣りの仕掛けもあるし、両刀使いでイカをゲットするゾッ!!

動き出した頃には日が暮れてすでに暗くなっており、道路はブラックアイスバーン状態。 トロトロと慎重に運転し、約3時間かけてやっと津軽半島の陸奥湾側にある港に到着しました。 しかし寒くてとても車から降りて釣りをする気にならず、翌朝4;00頃の満潮を狙うことにしてまたしても爆釣ならぬ爆睡開始です。 しかし我ながら、よく眠りますね...(^^)

今度は目覚ましに携帯電話のアラームをセット、3:00に起きてイカ釣りの開始です!! 気温は氷点下2℃、さすがに寒くて堤防には誰も居ません。 先端に入ってウキ仕掛けを2本出し、その横でエギングのスタイルでスタートしました。 雪も波もなく風も弱まって釣りやすい状況で、目線はウキに集中し、手はエギの感触に集中し、時々凍った堤防に足を取られながら欲張りなイカオヤジと化していました。

最初のヤリイカはウキに来ました。 でもウキに変化は全く無く、回収したら15cmぐらいのミニヤリイカがスッテに抱きついてました。 次はエギに来ました! 軽く数回ジャークしてエギを動かしてからフォールさせたら、底の近くでグイッと引っ張られました。 掛ったのは胴長30cmぐらいのヤリイカで、抵抗するジェット噴射の手応えが堪りませんでした(^^)

そこからは2投に1回のペースでヤリイカがエギに反応してくれて、寒さも忘れてキャスト&ライトシャクリの連続でした。 オマケに良型イイダコが掛ったりして、まずまず満足の軟体系オヤジであります。

明るくなり始めて止めようと思ったら、ウキの一個が沈んで行くのが見えます!! やっとウキ仕掛けにも来たか!とシッカリ合わせてリーリングを開始。 でもジェット噴射の手応えはなく魚のようなヒキが伝わってきます。 ゆっくりと足元まで寄せて姿を確認すると、間違いなく魚、それも40cm近くありながら余り暴れないズングリムックリな魚体...
「なんだこりゃ?」と独り言を言いながら手で仕掛けを手繰り寄せると、ソイツはクサウオ(×0×) 去年の12月に六ケ所村で釣って以来、2回目の登場でガックシ...

見事な締めが出来た釣行でありました。チャンチャン!

今年も残すところあと2週間ちょい。 こんな結果で北国の釣りはまだまだ終われません!!200812140653000 (2).jpg

下北半島2日目

たった30分もの間に12匹ものサメが入れ食いでした。 カレイなら飛び跳ねて喜んでいたのに...とガックシと肩を落として片付けしている意気消沈した2人でした。

サメの攻撃には参りましたが、ここで気を取り直そうと明日の作戦会議です。 風が南東に変わり始め、そして強くなってしまいました。 このまま下北半島の陸奥湾側に居ても釣りにならない状況です。 思いきり移動して津軽海峡を攻めるか?、もしくは2月に私が51cmを掛けた六ケ所村へ移動するか? 協議の結果、帰り道も近くなる六ケ所村へGO!!

車内の暖房でポカポカになり始めると、前夜はほとんど眠っていなかったので運転しながら夢見心地になりそう... 無理な運転は気をつけましょう!と言うか、ゆっくり休憩を取ってから運転するようにしましょう!!(^^;;

何とか自分にビンタを喰らわせながら、約1時間半かけて六ケ所村のいつもの港へ到着しました。狙いのポイントへ行ってみると、強い南東風によって強いウネリが発生しており、時折白波が堤防を洗っています。 私は釣りバカですが、こんな状況で堤防に釣り座を構えるほどの大バカではありません。 全国のあちこちで釣り人の落下事故のニュースを聞きますが、こんなところで無理をするから大きな事故になってしまうんですね。 せっかく釣りを楽しみに来ているのに、命を落としたりしてはアホです。 他人にも大迷惑を掛けてしまうし、堤防が立入禁止になることもあります。 
運転と言い、釣り座の状況判断と言い、十二分に気を付けて釣行しましょう!!

という訳で、風裏になって安全な港内の岸壁で、カレイの実績のあるところに釣り座を構えました。
ヨネちゃんは早速三脚と竿を2本準備し始めヤル気マンマンです。 一方の私は追い風とは言え強風なのと眠気が優先していたので1本だけセット、ヨネちゃんの三脚をお借りして怠慢な夜釣りに入りました。
3本の竿先のケミは強風でブルブル震えています。 これではサメの大群のようなアタリじゃなきゃ分かりましぇ~ん\(-o-)/ しかし、ヨネちゃんの眼は竿先に集中しているみたい。 敬服です。
それから何分経ったのか、ヨネちゃんに声を掛けられて我に返りました。 どうやら私は爆睡していたようです。 『わり~わり~』などと言いながらソソクサと寝床へ入る花丸であります...

翌朝は尿意に負けて目覚めると時計は4:30を回っていました。 カレイの実績が高い干潮を迎える絶好のタイミング~!! 爆睡中のヨネちゃんを尻目に、私は気合いを入れて3本のタックルを準備、投魂開始です!

朝イチの3投は音もアタリもないままでしたが、リールを巻き始めると重さを感じます。 嫌な予感がしながら回収すると、白と茶色の丸い球状の物体が付いてました。 前夜はサメでしたが、今朝はチビアナゴにやられてしまいました(>_<) 丹精込めて作ったド派手仕掛けが白い粘液とともにグシャグシャになっております... ショック!!! 海水温がまだ高いのか、アナゴが掛ってくるようです。 こうなると明るくなるまで待つしかありません。 そうこうしているうちにヨネちゃんもお目覚めのようでしたが、起きるなり私のアナゴ被害を見てメチャメチャ楽しそうに笑ってます。 思わずフグっ面の私です。 

やがて日の出となって、強かった風も止んで普通の状態になりました。 出でよ!座布団!

腹が減っていたので得意の「七輪」を持ち出してお湯を沸かし、朝食としてアツアツのおでんを食すことに。 スーパーで売っているパックになった物ですが、これが冬場の釣りには欠かせません。 待つ身も釣果も寒かろうが、胃袋だけはホクホクでいたいものです(^^) 2人分なので具材も2個ずつ入っていて、仲良く半分コ...と思っていたら、私の器には大根もゴボウ巻きも卵もなく、昆布とコンニャクが2個ずつしか入っていない... ヨネちゃんの器を見ると、卵も大根もゴボウ巻きも美味しそうに2個ずつある!! 食い物の恨みは恐ろしいと言いますが、大の大人が岸壁で小競り合いを始めました。『俺にも卵をちょうだい! お願いっ! 頼みますぅ~!』  なんだこりゃ?

そんな子供のような2人のヤリトリを知ってか知らずか、私の3本並んだ真ん中の竿にアタリが来ました。 おでんバトルを中断してそ~っと聞き上げると、その瞬間に左の竿が大きくしなったと同時にグイッと一気に横向きになるではありませんか! 真ん中の竿はそっちのけにして、左の竿をガッチリ握って大きく煽ると、ブルッと確かな魚信が伝わってきます。 『よ~し!来たド~!!』と雄叫びを上げる私。 横にはおでんの卵を頬張るヨネちゃん(^^)

グリグリとリールを巻いて引き寄せ、ヨネちゃんにタモ入れしてもらったのは、まずまずのマコガレイです! サイズは37cm。 座布団とまではいきませんが、今シーズン初のまともなマコに思わずニコニコの私です。 隣には口に卵を入れているのか膨れっ面なのか、うらやましそうなヨネちゃんが居ました(^0^)
マコ、獲ったど~!!
200811161035000.jpg

それから昼まで魂を入れて粘りましたが、マコは2枚しか出ず無念のタイムアップとなりました。

堤防には結構多くの投げ師が並んでいるようだったので様子を見に行くと、いつもお世話になっているFC八戸メンバーがズラリと揃っていました。 挨拶しながら状況を聞いたらイマイチの様子ながらも、エロキャラのルイルイ殿が40cm近いマコをゲットしていました。 さすが投人! 敬服です!!
30分ほどYYGGと雑談したあとで、皆さんの釣果を祈りつつ帰路に着きました。

これからますます寒くなりますが、北のカレイは本番を迎えます。
座布団ゲットでホットな気分になりたいものですv(^^)v

下北半島初日

最近忙しくてと言うか、歳のせいか疲れが取れずブログのアップが遅れております(^^;;

私のキス釣りシーズンもほぼ終了(先週の秋田~山形ではまだ爆釣とのニュースも...)、いよいよ座布団ガレイを目指しての秋の陣スタートです!

小手調べとして、毎年春先にマコの良型(クロガシラという説も...)が良く釣れる、青森県下北半島にある、むつ市の漁港へ行って参りました。 ここは陸奥湾の北側に面しており、この季節に多い北風を背中から受けられるポイントで、私のド派手なカレイ仕掛けも追い風に乗せて遠投が可能で広く探ることができます。 この日も案の定、北西風がやや強い状況。 幼なじみのヨネちゃんと一緒に青イソメを各々1キロ携えての1泊2日の釣行です。

日の出前の5:30、大量の荷物を抱えていつもの堤防を占拠、この日は手返し優先のためロッドは3本と控え目。 たっぷりの青イソメを付けて投魂開始です!!
数週間前にこの場所で投げていた八戸FC投人のキクチさんからの情報では、カレイよりもアイナメが多いとのこと。 でもカレイも40cmクラスなら釣れるでしょうとのことで、寒さに負けじと鼻息も白く煙っております(^^) 

いつもなら最初の1投目からすぐにアタリが来るのですが、なぜかこの日は3本投げても音沙汰なし... ヨネちゃんも「何だ~?変だな~どうなってんの?」とフテクサレ気味であります(^^;;
しかし少し明るくなり始めたとたんにヨネちゃんのロッドが大きく湾曲しました! 来た~っ!!
グリグリ巻いてくるロッドは大きく曲がり、大物の予感で心臓がバクバク。 急いでタモを準備して駆け寄って『どんだ~? デカい?』と聞くと、「おお~!なかなかいいヒキだよ」と満面の笑み。やがてまだ黒い海から白い魚体が見えてきました。 どうやら型のいいアイナメとから揚げサイズのマコガレイのワンセットのようです。 またしてもヨネちゃんに先を越されました(>_<)

その後もポツポツとアイナメや小型マコのアタリが来るのの、座布団と言えるサイズは全くなし。
7:30を過ぎると全くウンともスンとも何の反応もなくなりました。 たまに来るのはメタボなフグ...針は取られるし、苦心して作ったド派手仕掛けもボロボロになるし、ヨネちゃん曰く、私の表情はフグ以上のふくれっ面だったようです...

8:00になっても変わらない状況に、辛抱堪らず場所移動することにしました。 行先はクルマで30分ほど移動した先にある、下北半島の南西端の漁港です。 ここは水深がメチャメチャあり、5色付近だとオモリが着水してから40秒もカウントしないと着底しないほどです。 何か一発大物の予感が走ります♪♪

2人がそれぞれ3本ずつロッドをセットし終わると、さっそく私の竿にファーストヒット! なんたって水深があるので巻き上がもの凄く重い。 途中のグイッグイッと伝わる感触はアイナメの「首振りダンス」に間違いなし! 水面に姿を現したのは、やはり30cmと小型ですが元気なアイナメでした。 お互いに「よ~し、イケるぞ!」と気合が入ったのは言うまでもありません。200811151557000.jpg

それからはポツリポツリとマコとアイナメと小真鯛が掛り、飽きもせず忙しくもなくまったりと投げ釣りを楽しみました。
時計を見ると既に16:30、そろそろ夕マズメのゴールデンタイム。 針が見えなくなる程に青イソメをたっぷりと房掛けしての遠投、一発真鯛でも来ないかとワクワクしておりました。 ヨネちゃんも竿先にケミを付けて臨戦態勢、いざ、大物よ来なさいっ!!!

すると真っ暗になりかけた頃のこと、ヨネちゃんのロッドがガチャガチャというケタタマシイ音と共に思いきり横に引っ張られているではありませんかっ! 三脚もなぎ倒されて静かな漁港に「うわ~! 来た~!!」という2人の叫び声がコダマしています。 急いでタモを持とうとすると、今度は私のロッドにも大きなアタリが・・・!! 『こっちさも来たド~』と叫んでいると、残る2本のロッドも大きくしなり始めるではありませんか!! よく見るとヨネちゃんの倒れている2本の竿先のケミもブルブルと震えているじゃないですか!!!

どうなってんの~? ダブルヒットならぬ同時シックスヒット??? なんじゃこりゃ~
大真鯛の魚群が到来し、確率変動モードに突入したのでしょうか?

悲鳴を上げながらやっと私が水面まで獲物を引き寄せました。 暗いのでヘッドライトを当てるものの、何だか良く見えません。 でもこの暴れ具合は未体験。 残る2本のロッドと苦戦中のヨネちゃんを気にしながらも、自分でタモにそいつを取り込みました。 『ヤッタ~!!なんだか分からないけど獲ったど~!!』と雄叫びを放ちますv(^^)v

ワクワクしながら引き上げてライトを当てると...こんなヤツ...(×_×)
どうやら大群で移動してきたのでしょうね~。
恥ずかしい...(^^;;
200811151726000.jpg

本命?

200810121451000.jpgのサムネール画像

200810121548000 (2).jpg2年前から懇意にしている八戸の「FC投人」の代表ヘマタイトさんとTetsuさんの名コンビと青森IC近くの温泉で9:00頃に待ち合わせ、名コンビは『湯魂』、私は釣具屋で最近ハマりつつあるアオリイカのエギを物色。 再び3人で合流して青森市内で旨い「あごだしラーメン」を食した後、某漁港へ向かってGO!!

お二人は昨夜から津軽半島を徘徊していたようですが、生憎の強風と高波で狙ったポイントに入れなかったようでした。 この日もまだ西風が強烈で、津軽海峡を望む辺りまで来ると高波でとても堤防などに入れそうもありません...(>_<) しかたなく風裏になって過去の実績もある漁港を教えてもらい、そちらに移動することになりました。 13:30になってその漁港に到着するやいなや大量の荷物をサクササクと準備して堤防の先端を目指しました。 先端にはウキ釣り師が2人いて外海側を向いてコマセを撒いています。 これなら先端の右側から投げられそうです(^^)

とりあえずタックル1セットだけ準備してユムシをフルキャスト! この日の仕掛けは形状記憶テンビン「T-7」にROCK「T-202 30号」で1本針(ビッグサーフ18号)。 ヘマタイトさんから根掛かりは少ないと聞いていましたが、ROCKの集魚力に期待です。 リールのドラグをフリーにして三脚にロッドを置いて、夕マズメのゴールデンタイムまでゆっくりしようとYYGGと話し込んでおりました。

しばらくするとTetsuさんが、「なんか鳴りませんでした?」の第一声。 続いてヘマタイトさんが「花丸さんのにアタリが出ましたよ!」の第二声。「マジっすか!?」と私の第三声。思い切り大きくアワセを入れてリーリングを開始しました。 最初はググッと魚信があったものの、何かが根掛かりしたようでビクともしません。 ヘマタイトさんから飛び出した『あれ~?ROCKは根掛かりしないんじゃなかったっけ?』の第四声に、思わず「...は、は、は...、どうしたんでしょうね...?」と苦笑いの私です(^^;; こんな時は待つしかない。魚が動くまでジッ~と待つしかない。

10分置きぐらいに聞いてみますが全くビクともしない...。 30分以上そのままの状態でいましたが、シビレを切らしてラインブレイク覚悟で根掛かりから引っこ抜くことに。 ナイロンラインはよく伸びます。 1年ぶりのナイロンラインの伸びに閉口しつつも竿を背負うようにして後ろ向きに引っ張ると、ズズズッ~と抜けた感覚が伝わって来ました。 オモリの重さがちゃんと伝わって来たのでラインブレイクはしなかったと思っていたら、何となくズッシリと重い。 でも魚信は無い... 私は「どうせ海藻かゴミが引っ掛かったんでしょう」と言っていましたが、お二人はチャンとタモを準備して駆け寄ってきてくれました。 グリグリ巻いてくると何やらギラリと光る銀鱗が!! 魚の姿が見えてきました。 すんなりとタモに納まってくれたのは43cmの黒鯛でしたv(^^)v

普段は黒鯛をやりませんが、思えば私が投げ釣りでまともな黒鯛を掛けたのは初めてでした。 本当は赤いのが欲しかったのですが、まずまずのサイズで贅沢は言えません。 記念写真を1枚パチリ(^^) 

その後は干潮のタイミングでアタリがあって25cmの真鯛が1枚、撤収間際にヘマタイトさんにも25cmが1枚。 残念ながらキープしたのはこの3枚だけでした。 状況が厳しくて本命ポイントには入れませんでしたが、お土産ができて楽しく話しができて満足できました。 

それにしても「FC投人」さんのチームワークとデータ量にはいつも驚かされます。 どんな時にも大物ゲットを目指しての『投魂』と努力の積み重ねなんですね。 また楽しい思いをさせていただきました。 感謝、感謝です。 ありがとうございましたm(_ _)m

NSCF東北芋煮会

200809140619000.jpg200809131750000.jpg
9月14日は日本サーフキャスティング連盟(NSCF)東北地区の「芋煮会」に参加させていただきました。 会場は山形県浜中海岸。 ここは6月のジャパンカップ東北予選以来になります。 日頃からお世話になっている宮城の親分に甘えるカタチとなりますが、大いに楽しませていただきました!

到着したのは前日の夕方17:30頃。 集合場所のトイレ前では既にテントも設営済みで、親分をはじめ数名の方々が火起こしに精を出しておられます。 恒例の前夜祭の準備です。 私も火起こしを手伝いながら、さっそく生麦酒をいただくことに... エビスの生、さすがに効きます。 旨いっ!! その後も東北各地からキャスターの皆さんが続々と駆け付けられ、気が付くと20名を超えるメンバーがテントとバーベキューコンロを囲んでYYGGと楽しいひととき(^^)

皆さんが持参された美味い肴の数々、これはやめられません。イシモチの南蛮漬け、煮アナゴ、焼きタコの刺身、仙台名物笹かまぼこ、分厚い牛タン、山形ワイン、更には名物ホルモン、焼きソバ、フランクフルトなど、まだまだ盛りだくさん...これではメタボな体がますます増長すること間違いなし!でも秋田名産の比内地鶏(ホンモノ)を手配する時間がなかったのを後悔しました。 次回は必ず持参することをお約束いたします。 何度かトイレに行ったまでは覚えておりますが、徐々に記憶が遠くなっていきました... 気が付くと秋田から参加のトンボさんが私のクルマの中を覗いています。 どうやらいつの間にかクルマに入って高イビキだったようです。(^^;; 

既にほかの皆さんは釣りの準備に入っていて、昨夜の勢いのままハイテンションの雰囲気です。この日は釣ったキス5匹の総重量勝負。 前日の下見情報によると、どこでも天ぷらサイズがゾロゾロと連で掛るとのこと。 ただ良型のメタボキスはほとんど見られないみたいで、一発大型を掛けた人が優位になりそうです。 釣り大会の説明もそこそこに、7:00開始予定でしたが6:30にはスタートとなりました。 10:30の検量まで固いことヌキのリラックスムードです。

私はエリア右端にある赤川の河口まで行こうと思っていましたが、歩くのが苦痛(酸っぱいものが込み上げてました...)だったので途中の堤防を越えたところに釣り座を構えました。 震える指先で仕掛けをセット、エサ付けするのは至難の業でした(^^;;

何とか準備を終えて第1投! 5色からサビこうとすると既にキスのアタリが来ていました。 スルスルと回収すると15cm前後のキス5匹がバナナ状態で上がってきます。 どうやら高活性。 サイズも下見情報そのままのようです。 歩くのも面倒なので、ここにドッシリと腰を据えて良型が徘徊してくるのを待つことにしました。 それから3時間、いくら待てどもメタボ君は回ってきません。 毎度毎度15cmぐらいの集団が決まったように掛ってきます。 そのうち回ってきたのはキスではなく船。 私の目の前5~6色のところでキス釣りを始めたようで、遠投も出来なくなりました。 「何なんだコイツぅ~!」とボヤいても、船まで声が届きません。 残り時間30分になっていたので本部方向に戻ることにしました。 トホホ...

戻りながら空いている所で投げてみると、いきなり20cmのキスがブルッとアタって来ます。 急いでもう1投すると今度は17cmの2連。「何だよ~最初から動けば良かったな~」と後悔しても後の祭り。 タイムアップを迎えて納竿することとなりました。
検量すると私のベスト5は200グラム。果たしていいのか悪いのか? でもまあ先週の上下浜の超激シブでのストレス充満状態から開放され、キスのアタリを十二分に楽しめたので良しとしましょう!

集計が終わって成績発表。 結果は14位と中途半端な順位だったのですが、当日賞とのことで「金麦」を1ケースいただけることに!! ラッキーv(^^)v 
その後は名物の「芋煮」をみんなで食し、記念写真を撮ったり釣り談義をしたりと、心もお腹も満足満足(^^) 山形協会・宮城協会・福島協会の皆様、本当にありがとうございました。 皆様に感謝・感謝です!! 東北の投げ釣り、元気です!!

SBCブロック大会本番

徹夜のドライブ&下見の疲れが心配されましたが、AM3:00にパッチリと目覚めました。 Ⅰさんも昨夜の酒の余韻もなくシャッキリしています。 いよいよ九州行きの切符を賭けた決戦の日です。
気合入れで行ぐど~!!

上下浜の会場に到着すると、暗闇の中にダイワさんの大会本部テントの明かりだけが目立ちます。スタッフの皆様も忙しそうに準備をしています。 仕事とはいえ、朝早くからご苦労様です。
 
朝飯のおにぎりを食べ始めていると、早くもⅠさんがタックルを準備し始めた。 真っ暗な中でロッドをつないでヤル気マンマンです(^^) スタッフのおネエちゃんの声でタックルチェックと受付の開始アナウンスが聞こえて来ました。 列に向かうと紅花のchuさん狸さん、宮城の親分、PIASさん、八戸のO川さん、手取のマサ君に宮さま、ごり3の石川勢、T村さんH野さんの新潟勢など、顔見知りが並んでいらっしゃいました。 一通り挨拶すると否が応でも緊張感が走ります。 クジを引くとBエリアの23番。 Ⅰさんは同じBの10番、chuさんはBの31番で最後尾のようです。 

競技説明も終わり、いよいよ1番の選手からスタート!! 目指すポイントは昨日も去年も探ったホテル前の指定席! 少し早歩きで数名を抜いて予定通りの場所をキープできました。 気が付くといつの間にか右隣にchuさんが、左隣にH野さんが陣取っています。 昨年この場所で九州行きを決めた3人が、図らずも並んで第1投を迎えることになりました。

ホイッスルと共に6色半をキャスト。前日15cmクラスを連掛けした5~6色付近を狙いました。 静かにジックリとサビいて来ると、5色で小さなアタリが来ました。 そのまま追い食い狙いでゆっくりと引き続けて回収すると、8本針に6匹の魚が付いています。 しかしラッキー!!と思ったのは一瞬の出来事で、上からガッチョ、ガッチョ、チャリコ、フグ、ガッチョ...そして最後にやっとマイクロピンギス、体長は5cmを切っている... 最初から4目釣りでは先が思いやられます(^^;;

その後は何度投げても、遠くでも近くでも、右でも左でも、掛ってくるのはガッチョ&ガッチョ。 しかもアタリすら取れない状況で全くポイントを絞り切れません。 隣のchuさんは似たような状況にシビレを切らして大きく左方向へ移動。 H野さんは2~3投で大きく右に移動していました。 私も迷いましたが、5月の九州では移動しまくって大失態したこと、また昨年の上下浜がそうだったように8:00から良型が回ってくるだろうと信じ込み、ここは移動せずジッと我慢することを決めました。

しかし状況は全く変わらず、周囲でも掛ってくるのはガッチョか超マイクロピンギスばかりです。 時計の針は8:30。残りは30分しかない...。 こうなったら遠投して置き竿で良型を待って、一発逆転を狙うしかない! そして7色での待ち釣りをしていると、「ブルッ!」という良型キス特有のアタリが来ました!! 「やった~作戦成功」とニヤニヤしながら回収すると、一番下のハリスが切れていました。 度重なるガッチョの攻撃にハリスが傷付いていたのを見逃したようで、痛恨の初歩的ミスです(>_<) 仕掛けを交換して再度遠投で狙うも、あのアタリは二度と来ませんでした...

やがて9:00を迎えて無念のタイムアップ。 クーラーにはマイクロピンがたったの2匹。 超寂しい~!! 検量するのも恥ずかしいので、チロリを入れていたタッパーにキスを入れて最後尾に並んでいると、ごり3に見つかって「なんでエサ箱を持っとんのや?」と突っ込まれました。 検量するとたったの11gで大撃沈でした。 恐らくビリだろうと怖々と成績表を覗くと、検量しなかった方が2~3名いらっしゃって、形式上はビリを免れました。 でも間違いなくビリだったでしょう。

まだまだ実力が足りません。状況判断と遠くまで見渡す眼力の無さを痛感しました。もっと修行を積んで、来年またこの舞台とその先のステージへコマを進めるゾ!

今回は全く余裕がなくて画像を取ることができませんでした。
結果の詳細はダイワさんのHPでご覧ください。
もちろん私の名前のカケラもありませんけど...

SBCブロック大会前夜

200809061016000.jpg
9月7日はダイワSBCの北陸東北ブロック大会。 昨年に続いて出場できたことだけでも嬉しかったのですが、ここまで来ると「もう一丁!」と意気込みも強烈。 ここまで積み重ねてきた失敗の数々を活かす絶好の機会っす!!

前々日の金曜日19:30、仕事を終えて出発。 予選を一緒にスリ抜けたⅠさんと共に新潟県上下浜を目指します。 道中は大会に向けての作戦や、しょ~もない秋田弁オジギャグ連発でハイテンションのドライブであっという間に新潟県に突入。 深夜にも関わらずいよいよ興奮も緊張感に変わり始めて眠気など全く感じておりませんでした。 途中で頭を冷やそうと24時間営業の釣具屋へ寄り道。 クルマから降りてドアを閉めようとしたら、異音と共に「アダ~!」との叫び声。 助手席側へ行ってみるとⅠさんが駐車場に転がってます... どうやら普段乗っている自分のクルマより座席位置が高いので、降りた瞬間に空間に足を取られてひっくり返っておりました(^^) 良く見るとジーンズを通して左のヒザから流血を確認... 幸か不幸かスリ傷で済んだようですが、早くもやって来たアクシデント。 やはり私の行く先々はイバラの道だらけのようです。

釣具屋の徘徊も終わってⅠさんもショックから立ち直り、ここから一気に北陸道の柿崎ICを目指します。 柿崎ICでは昨年のこの大会から「戦友」となった紅花のchuさんと待ち合わせておりました。 chuさんは一足早く到着して、クイッと一杯引っかけて3時間ほど爆睡していたようです。 安眠のところ起こしてしまってスミマセンです。 寝ボケ眼のchuさんと共に、これから奥羽のメタボ3人で下見を開始です!

私もchuさんもポイントの狙いが同じだったみたいで、夢よもう一度との思いから2匹目のドジョウを狙って、昨年いい思いをしたホテルの手前からスタート。 Ⅰさんと3人並んで下見の開始です。 朝イチは4.5色で15cmクラスのキスがポツポツと掛ります。 ちょっとずつ右へ移動しながら探って行くと昨年私が粘った場所に到着。ここでは6色~5色で同じサイズが何度も連で来ます。なかなか良さそうですよ~(^^) 

しかしポイントから少しズレるとガッチョ・チャリコ・ガッチョ・ガッチョ・フグ・ガッチョ... 思わず「ガッチョマン」「秘密のガッチョちゃん」などとオジギャクを連発してYYGGと楽しんでました。 こうして下見ではある程度の目安がつきました。 ガッチョマン3人衆に加えて次々に各地のキャスターも顔を出してきて結構なにぎわいとなりました。

昼近くになって徹夜で意識が朦朧としてきたところで撤収。 駐車場に戻ると昨年九州でお世話になった柏崎の色男・T村さんから「ラーメン行こう!」と誘われて駅前のラーメン屋へ。 そこでは九州以来の再会になる手取投友会の若さま、今年のJC浜中でトップだったマサ君ほか、ツワモノの皆さんがジョッキ片手にプチ宴会が始まっていました。 みんなハイテンションでとても楽しそうです(^^) そこに夏場の秋田で私を「チームどすこい」に強制加入させた、ごり3夫妻も登場。 日焼け真黒な顔のオッサンたちが集う、異様な雰囲気のラーメン屋であります。 この時ばかりは久々に運転手だったことを恨みました...

明日の本番は果たしてどうなることか!?

悪夢が来りて...

200808310819000.jpg200808310546000.jpgのサムネール画像今日は幼なじみのヨネちゃんと釜谷浜で朝からフルキャスト! 来週のダイワSBCブロック大会に向けて遠投して良型を掛ける練習です。 もっとも上下浜で遠投して良型が来る保証はどこにもないんですけどね~(^^;;

朝イチはどこへ投げてもキスが掛るものの、15cm止まりでイマイチ。 外道で旨そうなアジやうるさいチャリコが仕掛けをグシャグシャにしてくれます。  一番掛って欲しかったメタボキスは影もカタチもありません。 ヨネちゃんにはアジ&キス&チャリコの異種格闘技バトルロイヤル。 果たしてこんな感じで大会の練習になってるんでしょうか?

やがてヨネちゃんが帰宅するので場所を南へ500mほど移動、気分を新たにフルキャスト再開! 最初のキャストは7色でピンギスのアタリ。 やはりここもダメなのか...と思っていたら、「ブンッ!」という感触とともに急にズッシリと重くなりました。これはヒラメかマゴチ!? 慎重にリーリングしてくると、仕掛けに何やら薄茶色の長いゴミが引っ掛かってます(^^;;

仕掛けからゴミを外そうとした、その瞬間、なんとゴミが私の指をめがけてかじり付こうとしているではないですかっ!? 「なんじゃこりゃ~?」 よく見てみるとウミヘビさんと目が合ってしまいました。 アナゴ以来の長モノに恐れおののいた花丸でした。 

でもこれは悪魔(ウミヘビです。ヨネちゃんではありません!)が来りて、私に何かを警告していたのかも...   つづく

撃沈(>_<)

200808240612000.jpg
今日は我が秋田投魂会の月例会でした。 前日の状況から良型がバコバコ!そんな期待に胸を膨らませていざ出陣!!

ルールは6:00~9:00の3時間総重量勝負。 海に向かうと昨日と違って濁りが凄い...ゴミもチラホラと打ち上げられていて、連日の雨の影響が出てきたみたいですね。 最初の2投で15cmを3匹掛けてまずまずのスタートと思いきや、その後が全く続かない(>_<) 他のメンバーも同じような状況で、どうやら激シブの嫌なムードです。

それから2時間、遠中近と粘っこく探り続けたものの、掛ったのは30cmぐらいのヒラメのみ(^^;;集中力がブチ切れしてしまいました。 やがて残り5分となってラストまで7色で置き竿の待ち。
タイムアップとともに回収すると、波間からピンギスがプルプルと姿を現しました。 ラッキー!!

検量に向かうとみんなツ抜けしておらず最高で8匹。 私の4匹はブービーで撃沈決定(。。)
まだまだ修行が足りませんっ!!

まずまず

200808231213000 (2).jpg

ピンギスばかりだった秋田の海に、まずまずの良型が戻って来ました!

2~3色の距離だからアタリは強烈、久しぶりに「ガツン」を堪能しましたよ~

回復?

200808121540000.jpg
キスの投げ釣り地区予選も一段落し、この一ヶ月はのんびりとプライベート釣行してました。 でも秋田はもちろん青森方面まで足を延ばしても釣れてくるのはピンギスばかり... 久々にいいアタリが来たと思って仕掛けを回収すると17cmしかないのに大物に見えてしまう始末です(^^;;

今日もダメだろうと思いつつも、我が秋田投魂会の遠投派タナ~と地元の海岸に出かけました。 盆休みの最終日だというのに地元のサーフには人間の姿が見当たらない... 秋田はなんと投げ釣りが盛んじゃないんだろうか? ちょっと寂しい気持になりながら釣りを開始しました。

最初はピンギスだらけだったものの、風向きが東⇒北西に変わってさざ波が立ち始めると、急に食いが上がってきました。 突然良型らしき「ガツン」と竿先をひったくるアタリ!! 久々の手応えにドギマギしたのは言うまでもありません。 バラさないように慎重に取り込むと、SBC釜谷浜大会以来の23cm! しかもほんの3色の近場です! 

その後も「ガツン」が数回あって、20cmオーバーは5匹を超えてました。 長かったピンギス地獄(?)から回復しし、サイズアップが期待できそうな気配が出てきましたよ~(^^) 3週間後にはブロック大会もあるし、また気合いを入れ直して投魂します!!

SBC秋田大会

6月29日、我が地元の秋田県釜谷浜にて、ダイワスーパーバトルカップ投2008秋田大会が開催されました。 もう1週間以上も過ぎましたが、連戦の疲れ&ベリーハードJOBの連続で書き込みが遅れましてスミマセンm(_ _)m

昨年は超強運だけで決勝大会まで生き残れましたが、今年は地元開催ということもあって、何とか実力とデータで勝ち残りたいなと思っておりました。 1回戦はAとBの2エリアに分けての戦いで、私はB-38を引き当てましたが、総勢約60名参加の中でのこの番号、出発の列に並んだら後ろから4人目でした。 先週のシマノJCに引き続きクジ運が悪いようです。 開会式も終わって1番から順にスタート!!

私は実績のある風車3番目~5番目を目指してダッシュ! すでにポイントを熟知している人が3番目を押さえていましたので、エリアの一番端になる5番目の風車まで行きました。 ちょうどそこには一般のファミリーが数人入っていて、何とかその横に釣り座を構えられました。 周囲には秋田投魂会メンバーのⅠ藤さん、八戸FC投人のヘマタイトさん、O曲浜さんと奥様、その他見覚えのある顔が並んでいて、とても大会とは思えぬリラックス状態でした。 やがてホイッスルとともにフルキャスト!先週と前日のデータから遠投勝負になることは最初から明らかだったのです。

順調に連で良型を掛けようともくろんでいたものの、隣のⅠ藤さんが好調なスタートで20cmオーバーをボロボロとゲット! 一方の私は17cm程度の平均サイズばかり... 何投かして20cm超えを掛けましたがⅠ藤さんが絶好調、良型連発でニヤニヤ・ニタニタ・ガハハと笑いっぱなしです(^0^) やがて2時間半を経過して私も頑張ったもののどう考えてもⅠ藤さんの勢いに勝てそうにありません。 悩んだ挙句に出したのはエリアギリギリのラインを引いてみること。 ここはファミリーが入っていたので沖目は誰も探っていないはず、良型キスが集合しているのでは? 残り30分の数投で、私は一気に15匹の良型を連で仕留めました。 思惑がズバリと的中しました。掛けてはダッシュで手返しフルキャスト!その勢いとスピードにⅠ藤さんも驚いていたようです。

やがて合図と共に1回戦が終了、最後の1投でも2連を掛けて濃厚な30分の締めくくりとなりました。 検量所へ行くと東北の「雄」の人たちもかなりのキスを持っていました。 こりゃダメかな?そう思いながら列に並びザルにキスを投入するとダイワのスタッフから「こりゃまたずいぶん釣ったね~」の一言。 意外にイケるかも? 検量を済ますと1760g。 1回戦の結果をおネエちゃんがアナウンスすると、何とBエリアのトップでした。生涯初めてのトップ、驚きです!

10:30から12:30までの2回戦がスタート、私は1回戦と同じポイントをチョイスしました。 周囲にはまたしてもⅠ藤さん、そして全国大会で仲良しになった紅花のchuさん、仙台の研修中にお世話になった宮城のpiasさん、またしてもリラックス状態の釣り座となりました。 開始の合図と共にみんな一斉にフルキャスト! 第1投は慎重に探ったものの、回収したら仕掛けがグシャグシャに絡んでいました(>_<) 痛恨のミスキャストです。 横ではpiasさんもⅠ藤さんも良型をゲット、chuさんは何か大物が掛ったようでロッドが大きく曲がっています。 良型の8連!? そう思って様子を見ていたら、キスは1匹でしたが特大のゴミが掛っていたようです(^^) 少しchuさんに救われた思いをしましたが、その後も私はイマイチのサイズしか掛りません。 嫌な予感と惰性のキャストが続きます...

そのうちに1時間半が経過し、どう見てもこの一帯で私は5~6位。 これじゃ絶対にブロック大会には残れません。 この30分間は食いが止まったのか、chuさんもpiasさんも場所を少し移動していました。 1回戦の「マクリ」再現を目指してまた少し横へ移動して投げると、5色で良型の反応が!!! 少し止めて追い食いを待つと、ガンガンブルブルと続いています(^^)v よ~し!これからこれから!!

やがて2回戦が終了する合図が聞こえてきました。地元でのSBC予選も終了です。 タックルを片付けて本部の検量所までゆっくりと歩き始めました。 Ⅰ藤さんと一緒に歩を進めましたが、お互いの健闘を讃え合いながらも大きな充実感と心地よい疲労感が漂っていました(^^)

いよいよ検量所、すでに20名近くの選手が並んでいました。 みんないい型のキスを持っています。さすがに2回戦へ駒を進めた方々です。私もクーラーからキスを取り出すと、chuさんとpiasさんの次の順番でした。 スタート時点ではお二人と近くで投げていましたが、手にされているキスのボリュームを見て「こりゃ敵わなかったな~」と感じていました。 検量の結果はchuさんがまたしてもキロオーバーの1074グラム。続いてpiasさんが890グラム。続いて私の番です。
ドキドキしながら結果を聞くと895グラム! 「え~?piasさんより多かったの?意外に頑張ったんだな~」とまずまずの釣果にホッとしました。 続いてⅠ藤さんが検量、870グラムと、2回戦でのポイント周辺は拮抗した釣果でした。 全員の検量が終了し、どうやら上位が見えてきました。キロオーバーしたのは2名しかいないようです。1回戦ブッチ切りで超遠投派のミヤちゃんが962グラムと聞いていたので、もしかしたら私もギリギリ残れるかも・・・

おネエちゃんの声が響き渡り、ブロック大会出場者が発表されました。
1位は1445グラムで宮城の親分! 2位がchuさん、3位がミヤちゃんでした。 そして私は4位に食い込み、続いて5位にpiasさん、6位にはⅠ藤さん!! なんと我が秋田投魂会から2名がブロック大会に進出決定です!! 嬉しい~!!v(^^)v

大会も無事に終了し、最後に楽しい抽選会。なんと全員に漏れなく賞品が当たるなんて、ダイワさん、これまた嬉しいじゃありませんかっ! 私には仕掛けを入れるワレットポーチ。 ん~使わないかも(^^;; 他には地元若美のメロンや米10キロなどもあって、大盛況の抽選会でした。 しかし最後の最後にジャンケン大会が始りました。 賞品はデジカメです。 おネエちゃんを囲んで全員がおネエちゃんとジャンケンし、勝った人だけが残っていくサバイバル方式。 ここで実力(?)を発揮したのは我が秋田投魂会のO王子でした。 2回戦は惜しくも22位で終わってしまいましたが、前週のシマノJC浜中大会のジャンケン大会で自転車をゲットしたばかりなのに、何と2週連続で優勝者になってしまいました! 彼は数年前のJC浜中大会でも自転車をゲットしており、釣りよりもジャンケンで生きていけそうです(^^)

秋田県で初めてのメーカー主催の大会が無事に終了しました。これまで待ちに待った大会でしたが、終わってみればあっという間に時間が過ぎて行きました。前日は下見もそこそこに9:00から缶ビールをシュポッ!と開けてしまい、それからスイッチが入ってしまい、気が付くと宮城の皆さんを中心に楽しい仲間と夜中の0:00まで飲み続けていました。 
ちなみに0:00まで飲んでいたのは4名。優勝の親分、2位のchuさん、4位の私、6位のⅠ藤さんと、夜のベスト4のみんながシッカリとブロックの権利をゲット! 恐ろしき酒パワーでした(^^)

シマノジャパンカップ東北地区予選(2)

検量所に到着するとまだ選手は誰一人として戻っておらず、一番乗りでした。(もったいないことしたな~) ここのルールでは12cm以下は除外されるのですが、死後硬直で1匹が検量されず...釣った時は12,5cmはあったはずなのにな~(^^;; 検量してもらったキスの総重量は515g。 自分のJC浜中大会では過去最高の釣果だったので、ちょっと満足していました。 でも最後の最後まで粘っている皆さんの釣果が気になります。 

たがてタイムアップとなってゾロゾロと選手が戻って来ました。クーラーから出てくる袋やプラケースには良型のキスがたくさん見えているではないですか! ダメだこりゃ~(>_<) 結果論ですが、あと2投は出来たのになぁ~と後悔し始めました。 そそくさと車に戻りいつものようにタックルを片付け、空腹を満たすためにパンをかじり始めました。 秋田投魂会の仲間も次々に戻って来たので釣果を聞くと、最年少のモトちゃんが1Kgオーバー! また実力№1のM隊長は最終組(?)の駆け込み到着ながら800gを超えていました。 これは2人が当選確実だなと思って、「頑張れよ~、チャンスだぞ!」などと応援態勢に入っておりました。

やがて本部前からネエちゃんの声が聞こえてきた。「これから1回戦の成績を発表しまぁ~す!」ダメだとは思いつつ、もしかして...そんなスケベ心がドキドキと騒ぎます。 いきなり1回戦突破の重量が発表され、「予選通過ラインは4百...」と聞こえた瞬間、自分が滑り込めたことを知りました。順番など関係なし。1回戦を通過出来れば御の字だと思っていたので、思わず隣にいたM隊長とガッチリと握手!! 結局我が秋田投魂会からは3名が2回戦に進出です!仲間がいるって素晴らしい。緊張感を感じることもなく、2回戦へ臨む花丸でありました(^^)


2回戦のスタートまであと5分。 それまで和やかな雰囲気だったが、整列していた選手たちに緊張が走る。出発順は1回戦のトップ手取のマサさんから。 モトちゃんが2番手。M隊長は6番手。私は恐らく20番目ぐらいだったので、空いたところにハイエナする計画です。 いよいよ時間になって先頭のマサさんがスタート! 目指すポイントはもちろん1回戦で爆釣した凸部分。 モトちゃんも軽量の体を活かして猛然とダッシュ! しかしそれよりも断トツに速かったのはM隊長!! スタートするやいなや一気に3名をゴボウ抜きです。砂浜のオリンピックがあれば間違いなく優勝しそうです(^^)

私の番がやって来ました。 今さら遅いかも知れないけど、マサさんやモトちゃんが入っていたポイントを目指しました。 軽めのダッシュのあと、数名を追い抜いてポイントに到着すると、そこは案の定ロッドの密集地帯です(^^;; マサさん、モトちゃん、M隊長、Rinさんなど既に7名が狭い凸部に集合していて、とても間に入りこむような状況ではありませんでした。 仕方なく左端にクーラーを置いて、皆さんのおこぼれを拝借しようというハイエナ作戦に出ることにしました。 相当のツワモノばかり集まった場所、私とモトちゃんは少し気遅れしているかも... 少し時間があったので仕掛けをセット、エサもシッカリと付けて臨戦態勢を整えました。 やがてホイッスルが鳴り、いよいよ2回戦がスタート!!

第1投は1色だけ。波口だけを攻めようとしたところ、投入して間もなくいいアタリ(^^) 連を狙って少しずつジワジワと引いてくると、17cmのキスが付いていました。幸先のいいスタートです。 ところが横を見たら、絶好調のマサさんが4連!しかも型がデカイ! これはもう勝負が決まった!? 焦る心とは裏腹に、実は私のエサを付ける手が震えていました。 水分(アルコール?)が切れたようです。軽く喉を潤そうとボトルケージに差し込んでいたペットボトルを開けました。 すると暑さでお湯状態の炭酸系飲料が「ブシュッ」っと音を立てて鼻の穴とメガネを強烈に洗い流すではありませんかっ!(^^;; スポーツドリンクだと思っていたのが実は炭酸入り。 しかも走ってきたからジェット噴射するのも当たり前です...

2回戦は10:30~12:00の1時間半だったので、場所移動などは考えずにこの場所で勝負と覚悟を決めていました。隣にいたM隊長はリリースサイズが掛ったので場所移動を決行していました。 「お互いに頑張るべ~」と背中に声を掛け、健闘を祈りました。 その後の私は単発、2連、単発、3連、時折良型も交えながらコツコツとキスを掛け続けました。 するといつの間にか地元の名手S藤さんと宮城のトマトさんまで乱入してきて、いよいよ密集地帯が大激戦の修羅場と化しました。 S藤さんは私の隣。 滅多に近くで見られない名手の釣り方に感心し見とれながらも、自分のペース・集中力を保っておりました。 

あっという間に1時間半が過ぎたようで、終戦を告げるホイッスルが聞こえてきます。 スルスルと回収し始めるとブルッとキスのアタリ!! 超ラッキーです。最後の最後で18cmが掛ってきました。 この1匹が勝負を分ける? そんな自分勝手な妄想に浸りつつ検量所に向かうのでありました。 ここまで来れて大満足。 充実感に浸りながらS藤さんと話しながら戻る足取りは意外にも軽快でした。 結果はどうあれ、メチャクチャ楽しい時間を過ごせました。 
キス釣り最高~!!(^^)


「やるだけやったな~」そんな気分で検量したのはトーナメントに出始めて7年目で初めての感覚でした。 他の選手の釣果も気になりますが、真っ先に検量してもらいました。 クーラーを開けてプラケースを取り出すと、結構なボリュームがありました。「意外に頑張ったな~」と独り言をいいながら砂を落としてもらっていると、シマノのスタッフの方から「おお~!いいとこ行ってますよ~」の声が(^^)
「またまた、からかわないで下さいよ」と言葉を返したものの、九州のD社全国大会でボウズだったことを思い出してしまって、内心メチャ嬉しかったです!

「131番さん 810g」とアナウンスされると、「やったスな~」と検量所で見ていた秋田投魂会のメンバーから声を掛けられました。 どうやらここまでで上位に入る釣果だったようです。 でもまだ半分以上の選手が検量を終えていないので、浮かれることもなく車に戻り、淡々とタックルの片づけを始めていました。 ストック用の大型クーラーからキンキンに冷えたコーヒーを取り出し、グイグイと飲み干すと気分爽快!  ここまで集中して釣ったしベストは尽くせたから、セミファイナルに残れなくても後悔はしておりませんでした。「やるだけやったな~」と心地よい疲労感と満足感にあふれておりました。

メンバーのM隊長とモトちゃんも検量を終えて戻ってきました。 結果を聞く前にお互いの健闘を讃えてまずはガッチリと握手。 やはり2人とも多少疲れた感じでしたが、どことなく晴れ晴れとした表情です(^^) 結果を聞いたがM隊長は場所移動が上手くいかなかったようで数が出なかったみたい。 モトちゃんはあの密集の中心にいたので「いや~、疲れました~」の一言。 重量は511gとまずまずの結果でした。 3人とほかのメンバーがそれぞれに2回戦を振り返ってYYGGと話が弾みます。我が秋田投魂会結成以来、初めての盛り上がりです!! やがて不意に尿意を催してトイレに向かうと、昨夜の宴会会場付近に宮城のトマトさんの姿を発見。「お疲れ様でした!」と挨拶すると、「やったね~おめでとう!」と祝福のコメントが。  ん...?もしかして?

我慢していた尿意から解放されると、久々にブルブルと身震いしました。 何かいい予感なのでしょうか? トイレを出るとスタッフのネエちゃんの声が流れていました。「ただ今から2回戦の結果を発表しまぁ~す!」 ゾロゾロと選手が集まって来て表彰式がスタート。 まずはレディース賞、そしてベテランアングラー賞が発表され、ベテランには何と72歳の方。 たいしたもんです。 私も70歳を超えてもこうも元気でいたいな~とニコヤカな雰囲気になりました。 そしていよいよ順位の発表です。

「第1位は900gで1回戦もトップで完全優勝の松山さん!」 手取のマサさんさすが!今年になって2勝目? 確か去年のD浜中もトップだったような... 実力者がブッチぎりの優勝です。 長身でスリムでイケメン、しかも飛距離も技も抜群でウラヤマシイ限りです。 続いてネエちゃんの声。

「第2位は810gで花丸さん!」
ん? オレ? ホント? マジっすか? ヤベ~! やっちゃった! 腹を凹ませないと... うわ~コケたらどうしよう... 拍手の中、悪あがきをしながら表彰台に向かいました。 人生初の表彰台です。 マサさんのカップより一回り小さいものの、受け取ったカップはズシリと重く感じました。 こんなに人前に曝される経験がなかったので恥ずかしながらも最高にいい気分です(^^) キス釣り最高!!!

今週の日曜日は地元釜谷浜でD社SBC。 妙なプレッシャーはありますが、また前夜祭から頑張ります!!


200806221256002.jpg200806221315000.jpg最終結果と表彰台のでのニヤけた表情ですv(^^)v

東北勢ではS藤さん3位、E藤さん4位、H賀さん5位、トマトさん7位。おめでとうございます! 来年のセミも頑張りましょう!

シマノジャパンカップ東北地区予選(1)

2008年度のキス釣り予選が各地で開始していますが、東北では最初の大会「シマノ ジャパンカップ東北地区予選」に参戦することに。会場はいつもの山形県浜中海岸。昨年はダイワSBC予選で強運(悪運・珍事?)に恵まれた思い出の地ですが、私にとっては正直言ってどう攻めていいものか全くわからない海岸です。今年は果たしてどうなる事やら...

20日金曜日の23:30に3泊4日の東京研修を終えて帰宅、ヘロヘロに疲れた状態で爆睡し翌朝7:00に起床。さすがに眠いっす。でもこの日は何としても大会の下見をするつもりだったので、肥満体にムチ打ってタックルを準備。 懇意にしていただいている宮城・山形の方々との前夜祭(?)のために予約していた本物の比内地鶏の串焼き生肉も取りに行って、いざ山形県酒田市へ出発!!

片道240Kmの道のりも高速道路が整備・延長されてだいぶ楽なドライブになりました(^^) 我が秋田投魂会の有望なNEWフェース伊藤さんと現地で待ち合せていたので、眠いなどとは言っていられない状況です。 12:45になってやっと大会会場に到着、一足先に到着していた伊藤さんは既にタックルの準備も済んで臨戦態勢、ヤル気マンマンの様子。 私も急いでタックルを準備、「タックルOK」「エサOK」「ハンドルOK」、どうやら忘れ物はないようだ。 よ~し、やるど!

先週までの事前の情報では2色前後で釣れていたとか。遠投してもどんなもんなんだろうか? 最初は軽く4色投げてジックリとサビいて様子を探るが、全く生体反応なしの寂しい限り。 しかし残り1色も過ぎて力糸の結び目まで巻き取ってしまった。「やはり厳しいのかな...」と思った瞬間、突然ガガガ!っと強烈なアタリが来ました。 なんと波口にオモリが見えたところでのアタリ! 油断していたので残念ながらフッキングしなかったけど、間違いなくキスの感触でした。 次の1投は2色からゆっくりと。 するとまたしても波口でガガガッ!! 今度はちゃんと準備していたので確実にフッキングしました。 上げてみると20cmの良型ではありませんか! これは波口の勝負になるのか?しかも良型混じりとなると、手返しの遅い自分には向かない状況です(^^;;

夕方まで約1キロ以上の範囲をを広く浅く探っても状況はほとんど同じ。しかもどこでも釣れる訳でもなく、1~2mちょっとズレるとフグしか掛らない。かなり難しい。如何に早くいい場所を探し当て正確に引くかの戦いになりそうで、誰にでもチャンスがあるなと感じました。

腹が減ってきたので得意の七輪で炭火を熾し、比内地鶏の焼き鳥と焼肉の開始!! 伊藤さんと缶ビールで乾杯しながら明日への作戦を練りながら楽しいひととき(^^) やがて気分も上々になったので、宮城・山形の皆さんがやっている前夜祭会場(テント)へ焼きたての焼き鳥を持参して2次回開始! 気が付くと時計の針は大会当日を示していました。二日酔い確定っす!


200806220531000.jpg突然車が大きく揺れ、先日の地震の余震かっ?、無意識にガバッと飛び起きました。 寝ぼけ眼でよく見ると、いつの間にか秋田投魂会の後発隊、O王子が私の車をニヤニヤしながら揺すっていたのです。 時計を見るとAM3:30。 2時間半ぐらいは爆睡したようですが、意外にも二日酔いはない模様で、快適な目覚めとなりました。

車から降りると結構選手たちがタックルの準備を始めている。 トイレに向って歩き出すと、昨夜お世話になった宮城&山形の皆さんも元気に動き始めていました。 みんな溢れそうなほど気合いが入っています。 私は身震いしながら用を足して顔を洗い終わると、車に戻ってタックルの準備に入ります。 今年はヘマは絶対にしないと決めてます。 シッカリと準備万端にしていざ出陣!!


受付で封筒を引き、中に入っているゼッケンの順番でスタートを切っていくルール。 出来れば早めの順番を引きたいもんです。 気合いで「うりゃ~!」と引いて中身をそ~っと覗いてみると、ゼッケンは131番。 「...ん? 終わった?」間違いなく後方のスタートです。 当初ダッシュしていいポイントを陣取る作戦もすべてリセット、戦略の立て直しとなりました。 ちなみに我が秋田投魂会メンバーはクジ運が悪いのか、7名中6名が3ケタのスタート順。 昨年念願のセミファイナル進出を決めたエースのM隊長に至っては、最高峰(後方?)の173番。 やはり終わってる?

長い開会式と競技説明が終わり、やっとスタート時間を迎えました。 否が応でも緊張感がみなぎってきます。 1番から順番に出発し始め、ツワモノのお兄さんたちが思い思いの方向へ走りだして行く。 私は地元酒田の有力者であるSさんを注目していたら、右の方へ走り始めた。 私の狙いと同じ方向です。 まずい、あの場所を取られそうだ~(^^;;

やがて私のスタート時間になったので、Sさんの後ろ姿を探しながら走り始める。 Sさんも懸命に移動しているみたいで、行けども行けども後ろ姿は大きくならない。 やがて昨夜のアルコールが汗となって吹き出し始め、私の足取りもグダグダに... ダメだこりゃ



その後も移動し続け、当初入ろうとしたポイントへ到着。 そこには地元のSさんが... やはりここぞというポイントはシッカリと抑えられていました。 その隣にも地元の名手Ⅰさんの姿も。 周囲には思ったほど人影もなかったので、移動しながら足で稼ぐ方法に切り替えました。 既にスタート時間の6:00を回っていたので急いでタックルを準備、予定通り波口狙いの釣りに徹します!! この日の仕掛けには、「鱚介テンビン」+「特注バルサシンカー」を使用、潮に流されやすい特徴を活かし軽めの号数にしてシンカーを潮流に乗せて窪みに落とし込んでやろうという作戦に出ました。

一か所で2回流してもダメ。反応があるのはフグのみ。少し移動。 それを繰り返しながらも200mほど移動したらこの日初めてのキスのアタリ! 昨日のようにバラしはしませんよ~(^^) 寄せ波に合わせてゲットしたのは22cmの良型v(^^)v 周囲は釣れている気配もなく、Sさんも1~2投で場所を移動していた。 これはまずまずいいスタートだゾ~!!

隣に陣取った秋田投魂会のO王子と伊藤さんにもアタリが来たが、型は私のが格別にデカかった。 続いて3投で1匹ずつ20cmオーバーを掛けて、「これはイケる!」という手応えでした。 10数匹のキスをキープしたものの、やがて群れが移動したのか徐々に型が落ち始めてしまい、山形県特有の「12cm以下リリース」ルールに抵触するサイズが釣れ始めてしまった。 時計を見ると既に8:00を回っていた。最初に狙っていたポイントを見ると間隔を空けて2人しか入っていない。 残り1時間を切って、迷った挙句そのポイントへ戻って移動することに。 

到着するとそこには同じ秋田のトンボさんがいた。 これはラッキー! 情報がもらえそうです。 聞いてみると20cmの良型が1匹掛ったとのこと。 すぐさま2色へ投入しジックリと探るとガガガッと良型のアタリ! 急いで回収すると21cmのキスです(^^) いい感じ! その後は同じ場所で15cmを2匹掛けたものの、8:30を回ったので検量する本部まで戻ることに。 9:00までに戻らないと失格とのことで、後ろ髪をひかれながら撤収となりました。

1キロ以上の砂浜を移動しながら様子を見ると、凸状のポイント1ヵ所に人が集まって釣っていた。 きっとかなり釣れているんだろうな~(^^;; 負けたなこりゃ...

長いトンネルでした

265cm.jpg

今日は我が秋田投魂会の月例会。総勢7名しかいないはずなのに、親交のある八戸FC投人さんから3名、地元秋田の投げ師3名も加わっていただいて、プチ大会ムードがありました。久しぶりに晴天の日曜で、思いきり投げまくりました。

6:30から10:00までの3時間半、釣ったキスの総重量で順位を競いました。第1投は6色で良型のガツンとアタリが来た! フッキングこそしなかったものの、型狙いのポイントを絞れてアドレナリンが出まくり!ヤル気満々になりました!
2投目からは7色までオモリを投入しジックリと探ると、今度は明確な連の感じが伝わって来ました。回収すると20cmの2連バナナ... ちょっと欲張りすぎたみたいですね(^^;; そこから2連、3連と来たまでは良かったものの、その後は3投しても全くアタリなし。 どうやら群れが小さいようだ。そこで先々週にポツポツ釣れていたポイントまで500mほど移動、再度投魂注入です! 

移動しての第1投、6色半でガツンとブルッとブルブルブルッ~と来ました! リーリングはズッシリと重い。回収すると良型4匹が見事なバナナ状態! 今度はいい場所を選んだようです。 それからは2連3連が数回続き、とどめは強烈な横走り! またしてもイナダが掛ったのかと思いきや、回収すると26.5cmの見事な馬面でポッチャリなキスでしたv(^^)v

その後は単発ながらもアタリが止まず、投げては回収の繰り返し。 やがてタイムアップを迎えたので周囲の釣果を聞くと、ポツポツとキスが掛るもののイマイチ型が出ていなかったようでした。検量すると1693g。 数こそ32匹と少なかったがメタボ系キスが多かったのでトップ通過できたようです。2位は825gだったのでダブルスコアのブッチ切りだったみたいです!

これで九州のいまわしい怨念から解消され、やっと長いトンネルを抜けた気がします。 これからの地区予選にも気合を入れて出場できそうです!!

爆釣モード!?

火曜日の昼頃、我が秋田投魂会のM隊長よりご機嫌なメールが届きました。先日の日曜には雨と低気温でイマイチだったキスの群れも、2日間の好天で食いが上がったみたいです。M隊長は午前中で合計3キロオーバーを記録、しかも20cm以上の良型がゾロゾロと...

人が仕事に苦しんでる時に、こんなメールは体に毒です。いてもたっても居られなくなります。さっそくこの2日間でNEWバージョンの仕掛けを16セット、セカセカと作りました。これで私も3キロ、いや5キロオーバーを狙いたいと密かにたくらんでおります。おそらく「とらぬ狸の何とか」になるんでしょうけどね~(^^)

しかし今年の秋田の日本海はちょっと変です。例年なら真夏にならないと回ってこないイナダがサーフで掛るんです。しかもキスの仕掛けを何本もブツブツと切りながら...5月の末でこの状況なので、相当水温が高くなっているんでしょうね。でもその反面でキスが早い時期に掛ってくれるので、嬉しい部分もあります。どうせだったら4月からキスが釣れればなぁ~そしたら九州唐津の海で大撃沈などなかったのかも...(^^;;

そんな言い訳のような妄想を働かせている花丸でありました!今週の日曜は秋田投魂会の月例会、いよいよ大会本番モードです。天気も良さそうだし爆釣モードと重なって、いい気分の釣りを楽しめそうです!!

久々の連

20080525kamaya.jpgのサムネール画像のサムネール画像

今日は昨年の秋以来、半年ぶりになる地元でのキス釣り。

小雨が降り続く中、秋田投魂会のM隊長・タナ・花丸のイカレた3名組で朝から投げ続けました。ポイントに到着すると最初に投げていたタナがまずまずのキスを数本持っていたが、なかなか後が続かないとのこと。まだ群れも小さいし食いも渋かったみたいです。

私も投げ始めるとさっそく1投目からガツンと強烈なアタリがあったが、残念ながら5号の小針に乗らず...(^^;;もしかして良型キス!? それから数投してやっと地元での初キスをゲット!サイズも17cmでやや小太りなのでまずまず納得。次は同じ距離を狙ってジックリ&超スローにサビくと、独特の「ブルッ!」というキスのアタリ。追い食いを待つと少し続いてくれたようです(^^)

やがてM隊長がやって来て一緒に投げ始めると、すぐさまキスを掛ける。さすが~実力№1!!そして2~3投した後に隊長を見ると、キススペAXが大きく湾曲していました。「何だ?」と駆け寄ると波口に青い魚体が見えて横走りしている。なんとこの季節にイナダが掛ってました! イナダが居るとなるとキスが散ってしまう... でもなんで5月の秋田でイナダなんだろうか?こんなこと今までにありましぇ~ん!

その後はポツポツと型のいいキスが顔を出し、3人ともツ抜けしてホッと一息。今年もキスが始まるんだと実感した一日でした!

ダイワスーパーバトルカップ(2)

決戦!

いつの間にか眠っていたようで、携帯のアラームで目を覚ましました。時計は3:00。いよいよ決戦が始ります。朝食を済ませた選手は、ゾロゾロと会場までの送迎バスに乗り込みます。みんな気合いが入っていて、何とも言えない緊張感がみなぎっていました。やがて15分ほどして会場に到着。バスから降りると、相変わらずの強風が吹き荒れているが、横からの風だし波もそれほど高くないようで、キスはなんとか釣れそうな感じでした。思い思いにタックルを準備し、ゼッケン順に並び始める。当然先頭は高橋名人で、その後ろに私がソワソワと並んでおります。カメラ陣がバシャバシャと名人を撮影し始めたが、その直後にいる私の姿も映っているのかな~?そんなことを考えていたらスタートの時刻を迎えました。

いざスタート!しかしこの時点で、私はどのポイントへ入るかの作戦をまだ立てておりませんでした。というよりも迷ってしまい覚悟ができていなかったのです。名人がスタートし、私も移動を開始しました。ただ何となく名人の後ろに付いて歩いていたものの、後続の選手がドンドン私を抜いて行きます。まだ私は迷っていて、どうしたものか考えながらただ歩いていたのです。そのうちに前日の下見でまずまずのサイズを掛けた根掛りのあるポイントに到着し、なんとなくクーラーを置いて釣り座を構えました。他の選手は名人を追って右端のポイントへ足を進めているのが見えたものの、「まあここでいいか?アタリが無かったら移動しよう」と自分に言い聞かせて仕掛けを準備。意外にも昨日よりも早く餌付けが完了し、さっそく第一投! 仕掛けには鱚介テンビンウッドシンカー用にバルサシンカー(特注の遠投仕様)、いよいよ勝負開始です!! 

1投目は根の際にうまく入ったようで、ジックリと探りました。周囲の様子を冷静に見ながらリーリングを開始。「早くアタってくれ、頼む!」そんな祈るような気持でいっぱいでした。しかし期待も祈りも伝わらず、何の生体反応もないまま第1投目が終了。続いて2投目。沖の根の先に届いたようで、横風の中で7色と結構距離が出ていました。遠投バルサ、なかなかいいですよ~(^^) しかし今度もアタリが出ないまま探ってきて、残り2色になりました。「ん~ダメか~」とガッカリしていると、ガツンとアタリが来ました! よ~し、来たぞ~!!

ニヤニヤしながらも周囲にバレないように慎重に回収すると、波口から白い魚体が見えて来た。寄せ波に合わせて取り込むと、それはキスではなくフグ... フグの魚信をキスと間違うなんて、まだ感覚が戻っていないようだ。 針を外して優しく海へリリース。フグに優しくすればいい事がありそうな気がしていました。続いて3投目を5色へ投入し、根の手前から探ることに。しかしキスの反応は全くなく、2色でまたしてもフグが掛った。しかも3連です。どうやらフグに優しくしたので、フグの恩返しにあったようです。それから何度投げてもどこへ投げても何色投げても、掛ってくるのはフグ・フグ・フグ...フグのパラダイスじゃ~(^^;;

このままでは埒が開かないと考え、流れ込みのポイントまで移動を決意しました。途中で数人の状況を確認したものの、まだキスが釣れている気配はほとんどありませんでした。一番多く持っている人でも2匹ぐらいのようだ。しかも型はイマイチの様子。これなら良型を一発掛けたら、もしかすると逆転できるかも。そんな期待に胸をふくらませて流れ込みへ到着しました。流れ込みの向こうには、同じ東北勢のchuさんが釣り座を構えていました。ここならリラックスしてできそう。chuさんにそれとなく様子を聞いてみたら、まだキスの反応がないようだ。ここでしばらく粘るか...

その場で何投かジトーっと粘ったものの、フグ以外の反応は全くなし。やがてギャラリーにDETCHさんの姿を発見し、挨拶しながら何投か探り続けました。そして何気なく時計を見たらもう2時間も経過していました。このままでいいのだろうか?周りはもっと釣ってるんだろうか?どんな状況なんだろうか?でも釣れてる気配は感じないし、この場所はダメなんじゃないだろうか... この頃から迷いで頭の中がグシャグシャになり始めました。すでに冷静さを失っていました。ついに我慢が出来なくなって移動を決意。しかし右側は人がズラリと並んで割り込めるような雰囲気ではない。仕方なく左の方へ戻ることにしました。これが勝敗の分かれ目でした。

途中でH野さんがいたので状況をアイコンタクトすると、H野さんも全然ダメな様子。これなら一発良型をゲットすればイケるかも!?


屈辱・・・

その後も遠・中・近・斜めなど、めいっぱい探り続けたものの、キスの反応はありません。いよいよパニック状態に入りました。どうやればキスが来てくれるのか?キスはどこへいるの?お~い?神様ぁ~お願いです、何とかしてぇ~

ずっと曇っていたのが徐々に晴れ間が出るようになり、だいぶ暖かくなってきました。日差しが海を照らし始め、なんとなく海の様子に変化が出てきました。すこしずつ左端を目指して釣り座を移動して行くと、一番左端の岩場近くがギャラリーでいっぱいでした。私の後ろでずっと見守っていてくれたDETCHさんが様子を見に行ってくれました。すると向こうではキスが結構上がっているみたいでした。「そこに賭けるしかないな!」と決意し、さらに左方向へ大きく移動を開始しました。ところが状況を知った他の選手が何人も並んでいて、とても入っていけるスペースがない。仕方なく手前で投げたものの、そこは前日全く何の反応も無かった場所。どうやら私は最悪の選択をしていたようです。

そのころ周囲では日差しと共に急に活性が上がっていたようで、ポツポツと良型が上げられていました。しかし私には一向にキスが来てくれない。時計を見ると残り30分。ダメだこりゃ~、恥ずかしい~、何とか1匹掛ってよ~、誰か助けて~、どうしたらいいの~

右側を見ると、私がさっきまでいたポイントでデカいキスが掛っている。パチンコで言うなら台を替ってすぐに「ハイエナ」をされたのと同じ状態です。迷いに加えて怒りさえ覚え始め、サビくスピードもメチャクチャになり始めました。残り時間あと10分。こうなったらもうお終いです。諦めモードで破れかぶれの遠投に入りました。目一杯ブン回した距離は7色半。私にしては上出来の飛距離です。一番右端では良型が上がったらしく、ギャラリーから拍手が起きている。どうやらかなり釣れているようだ。やがてタイムアップを告げる合図が出されました。最後の1投も仕掛けが空しく上がってくる。屈辱のボウズ、撃沈の惨敗です...

私は思わず下を向き、悔し涙を我慢しておりました...


辛い表彰式

やがて全選手が戻ってきて、会場でHP用の記念撮影。私はボウズの恥ずかしさで意気消沈しておりました。きっと何とも言えない空しい表情で写っていたに違いありません。検量はバスでホテルに戻ってから行うとのことで、私は無言のままバスに乗り込みましたが、悔しさで車内でもずっと下を向いていました。ホテルに着くとゼッケン番号順に検量開始。最初は高橋名人。そ~っと覗いてみると、24cmの極太キスがゴロンと転がっていました。さらに数匹のキスの姿。さすが。 続いて「ゼッケン2番、花丸さん」と言われても、小さな消え入るような声で「ありません...」と答えるのが精一杯でした。検量場には「2番花丸さん、釣果なし」と大きくアナウンスされている。恥ずかしくて恥ずかしくて、一刻も早くその場から立ち去りたい気分でした。逃げるようにその場を去り、タックルの片づけを始めました...

そこからは3日間共に一緒に行動したchuさんH野さんT村さんに優しく声を掛けられても、言葉を発する元気もありませんでした。早く帰りたい...そんなblueな私。辛い...

やがて表彰式が開始されました。普段ならワクワクして眺める司会のおネエちゃんの姿にも、何も感じないほど落ち込んでいます。おネエちゃんの説明では順位の発表は下位から。「うわ~、いきなり最初に名前を呼ばれるのか~、辛いな~、早く終わってくれ~、帰りて~」

私の名前は4番目に呼ばれました。どうやら25名中、ボウズだったのはたった4名しかいなかったみたいです。ボウズはたった一人ではないかと思っていたので、少しは救われた気分でした。そして肝心な上位は地元九州勢のワンツーフィニッシュ。優勝は国さん、準優勝は22歳の最年少Tクン。どうやら左端で投げていた二人のようでした。3位には高橋名人。さすが! 仲間の順位では7位H野さん、8位T村さん、chuさんも11位に食い込んでいました。さすがですね。私とは実力も読みも雲泥の差です。最後に優勝者の胴上げをしましたが、輪の外側でなんとなく参加していただけの私でした。

こうして表彰式も終わり、私の辛い時間も終了。グッタリしながら帰りの準備に入るのでした。

ダイワスーパーバトルカップ(1)

嵐を呼ぶ男

5月11日、気合いみなぎる花丸は、未体験の全国大会本戦に挑みました。「ダイワスーパーバトルカップ投げ2007」、昨年10月に台風の影響で順延になった大会です。全国各地から約1500人を超える参加者の中、予選とブロック大会を勝ち抜いてきた投げ釣りの猛者が集う大会は、私にとってワクワクドキドキの未体験ゾーンでした。

前々日の9日、同じ東北・北陸ブロック大会を勝ち残ったchuさん・T村さん・H野さんと福岡空港で待ち合わせ、 再会の挨拶もそこそこにさっそく昼食と銘打って生ビールで乾杯!お互いの健闘を誓い合いました。大会の会場を目指して電車に乗り込み、YYGGと楽しい雰囲気。時折電車の窓から望める海を見るたびに気分が盛り上がっていきました。

やがて宿泊地の駅に到着し、タクシーに乗り換えて決戦の地へ。何でも大会会場はホテルの目の前に広がる「虹の松原海岸」。ホテルに到着すると、既に下見を終了したのか前年度チャンプとT名人の姿がありました。私にとっては雲の上の人。さすが全国大会。こんな私が有名な方々と一緒にいて会話に加われるだけでも嬉しい体験です。挨拶して状況を聞いてみると、何とも厳しい言葉が返ってきました。すぐさまホテルでチェックインしそこに見えたのは、冬の日本海に似た光景で強烈な向かい風で白く波立ち濁り始めた海。4人は思わず絶句「...」。果たしてこんな状況で大会が開催されるのだろうか?なぜ私が参加する大会はこんな状況になるんだろうか?

私はもしかして「嵐を呼ぶ男」なんでしょうか...


暴飲暴食

ホテルの部屋へ入ると、事前に宅配で送っていた荷物が置いてありました。ちゃんとホテル側で運んでくれていたみたい。着替えもそこそこに荷物を解き、タックルの確認と準備を始めました。余計なものまで含めてかなりのボリュームです。ひとつひとつセットしながらも、明日の下見と本番への期待と不安が心の中で交錯しています。いよいよ本番なんだな~とジンワリと来るものがありました。

やがて4人が集まってこの後の予定を話をすることに。集合場所のchuさんの部屋に行くと既に3人は打ち合わせを始めていました。遅れてしまった私はなぜか缶ビールを片手にしており、部屋に入った瞬間にブシュッ! すぐにchuさんも持ち込んだワンカップをプシュッ!残るお二人もすかさず缶ビールをブシュッ!本日2回目の乾杯が始まりました(^^;;

やがて他の地区の代表者も部屋に顔を出されましたが、さすがに飲んでいる姿をみて目が点になっていました。いろんな情報交換をしていると、時計は18:00になろうとしている。いよいよ明日の下見の打ち合わせを始めるのかと思いきや、場所を移して話し合うことに。行先はもちろん飲み屋。タクシーで唐津駅前まで行き、運転手からオススメの店に届けてもらいました。その店の名は「暴飲暴食」。まさにこの4名の行動を暗示したネーミング...。ここでは肉も魚も野菜系も揃っていたので、地元の肴をメインに注文しました。中でも佐賀と言えば呼子の活イカの姿造り。出てきた姿は透き通って綺麗なヤリイカ。ゲソはピクピクと動いている。口に運ぶと何とも言えない独特の甘さ...いつの間にか日本酒が進んだのは間違いありません(^^;;

やがて3時間を過ぎて徐々に目の焦点が合わなくなってきました。小腹も空いたところでお決まりのラーメン店へ。みんながトンコツラーメンを食べている中で、一番元気なchuさんは替玉まで注文。まさに暴飲暴食。満足してホテルへ戻るといつの間にか記憶が飛んでおりました...

明日の下見は何時からだっけ...?起きれるのだろうか...?

寒い...

前夜の暴飲暴食がありながらも、翌朝の目覚めはスッキリ爽快!誰一人として爆睡して起きてこない人はいません。さすが投げ釣り師です。さすが酔っ払いです。予定では5:30には地元の活きのいいエサをDETCHさんがお届してくれる予定です。電話を入れてみるとすぐ近くまで来られているようで、いよいよ下見モード全開になってきました。二日酔いもなんのその、元気とヤル気マンマンの4名です。やがてDETCHが愛車に乗って登場し、みんなで挨拶しながらエサを確認すると、その容器の大きさに周囲の人もビックリ!! 大きな発砲スチロールが重箱状態、さらに大型クーラーもかなり重そうで、どんだけエサが入っているのかと小さな騒ぎになりました。中を開けて見ると元気なチロリやジャリメたちがウニウニと動いている。その状態は江戸はるみも驚きのバッチグー、グーググーググーなのであります(^^)

前夜の天気予報では海の状況が悪化しそうとのこと。案の定、雨も風も前日よりも更に強くなっている。その影響で会場を変更するという情報があってその場所の話もキャッチしていました。T村さんが手際よくレンタカーを手配してくれていたので、タックルを積み込みすぐに出発!4人の日焼けした投げ師&酔っ払いが乗った「ノア」は、まるで工事現場に向かう作業車であります。やがて変更された会場に到着すると、相変わらずの強風が吹き荒れている。しかし気合いで下見を開始しました。

H野さん、chuさんは早くもキスをゲット。順調な滑り出しです。しかし私にはなかなか「ブルッ」が来ない。T村さんも少し遅れてキスをゲット。私にはまだ来ない...。そのうち根掛かりゾーンを発見したのでその周囲を探り始めると、突然ガツンと強烈なアタリがっ!!思わず無意識にアワセを入れてしまい無念のバラシ...。 寒い...。 冷たい雨とバラシのショックで寒さが身にしみて来ました(^^;;

何とも嫌な予感が走っていました。まさか本番でも...

前夜祭インタビュー

今年初めてのキス釣り、しかもそれが九州での全国大会ということだったものの、寒くてガクガクと手が震えていました。さらには久々のキス用の小針で、ジャリメもチロリも針に付けるのに一苦労...下見は十分な感覚を取り戻せないまま終了しました。

4名のガテン系オヤジを乗せたレンタカーは、ホテルへ戻ることに。ホテルに到着して部屋に戻ってすかさずシャワーで暖を取ると、生き返った気分!! すかさず缶ビールをシュパッと開けたのは言うまでもありません(^^) 受付へ行くと既に何人かの見覚えのある選手がズラリと揃っていて、挨拶しながらも一気に大会の緊張感が漂いました。

説明会を終えて18:00からは食事会。前回抽選した番号順に座席が決められており、ゼッケン№2の私はゼッケン№1の高橋名人の隣です。あの名人の隣で飯を食べられただけでなく、ビールを注いで注がれて話しができたなんて、まるで夢のような気分! やがてダイワインストラクターの石亀さんがマイクを持って、各選手をイジる恒例のインタビューを始めました。順番はもちろん№1の名人からスタート。ということは、次は私の番。ドキドキです。いったい何を聞かれるやら...

高橋名人のインタビューはアッサリと終了し、司会進行のおネエちゃんが私の名前をコール。石亀さんから発せられた言葉は、「今日は寒かったけど、秋田の人も寒かったのかな?」と答えやすい質問。これはウケを狙わないとと思い、「いや~、九州ってこんたに寒びぃどは思わねがったすなぁ~。これだば秋田の方があったけ~すなぁ~」と秋田弁で勝負!続いてコメントしようと思ったら、「ハイどうも~」と石亀さんにカットされてしまいました(^^;; せっかくの機会なのでもう少ししゃべりたかったですね~。でも少しは会場の笑いを取れたのでホッとしました!

そのうちに記念撮影などを撮ったあと前夜祭も終了、いよいよ明日の朝、7ヶ月ごしの決戦を迎えます!! 武者震いしながら部屋で缶ビールを追加したのは当然の流れでした。

SBC本番

秋田投魂会の花丸です。いつもトラブルや危機的状況に囲まれている変な投げバカです。

いよいよダイワSBCの決勝戦がやって参ります。昨年10月に台風の影響で延期となった大会ですが、前回は長崎県雲仙で今回は佐賀県唐津。半年で2回も九州釣り旅行ができるなんて、投げ釣りをしてて良かったなと思っています。ダイワさんに感謝しなくちゃ!(^^)

大会用のタックルは連休中に宅配便で現地へ送付済みなので、明日の出発は着替えと身の回り品ばかり準備すればOK。でも夜のお楽しみを考えると、「あの酒を持っていきたいな~」「でも重くて嫌だな~」「現地の飲み屋で地モノの肴が一番いいな~」など、飲む事ばかり気にしてます(^^;;

この半年でキスの姿はもちろん拝見していないし、アタリすら忘れてしまっている状態で大丈夫なんでしょうか?この時期の大会は北国のキス釣り野郎にはちょっと不利なのかもしれませんね。でもそんなこと言ってられません。いくらラッキーで進出できた大会とは言え、仮にも東北・北陸ブロックの代表なんですから...。自分の持っている引き出しをフル活用し、できる限りやれる限りのことを堂々と実行して参りたいと思います。結果は二の次。 最善を尽くしたいと思います!

もしも余裕があれば、大会での裏側を画像でご紹介したいですね。あっ、でも携帯のカメラでも大丈夫なんでしょうか?釣りなら色んなことを知ってますが、メカ系とアルコール系には滅法弱いものでして...