2018年10月10日

屋久島でタマン(ハマフエフキ)の投げ釣り

1810yakushima02.jpg

10月初旬の連休を利用して鹿児島県の屋久島に、夜の投げ釣り遠征に行ってきました。
今回は台風25号の影響で遠征といっても1泊2日の弾丸ツアーです。さらにいつもの離島遠征では宅急便で釣り道具のほとんどを事前に送っておくのですが、フェリーの欠航が4日間も続いたために、今回はタックルを最低限に厳選してすべて飛行機で持ち込みました。福岡からは小さなプロペラ機でちょうど1時間です。


1810yakushima05.jpg

まずは1年ぶりの遠征なのでレンタカーでポイントチェックに向かいます。そして小さな小さな恵比寿さまに大漁祈願と釣行安全をお願いします。途中で昨年も利用した民宿にチェックイン。さらに地元のスーパーに人間と魚のエサを仕入れに行きます。もちろんいつも遠征でお世話になっている地元の釣具店「つり具の岩川」さんにも立ち寄りました。


日没にはまだ早いのですが、今夜のポイントに到着。家族連れがサビキで歓声を上げています。以前にもお会いしたことがある島で釣りガイドをされている方がいたので挨拶をしたら、今年の屋久島の状況を教えていただきました。「台風の後で今夜あたり良いかもしれない」と言われて期待が高まります。

家族連れが帰ったところに釣り座を決めて、日没とともに夜釣りスタート。右のタマンモンスターにはアジ子の1匹掛けでタマン狙い、左のガーラモンスターには沖縄産ダツの切り身をつけて様子を見ます。しかし辺りが暗くなっても餌取りのアタリすらありません。まだ島の一部には台風のウネリが残っていると聞いたので、台風のシケ後で必ず大物が食ってくるはずと餌を替えながら打ち返します。

1810yakushima07.jpg

午後8時半を過ぎてハリスに傷が入った仕掛けを交換していると、背後のタマンモンスターから「リンリン♪♪」と鈴をハッキリと鳴らす前アタリが。穂先の動きを見つめていると次の瞬間、一気にロッドをなぎ倒すような豪快なアタリが来ました!ダッシュで駆け寄ってアワセを入れると相手はかなりのパワーとスピードで沖に向かって爆走します。ガンガン頭を振っているのでまともな魚に間違いありません。もしかしてガーラ(GT)??と思いましたが、しばらくするとスピードが弱くなり、リールを1回巻いたところで根に潜り込んでしまいました。

しかし慌てず騒がず~根がかりに強いオモリ=ROCK・T501を使っていますから、ラインを緩めてしばし待ち、必ず相手は動き出すはずと穂先の動きに集中します。

3分ほどで魚が根から出て動き始めました。巻けるだけリールを巻いて暴れる魚を押さえ込みます。途中で再び根に張り付きましたがすぐに出てきて勝負アリ。水面に浮かせて見ると良型のタマン(ハマフエフキ)。新調したチタン製のタモで1発ですくいます。
このチタンシステムさんの64チタン・四つ折りタモは軽量かつ強度も抜群でとても捌きやすいです。

1810yakushima03.jpg

メジャーを当てると自己記録タイの71cm。昨年9月に屋久島の別ポイントで釣った魚と同サイズでしたが、引きは遥かにこちらが強烈でした。今回はクーラーボックスがないので、このサイズは迷わずリリースします。しばらくお腹を上にして泳いでいましたが、すぐに元気良く暗い海に消えていきました。台風で中止も考えた今回の遠征はこの1枚で大成功です。あとは数年前に一度だけここで釣ったことがある美味しい魚・ショウブ(シブダイ)を狙います。

夕方は雲が多かったのですが、夜が更けると満天の星空が広がり、遠くの山々からヤクシカの澄んだ鳴き声が聞こえてきます。これも世界自然遺産の「屋久島遠征」ならではの醍醐味のひとつです。

もう気分的にはかなり満足なので、あとはのんびり打ち返します。日付が変わりウツボがかかったタイミングで、竿にヒットセンサーを装着して横付けしたレンタカーの車内でしばし仮眠します。

午前2時頃に右のセンサーが鳴る音で目が覚めました。何か餌取りが掛かったようです。上げてみると25cmほどのフエダイ科の魚が付いていました。
1810yakushima04.jpg

これは「良い餌」が釣れたとばかりにすぐにナイフで3枚に降ろして切り身を打ち込み、また仮眠します。3時半に起きると切り身が何者かにかじられていました。再び切り身を付けて打ち込むとすぐに大きなアタリが。しかし天気予報になかった強風による糸ふけで、アワセた時には根に潜られていました。竿にヒットセンサーをつけて出てくるまで根比べです。

1810yakushima01.jpg
やがて夜が明けて太陽が昇ってきましたが追加のアタリなし。根に入った魚もいつの間にか針が外れて逃亡していました。ひと晩だけの遠征でしたが、大自然の中で十分に楽しめました。また来年も必ず来ようと朝焼けの海を後にしました。


☆屋久島 タマン・タックル☆

ロッド:ダイワ・ガーラモンスター、タマンモンスター
リール:PENNスピンフィッシャー8500V・G-tune、シマノ・ブルズアイ9140
ライン:PE8号+ナイロンリーダー100LB(EZノッターで結束)
オモリ:ROCK・T-501 =40号
ハリス:ナイロン35号
針:管付きムツ22号、南方強者26号
餌:アジ、トビウオ、ダツ切り身

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/569

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。