2018年7月13日

2018「夢のガーラを求めて」~沖縄・宮古島遠征~

1807simoji.jpg

今年も懲りずに夢のガーラ(ロウニンアジ)のメーターオーバーを狙うべく、6月中旬に沖縄県の宮古島に遠征しました。予想では今年の梅雨明けは早いと思っていましたが、なかなか明けてくれません。さらに遠征直前には台風7号が沖縄に接近。急遽、飛行機を那覇経由便から、福岡→宮古直行便に変更して、沖縄本島を直撃する台風を飛び越えて宮古島入りしました。現地は台風のシケ後でガーラを狙うには千載一遇のチャンス。初日は前日までに47kg、27kgの2本のガーラが上がったという伊良部島の佐良浜漁港へ。夕方に伊良部大橋を渡って到着すると既に宮古島の釣り友達、宮城さんと瑞慶覧さんが待っていてくれました。早速カツオの頭を分けてもらい、ロッドはトカラファイター、リールはシーライン600H改でスタートです。降水確率80%でしたが、空には青空も一部見えています。早くも「スーパー晴れ男」パワー全開です。
1806sarahama01.jpg

しかし日が暮れて夜になってもアタリはなし。瑞慶覧さんはタマンのポイントに移動、宮城さんは息子さんの三線の試験が明日に控えているため一度帰宅されました。夜中はあまりヒットしないという話なので、ちょっとコンビニまでリフレッシュしに買い出しへ。

帰ってくると携帯が鳴りました。相手は宮城さんで開口一番「いまガーラ釣れましたよ!」。え~~!?三線の練習で帰宅したはずなのになんで?。宮古島の近場ポイントで再開して10分でヒットしたというのです。ほんとに羨まし~い。22kgの堂々とした美しい魚体です。つい3時間前までいっしょにいた友人が本命を釣ったことで気合いが入ります。

1806gara.jpg

しかし夜明けを迎えてもアタリなし。港の中では大漁旗を掲げた漁船が次々とエンジンをかけて動き出しました。今日は1年1度の漁師の祭り「海神祭=ハーリー」の日なのです。島の人たちの邪魔にならないように速攻で撤収してホテルで爆睡です。

1807hari.jpg

2日目は、昨年の遠征でもお世話になった羽地さんがご一緒してくれます。ガーラの気配がする磯で夕方からスタートです。撒き餌の調達がうまくいかずに困っていると、佐良浜の友人・新垣さんが秘蔵のカツオ等を釣り場まで届けてくださいました。感謝感謝です。しかし大きなアタリが何度かありましたが、エイだったり、サメだったり・・・。
3日目の最終日も同じで磯でチャレンジしますが、本命のアタリはなし。明るい時間帯にはガーラの魚影が確認できていただけに残念無念。

1807miyako.jpg

そして諦めきれない気持ちがくずぶること半月、気付けばまた宮古島行きの飛行機に飛び乗っていました。2回目の遠征は2連休だけなので初日は仕事が終わってから最終便で日没ぎりぎりに到着。ポイントでは再び羽地さんが休みを取って待っていてくれました。この友情には本当に感謝感激です!
前回、ちょっと遠投したほうがアタリが多かったので、スピニングのタックルで勝負することに。まずは良い餌を仕入れるため、福岡から冷凍して持参したタコの足を小さめの針に付けて打ち込みます。しばらくすると竿が大きくしなって何かかかりました。上げてみると25センチほどのクチナジです。「上等な餌」が釣れました。すぐにナイフで捌いて切り身にして打ち込みます。
1807kuchiunaji.jpg

そして辺りが明るくなってきた時間帯に、最後のクチナジの頭をつけて勝負に出ます。すると羽地さんの竿にアタリが出始めました。なかなか食い込まない竿を見ていると背後でドラグ音とセンサー音がけたたましく鳴り響きます。振り返ると僕のガーラモンスターに激震のアタリが!相手は高速で沖に突っ走っています。ついにその瞬間が来ました!ガーラか?サメか?半信半疑でロッドを持ち、アワセを入れるとズッシリとした手応え。再び沖に向かって加速し始めました。腰を低く落として全体重を後ろにかけてなんとかファーストランを止めました。するとゴンゴン激しく頭を振って抵抗しています。これは本命ガーラでは?考える間もなくセカンドランが襲ってきてドラグを滑らしてラインが出ていきます。これ以上は走らせたくないとスプールに手をかけた瞬間、まさかのラインブレイク~。
1807garahit.jpg
回収するとハリス40号が切れていました。断面がJ字形をしていたのでサメではなくガーラだった可能性大です。
焦って止めようとした自分の完全なミスです。PENNスピンフィッシャーの高性能ドラグを信じるべきでした。まだまだ修行が足りません。

2日目も同じ磯でやりましたが、エイとサメだけで朝を迎えてしまいました。
しかし2回に渡る遠征で、数年ぶりに本命と思われる魚をヒットさせることができた上、友人の釣果を見て、さらに夢のガーラにまた一歩近づけた気がします。
必ずまたまた戻ってくることを誓って島を後にしました。


☆宮古島・伊良部島 ガーラ・タックル☆
ロッド:ダイワ・ガーラモンスター、オリムピック・トカラファイターⅡ
リール:PENNスピンフィッシャー8500V・G-tune、ダイワ・シーライン600H改
ライン:PE8号+ナイロンリーダー100LB(EZノッターで結束)、ナイロン30号
オモリ:ROCK・T-501 =40号
ハリス:ナイロン35,40号
針:南方強者26号、管付きムツ22号

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/568

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。