2017年10月16日

長崎県北部で秋の落ちコロダイ

1710nagasaki.jpg

 
 10月初旬に長崎県北部のポイントに秋の落ちコロダイを狙って夜の投げ釣りに行ってきました。今回はいつものスピニングリールのタックルに加えて、改造石鯛竿と両軸リール=PENNジグマスター505HSの組み合わせを投入。先月、屋久島遠征でご一緒した「じゃこびっち博士」に見習って、『両軸リールで初コロ☆』を狙います。

 ポイントには日没に到着。エギングの若者2人がいますが、数時間で移動するはずなので、ひと声かけてから邪魔にならないようにちょっと下がってセッティング。満潮まで4時間近くあるので、とりあえず準備が出来たスピニングタックルにだけ餌をつけて第1投。餌取りらしき魚信が竿先を揺らすだけで本命の反応はなし。やがて若者2人が移動するというので、本命ポイントへ釣り座をプチ移動。リサーチがてら投げていたスピニングタックルを回収しようとタマンモンスターをあおると予想外の手応え!?いきなり沖に向かって相手が突進を始めました。あわててドラグを再調整してじっくりやりとりします。この距離、方向には大きな根はないはずなので、じっくりとやりとりして沖で弱らせます。前半は重いだけで頭を振るような動きがないので「でかいアカエイか?」と思いましたが、念のため慎重に距離を詰めていきます。正面にうまく誘導したところでゴンゴンゴン♪と竿先を叩き始めました。もしかして?と思いさらに慎重に浮かせてみたら銀色の巨体が浮上してきました。新調したタモの柄を伸ばして無事に本命をランディング。

1710koro77.jpg


予想以上のサイズに驚きながらメジャーを当てたらコロダイの自己最高記録77センチに並ぶ堂々としたサイズです。先月の屋久島で良型タマンをゲットしたこのタマンモンスターはやはり「当たり竿」のようです。満潮前の1投目から本命がヒットして出足好調。あとは今回の新兵器・両軸リールのタックルでもう1枚を狙います。

その後、満潮を過ぎて下げ潮が流れ出し再びチャンスタイム到来。スピニングの仕掛けを交換していると背後から「バリバリバリ~♪」というジグマスターのクリッカーを鳴らす豪快なアタリが!。振り返ると穂先を15センチほど詰めた石鯛竿が海面に突き刺さろうとしています。すぐに飛びついてクラッチをON!アワセたら強烈に竿をゴンゴン締め込む本命の引き。当たりを待つ間は先調子の竿ですが、予想通り魚が掛かれば綺麗に胴に乗って良い感じです。スピニングタックルとは違った手応えを楽しみながら、時折ドラグを滑らす良型の引きを満月にしなった石鯛竿で受け止めます。

1710koro60.jpg

いつもより時間をかけてゆっくり浮かせてタモ入れしたのは長崎アベレージサイズの約60センチ。これで今回の目標達成で100点満点です☆
写真を撮り終わってもバタバタ暴れて元気いっぱいのコロダイを優しくリリース。夜の海にゆっくり消えていきました。


☆長崎・コロダイタックル☆
ロッド:ダイワ・タマンモンスター、カーボウィスカーPM速攻石鯛Ⅲ-525T改
リール:シマノ・ブルズアイ9100、PENNジグマスター505HS
ライン:PE3号+ナイロンリーダー30lb=※EZノッターを使ってFGノットで結束、ナイロン7号
オモリ:ROCK・T-501=40号
ハリス:フロロ10号
針:丸セイゴ20号、サーフ真鯛M
餌:岩虫

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/567

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。