2017年8月 1日

長崎県西海市のコロダイ投げ釣り

 
w1707nagasaki.jpg

 7月下旬、毎年この時期に釣行している長崎県西海市のポイントにコロダイを狙いに行ってきました。この場所のジアイは過去のデータから満潮から下げ潮3時間。当日の満潮は午前0時過ぎなので、日没前にのんびりとセッティング。すぐに第1投!といきたいところですが、まずはいったん車に戻ってエアコンが効いた車内で熱中症対策を兼ねてジアイまで休憩です。

 午後10時を回ったところでぼちぼちスタートします。餌の岩虫を温存しながらスローペースで打ち返します。餌取りがいますが、針には半分は餌が残ってきます。今年は海水温が非常に高く28℃もあります。例年なら満潮前にはヘダイが元気よく当たってくるのですが、それらしいアタリもなし。やはり高水温の影響なのか?ちょっと雲行きが怪しくなってきました。夕方から吹いていた北風もだんだん弱くなってきて蒸し暑さがパワーアップ。うちわを仰ぎながら満潮を迎えました。
 いよいよジアイ到来!と気合いを入れ直して、餌箱から大きめの餌を選んで投入します。

しかし下げ潮が動き出してもウミヘビのアタリのみ。今夜はダメかな~と思い始めた頃、時計を見ると下げに入って1時間。来るなら今しかないというタイミングで、左のガーラモンスターの穂先を叩くアタリが!。なかなか走らないのでちょっと裏技を使うと相手が動き出しました。緩めていたドラグが鳴り出したところで、十分に送り込んでからアワセるとそこそこの重量感。しかし沖縄最強仕様ロッドの相手ではありません。難なく手前まで寄せてきてライトを点けるとギラリと光る本命の姿が。

1707koro52jpg.jpg

今年初物なのでタモ入れして引き上げるとコロダイ52センチ。元気いっぱいに跳ねている魚を素早く写真に撮ってリリース。これだけで汗が噴き出してきました。仕掛けを作り直そうと背を向けた瞬間に右のタマンモンスターからリールのドラグ音が。連続ヒットにも冷静に竿を持ち、タイミングを見計らってアワセると先ほどよりも明らかに強い引き。サイズアップを確信しながら寄せてくるとタモの中でも元気にジャンプして飛び出しそうです。

1707koro59.jpg

メジャーを当てると約60センチの長崎アベレージサイズ。綺麗な魚体を見てもう満足です。素早くリリースすると目にも止まらぬ速さで沖へ一直線で消えていきました。
北風が完全に止まった状態での連続ヒットで熱中症の危険が。このサイズなら群れで回遊しているので、すぐに打ち返せばもう1枚=ハットトリック達成も十分に狙えるところでしたが、体調を優先して車に戻ってエアコンをガンガンかけて火照った体を冷却します。そのまま睡魔が襲ってきたので、しばし仮眠して目覚めたら夜明けでしたf(^^;)。
気温が下がった爽やかな朝を迎えて納竿しました。


☆長崎・コロダイタックル☆
ロッド:ダイワ・ガーラモンスター、タマンモンスター
リール:シマノ・ブルズアイ9100
ライン:PE3号+ナイロンリーダー30lb=※EZノッターを使ってFGノットで結束
オモリ:ROCK・T-501=40号
ハリス:フロロ10号
針:丸セイゴ20号
餌:岩虫


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/565

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。