2014年10月29日

念願の屋久島遠征=後編=

1410sakanaya.jpgのサムネール画像
2日目はまずは・・・地元の魚屋さんへ。店内にはカラフルな魚が並んでいます。九州本土では見かけない魚種や沖縄で見たことある魚などなど。中には長崎で狙っているコロダイの仲間の姿も。目的の餌用の魚・ヤマトビー(ヨスジフエダイ)を買うとご主人が丁寧にウロコを取ってくれました。今夜はこれを切り身にして打ち込みます。


1410yaku02.jpg昨夜と同じポイントで日没前からスタート。今夜は昨夜のような強風はないのですが、外洋からのウネリが入って来て条件がちょっと厳しい感じ。しかし昨夜と違い隣に島人がいるので安心です。色々とお話をうかがいながら「屋久島流」の釣り方を勉強します。これもまた離島遠征の楽しみですね。途中で本命らしき大きなアタリが2回ありましたが、スッポ抜けや根に立てこもりで取れず。最後のアタリはかなりの重量級でしたが、根から浮かしたところでナイロンハリス30号が飛びました(хх)。来季はワイヤーハリスでリベンジしようと誓い、半夜で終了。しかし島人から情報収集できてかなり収穫アリでした。
宿への帰り道には・・・可愛いヤクシカの親子に遭遇しました(*^3^)/~☆


3日目は午後の飛行機で帰るので、午前中に宿をチェックアウトしてポイントリサーチへ。来年は竿を出してみたい場所、シケの時の避難ポイント等がいくつか見つかりました。午後3時前の福岡直行便に乗り込み、お土産として昨夜は民宿の冷蔵庫で保冷しておいた「フエダイちゃん♪」もいっしょに空輸ww。
1410bonbaru.jpg

帰宅してさっそく捌いてお刺身にすると・・・まるで・・・
「大トロかよっ!?」というような脂が乗っていて、口の中でとろけるうまさ!!!
間違いなく僕的には『タイ系史上最高の旨さ☆☆☆』でした。また来年必ず屋久島遠征に行こうと思います(*^ ^* )V

1410sasimi02.jpg

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/555

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。