2013年8月29日

長崎で今季初コロダイ

1308nagasaki.jpg

 8月前半に長崎方面へコロダイを狙って夜の投げ釣りに行ってきました。(仕事が忙しくでなかなかUPできませんでした。すみませんm(_ _)m)
今年は猛暑の影響で海水温が異常に高く、例年の実績場がどこも不調なので、思い切って新規ポイントを開拓すべくチャレンジです。仕事が終わってから速攻で準備して日没ぎりぎりで現地に到着。前回の釣行時の帰り道に下見しておいたので、暗くなっても攻撃ポイントには目星をつけてあるので心配ありません。
 午後7時半に2本の竿の準備が完了し、このポイントの一番のジアイと読んだ満潮からの下げ潮に向かって第1投!といきたいところでしたが、、、、急に夜空がピカピカし始め、ゴロゴロバリバリ~と雷鳴まで(-"- )。。。

 安全第一が僕の釣りのモットーなので、しばし車まで戻って車内待避を兼ねて休憩タイムです(まだ1投もしてないのに~(T_T)。仕事の疲れもたまっていたので、ちょうどいいやと割り切って、晩飯の弁当を食べながらラジオをつけます。なぜCDじゃなくてラジオなのかというと、近くで落雷があるとラジオの音声に「バリ!」とノイズが入るので、雷雲の強弱のひとつの目安になるからなんです。午後10時を過ぎるとラジオのノイズもほとんどなくなり、念のためスマホで雨雲レーダーをチェックすると、雷雲はほとんど東へ抜けてくれたようです。


 釣り座に戻って待ちに待った第1投!。しかし僕好みの激流ポイントをチョイスしたため、下げ潮が速く苦戦を強いられます。こんな時は「海峡ROCK」ことROCK・T-501の出番です。潮の流れを見極めて、根ガカリを恐れずにここぞというポイントを果敢に攻めていきます。しかし外道のクロアナゴがたびたび食い付いて来て、「そのまま根に立てこもり事件」が続発~(хх) 。こうなったら干潮の潮止まりからの上げ始め1発勝負!に賭ける作戦に変更。

 日付けが替わって待望の干潮を迎え潮が止まったところで、温存してきた太めのホンムシを投入!すると右の竿先をコンコンコン!と叩くハッキリとしたアタリがーw(°o°)w。続けてリールのドラグを短く鳴らしますが一気には走りません。そこで「裏技☆」を使って食い込ませてアワセると、ガッチリと竿に乗りました!根に潜られないようにリールをゴリ巻きしますが、チヌかな?という中途半端な引き。ところが足元に来ると一気に底に向かって強烈な締め込みが(@_@;)。しかし沖縄GT狙い用に今季導入したニューロッドのバッドパワーでいなしてドラグを1mmも出さずに抑え込み、一気に浮かせました。ヘッドライトに浮かび上がったのは目がキラリと光る本命コロダイ。慎重にタモ入れして引き上げると60径のタモ枠にちょっと足りない59cm。


1308koro59b.jpg


 本格的な上げ潮が流れ出すと再び激流に。ここで小さめにチヌを追加。その後は夜明け前に良い感じの潮が流れましたが、アタリなし。
しかし狙い通りに今季初コロがゲットできて大満足の釣行となりました。

☆長崎コロダイ・タックル

 ロッド: ノリックスGTRⅡ EVOーV MG-K 40-480
 リール: シマノ・ブルズアイXT遠投
 ライン: PE3号+ナイロンリーダー8号(※EZノッターで結束)
 オモリ: ROCK・T-501=35号
 ハリス: ナイロン12号
   針:  丸セイゴ20号
   餌: ホンムシ


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/543

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。