2013年1月16日

DANGOでタイラバ満喫、ついでにラバー・スカート比較

年末年始と悪天候で、なかなか福山さんと海笑丸でご一緒できずに恐縮しています。

1月13日大潮、ビシヨマを使う友人と、呼子の人気船・勇勝丸でマダイ釣りに行ってきました。私はDANGOタイラバ、友人はビシヨマで、船上もビシヨマ・竿釣り同船です。熱心なお客さんが多く、集合時間の1時間前には船から電話、「もうみんな来ています」。あわててかけつけ、5時前に出航しました。ポイント到着が6時45分、まだ周囲は真っ暗でまさに朝マズメ、、早速DANGOを落とすと、底から数メートルですぐにあたり、夜明け30分で3枚も上がりました。この時間帯は船上もあちこちで大鯛が上がっていました。

ビシヨマのリーダーは太いのであまりタモを使わないようですが、こちらはタイラバ・ショックリーダー2.5号、はじめはなかなかタモが来ないので一度は水面で大鯛がはねてリーダーが切れ、逃がしてしまいました。あの鯛が一番大きかった・・・。その後も10時台の潮どまりまでポツリ、ポツリと釣れつづけました。潮どまりが近づき当たりが減ってきたところで、根魚狙いでDANGOにエビをつけて落としたところ、40㎝オーバーのアマダイゲット。この狙いはズバリ当たりました。

2013-01-13 09.37.30.JPG

今回は「DANGOとセブンスライドのラバー・スカート比較」も目的にしていましたので、当たりがコンスタントにあるこの日は絶好のテスト日でした。スカート・ラバーがセブンスライドより少な目でシンプルなオリジナルのDANGOと、DANGOのカブラにすこし派手なセブンスライドのラバー・スカートをつけて、当たりがどう変わるかを試してみました。

10枚以上のマダイやレンコがアタった中で、活性が高いときにスカート・ラバーを目立ちやすくすると底をとったときに先にレンコに喰われてしまう印象でした。活性が高いときはラバーがシンプルなDANGOの方が底にいるレンコダイ・根魚をうまく避けて、やや上にいるマダイを誘いやすく、喰いが落ちてきたときはカブラはDANGOで同じでも、目立ちやすいセブンスライドのラバーのほうがマダイにアピールしやすい印象でした。

マダイを狙うなら、他の魚に邪魔されないようにラバー・スカートの目立ち方を活性に応じてすこし変化をつけたほうが良いようです。具体的にはオリジナルDANGOで喰いが渋いときは、ラバー・スカートをセブンスライドのものにに変えてみるのもいいのかもしれません。それからDANGOに餌をつけると、根魚が喰いはじめますので、逆にマダイは釣れなくなるのは間違いないようです。

小さいマダイたちはリリースして、最終釣果は6枚の手ごろなマダイと、3枚のレンコ、1枚のアマダイを持って帰りました。同船したビシヨマ使いの友人に言わしめた「タイラバ恐るべし」はDANGOへの賞賛としておきましょう。

 

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/520

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。