2012年10月29日

DANGOでタイラバ

 10月27日姪浜なら丸で壱岐沖にタイラバ釣行しました。いつも私はカブラはDANGOだけです。朝のうちは風も弱く水深40-50mなので56gで楽々底が取れ、最初にヒラメをゲット。その後も型は小さいものの順調にマダイ・アコウ・アオナ・アラカブなどがあがりました。

121027-1.jpg口ではなく、口元にかかっていました。

121027-3.jpgこんどは口にしっかりとかかっていました。

121027-2.jpg小型のアコウさん

 昼から風雨が強くなりドテラ流しで真横の横曳き状態で、56gでは底がとれず75gに変えてやっと底が取れました。ぽつぽつと釣れてのんびり楽しめてしましたが、だんだん浪も大きくなりましたのでいつもより早めに帰港。小さいマダイはリリースしながら、DANGOで丸1日楽しんできました。

121027-4.jpg今週はマダイばかりの食卓になりそうです。右下、船長の手

 幸いカナトフグはほとんど出現せず、今回はカブラを失うことなく帰ってきました。いまから寒くなりますのでマダイも深場に移動していくのでしょう。もうすこし青物がかかるようになるともっと楽しいのですが、次回に期待しましょう。
 一旦帰って魚を処理したのち、なんと海外からなら丸に乗りに来られた同船者さん、なら丸船長と姪浜漁港近くの「居酒屋みわちゃん」に集合して釣果を肴に一杯。楽しい話をたくさん聞けました。

121027-5.jpg

船長がもっていたドクロの浮動式カブラ、残念ながら釣れなかったようです。こんなカブラどこで売っているのか

 翌日は久しぶりにリール・ロッドのメインテナンス。PEラインを巻きなおして一通り拭くと結構汚れています。ライン・ロッドにはボナンザスプレーかけて、リールもグリース・オイルをいれてすっきり。使って塗装がはがれたDANGOはキャンディカラースプレー・ルージュで塗って、ウレタン塗装で補強です。舵付錘ですので底にあたる部分は一定のようで、いつも同じところの塗装がはがれます。道具の手入れも楽しいものです。

121027-6.jpg

DANGO補修中:キャンディカラールージュを塗って、ウレタン塗装で補強です。板にネジ2本の自作補修台。

 

姪浜漁港 なら丸
ダイワ 2020H PE1号+フロロ2.5号
DANGO 56g、75g

姪浜 居酒屋みわちゃん 092-892-6880

DANGO補修
キャンディーカラースプレー・ルージュ
ウレタンコートMJ+

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/514

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。