2012年6月 6日

男チャーマス 北村秀行氏と一緒に3日間玄界灘へ

5月23~25日の3日間北村秀行氏が博多に来ていただき一緒に玄界灘の

ジギングとキャスティングを楽しみました。なんと東京から車で来てくれるとは!

120523kitamura.JPG

北村氏はPENN BATTLE G-Tuneを気に入ってくれてます。

船は「海笑丸」3日間とも対馬や七里ケ曽根に福岡の奈多から通い

片道3時間ですが、3日間とも波がなくて快適な船旅でした。

さて、そのときの北村秀行氏の動画をご覧下さい。

http://www.youtube.com/watch?v=hnavrLY0lSs

北村さんってなんて絵になる人なんでしょうね。

絵になるといえばこのミヨシに立つ姿が似合うのが不思議なくらい絵になります。

120523kitamura1.JPG

のぞきたくなるチャーマスの道具箱。 全てのタックルを常に大事に扱っておられます。

120523box.JPG

対馬南端の豆酸沖合。天気は良かったですが、思ったより渋かった今日の釣果。

120523chouka.JPG

戻って魚料理が得意な居酒屋に魚を持ち込み、北村さん、Gear-Labスタッフ

JUNさん、橋本さん、福山の4人で盛り上がりすぎ明日の釣行がちょっと心配。(汗)

2日目 

やっぱり七里ケ曽根に行ってみようということで期待しましたが、かなり渋い釣果でした。

Gear-Labスタッフの橋本さん。見事な竿さばきで釣ります。

120524hashimoto.JPG

3日目 やっぱり対馬が良かったとのことで豆酢沖へ向かいます。

途中マグロのナブラが立ちますがキャストしてもヒットせず。

波、風・・・全くなくて、べた凪です。平和な雰囲気の中の釣りでした。

120525hune.JPG

でもしっかり釣れてます。

ジギング初心者の小川さん。

PENN BATTLEの高性能なドラグを楽しみながらナント今日の竿頭!

120525ogawa.JPG

私もとりあえず8kgのブリ。(8kg以上をブリということでギリギリ)

120525fukuyama.JPG

さすが北村さん。ヒラマサヒット!

120525kitamura.JPG

で3時納竿。毎回ですが、帰りの3時間半はトモで北村氏との話に

盛り上がってしまいます。 釣りの話しは当然ですが、海外釣行の話し、

多岐にわたる体験談と博学な話しは男としてシビレます。

釣り業界の中では間違いなくダントツのトップクラスでしょう。

3日目の釣果です。

120525chouka.JPG

釣行後、皆さんに慕われながら車で東京へ帰られました。パワフルな方です!

今回は、私にとって意味の深い釣りでした。

私が見たチャーマスの人物像ですが、表現すると

「豪放磊落でいて愛があり繊細」

冒険者、男、愛、礼節、痛快、博学、笑い、情熱

真剣な顔と笑顔のギャップがカッコいい。

釣りは愛だ。

ソルトウォーターゲームのパイオニア北村秀行氏は時に厳しく、

時に優しく熱いメッセージをくれます。

そこには妥協せずに走り続けてきた男だけが語れる真理があります。

釣りって素晴らしいなとしみじみ思いました。

北村さん。本当にありがとうございます。 感謝感謝です。

 

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/497

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。