2012年5月 9日

GW沖縄・宮古島遠征~タマンの投げ釣り

 

miyako01.jpg5月5~7日の日程で沖縄県・宮古島へタマン(ハマフエフキ)を狙って遠征に行ってきました。

事前情報では今年は2,3月が寒かったため、まだタマンはほとんど上がっていないとのこと。

そこで1日目は昨年7月に50センチを釣った相性の良い島南部のポイントへ。19時すぎの日没と満潮が重なる潮回りなので、午後5時の明るいうちから釣り開始。釣り座の沖には潮目が走っていて、小魚が時々跳ねてて良い雰囲気です。

サンゴが点在する潮の速い遠浅の海なので、オモリはROCK・T501の40号をチョイス。潮の速さに合わせてアンカーフックを外したり、付けたりと状況によって2通りの使い方が出来るのも、このオモリの利点です。

完全に辺りが暗くなった午後8時前、左の竿がロケット発射!尻手ロープがパーンと張って豪快なアタリです。すかさず竿に飛び付こうとしたら、すぐに竿が元通りに・・・。仕掛けを上げて見ると餌のたらしの部分だけがかじられています。魚は乗りませんでしたが、早速アタリがあったので気を取り直して再投入。するとまた左の竿に大きなアタリが!!。しかしまた掛かりません。。。このパターンを数回繰り返すうちに潮が引いて水深が浅くなったので、車に戻ってしばし仮眠&休憩です。どうやら22号の針では掛からない小物が回遊しているようです。そういえば昼間に島のスーパーに買い出しに行ったら、30センチ未満のチビタマンが鮮魚コーナーに並んでいたのを思い出しました。

午前3時に起きて釣り再開。日の出前の3時間の上げ潮が勝負です。今度はちょっとセッティングを変えて、リールのドラグを緩めにセットしてみます。きっと大物も回遊してくるはずと信じて打ち返すと、またまた大きなアタリでドラグがジージー鳴りました。しかし今度は緩め過ぎたようですっぽ抜け。。。そこでドラグを再調整し、三脚の高さをちょっと下げて竿の角度を微調整してみます。

すると右の竿が豪快にロケット発射!ドラグを滑らせながら三脚の上で竿がシーソー状態です。すかさずアワセを入れると今度こそはガッチリとフッキング。やっとまともなサイズが当たったようです。遠浅の珊瑚礁の海でガンガン暴れる魚の引きは、PEラインを使っているとスリル満点です。しかしハードなタックルとEZノッターで結んだFGノットであれば安心してやり取りできます。しばらくすると大人しくなった魚が寄ってきました。足下でライトを点けると本命のタマン。それほど大きくないので、針がきちんと掛かっているのを確認して一気にゴボウ抜きです。

 

taman47.jpg 

 メジャーを当てると昨年夏のサイズよりちょっと小さい47センチ。素早くデジカメで撮影し、針を外してリリースしました。遠浅のポイントだけに魚の浮き袋が膨れることもないので、元気いっぱいで透き通った海をスイスイ泳いで帰っていきました。とりあえず1枚釣れてほっとしました。

その後、夜明け前にGT?と思われる大きな魚が、釣り座の前を横切りましたが、アタリはありませんでした。

ホテルに帰る前に新規ポイントの下見に、宮古島と橋でつながっている来間島へ。カーナビにも道が表示されない"知る人ぞ知る秘密のビーチ"を目指します。途中で何度か迷いながらもようやく到着。

 

  kurima.jpg 

 そこはエメラルドグリーンの海と真っ白な砂浜が広がる絶景でした。少し荒れた日には大物も釣れるらしいので、いつか夜釣りをしてみたいところです。

その後、ホテルに戻って遅い朝食を食べてひたすら爆睡です。。。。

2日目はとりあえず昨夜のポイントに行ってみると、地元の釣り人がタッチの差で竿を出していました。せっかくなので釣り談義をしながら情報交換。やはりここで数年前にメーターオーバーのGTを仕留めたとのこと。僕もいつの日か、投げ釣りでGTを捕るのが夢なのです。

日没が迫ってきたので昨年5月の初遠征で竿を出した岸壁でやることに。

 

  nisi.jpg 

日没とともに釣りを開始しますが、餌取りの小さいアタリのみ。そこでのんびりゴーヤー弁当を食べていたら・・・竿先をガンガン揺らすアタリが!アワセるとかなりの重量感ですが、あんまり引きません。上がってきたのは、トラフグ級の大きなイシガキフグ。写真を撮ろうと抜きげようとしたら、ペンチのような鋭い歯でハリス30号を瞬殺です。こいつがいるのでは期待できそうにありません。その後、潮が止まってしまったので、予定通り半夜で終了しました。

終わってみればシーズン序盤の割にはアタリも多く、本命タマンも1枚釣れて、美しい海に癒された楽しい遠征となりました。また夏休みに来ようと思います。 

☆宮古島タマン・タックル☆

ロッド:シマノ・プロサーフPF425BX

リール:シマノ・ブルズアイXT遠投9140

ライン:PE6号+ナイロンリーダー20号(EZノッターでFGノット結束)

オモリ:ROCK・T-501 40号(捨て錘仕掛け・捨て糸8号)

ハリス:ナイロン30号

針:極太タマン22号

餌:タコ、地魚切り身

 

コメント

久しぶりに覗くとブログUPされていました(^^
宮古島遠征、お疲れ様でした・・・

かなりアタリも多く楽しめたご様子で何よりでした。
しかし綺麗なサーフですね~エメラルド素敵です!
しかしこんなリーフ捕るのはスリルとサスペンスですね(汗)
夏休みのGT期待しております・・・

ラパンさん

ありがとうございます!
宮古島は何度行っても、美しい海に癒される釣り人の楽園ですね。
夏休みはタマンのサイズアップと、”夢のGTメーターオーバー”を狙いますよー(^o^)/

宮古島遠征お疲れ様でした。

エメラルドグリーンの美しい海に向かって
思いっきり投げて、タマンやGTを狙うとは羨ましい限りです。
しかも一晩にアタリが頻発するとはすごいですね。

そのうちドデカイのを一発ぶり上げてください。

僕も生涯に一度はそんな釣り場で挑戦してみたいです。

ヨシさん
レス遅くなってすみません・・・。
毎日、沖縄で激務で死にそうですよ。。。
ヨシさんも一度は宮古島で釣りしてみてください!
釣りの人生観が変わりますよ~。

ぐるくんさん
いつもありがとうございます!

綺麗な写真はGear-Labの壁紙にアップさせていただきました。(^。^)
http://www.gear-lab.com/shp/kabegami/

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。