2011年10月31日

ベイトフックで太刀魚パターン

親父と二人で淡路沖に行ってきました。

雨と風で大荒れの中淡路沖に行ってきました。

最近よく釣れている太刀魚パターンでのジギング。

私の苦手な太刀魚パターン・・・

狙うはメジロ サワラ!!

ポイントに到着して数投目 

ガガッっとしたアタリがありアワセをいれた瞬間 スカッ!

サワラにジグ取られました・・・

そして更に数投目 フォールでアタリ。

大きくアワセを入れてリールを巻いた瞬間、スカっ!

またサワラにジグを取られる

ジグ高いのに(つд⊂)

そして親父にヒット!

穂先が海面に刺さりがんがんロッドがしなっている。

こりゃでかいんちゃうの!?

電動ジギングの為、リールの水深を見ると60mとなっている。

ぬ?水深25mなんですけど・・・

ちょっとドラグゆるすぎちゃうの?

その場で少し強めの設定をしあがってきたのは・・・・

DSC06662.JPG

メジロ83cm

ええなー

私も俄然やる気になりしゃくっていると・・・

3度目のサワラの襲来。

そうこうしているうちにジアイ終了となる。

やっぱ太刀魚パターンは嫌いじゃ!

 

その後鯛狙いに行くもチャリコ数匹で終了となりました。

 

 

 

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/468

コメント

サワラは、私も玄界灘で散々に泣かされてます。
あっさりと太いリーダーが切れるあの感触は、あきらめ以前の
話しですね。
時折、アシストフック250LBの太いものさえ切られることがあります。

ん?!

サワラ対策として切れない、そしてワイヤーのように見えるのではなく
見えないリーダーを開発したら面白いでしょうね。
切断に強い透明プラスチック樹脂をあたったらいけるのかもしれません。
どなたか情報お持ちの方、御教授宜しくお願い申しあげます。

見えなくて切れないそれでいてある程度の伸びがあれば理想なリーダーですよね
是非開発してください!

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。