2011年10月 2日

秋のトカラ列島

110924hune.jpg

8月下旬に行こうと決めたトカラ列島でしたが、度重なる台風で欠航が続き、9月24日にやっと行って参りました。

いきつけの民宿のおじちゃんおばちゃんに「やっと会えたのね」という雰囲気で挨拶して、同行した同級生の森君と軽トラに荷物を積み込んで島をかっ飛ばしました。

時間を忘れさせてくれる海流の中の島々。。。。。という表現がピッタリの島です。

110924ushi.jpg

この小さい島には牧場があって子牛が可愛いのなんのって。

「も~っ」という声がのどかな空気を増長させてくれます。

 

さて釣りですが、・・・・・・・・・・なんと当日は島の運動会。

人口約50人の島では大イベントです。

民宿のおじちゃんに船を予約していたのですが、そりゃあ~、釣りより運動会が大事やろ。

という感じで船釣りは正味2時間弱。・・・・・根魚3匹。

常連になったからかもしれませんが、不満な気持ちは一切なくて、これが第三の故郷トカラなんやと感慨にふけってました。

で・・・・・どうしても釣りがしたいので防波堤で友人の森君と釣り。

ヤツと一緒にGear-Labらしい怪しい釣具を今作っているところです。

110924mori.jpg

魚影は濃いのですが、お互いにノーヒット。

夜も10時くらいまで竿を振ったのですが、なぜかヒットせず。

トカラらしい魚の写真が今回はありません。

ということでEZノッターのページの写真で度肝を抜かせてくれた友人の濱崎敬貴。防波堤でGT(ロウニンアジ)の世界記録を樹立した島なので民宿の食堂に貼っている魚拓で記念撮影。

110924gyotaku.jpg

でっかいでしょう? 私も少し大きいのでちょっと演出失敗です。

今回、魚の写真はこれだけです。(泣)

で帰りは海が荒れて約12時間のフェリー航海。

 

それでもトカラは素晴らしい。

釣りをしなくてもトカラの空気を一度吸ってしまうともうやめられないです。

また近いうちにトカラの海風にあたりに行こうと思いながら帰路についたという秋のトカラ、プチ旅でした。

 

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/457

コメント

堤防からこんな怪しい大男が…、いや、超デカいGTが釣れるんすか!

噂には聞いてましたがトカラって凄んごいトコロっすね(^^)


北国の標高の高い山では、今朝ほど初冠雪を観測したそうです。
朝の気温も10℃を下回ってきて間もなく冬が来るんだなと感じてます。

そんなタイミングでムチムチしたDETCHさんのTシャツ姿を見たら、全身にサブイボが…お元気そうっすね(^^)

いつも常夏、季節感のないDETCHです。

花丸さん
南国トカラ列島は、是非ご一緒しましょう。

今回は何故か全く釣れませんでしたが、普段はいろんな魚がいるところです。年中、キハダマグロが狙えますし、GTも狙えます。
釣りで一番いいのは4~7月のようです。

街灯は0。もちろん信号機は0。お店は0。交番も0。ナンバーの無い車も。 でもヤギが普通にいます。 道を歩いていると「お兄ちゃん、飲んでく?」と声をかけられます。
船が着くときは全島民が港に現れます。そこで出会いと別れがいつもの光景としてあります。
ここに2週間住むとたぶん社会復帰が難しくなりそうです。

天国に一番近い海流の中の島々。

突然申し訳ございません

テレビ朝日の高見と申しまして、ロウニンアジの写真を探しております。

検索していたら、そちらのブログでGTと横たわっている写真を発見したので

ご連絡してしまいました。

ご協力していただけるのであれば写真をお借り出来ないでしょうか?

よろしくお願いいたします。

テレビ朝日 高見慎哉

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。