2011年10月 9日

海笑丸のタイラバDANGOが爆釣しました。

10月8日土曜日に海笑丸で沖の島周辺を真鯛中心に釣りに出かけました。

海笑丸が開発を進めているタイラバDANGOがとても釣れています。

111008hirago.jpg

いきなりの強いアタリに大喜びしたのですが、2kgくらいのヒラマサです。

すぐに強烈な締め込みを味わいながら2.5kgの真鯛。

111008mochiage.jpg

なんで釣れるん?という友人の森君に新開発のタイラバDANGOを使ってもらうとすぐに良型真鯛をゲット。

111008mori.jpg

これってやらせじゃない?というくらい新開発タイラバにヒットしてきます。

そのあいだに、ラバー色とか鈎の長さを細かい研究しているのが小心者の私です。

1101008saomagari.jpg

その私がなんでカメラ目線? (笑)

ドラグは緩めがいいです。大物はガンガンラインを出していきます。

リールはもちろんU.S.リールで、どんな大物がきても心配いりません。

111008oomadai.jpg

この日最大の3.5kgの真鯛です。

しかし、次から次から新型タイラバは釣れます。

他の仕掛けを中傷するつもりは全くありませんがこのタイラバ

DANGOとセブンスライド以外は全く釣れてません。

実はこの理由もGear-Labはしっかり掴んでます。

それにしても次から次から釣れます。

111008choka.jpg

真鯛38匹に高級根魚を5本釣って、Gear-Labのパートのおばちゃんに魚を持参し、

私は居酒屋へ直行です。

この新型海笑丸タイラバDANGOは、釣れます。

その釣れる理由をGear-Labはリリースとともにオープン公開しようと思います。

改めて感じます。仕掛けの差って大きいんですね。

 

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/461

コメント

土曜日はよくつれましたね。

本当にこのカブラはよくつれますね。

船長にカブラを借りた途端入れ食いでした。

おお~。
コメントありがとうございます。
このカブラはマダイ、根魚、青物全部が釣れるので私も不思議でなりません。何故釣れるのかを論理的に掴んでみたいところです。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。