2011年10月 4日

海笑丸の入江船長が、オリジナルタイラバDANGO開発中です。

111001madai.jpg

10月1日 福岡県 沖の島周辺で真鯛狙いです。

海笑丸の入江船長が開発しているタイラバDANGOのテスト釣行です。

「天気晴朗なれども波高し。」秋山真之。 今日もそんな感じでした。

106年前に、ここ「沖の島」周辺で日本海海戦が繰り広げられられたとは。

 

9月に入江船長がタイラバDANGOで90cm(9kg)の大真鯛を釣ったばかり

ですが、今回もとんでもないアタリでドラグがジィジィ~と悲鳴をあげてます。

111001sencho.jpg

長い時間頑張ったものの結局リーダーのラインブレイク!

様子からして先月をはるかに上回っていましたので10kg以上はある真鯛でしょう。

それにしても、このタイラバはヒットするのでワクワクしながらの釣りです。

入江船長と森君とGear-Labであれやこれやと細か~いことを試してテスト中。

早く公開リリースしたいものです! しばしお待ち下さい。

111001choka.jpg

私は真鯛、ネリゴ、フエフキ、ヘダイが釣れました。

それにしても海が荒れているときのミヨシは辛いですね。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/460

コメント

例のカブラですね
大真鯛おしかったですね

完成楽しみにしておりますー!

はい。開発中のカブラです。
今週末と来週初めにいろんなバージョンを持って船に乗り込む予定です。
最近、真鯛が増えて釣れるようになったと巷での話しですが、実は真鯛が増えたわけではなくて、釣り人の釣り方がうまくなっただけのようです。セブンスライドをはじめ釣具の発展が一番の理由です。
ただ、釣り人の釣る真鯛の数は、漁師に比べれば本当にわずかです。
またまだ釣具は発展してもよさそうです。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。