2011年9月 7日

マダイも根魚も両方釣れるタイラバを開発中です。

irie.jpg

今日の写真はとても気持ちいい釣り日和のなか、開発中のタイラバで大真鯛を釣った「海笑丸」の入江船長です。

沖の島周辺にマダイ狙いに行って参りました。

新開発のタングステンタイラバは最高に釣れるのですが、タングステンの物性がリーダーをバサバサと気持ちいいくらいぶった切ってしまいます。

今日わたし・・・大バラシ6回でした。

 

一方、海笑丸オリジナルのマダイも根魚も釣れるタイラバは快調に釣れて本日は入江船長が9kg(90cm)の大鯛を釣り上げてしまいました。根魚専用にもなりますが、マダイ専用にもちょっとした工夫でなります。

110907.jpg

むこう側のあおな(ハタ)は結構良いサイズなのですが手前の9kgが小さくしてますね。

マダイ専用にも根魚専用にもなるカブラは、しっかり底が取れ、このように釣れるタイラバです。

でも、なぜか青物も釣れてました。

テストを繰り返している最中ですのでこうご期待ください。

 

とりあえず、私も大バラシをたくさんしながら釣れました。

110907katsu.jpg

別開発のタングステンシンカーは絶対に完成させます。

 

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/449

コメント

新開発のオモリはタングステンですか!
楽しみにしております!

貧乏な私は最近ずっと鉛の手作りカブラデス。

ありがとうございます。
根魚専用タイラバは、タングステンではなく普通の鉛です。
でも意外な開発を施しています。


そしてタングステン仕様は、セブンスライドそのものをオモリだけ変えました。 宮崎船長と話したのですが、タングステンが難しい部分があるのでGear-Labが立ち上がったというところです。
魚が掛かったときタングステンとリーダーの摩擦であっさりとリーダーが切れてしまうので、その防御策が改善点です。
尚かつ、私自身が釣って感じた小さな付加価値も実は釣果には大きく出てきたのでそれを加えて作りたいと思います。

どうぞおたのしみに。

追伸です。
タングステンにして特別なオモリを作ったとしてもやっぱりスカートやラバーは宮崎船長が作ったものが最強です。
マダイのアタリを見ているとその素晴らしさを実感できます。

5色のラバースカートの発売はもうすぐです。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。