2011年8月13日

良型マダイを楽にリフトアップするU.S.リール

8月11日にまたまたU.S.リールと改良セブンスライドをもってマダイ釣りに行ってまいりました。

DSCF2295.jpg

朝のうちは風と潮が同じ方向でとても釣りやすい状況でしたが、1時間ほどで逆方向になりタイラバは120gくらいにしてやっと底が1回だけとれるという釣りになりました。その1回のチャンスを逃さず祈りながらの数秒間は全神経を集中させる釣りです。

セブンスライド80gでは底がとれず、針とスカート部品はセブンスライドで、オモリだけがGear-Labオリジナルの試作品での釣り。

いつも私は怪しい釣具を船に持ち込むので時折ヒンシュクをかうことも多々あります。

しか~し!今回はこの試作品が大当たり!

DSCF2296.jpg

なぜか私だけに良型マダイがヒット!

これはオモリ試作の効果しかないと確信しながらマダイとのやりとりを楽しんできました。

タックルはU.S.リールHIBDON、竿は4680円のバスロッド、ラインはPE0.6号、リーダー2.5号です。

U.S.リールHIBDONは私にとって絶対不可欠なタイラバリールです。あのドラグの良さは他にはない気持ちの良さと安心感。両軸リールが全く使えなかった私ですが、ジギングも両軸に替えようかなと思い始めてます。

さて、Gear-LabはこのU.S.リールHIBDONですが、左ハンドルをリリースしています。

DSCF2305.jpg

3.5kg(61cm)のこのマダイはとても美しい!

この日ばかりは圧倒的な竿頭でした。

DSCF2311.jpg

刺身やカルパッチョは普通に美味しかったのですが、このカブト煮付けは最高でした。

IMG_0359.jpg

で、贅沢に寿司でしめます。

IMG_0360.jpg

新開発のタイラバオモリのことをニヤニヤと考えながら、釣りも食事も十分に堪能できて最高です。

9月に必ずGear-Labでリリースします。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/443

コメント

綺麗な真鯛でUSリール絶好調ですね。

左ハンドルが出たのはうれしいですね。
是非スーパーキャスターの方も左ハンドル出して下さい。

あみとさん
ありがとうございます!
確かにU.S.リールは絶好調です。買ったお客様がこのドラグを不思議がってます。大物狙いを主とするアメリカの歴史は日本とは違った歩み方をしてきたんですね。

このU.S.リールを持って来週末はトカラ列島に行って参ります。
どうなることやら。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。