2011年7月15日

長崎県西海市~コロダイの投げ釣り

 

saikai07.jpg 7月9~10日に自分のホームグランドのひとつ長崎県西海市にコロダイを狙って夜の投げ釣りに行ってきました。例年に比べて出足が遅れていたコロダイですが、ぼちぼち釣れ始めたという情報を聞いたので偵察を兼ねての釣行です。しかしこの日の潮回りは小潮→長潮と小さい上に、南風が強くて条件的には決して良いとはいえません。まあ夕涼みがてら本命のアタリだけでも見れたらとリラックスして、日没とともにスタートです。

 この夜の満潮は午前2時半。まだたっぷり6時間もあります・・・。過去のデータからジアイは満潮から夜明けまでの3時間余りと読んで、まずは餌と体力の温存を計る作戦でいきます。すると一投目から竿先を揺らす小さなアタリが。上げてみると手の平サイズのチャリコです。しかし後が続きません。さらにこの時期にしては珍しくエサが残ってきます。どうやら50mほど先に陣取っているカゴ釣り師がエサ取りを引き受けてくれているようです。さらに釣り場に向かう途中のスーパーで仕入れたイカゲソを使い、ジアイまで本虫を温存する作戦でいきます。日付が変わった頃に睡魔が襲ってきたので、しばし車に戻って仮眠します。

 

 午前2時半の満潮前に釣り再開。いよいよ待ちに待ったジアイ到来です。満潮を迎えて潮が止まると右の竿尻を浮かせてリールのドラグを滑らせる大きなアタリが!しかし巻き上げに入ると引きがなんか変です。浮いてきたのは中型のエイリアン(エイ)です。気を取り直して打ち返すと今度は竿先を押さえ込む本命らしきアタリが。しかしなかなか食い込みません。そこでしばらく待ってから見切りをつけて仕掛けを回収。「これは本命がいるはず!」と、これまで温存してきた特上の本虫を針につけて再投入します。

 すると読み通りまたまた右の竿の竿尻を蹴り上げるような強烈なアタリが!!一気にドラグを滑らせてラインが飛んでいく。アワセると今度はガッチリとフッキング。久々に重量感のある引きを楽しみながら上げてくると水面下にギラリと銀色に光る魚体が。タモ入れして引き上げるとやはり本命コロダイでした。メジャーを当てると66センチ。針を飲み込んでいないので素早くデジカメのシャッターを切り、優しくリリースしました。

 

koro066.jpg 

    

 その後は追加を狙って打ち返しますが、アタリはなし。日の出を迎えて明るくなると同時に一気に餌取りが沸いてきて本虫が秒殺状態に・・・。

仕方なくたまたま釣れたイイダコの足とエソを切り身にしてラストチャンスに賭けます。午前6時を過ぎて太陽の日差しが暑くなってきたので撤収を決意。右の竿のリールを巻いていると、突然!左のイイダコゲソをつけた竿がロケット発射!!すぐさま竿を持ち替えてアワセるとかなりの手応えが。相手がデカくてなかなか寄ってきません。道糸が6号なので無理はできません。しかし魚にしては引きがなんか変ですが、万が一の大物だったらと思い、途中で何度も底に張り付く相手を10分ほどかけて寄せてくると・・・・・やっぱり軽く1.5メートルオーバーの巨大エイリアンでした・・・。

 最後の1投は空振りでしたが、潮回りがイマイチの条件でもなんとか本命が1枚釣れて良かったです。そしていよいよ待ちに待った長崎コロダイも本格的にシーズンインしたことが確認できました。また時間ができたらサイズアップを狙いたいです。

 

☆コロダイ・投げタックル☆

ロッド:がま投サーフサイド33-430

リール:シマノ・ブルズアイXT遠投9080

道糸:ナイロン6号

錘:ROCK・Tー501=40号

ハリス:フロロ10号

針:丸セイゴ20号

餌:ホンムシ、イカゲソ

 

 

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/433

コメント

ぐるくんさん、こんばんは。
書込みがかなり遅くなりすみません、今頃気がつきました(汗)

あの潮周りで仕留めるとは流石の一言ですね!
今期、もとい例年通りの私は相変わらず連敗まっしぐら(笑)

サイズUPに期待しております、先ずはおめでとうございました!

あらら~。これはこれは、ありがとうございます。
大物狙いは、「時の運」が大きいですからね・・・。
ラパンさんも次回は、連敗の貯金に利子がついて一気に大物ゲットかもしれませんよ!?

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。