2011年7月31日

ICAST. 大いなる西部~メキシコ沖

DSCF2201.JPG

Gear-Labは世界最大級と言われるラスベガスのICASTフィッシングショーに出展して参りました。

http://www.icastfishing.org/

Gear-Labスタッフ3名とGear-LabUSAスタッフ1名の合計4名の珍道中です。

DSCF2214.JPG

それにしても大きな会場です。

63カ国から約500社の出展ですが、日本と少し違うのはゲストは一般の釣人ではなく世界中から釣具バイヤーがやってくるという点です。

DSCF2218.JPG

Gear-LabはEZノッターを中心に新製品を出しました。バイヤーの評価は非常に良かったのですが、私たちは色んな点で準備不足。しかし、本当に得るものが多く勉強になりました。

来年はフロリダのオーランドでICASTは開催されるのですが、Gear-Labの主砲製品を揃えてICASTアワードを狙いに行こうとたくらんでおります。

ただ・・・スタッフの殆どがフロリダに釣りに行きたいだけ・・・・・・・・のような気が・・・・・・・

スミマセン。ウソつきました。それは私でした。

DSCF2221.JPG

で、他のブースからまたまた面白い釣具を見つけましたので皆さんにご紹介できるのが楽しみです。

それにしても私のエイゴ・・・どうにかならんもんでしょうか。毎回成田決心です。

IMG_0307.jpg

さて、旅には食事です。ラスベガスはカジノとショーと食事です。

肉食系のGear-Labスタッフは、コノ世にこんなに旨い肉があったんだ!と感動してその日から肉、肉、肉、肉・・・・・という偏った食生活。

写真のステーキですが、左奥からリブアイ、ニューヨークステーキ、プライムリブです。

私はニューヨークステーキがこんなに旨いとは信じられない!生まれて初めて食べる旨いステーキ!

プライムリブが最高だと信じていた。こんなに食事で感動したのは久しぶりです!

日本のオイリーな霜降り肉は一口でもう十分ですが、アメリカの赤身の柔らかい上等な肉はとてもヘルシーで、なんだ~これ~!「もう、どこにでも連れてって~」って感じです。

IMG_0306.jpg

ちょっと変わった料理。 ザリガニです。まさしく私たちが子供のときに釣っていたアメリカザリガニです。これをバリバリ食べてしまうアメリカ人。ちょっとカルチャーショックでした。

今回のラスベガスはカジノより飲むこと喰うことに専念してしまいました。

正直言うとカジノで100ドルあっという間に負けてしまいました。得意のブラックジャックテーブルが少なかったのが残念。スリーカードポーカーがやたら多かったです。

さて、最終日は3時に終わってモハビ砂漠を突っ走ってロスアンゼルスへ。

DSCF2196.JPG

とてつもなく広い西部。昔の西部劇のシェーンやOK牧場の決闘などそして最近ではバクダッドカフェの映画シーンの中にいるよう。サボテンがある砂漠にはガラガラ蛇やサソリも多いそうです。

IMG_0299.jpg

ロスアンゼルスにあるサーフィンのメッカ、レドンドビーチのピアの上です。

地元の人達がなんと「サビキ」で鯖を釣ってます。釣った鯖はクーラーではなく段ボール箱にすし詰め。持ち帰ってどんな料理するのか見てみたいものです。

それにしても日本の「サビキ」がアメリカでこんなに使われているとは。でも集魚材は一切使わない釣りなのです。

DSCF2266.JPG

釣具店には銃も売ってました。安いやつは100ドルくらいからあります。ファットな白人中年女性が銃を構えているのが妙に様になっていたのが印象的でした。

DSCF2267.JPG

お昼くらいは別の料理をということでベトナム料理。これが異国情緒たっぷりでまたまた旨いのです。

アメリカ全土にベトナム人がいてベトナム料理はどこに行っても食べられるとのことで、特に国の政策でドーナツ屋さんは殆どがベトナム人経営らしいです。

さて、翌日は一路サンディエゴへ。

DSCF2285.JPG

船に乗る前にまたまた「The 肉」を平らげて安心している地元民に定着しやすい橋本さん。カリフォルニアの風が気持ちいいとご機嫌のJUNさん。

夜9時出航のSEA ADVENTURE Ⅱに27人乗り込んでメキシコ湾沖で翌朝から釣りです。

IMG_0317.jpg

殆どの人たちが活きエサのノマセ釣りでマグロやカツオ、ヒラマサを狙います。

私達だけジギング。

    ↓どうにかならんかな~。この人たち。

IMG_0311.jpg

と!トローリングにキハダマグロ15kgが4匹ヒット!

スタン(船尾)に竿をこうやってぶら下げて結構速いスピードでトローリングします。

IMG_0314.jpg

衛生放送でワールドカップを見ながらの釣りでしたが、私たち4人だけ日本人で他はアメリカ人。

声援をおくりながらも妙に日本人に気をつかっている雰囲気のアメリカ人。

しかし。ナデシコジャパンが勝ってからまた妙に静まった雰囲気。

古川さんが大物を掛け粘って粘って・・・・・・・大バラシ!残念!

私はマジメにマジメに竿をしゃくったのですが・・・丸ボーズ。

メキシコ国境のサンディエゴに帰港し、食べたのは本場メキシコ料理です。

IMG_0318.jpg

タコスやチリビーンズ。そして本場コロナビールが妙に旨い。

 

さてさて、来年のフロリダで開催されるICASTは勿論申し込んできました。

もし、ご一緒したい方がおられれば是非ご連絡ください。

フロリダでマグロやカンパチやマリーンを狙っての釣りも楽しみです。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/436

コメント

楽しそうな釣り&飲み旅行ですね~(違っ!

お疲れさまでした。

キハダのトロはおいしかったですか~?

今年もICAST米国出張を満喫されたようで羨ましいです。
来年はフロリダ・オーランドですか!?
オーランドには6年前に仕事で行きましたが、とっても楽しかったですよ。
テキトーにサボって釣具屋やホームセンターの釣りコーナーに入り浸っていたのを思い出します。
僕も行きたいなあ・・・・でも仕事で無理だろうなあ・・・・・。
デイトナビーチでビキニギャルを見ながら食べたストーンクラブやスノークラブ(ズワイガニ?)は最高に旨かったなあ。
でも7月のフロリダはベガスやLAみたいに乾いてないから、かなり蒸し暑いです。その分、沖縄みたいでビールが最高にうまいんですよ!!

あみとさん  ぐるくんさん
ありがとうございます!

Gear-Labは最近ノリノリ状態でICASTや海外に進出してますが、特に根拠があってというわけではなく、どちらかと言うと無謀な行動をしているだけなのかもしれません。

ただ・・・行動すれば次の現実。
フロリダICASTでのGear-Labは大きな変化をしてますよ。
こうご期待。

少なくともGear-Labスタッフはノリノリ状態であるのは間違いないようです。

私も早く行きたい。・・・ デイトナビーチのビキニギャルを見に。(笑)

あ~。 またあの肉食べたいです。はい。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。