2011年5月28日

出張と称したドイツ飲みある記(その2)

今日韓国から戻りました。福岡空港から飛び立ってたった30分で韓国の釜山空港なんです。

またまた、美味しいマッコリの誘惑に負けて「コンベ!」。

韓国の人と仲良くなるためにはコンベの連続は避けられません。相手のペースで酒を呑むという体力が必要な話しでもあります。

さてさて、ドイツのデュッセルドルフの釣具店のつづきです。

DSCF1927.JPG

 

ソルトウォーターのルアーやジグも沢山あります。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1929.JPG

 

なんとTOKYOというブランドもあるのです!

中堅クラスのリールです。

 

 

 

 

 

 

DSCF1931.JPG

 

アメリカでも流行ってましたが、ここヨーロッパでも日本のインチクやタイラバが揃っています。

ただ、デザインがかなり違います。サイズも大きめですね。

 

 

 

 

 

DSCF1934.JPG

 

さて、またまた夕刻のデュッセルドルフ。

これがドイツの居酒屋です。

日本と全然違う。

 

 

 

 

 

DSCF1936.JPG

 

こちらは立ち飲みではなく座っての居酒屋です。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1939.JPG

 

早速、イタリア人のあの明るい対応が気に入ってイタリア料理屋さんへ。

 

 

プロージット!

 

うんめ~!! さすがドイツビール。

 

 

 

 

 

 

DSCF1945.JPG

 

 

ドイツでは、ホワイトアスパラが最高に旨いときです。

 

 

 

 

 

DSCF1962.JPG

 

酔って候

ライン川へ

 

 

 

 

 

DSCF1964.JPGのサムネール画像

 

これで夜の8時過ぎです。

 

 

 

 

 

 

DSCF1970.JPG

 

 

食べてばかりでスミマセン。

本場ドイツ料理です。

すごい豚足です。

 

笑ってますけど

隣にドイツマフィアのおじさんが・・・・・。

 

 

 

 

 

  DSCF1979.JPG

 

 

とてもいいところです。

これで夜の9時過ぎです。

 

 

 

  

DSCF1986.JPG

 

夜でない食事です。(笑)

 

典型的なドイツの朝食なんでしょうね。

 

 

 

 

DSCF2005.JPG

 

 

で・・・・やっぱり夜は乾杯。

イタリア料理屋さん。

ここもホントに絶品料理でした。

 

正直・・・・ 今回は少し太りました。(泣)

 

何しに行ったん???    と言われそうです・・・・・・ 

釣具情報が少なくてすみません。

ただ、Gear-Labにはしっかり持ち帰っており、しっかりブラッシュアップして、厳選して皆さんに紹介していきたいと考えております。

どうぞおたのしみになさってください。

7月のラスベガスのICAST出展のために、これから大忙しです。

 

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/422

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。