2011年5月 6日

2011GW下北半島投げ釣り PART3

さて最終日の5/6(金)はAM2:30に起床し、3:00~10:00の6時間勝負と決めていました。 前日の投げられなかったモヤモヤ感が残っていましたが、コヅキ船団が現れないことを祈って同じ釣り場に向かいました。 港にはエンジンが掛かった車が1台駐車してありましたが、恐らく睡眠中だろうと考えて起こさないように静かにスルーして行きました。

この日は八戸FC投人のHさんがお見えになるとの情報があったので、早めにいいポジションをキープして場所取りをしないと...そんな気持ちで堤防を進んで行くと、先端付近に竿先ライトが4つも光っているではありませんかっ!! 『やられた~、もう誰か来てるんだ!』

近くまで寄ってみると、振り出しのスピンパワーがズラリ、リールもドラグ付きの本格派、竿先ライトはGear-labの『ROD TIP』なのはご愛敬(^^;;

きっとこれはさっきのクルマの人が場所取りを完了して日の出を待って寝ているんだと思いました。そうと決まったら(?)、まずは良さそうな場所を少しでもキープすべく準備を始めました。

すると暗闇の中から『花丸さ~ん、どうも~、Hで~す!』と聞えて来ました。 Hさんに状況を説明しようとしたところ、実は先端のタックルはすべてHさんのものだったようです。 一足先に到着されて、私と同じことを考えて場所をキープして車で待っていてくれていたみたいです。それをスルーしてしまう自分が情けない...Hさんスミマセンでした(^^;;

さっそく2人で暗闇の中でキャスト&トークを開始です!

Hさんはキャスティング競技をされていたので、投げ方もキレイだし飛距離も出ますんで、距離不足に涙する私にとって、この日は非常に勉強になりそうです(^^)

 

2011050604360000.jpg

やがて朝日が顔を出し、竿先に集中するHさんの後ろ姿から気合いがビシビシ伝わって来ます!

 

それにしてもご覧の通りいい天気!

風は追い風で気温は2℃だったものの、冬物の防寒着を着ていたおかげで寒さも感じず、コンディションは上々です!

 

今日こそ出でよ座布団カレイ!!

 

 

 

 

 

 

 

ポツポツと小さなアタリが出ますが、恐らくエサ取りのチビアイナメかチビカジカの仕業なんでしょう。なかなか針掛かりしないし、投入して5分もしないうちに付けエサが無くなっている状況です。

そうこうしているうちに小ぶりのクロガシラカレイが掛かり始めました(^^) いよいよ時合だな!!

また、港内では漁船が一斉にエンジンをかけ始めたので出漁することが確実です。昨日のような悲惨な状態は絶対にないなと確信しました。 それからはポツリポツリとカレイが掛かりますが、なかなか座布団と呼べるサイズが来ません。 

 

2011050607330000.jpgそんな中でも嬉しいお客様が...

 

私の寄せエサの針を、しっかりとハサミで挟んでくれています(^^)

 

実は私の2番目のターゲット、いや、一番欲しかったのかもです...

コイツのミソが格別なんですね~

 

この日挟んでくれたのは2杯だけでしたが、昨日の悔しさを全て忘れさせてくれました!

 

早く帰ってコイツで一杯!

 

 

 

  

 

その後も座布団サイズは影を潜め、無念のタイムアップを迎えることになりました。

 

2011050610500000.jpg

最大はHさんに来た38cmのクロガシラでした。 

 

私に至ってはご覧の画像の通りで、17枚のカレイの中で30cm超えはわずかに4枚だけ、ほとんどが28cm前後で『食べごろ』などと言い訳しながらキープしておりました...

 

しゃあない、カニが来たからいいんだ!!

なんて虚しい強がりで締めることとなりました~

 

 

今度はいつここに来れるのか?

来週?来月?来年?

また何度でも来たいところですね~

 

帰り道でHさんがご存じだった食堂で昼飯をご馳走になりました。

2011050612040000.jpg

 

 

880円で好みのラーメン大盛りにバラ肉丼が付いていてボリューム満点のようです!

 

 ラーメン大好きな自分が珍しく スープを飲みきれない...感謝の一食でした(^^)

  

満腹で帰りの睡魔が心配かも...です。

 

こんな感じで今年のGW釣行は終了です。 北の海では6月からシロギスがシーズンイン、そろそろ大会の準備もしないと!!

 

最後になりますが、同じ東北の地で発生した大震災によって多くの方々が被災されましたことに、心よりお見舞いを申し上げます。 投げ釣りの大会などで顔を合わせる方々の中にも被害があったと伺っています。 

あの日から私になにかできることはないかと考えていましたが、自分なりに出した結論は一日も早く『普段通り』の生活を送ることだと思いました。

こんな時に海釣りなんて不謹慎だ!などとお叱りを受けることも覚悟しておりますが、自分も含めていつまでも自粛と遠慮ばかりでは、復興どころか生きているみんなの活力さえ失われてしまいます。 まずは各自が元気な生活を送り、消費活動を行うことで経済も活性化してくるものと思います。 

ぜひ、安全を考慮しながら、防災対策をしながら、大好きな釣りやレジャーに出かけましょう!!

頑張ってますよ! 東北も!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/415

コメント

そのとおりですね。特に東北からの便りは嬉しいです。

私のところには何故か千葉県の情報がたくさん入ってきます。
遊漁船もかなり出ているという嬉しい話しもお聞きします。
「船を出して稼がないと家族を食わせることができないよ」と電話で語ってくれた船長の言葉に私は逆に元気をもらってしまいました。

花丸さんの言われる通りです。
普段の釣り人であっていただきたいです。しっかり遊んでしっかり仕事して経済を廻す草の根的な動きをしないと日本は沈没します。

今大切なことは、「元気」そのものでしょう。

今年は釣りをしまくりますよ。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。