2011年5月 6日

2011GW下北半島投げ釣り PART2

翌朝AM3:00、セットしていた携帯のアラームが鳴って、呑み過ぎなのか寝像が悪いのか、頭痛&腰痛でモヤモヤ気分のお目覚めっす...

タックルを準備してお目当ての堤防を歩いて行きます。 GWだというのに車も無く釣り人も居ません。 『もしかしたら独り占めできるんかい?』『今日はツイてんのとちゃう?』とニヤけてるのが自分でわかります!

堤防の先端に到着し、三脚を2個セットしてロッドを出そうとしたら、背後から『おはようさん、早いね~!』と突然声を掛けられ、ゾクッとしました。 鳥肌・サブイボ・冷や汗・悪寒... 

どうやら地元のオジさん夫婦が先端を取ろうと早く出てきたらしいのですが、タッチの差で私が先に占拠してしまったみたいです。 オジさんごめんね~ まあ仲良くやりましょう!

 

3本のロッドをセットして投入し、はやる心を落ち着かせるように座って「ROD TIP」の灯りを凝視しますが、暗いうちは竿先が微動だにせずマッタリとした時間が過ぎていきます。 明るくなって手元が見えるようになったし、暇な間にメシを食うことにします。 前夜酔っ払って食べれなかったいなり寿司を出してパクリとくわえた瞬間、竿尻が大きく音を立てて横にズレています!

来た~!! ファーストヒットぉ~!!

 

2011050507390000.jpgグングンと閉め込む感触は1年ぶりなのでちょいと鼻息が荒くなっていましたが、何とか冷静に引き寄せてタモ入れすることが出来ました。

 メジャーをあてて計測します。

本命のクロガシラガレイではありませんでしたが、見事なイシガレイでした。

幸先のよいスタートにニヤけた顔が、調子コイてどや顔に変わっていたかも知れません。 その証拠に「49cmのイシゲット!」と知り合い数名にメールを流しておりました。

でもよ~く見ると44cmだよね?

 

恥ずかしいっす...

 

  

 

続いてクロガシラを!と思いながらキャストを繰り返しますが、今度は新たな敵が現れました。

 

2011050506540000.jpgのサムネール画像いつもなら漁港から漁船が沖へ出ていく時間ですが、この日は休みなのか四艘しか出て行きません。

更にはどこからか小型のプレジャーボートまでも登場し、目の前に並んで停泊しています。

距離にして3~4色程度、100m以内の位置ですから、飛距離が出ない私でも届いてしまうところです。

キャスト出来ないので様子を見ていると、漁師さんもボートの人も「コヅキ」でカレイ釣りを始めた様子です。 

 

『おいおい、頼むぜィ!』『嫌がらせかィ?』

『何もこんな目の前でやんなくてもいいんでないかい?』

『あっち行かんかい、ボケッ!』

はしたない言葉を思わず発してしまいそうでしたが、彼らには鉛は届いても心の声が届く訳ではなさそう...

 

お隣さんもいるから横は狭い範囲でしか投げられないし、絶対に船に当たらない方向か、2色ぐらいから手前しか探れない状況が何と6時間近くも続き、気長で有名な(?)花丸もお手上げでした~

 

ふてくされて投げ槍の選手になっていた私は、あきらめモードで堤防先端のプチ白灯に寄りかかってフテ寝を始めました。 これでは投げ釣りじゃない! どげんかせんと!...古っ(笑)

やがて午後になって目が覚めると、釣れていなかったのか船団が居なくなっていました。 これはチャンスかな?と思いましたが、今度は強風が真正面から吹き始めていました。 せっかくポイントが空いたのにちょっと嫌な状況ですが仕方ありません。 しかし何度投げ返しても全くアタリが無く、青イソメもそのまんま回収される始末で、どや顔のオジさんはフテ顔に変わっておりました...

その後はポツリポツリと忘れた頃に掛かっている状況で、まるでカレイたちのヤル気が「船コヅキ」で失われてしまったのではないかと感じました。

 

2011050516400000.jpg結局この日は14時間も粘ったものの、ご覧の通りの釣果でした。

 

最大はイシガレイの46cm(フテ寝したあとだったので単独の画像を取り忘れました~)、クロガシラは40cmが2枚とカワイイのが数枚でした。

一発大物!という意気込みも大切ですが、この日は釣り場にいて投げられないというストレスが溜まってしまい、気分的に満足できませんでした。

 

もうやめて明日に備えよう!

明日はもっと数を出したいもんだ!

そんな独り言を言いつつ温泉に浸かって居眠りしていたのでありました~(^^;;

 

 つづく...

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/414

コメント

釣り場に行って思い通りの釣りができないことってありますよね。

でもそれも釣りなんでしょうね。
私の師匠はそんなときは七輪に火を入れて飲んで喰って騒いでます。
誰も邪魔する人はいませんが・・・・・うるさいと思いながら・・・・・

私もついつい引き込まれてしまってます。
何しにきたんやろ・・・・・・まあこれも釣りか。
いやいや釣りじゃ~ありません。

七輪に火を入れて…
こちらの冬場のカレイ釣りでは必需品ですね~

体質的に酒が苦手なんで呑んで騒いではありましぇんけどね(^^)

そうそう、この日は投入していたレジャー船のコヅキ君(?)に仕掛けを引っ掛けられたのを思い出しました。
一定のリズムで竿先がクンクンと入るから何か変だなと思っていたら、コヅキ君のロッドの動きと同じタイミングでした…

そんな近くまで船が入って来て釣りしていいのかな?
船ならどこで何をしてもいいのかな?
大声で「届くから危ないぞ~!」と注意喚起したうえで、もしキャストミスでラインが切れてしまってオモリが船に命中してしまったら、こちらが悪いことになるのかな?

どなたか船舶免許上の具体的なルールなどをご存じでしたら教えてくださいませm(_ _)m

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。