2010年10月20日

10月のシンガポールとマレーシア プチ放浪記。

世界の企業支店が集まるシンガポールで面白い釣具を探す。・・・という大義名分のもとに出張と称して釣りに行って参りました。

今回は現地人バラクーダさんの案内で完全土着化した生活レベルで、まるでバックパッカーのような貧乏旅です。しかしタイガービールだけはどこにいっても欠かせません。
食事については例えばマレーシアでは平均10リンギットで約300円くらいです。今回の旅行でマレーシア料理は日本人にとても合うというのが分かりました。ホントに旨かったです。
一番安いのは1リンギット(30円のカレーナン)。

cook1010.jpg

シンガポールはどこに行ってもこんな屋台があります。

yatai1010.jpg

シンガポールで散策したアラブストリートあたり。
この寺院の雰囲気も最高でした。ただ、どこにいっても毎日朝5時からコーランの祈りをボリュームいっぱいで聞かされアラブの香りがします。

temple1010.jpg

ホテルの部屋の天井にも聖地の方角が。
この大型扇風機はお気に入りで早速日本国内で探してます。

fan1010.jpg

メルシンからティオマン島に渡る船着き場は、まるで映画のランボーに出てくるような雰囲気。

rumboo1010.jpg

ティオマン島のコテージ。
ここは50年前の映画の「南太平洋」のロケ場所です。

cotage1010.jpg

私はコテージではなく「小屋」に泊まりました。
女性でも連れて行こうものなら「3秒でフラれてしまう」くらいの壮絶な小屋です。

部屋をでると羽根幅50cmの食用のフルーツコウモリが飛んでます。

 

気持ちいい案内をしてくれた現地人バラクーダ氏。夜は一緒に氷のないラム酒ばかり。

baracuda1010.jpg

マレーシア人はネコが好きです。どこに行ってもネコが馴れ馴れしくそして態度もでかい。

cat1010.jpg

さて釣りをするためのお目当ての桟橋は壊れてしまい釣りができず、船着き場でつれづれなるままにのんびり釣りをしました。
時間がゆったりと流れます。

sentan1010.jpg

で、宿の彼らに無理言って漁師用の船を出してもらいました。マレーシア人は本当にいい人達ばかりです。ノーとは言わない。

staff1010.jpg

この船にはご覧のとおりGPSや魚探などは全くついてません。これがいい!

位置はしっかり「山立て」をしていて日本の古い漁師と同じです。
nogps1010.jpg

ナブラが立ち釣れたのはカツオ一匹。
katsuo1010.jpg

と思いきや、とんでもない大物がヒット!
私のタックルはショアジグ用でとても持ちこたえられません。ドラグがジィ~~~!と100m以上止まりません。仕方なくベールを起こそうとした瞬間、バレてしまいました。
回収するとスプリットリングが伸びてます。こんなことなら大物用のジギングタックルを持ってくるんだったと後の祭り。

しかし、このベイトフックは本当に釣れます!

で、またまた大物がヒット!
察した船長が先端で騒ぎ出しギャフを持って構えてます。

グワァんと鋭い引きがあったその瞬間、大きなカジキマグロ(セイルフィッシュ)がハイジャンプしてエラ洗い。
あっさりとフックアウト。

あががが~~~。 船長はマレー語で何やら叫んでましたが「このヘタクソ!」と言われたのかも・・・・。

逃げた魚はどこでも大きい。

気を取り直してビール。

beer1010.jpg

シンガポールに戻ってまたまた釣具街に・・・。
今回は、素晴らしい釣具を3つも見つけてきました。釣具店の親父さんも本物を求める釣り人で今後面白い展開ができそうです。

最後に食べた「チキンライス」。これは絶品でした。3シンガポールドルですので200円くらいです。これ食べにシンガポールに行きたいくらいの旨さです。

chikin1010.jpg

それにしても、今回の旅は人生そのものを考えさせられました。こんなのもありなんだ、というカルチャーショックの連続です。

お金がかからないことよりも、人生のなかで最高の旅でした。

次回は、強気のロッドをひっさげてマレーシアに行こうと・・・いやいや、仕事ですよ。仕事。(笑)

 

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/397

コメント

最後に食べた「チキンライス」のお店はジョホール・バルですので、
まだマレーシアですよ〜〜
4リンギット、約120円でございます!

マレーシアに馴染むための始めの一歩
=見た目「ダラダラと歩く」ことです。
私もダラダラと歩いているように見えますが、
中身は「シャン」としている、という事にしておきます!

でも、チキンライス美味しかったですね〜
またマレーシアに「仕事に」出掛けましょう!

それにしても今回、始まって以来の豪華な食事の日々でございました!
ギアラボ社長に感謝です、合掌「パンパン」(*_*)

私は1996年12月~1999年6月までKL、2003年3月~2005年12月までカリマン島(ボルネオ島)のクチンに仕事の関係で住んでいました。
(今はトルコ…)

マレーシアは住みやすい所で好きです。

マレー語で「クチン」は「猫の目」の意味で、町の所々に猫の銅像(?)があります。 クチンはKLよりももっと住みやすく感じました。

屋台等で食べるチャーハン等はサラッと上手く作ってくれますので非常に美味しいです。(ベットリしたチャーハンは美味しくないですもんね)

Hatajiさん
ありがとうございます。
ボルネオに住んでらっしゃったんですか!素晴らしい!

で・・・今はトルコ! 
私も一度トルコのイスタンブールに行きたいとたくらんでます。
お呼びいただければ、是非とも行きたいところです。
マジです。

やっぱりマレーシアでは皆ネコを大事にしてるんですね。
あの横着なネコの態度が憎めないのがいいです。

またマレーシアでの料理を食べたくなりました。

いろいろご指導ください。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。