2010年9月26日

第7回ダイワSBC投2010 全国決勝大会 in 釜谷浜

9月26日は「ダイワ スーパーバトルカップ投2010」の決勝。 今年の会場は私のホームグランドである秋田県三種町の釜谷浜です。 私はすでに予選でコケてしまっていましたが、幸運にも審判員というカタチで裏方として参加させていただくことができました。 そんな訳で今回は釣行記ではなく観戦記となります。

大会本番の前日、AM5:30に釜谷浜駐車場に到着すると、見慣れない県外ナンバーやレンタカーが数台あって、既に決勝の選手たちは会場の下見をされているようです。 待ち合わせしていた秋田投魂会のM隊長と合流し、全国各地から勝ち抜いてきた投げ釣り精鋭の技術・タックルなどを間近で見て、またできれば交流を持てたら嬉しいなとワクワクしておりました。

駐車した隣には神奈川方面から参戦のクルマがあり、3人の方々がタックル準備をされています。さっそく挨拶すると、G杯優勝者の友重さん、親子で常連の古牧ジュニア、神奈川サーフの西山さんでした。 すごいメンバーに出会えると田舎モンはすぐに舞い上がってしまいます(^^;; やはり全国大会は見に行くだけでも楽しいっすね~!!

この日の海は数日前に降った雨の影響で白濁しておりイマイチな色で、台風の影響なのか北東の風が少し強くて寒く、更には急に気温が低い日が続いたせいか水温もいくぶん低いようで、キスの活性が気になるところです。

 

2010092610450000 (3).jpg一応我々もタックルをサクサクとセットして、3名の隣で投げさせていただきました。 最初は6色から探りますが何の反応もありません。 4色まで来たところでキスのそれとは違うガツガツとしたアタリが出たので回収してみると、10cmみ満たないチャリコ(小鯛)の2連でした。 やはりあまり状況は良くなさそうな感じです。

 

 

ところが隣で投げていた古牧ジュニアさんを見ると仕掛けを高速で回収していて、その先には良型のキスが3~4連で掛かっているようです。 近づいて「何色で来ましたぁ~?」と聞くと、『ここのキスは温かいですね!気持ちいいですよ!今のは9色ですね!』とのこと...

ン? 9色!?? しかも仕掛けの針数は6本だそうで、釜谷でその飛距離を攻める投げ師は記憶にありません。 さすが関東方面でも抜群の飛距離を誇る古牧ジュニアさん、北の地で「前人未投」のエリアを別次元の釣りで楽しんでおられます。 もしかすると優勝かな...? そんな予感がした私でした。

それからは九州・中国・四国・関西・北陸・新潟・神奈川などの参加者の様子を見たり挨拶したりしながら場所移動をて釣りましたが、周囲が気になって自分の釣りなど全く出来ず、皆さんの邪魔をしちゃいかんと早めに切り上げて宿泊先である森岳温泉のホテルに向かいました。

14:30からは審判員のミーティングです。 審判員は宮城の親分・山形の紅会長・宮城の店主・私の4名で、インストラクター石亀さんをメインにダイワのスタッフさんたちとルールや我々の仕事(?)について確認をしました。 その後は選手の皆さんの説明会があり、18:40から前夜祭に突入です。

前夜祭で一番の注目は組み合わせ抽選です。 大会2連覇でシードの高橋名人を含め、全国各地の予選参加者総勢1900名の中から勝ち抜かれたツワモノ20名の選手たちが、W(ホワイト)R(レッド)の2エリアに10人ずつ分けられますが、勝負の展開を見る上でも興味津津です。

その結果.、まずWエリアはこの方々です。

2010092520180000 (3).jpg

前年度準優勝の達人小町さん、初出場の八王子の吉原さん、新潟のベテラン川村さん、岡山の巧者2回目出場の曽根高さん、東北北陸ブロック1位通過の石田さん

なかなか手ごわそ~

 

 

 

2010092520220000 (3).jpg

同じくWエリアには

2年連続出場の難波さん、兵庫の常連の経ヶ阪さん、G杯優勝経験者で神奈川の友重さん、決勝当日が誕生日(おめでとうございます!)で香川の増田さん、そして静岡の超遠投大好きな古牧さん...

  Wエリアは激戦の予感です(^^)

 

続いてRエリアには... 2010092520040000 (3).jpg  

ご存知高橋名人、富山の名手の保里さん、一番遠方(福岡)から23時間かけて車でお越しの安部さん、愛知から初出場の片山さん、同じく愛知の大林さん...

 虎視眈々と...そんな雰囲気ですね~

 

 

 

2010092520110000 (3).jpg

同じくRエリアは

愛知から出場の小池さん、兵庫の塩崎さん(私の釣行記を見てくれてるそうで、ありがとうございます!)、神奈川の遠投派西山さん、新潟から出場の古俣さん、四国は高知から山中さん...

こちらの皆さんはダイワSBC決勝初出場とのことで緊張感とともにヤル気が伝わって来ます!

 

 

この方のユニークなメンバー紹介とイジリで前夜祭も楽しく進行します(^^)

2010092520040001 (3).jpg

 

おなじみのダイワのインストラクターで競技委員長の石亀さんです。

  

 

3年前の前夜祭で私がイジられた時に秋田弁で答えたら、「はい、どうも~!」とわずか3秒でカットされたことを思い出しました(^^;;

 

 

 

 

  以上の20名で予選が行われ、WR各エリアの上位2名(計4名)が優勝をかけて決勝戦へ進出、残る各エリアの8名で来年のブロック大会のシード権(エリア各1位で計2名)争奪戦が行われます。

 

前夜祭は和気あいあいと大いに盛り上がり、我々審判団のテーブルは東北弁でガチャガチャ盛り上がり(^^)、選手の皆さんともお話できて楽しいひと時でした!

2010092520440000 (3).jpg  

イケメン揃いの楽しそうな笑顔がいいですね~

明日は表彰台でその笑顔が見たいっす!

この雰囲気が堪りません(^^)

 

いつの間にか前夜祭もお開きとなり、選手の皆さんは本番に備えて早めに床に着かれたことでしょう。 一方の東北審判団はダイワスタッフの方を部屋に引き込み(?)2次会を開始! ビールに日本酒にハイボール...(^^;; 終了時刻は...いったい何時だったのか...うるさかったかな~?スミマセンm(_ _)m

 

自分の雄叫び(イビキ)に起こされて目が覚めたのはAM4:00。 隣では紅会長が既に行動を開始されています。 やはり私の騒音で眠れなかったみたいで...これまたスミマセンm(_ _)m

 

2010092605460000 (3).jpgのサムネール画像 モサモサと荷物を片づけて会場に向かいます。  本部の横には二日酔いと寝不足を必死に隠そうとしている審判員3名の姿がありました(^^)

親分、上に誰か居るんですか?

紅会長、眠そうですね...(^^;;

 

 

二日酔いの審判団はさておき、大会本番を迎えて海の状況は前日の白濁は少しだけ良くなったように感じますが、ウネリがあって潮の流れも早いように見えます。 

車の外気温を見ると...

2010092605140000 (3).jpg 雪国生まれで寒さに強いはずの私もブルブル震えてしまう8℃!  9月でこの気温は滅多にありません。水温の低下で活性が下がらないといいのですが...

酷暑だった夏を過ごされた南国の皆さんには真冬並みの寒さだったのではないでしょうか...?

 

 

そんな中でいよいよ開会式が始まります。

2010092605480000 (3).jpg  

選手のみなさんも見るからに寒そ~

寒さを吹き飛ばして頑張ってください!

   

  予選の開始はAM6:30。 私の担当任務はWエリアの右端ラインズマン。 選手の出発より一足早く現場に移動して準備も整った頃に選手の皆さんは抽選順に続々とスタート、思い思いの釣り座を目指して移動しているようです。

 

本部からの無線連絡で開始の秒読み開始!

2010092609280000 (3).jpg  

 

初体験のフォーンを鳴らして、いよいよ試合開始です(^^)

 

自分は関係ないのに「気合いだ~!」と叫んでいるアホが...

調子コイて選手の邪魔するなよなぁ~

 

予選が始まったものの私の居る右端には誰も来ません。 釣果や 状況が気になるのですが、あまりにも遠くなので釣れているのかどうか全く確認できません(^^;; 

キャストする姿を見ると、多くの選手は遠投からはいっているみたいです。 皆さん前日のデータを参考にして遠目から攻めているんでしょうね。

 

それから3時間が経過し、ほとんど仕事(?)も無いままに予選が終了しました。 一度本部に戻ったところ、検量所で「おおっ!」歓声が上がっています。 

誰か爆釣したんだろうなとワクワクしながらその様子見に行くと...

2010092609380000 (3).jpg

超遠投派の古牧さんでした。

他の選手よりも明らかにワンサイズ大きいキスを大量に持っているようです。

やはり遠投が効いているみたいです。

 

聞いてみると何と9色より沖目だったとのことです。

どんだけ投げてんの?

っていうか羨ましいっす!

 

 

 

そうこうしているうちに全員の検量も終了し、予選の結果発表となりました。

 

古牧さんの 検量の結果は32匹925g。 Wエリアでトップなのはもちろんですが、2位だった川村さんが428gだったのでダブルスコア以上の開きです...

 

一方のRエリアでは高橋名人の結果が気になります。

 

 

そして決勝進出の4名はこの方々...

2010092610070000 (3).jpg

左から

W2位 川村さん

W1位 古牧さん

R2位 山中さん

R1位 高橋名人

 高橋 名人はRエリア貫録のトップ通過でした!

少しのインターバルの後、10:40から決勝戦&シード権争奪戦が開始となります。 決勝戦はWエリアとRエリアの中間部で行われますが、再び私の居るWエリア端からでは選手が小さな点にしか見えず、悶々としそうな予感がします...(>_<)

 

開始時間となり再びフォーンを鳴らして、2時間の決勝戦&シード権争奪戦がスタートです!!

 

私の居るWエリア右端の近くまで来てサビいていたのは福岡の安部さんのようです。 それでも釣り座とは100mほど離れていて、手元の動きや釣果もサッパリわかりませんが、後半は近場を丁寧に探ってキスを拾っているみたいです。 

しかしその他の選手の状況は全くわからず、やはり悶々としている私でした...(^^;;

 

暇にしていると三種町の三浦町長と観光協会の畠さんが歩いて来られ、地元発展に関するよもやま話が始まりました。 町長はダイワさんの釜谷開催を非常に喜んでおられましたし、来年以降も色々と工夫を凝らして協力したいとのご意向で、私も嬉しくなっていました(^^)

 

そうこうしているうちに2時間が経過、本部無線からのカウントダウンコールに従って大会終了のフォーンを鳴らしました。 長くも短い5時間の終了です。 選手の皆さま、お疲れさまでした!!

 

本部ではWエリア、Rエリア、決勝戦の順で検量が始まります。

Wエリア1位でシード権を獲得したのは...

大林さんと塩崎さんが同重量225gで並んだのですが、塩崎さんの10匹に対して11匹を確保された大林さんが見事にトップとなりました!

Rエリアの様子は...

この日の最大サイズ27cmをゲットし、4匹192gだった石田さんです!

 

大林さん、石田さん、来年のシード権獲得おめでとうございます。 うらやまし~

そしていよいよ決勝エリアの検量結果がアナウンスされます。

アナウンス順に...

古牧さん 14匹423g やはり遠投勝負がバシッと決まったようです!

高橋名人  9匹 91g ピンギスを拾ったけど...無念

川村さん   3匹118g 良型が揃いましたね!

山中さん 10匹114g 数で勝負でした!

2010092615030000 (2).jpg

古牧さん、優勝カップが重そうですね!

堂々のブッチ切りレースでした!

おめでとうございます!

 

 

  川村さん、山中さん、高橋名人、渋い状況で僅差の勝負となりましたが、最後まで自分の釣りに集中されたんでしょうね!  お疲れ様&おめでとうございます!

 

この日のキスは三種町の福祉協議会へ贈呈されたようです。

2010092615000000 (3).jpg

三浦町長、エリアの端までお越しいただき、暇コイていた私に色々と勉強になるお話を賜りましてありがとうございましたm(_ _)m

 

これからも微力ながら地元の釜谷浜を盛り上げて参りたいと思います!

 

   

最後に参加選手の集合写真です。 

2010092613010000 (3).jpg  

 

 

皆さんお疲れ様でした! そして熱い戦いを見せていただき、本当にありがとうございました。  皆さんの釣りに対する真摯な姿を見ていると、やはり決勝大会は選手として出ることが最大の喜びだとあらためて痛感しました。 今度は自分も...と気持ちを入れ替えて頑張ります!

 

再会する機会がありましたらよろしくお願いいたしますm(_ _)m

※実名・顔出しは決勝進出の名誉だと思いましたのでお許しくださいませ。

そしてダイワのスタッフの皆さま、本当にお世話になりました。 SBCの更なる盛り上がりを祈っております! ありがとうございました!!

 

 

 

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/390

コメント

ダイワSBC投2010大会の実況ご報告ありがとうございました。

さすがにレベル高いです。
9色投げるなんて聞いたこともないですね。すごい!
やっぱり日本一になるには、遠投できないと勝てないのでしょうね。

Gear-Labとしては、そこまで遠投できなくても遠投性だけを考えたオモリと天秤の開発もありかなと思いました。

かなり難しいと思いますが、遠投できる本当の形状とは何なのか、普通の考え方で言うと、そんなのは殆ど出尽くしている。と言われそうですが、常識を変えるくらいの勇気をもって遊んでみたいなとたくらんでます。一緒にこの遊びのりませんか?

来年の全国大会は選手として是非楽しんでください。

花丸さん、秋田ではお話頂き楽しい時間を有り難うございました!

天候は自然相手なのでしょうがないですが、いつかまた釜谷浜の
キスを堪能出来たらと思っております。
またご一緒させて頂ける日を楽しみにしております(^^)/

しおざきさん、
先日はありがとうござました!
シード権惜しかったですね~あと一匹あれば…(>_<)
でもこれが自然相手の宿命なんでしょうね。
だから楽しくもあり、この悔しさがあってこそ次につながるんだと思います。
今度はご一緒に競えるステージに行けるように頑張りますので、待っててください!

DETCHさん、
遠投性だけを考えた非常識なオモリとテンビンの遊びですね。
私はただテストするだけかもしれませんけど、自分の飛距離アップにもつながる可能性がありますからね~
一緒に遊ばせてくださぁ~い(^^)

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。