2010年8月 1日

投げ釣り馬鹿のたより

20100801130906.jpg 暑中~お見舞い申~し上げ~ます~♪キャンディーズでなく、

こばそうです。

 今年の新潟もホットに暑い。もとい、ホント~に暑いです。

そんな中、週末も迷わず「投魂」一筋に打ち込んでいます。

8月1日の午前3時。行きつけの釣具店にて餌のチロリを購入。若旦那「今日も太い餌を選びますね~」

当方「そりゃ~パールピンクの女神と女は太くてビンビンしたのが好みでしょ!?」

若旦那「そう言われればそうっすね」と、真夏の深夜のスケベ~会話で釣りは始まり、

 今朝のステージは新潟糸魚川(旧能生「のう」町)指南役のH氏と釣行。

行動の早いH氏。いち早くキャスト。ものの30秒もしないうちに良型GET(はやっ!)

当方はというと「ここは3色切ったら巻いて下さいね。根がありますから」

(先にそれ。はやく言ってくれっ!)根がかりっす。「でも、1色から波口にもいますから」

慎重にサビくといました(一安心)

 しかし、開始1時間後、とたんに草フグの襲撃に合い、やむなく移動。

そのとき、今年のシマノJC地区チャンピオンから電話が「どこで投げてる?」

当方「能生です」

チャンピオン「どうだい?」

当方「今日の能生はノーです(駄洒落)これから西に行きます」

 6時、今度は姫川に。態勢を立て直してプロトタイプ鱚介天秤×バルサ30号のコンビで「いざ、投魂」

 

 やはり「太くてビンビンが好み」は的中した模様でして・・・。

股ぐらにはさんだ竿。誘いをかけるべく前後にゆらゆら片手でシャクリをいれたら突然竿がひったくられ、竿が股間のボールに直撃(!)

 痛さをこらえながらの取り込みでようやく今シーズンMAXの24センチ。

バイブレーションのアタリも気持ちいいけどこの痛さも病みつきのややMなこばそうでした。

 

 水難事故が多発しています。くれぐれも「安全釣行」を。

 

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/382

コメント

おじギャグが古くて、エロオヤジのこばそうさん。>^_^<

バルサシンカーは、異常なくらいに人気ありです。
アタリを股間で感じるお客様は知りませんが、確かにアタリは今までにない感触があるというご意見を沢山いただいています。
本来以前からあったウッドシンカーの進化版なのですが、遠投性とアタリの両方を兼ね備えているからなのでしょう。

さてと、明日くらいに新しいシンカーをリリースさせていただきます。
どうぞお楽しみに。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。