2010年6月 8日

山形県酒田で尺アジ

6月6日は山形県酒田市の浜中海岸でシマノJAPAN CUPの東北予選。 一昨年はラッキーでセミファイナルの出場権をゲット出来ましたが、家の事情で無念の辞退となった大会です。 何とか今年は権利を獲得したいと気合いを入れての酒田遠征でした。

仕事を終えてから6月4日の夕方に酒田入りし、まずはこの時期に良く釣れると聞いていた「尺アジ」を楽しむことに。 上手くいったら刺身に塩焼きに開いて干物にして...などと、取らぬ狸のスケベ心がまたしても騒ぎます(^^)  狙うポイントは酒田のC師匠から聞いていた酒田北港の離岸堤沿いですが、先行のクルマがズラリと並んでおります。 やはり陸から狙える尺アジは地元でも人気のようですね~

タックルを準備してさっそく釣り座を確保し、「投げサビキ」の仕掛けをセット。 地元の方々はアミコマセのカゴをサビキの上に付けていましたが、敢えて秋田流(?)自己流(?)の下カゴにしてアジ投魂の開始です!

開始から1時間、日の入りまでの間はほとんど反応が無く、たまに掛かるのは尺アジならぬデカフグばかり... 隣にいた地元のオジさんに聞いても全くダメな様子です。 ところが暗くなって電気ウキのライトを点灯させてから状況が一気に変化しました。

投入してからロッドを大きくシャクってコマセを撒いた直後、私のウキがいきなり沈んで行きます!

思わず「来た~!」と独りごとを発しながら慎重に取り込んだのはジャスト30cmのアジですv(^^)v これは時合いが来たなとニヤニヤし、それまで暇で暇で折れかけていた心にスイッチが入りました! 

それからはガツガツとアタリが続いて、小さくても25cmのアジが次々に掛かります。 そんな時にC師匠が様子を見に来られました。 時合いに登場するなんてさすが師匠、オイシイところを逃さないですね~

21:00頃になってアタリも止まって、納竿することとなりました。 全部で27匹のアジ、そのままクーラーの氷だけで2日間も保管するのは鮮度が落ちるので、C師匠にワガママを言って自宅冷凍庫にキープしてもらうことにしました。

 

この日の最大は36cm。

2010060504280000 (2).jpgしかも入った場所が良かったのか、それともコマセの下カゴ仕掛けが良かったのか、周囲ではほとんど掛からずに汗をかいて釣りをしていたのは私だけのようでした。

 また来年のこの季節に再チャレしたいものです!

 日曜日のJAPAN CUPもこのように上手くいけばいいのですが...

 

 

そんなにオイシイ話が続くとは思えませんけどね~(^^;;

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/375

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。