2010年6月 8日

2010年JC浜中

いよいよシマノJAPAN CUPの東北地区予選の日となりました。

例年のパターンと違って今年は「2試合制」が導入されて全員が2時間半×2ラウンドで競うことになり、それなりの作戦や準備が必要になるものと思われます。 我が秋田投魂会のメンバー数名も前日入りして対策を討議しようと打ち合せておりました。

ところが...前夜に尺アジを堪能した私は、会場の下見をする予定だったのですが朝イチで再び尺アジ狙いの投げサビキに没頭する始末!? 更には市内の温泉で朝から爆浴のうえ仮眠...!? メンバーの皆さま、前夜祭での刺身分をキープしたことで許しておくんなまし~(^^;; 

そんな訳で会場に到着したのは午後2:00を回っておりました。 先に着いて下見していた新人ケンタから状況を聞くと、投げてもほとんどアタリが無くてメチャ渋く波口勝負になるのではとのこと。 それを聞いたのでタックルを持たずに本部前から右サイドをケンタと一緒に散歩するだけの下見で済ませることに。

そうこうしているうちにラッパー宴会部長・トンボさん・C師匠も到着されたようで、作戦会議と称した前夜祭に突入しました。 冷えたビールの味は格別です!! ところがいざ呑み方が始まると、初めての2試合制を如何に戦うか?の議題は全く出ず、ラッパー宴会部長の独演会のおかげで笑いの渦が延々と続いたのでありました...安眠中の参加者の皆さま、お騒がせしてスミマセンでしたm(_ _)m

 

翌朝目が覚めると既に本部で受付を開始するアナウンスが流れておりました。 寝ボケ状態で受付を済ませて選んだ封筒を開けると、ゼッケン番号は「115」。 いつもなら出発が遅くなる3ケタ番号は嫌な展開なのですが、今年は2試合目で早いスタートとなるので特別気にすることもありませんでした。

AM5:30を過ぎてスタッフの競技説明も終了し、いよいよスタートです。

私は波口勝負と決めつけていたので右サイドを選択し、波口の状況を見ながら歩いて良さげなポイントに釣り座を構えることに。 下見をしていないので自分の目を信じて歩く作戦です。 海は朝の追い風でベタ凪、波が立たないので見た眼でポイントを探すしかありません。

AM6:00になって開始の合図が聞こえ、1試合目の勝負開始!!

1投目、3色からジックリ探って波口で10cm程度のピンギスが2連。 しかし山形県では12cm未満のキスはリリースのルールがあったのでキープできず... でも両隣の方々にはキープサイズが1匹ずつ掛かっていたので、場所の選択は間違っていないのかな?

2投目、2色から探っていると、私はガッチョ(メゴチ)&リリースサイズだったのですが、左の方に14cmぐらいのキープサイズが4連! ここはいいポイントだと判断して腰を据える決意をしました。

3投目、半色の位置で突然強烈なアタリ! 思わずアワセを入れてしまってフッキングならず...ついつい焦りが出ていたみたいです(>_<)

4投目、またしても半色で強いアタリが来ました! 今度は予期していたので上手くフッキング、更に追い食いもあったようで仕掛けはバナナ状態に絡みながらも18cmクラスが3連!! 見渡せる周囲でこのサイズが出ていなかったので、アドレナリンが吹き出て来ますv(^^)v

続く5投目、同じ場所を引いてくると同じ場所で強烈なアタリ!! 連を狙ってその場にステイさせるとブルブルが長く続きます! きっと良型が5連だろうと期待を込めて回収すると、22cmと18cmの 2匹が付いていただけで無念のバラシがあったようです...失敗した~ヘタクソ~(^^;;

それからは20cm超えが1匹来ただけでキスのアタリが止まってしまい、掛かって来るのはフグ&ガッチョのオンパレード、結局1試合目は良型のみ6匹でした。 ただ周囲の10名に中では恐らくトップの重量と思われたので、まずまず満足の結果でした。

 

本部前に戻ってのインターバル。 秋田投魂会メンバーや知り合いに状況を聞いて回ると、全体的に激シブの様子で私の釣果は上位に食い込んでいるみたいです。 2試合目はスタート順が早くなるのでチャンスかも!

ポケットに入れていたパンを食べていると、スタッフから2試合目の開始時間を30分早めるとのアナウンスが流れました。 まだ30分も時間があると余裕をコイていたのであわててしまい、パンが喉に詰まってムセてしまいました(^^)

2試合目のスタートとなって目指すポイントは1試合目と同じところ。 この時間には海風に変わってさざ波が立っており、キスの食いも上がっていると思われます。 最初のダッシュで10数名を抜き去って、何とか狙った釣り座をキープできました。

左隣にはいつもお世話になっている某店主の姿があって気分もリラックス、それほど激混み状態にもならずに済んだのでイケそうな気がする!?

 

AM9:00となって、いよいよ2試合目が開始です!

1試合目と同じルートで探るものの、1時間してもキスのアタリが全くありません。 ガッチョの連発や、8本針が全部フグに取られていたりと非常に厳しい状況です。 ここで場所移動の迷いが生じましたが、周囲にもほとんど釣果が無くて同じような感じだったので、1試合目の貯金で何とか...という守りの態勢に入ってしまいました。

残り時間が1時間となってから、やっと15cmクラスが単発で掛かり始めました。 何とか3匹まで続いたのでこれからだと期待していると、左隣の店主にアタリが来たようです。 回収されたのは良型の3連でした!  期待はますます大きく膨らみます!

 

2010060609300000 (2).jpgしかしキスが連で掛かるのは画像の店主のみ、私は追い食いを待っても単発でしか掛かりません。 

そこで連を狙わずに1匹ずつ確実に回収し、手返しで数を稼ごうという訳のわからない作戦に出ました。

 ところがこの後は私の仕掛けにキスが食いつかず、結果的にこの作戦が見事に的外れに...

ついに終了時間が迫って最後の1投、するとガツン&ブルブルッと強烈なアタリが来ました!!

しかし既に余裕を失っていた私は反射的にアワセを入れてしまい、無念のノーフッキングでタイムアップ(>_<)

アタリの強さからして20cm超えは確実だったのでメチャメチャ後悔が...

 

本部前に戻って検量の列に並ぶと、直前にいた酒田のSさんの袋にはたくさんのキスが...直後に並んだ宮城のEさんの袋はパンパンです...ダメだこりゃ~

検量すると私の釣果は492g

結局セミへの通過ラインは610gぐらいでした。 バラしてしまった3~4匹や連掛けを狙わなかった2試合目の作戦を反省するしかありません(^^;; 

この悔しさは月末に地元で開催されるSBCで晴らしたいものです!

 

検量で私の前後にいた宮城のEさんが準優勝、Sさんも見事に予選通過されておりました。 おめでとうございます! 来年のセミでは弓ヶ浜を目指して頑張ってください!

 

表彰式を終えて最後に恒例のジャンケン大会です。 このジャンケン大会は我が秋田投魂会には無類のツワモノがおります。 2007年、2008年を2連覇したジャンケン王子が、また昨年はラッパー宴会部長が見事に勝利してシマノ特製チャリンコをゲット、クラブ3連覇を成し遂げました。

果たして今年は...

2010060612480000.jpg

結果はまたしてもこの男、ジャンケン王子が順当に(?)自転車をゲットしました! 

何と通算3台目!?

これは強運なのか実力なのか!?

 

巷では秋田投魂会はジャンケン大会のために参加してるという噂が流れているとかいないとか...

 

今度はセミの権利をゲットオンしようゼェ~イ!!(^^)

 

こんな感じで今年のJAPAN CUPは次に続かない結果で終了しました。 でもジャンケン王子の活躍と前日までの尺アジ爆釣体験で、思い出に残る大会となりました。

 

来週は昨年の浜中でセミファイナルの権利をゲットしたC師匠が上下浜に向かわれます。 アジを肴に泥酔しながら師匠のご活躍を祈っております(^^)

来年は頑張らないとな~

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/376

コメント

ありゃ~。
尺アジと宴会にパワーを使いすぎました?

ジャパンカップ予選といえどもやっぱり釣りは釣りですから。
楽しんだモン勝ちですね。
花岡節を久々に楽しませていただきました。

しかしアジ36cmはいいですね。
私も気合いを入れて遠征して釣れない釣りをするより、アジ狙いでしっかり釣りたいですね。週末はアジ釣りに変更です。

月末のSBC大会も楽しみにしとります。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。