2010年5月 4日

下北半島GW投げカレイ PARTⅠ

北国でもやっと桜が開花し、いよいよ春を迎えた気分です。 春といえば「花見カレイ」でしょう!

ってことで毎年恒例の青森県下北半島のカレイ投げ釣りに行って参りました。 今回は2回に分けて出陣、連休前半はお世話になっているC師匠と、連休後半は秋田投魂会きってのド遠投派タナと一緒です(^^)

まずは前半戦、昨年のGWでカレイ爆釣の美味しい思いをされたC師匠は、1年ぶりの北上に気合い満々でした。 もちろん私も案内人(?)として気合いが入ってます!

夕飯を一緒に食べてから爆走して現地に到着したのは23:30頃、しかしこの日は途中から降り出した雨と風で車から降りることすらできません(>_<) 仕方なく朝まで爆睡して天候の回復を待つことにしました。

翌朝4;00、日の出間近のうっすら明るくなったころに目覚めましたが、雨も風も一向に弱まる気配がありません... 協議した結果、車横付けで横着な待ち釣りができて風裏になる港まで移動し、各々1本ずつ竿を出してキャスト、車内でワイパーを掛けて待ちますが、はたして強風で竿先が揺れまくっているのにアタリなど出るものなのか...?

くだらないオヤジギャグを交わして待つこと約30分、C師匠が最初に投げて放置していた竿先が明らかに風の影響とはまったく違った動きを見せました! 急いでロッドに駆け寄って大きくアワセると、C師匠の黒い顔にニヤリと笑みが浮かび、白い歯がクッキリと輝いてます(^^)

慎重に引き寄せるとカレイの姿が! 

取り込んだカレイのヒレには黒い斑点があり、早合点した私は『あ~それヌマガレイでしょう』と知ったかぶり。 ところが記念写真を撮ろうとよ~く見ると、「ヌマ」にあるはずのイボイボがありません。

 

2010042906260000.jpgこれはもしかして珍しい『マツカワガレイ』???

マジぃ~?

初めて見た~

きっと間違いないでしょう!!

 

さすがC師匠!

ただでは帰らない職人です(^^)

 

 

2010042906350000.jpg

 

 

サイズは30cmに届くか届かないかですが、

そんなことよりもマツカワガレイを釣ったこと自体に拍手!

 

オイラには一生かかっても釣れないんだろうな~

 

そんなオイラは強風にヒラヒラと舞う木の葉カレイが2枚だけとお寒い限りのGW前半戦です...(^^;;

 

 

  

そうこうしているうちに、ますます風が強くなり撤収を決意、ダメモトで昨年いい思いをしたポイントに移動を開始、14:00に到着すると雨も止んで風も少々収まりかけております。

このチャンスを黙って見過ごす手はありません! すぐにタックルを準備していざ、第2部のスタート!

3セットを準備してフルキャスト、するとさっそくアタリが来ました(^^) 回収すると25cm程度の小ぶりな「マコガレイ」、ホッと一息つきますがその後が続きません。

仕掛けや針には毎回トロロ状の藻がへばり付いて帰って来るので、きっと波で底荒れしてカレイの食いが悪いのでしょうね~  結局午後の第2部は大きな見せ場(?)もないまま5枚のカレイをゲットして終了でした。 

近くの温泉に入ってカレイ臭を洗い流してから、マツカワガレイの快挙を祝いながら翌日の爆釣を祈念し延々と酒を酌み交わす2人でした...

やがて目がショボショボになってきて寒さも加わったので、翌朝は3:00に起床予定にして爆睡することにしました。 明日は頼むゾ~!!

 

グラグラと大きく揺れて目が覚めました。 きっと寝坊した私をC師匠が起こしてくれたんだと思いながら寝ボケ眼で起き上がると、昨日よりも強烈な暴風雨、なんと風で車が揺れていたのです...(>_<)

C師匠とどうするか相談しましたが、とても釣りなど出来る状況ではありません。 残念無念、断腸の思いで釣りを断念することとなりました。

この思いは来年に続くんでしょうね~ C師匠、お疲れ様でした!

マツカワは美味しかったんだろうな~

 

 

 

 

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/362

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。