2009年10月17日

河口で「ラン」アンド「ガン」その2

 みなさんこんにちは。こばそうです。
キス釣りもいよいよ「落ち」シーズン。10月の連休は投げるぞ~!と、プランを練っていた矢先「台風18号」プランは延期(がっかり)そこで、今日(17日)は久しぶりに「河口」から攻めてみました。

 ステージは上越市の関川(せきかわ)。今回も釣研サーフのH氏と一緒に釣行。
2週間ぶりの「投魂」にわくわく。6時。ジャリメをくっつけ「いざ、投魂」
今回も鱚介天秤×タングステン30号の最強コンビでぶっ飛びモードに。
 でも、6色にいないっ!(?)もしや?と思いテトラポッドぎりぎりまでねちっこいサビキをすると「プルッ!」と前アタリ。「ピンかな?」と糸のテンションを緩めたとたん「ゴンゴン!」とあわや心臓麻痺を起こしそうなひったくるアタリが!
1 (146).jpg

 やっぱりいました「テトラの隠れギス」今度は2~1色のちょい投げモードに。
間近にいるキスに鱚介の感度はさらに増幅。赤竿バイブが激しく感じます(出ました、エロモード表現)


1 (144).jpg

 「アタルけど乗らないなぁ~」と隣のH氏。でも取り込むと3連。
(ノッテルじゃん!)やはりこの人。ポイントをおさえています(侮れないっ!)
あちこちで赤竿とH氏の黒竿の「マシンガンキャスト」を展開し、8時。喰いが止まり
「あれっ?」と。またまた「もしや?」と思う前にH氏が川の中にキャスト。
「こばそうさん。こっちこっち」みると今度は黒光りしている竿がバイブレーションを起こしていました(またでました。エロモード)

 「喰いがいいときはこういう鈎でも乗って来ますね~」見ると金ピカハリの10号(!)
まるで夏の夜の大ギス仕掛け。今、当方が使っているアスリート4号が超ちっちゃく感じる!

 時間が経過するにつれ、徐々に群れが上流のほうに。もはや海釣りではなく、川釣りです。11時。納竿。2週間ぶりの海釣り(?)釣果はちょうど40匹。
1 (150).jpg
 落ちギスシーズン到来。まだまだキスと楽しめます。では、また。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/145

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。