2009年10月13日

明石鯛

連休だと言うのに予定がコロコロ変更となり、結局どこの釣行メンバーにも交じれず(TT)、親父と2人で明石に行ってきました。
11日の夕方出発し、4時半~日没までのジアイに賭けます。
時間もないのでポイント移動もできません。
一か所に絞り気合いで釣ります。
潮もよく動いてた為、いい感じでぽつぽつ釣れその日は終了。

DSC05834.JPG

そのまま、近くの港にボートを止めさせてもらいボートで1泊します。
しかし知ってましたがこの港の近くにはな~んもありません・・・
ふらふらと歩きまわって見渡す限り真っ暗でございます。
しょうがないのでボートでお湯を沸かしカップラーメンとおにぎりを食べます。
やることもないのでそのまま就寝。

朝になり、ここら一帯は朝の潮じゃないので、一応小一時間ほどやってみるもアタリもないので見切りをつけ太刀魚に移動。
ポイントに着くとものすごい遊漁船の集団です
邪魔しちゃ悪いので隅っこの方のポイントを狙うといい感じで太刀魚が釣れてきます。
小型が多いものの次の鯛の潮までの間十分遊べました。


DSC05839.JPG

昼前になり、そろそろかなと真鯛ポイントに戻ります。
ポイントに到着するとすでに、仲間のボートがいてて、ロッドが曲がっております。
期待を込めてカブラを投入すると1投目からヒット!
昨日に続き小型が多いようです。
続いて親父のロッドが大きく曲がってます。
今度はそこそこかな?
上がってきたのは50cmちょいの真鯛。
食べごろサイズですね~
その後も順調に釣れるも小型が多くリリースも大半。
潮もいい感じで流れているものの根かかり多発でビンビン玉のロストが痛い・・
その後も順調にカブラを亡くし持ってきたカブラ6個すべてをロスト!
13時半で強制終了となりました。。。
しくしく;


DSC05838.JPG


EZノッター

ふと気付きました。
PEとリーダーの編みこみ終了後、余り分のPEをリーダーとPE本線とまとめてハーフピッチしするとこですが、私はEZノッターからすべてはずしてやった方が慣れてる分早くできます(笑)
でも、うちの釣り初心者君は、すべてEZノッターで結ばないとできません。
とりあえず、現在FGノットをEZノッターなしで結べるように教え込むとなんとかEZノッターなしで結べるようになりました。30分ほど時間掛かりますが (⌒▽⌒)アハハ!
おかげでEZノッターの一つ一つの作業を理解して結べるようになり、EZノッターでも10分ほど時間掛かってたのが5分まで縮める事に成功!
これから慣れればどんどん時間も短縮されることと思います。
ちなみに、この初心者君は現在釣り歴2回、その際は、私が結んでやってましたから、釣り糸を結ぶのすら初の期待の新人でございます。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/143

コメント

本場 明石鯛のおでましですね~。
やらやまし~。>^_^<


EZノッターはその名の通りに初心者でもFGノットが結べるイージーな器具・・・・・・という点に開発の主眼をおきました。

ベテランの人は要らないかもしれませんが、私には必需品ですね。

でもでも。 ベテランでもFGノットを信頼できるくらいに結べている人が少ないなと実感しているのも事実です。

FGノットは意外に簡単なんですよということをEZノッターという道具を通して分かっていただければとても嬉しいです。

なぜならば、EZノッターは船の揺れに強いからです。釣り場の風に圧倒的に強いからです。そして何よりも簡単です。
誰が結束しても完璧なFGノットが結べるという点だけは自慢の釣具だと思います。

事実、ジギングやショアジギングを繰り返している私がEZノッターなしでは釣りにならないというところまできているからです。
これだけは真摯に誇張なしに申し上げます。o(^-^)o

DETHさん
確かに風がある時や船だと全部EZノッターで結んだ方が早そうですね~
今回のように根がかりが多く何度も結び直しする時はかなり重宝いたします。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。