2009年9月28日

EZノッター

明石に釣行という事で、メインは鯛カブラ、状況を見てジギングと言うことで出船。

ついに噂のEZノッターが発売との事で我が家にもやってきました。
まずはHPの動画を見ながら練習、鯛カブラのタックルPE1号 リーダー3号を用意する。
手元にあるEZノッターを見るとMサイズ。
MサイズだとPT1.5~8号とある・・・

(- -) (- -) (- -) (- -) シーーーン

終了。

そこでジギング用の1,5号が巻いてあるリールを用意。 うん今回はこのリールで!
PEをEZノッターにセット、そしてリーダーをセット、そしてリーダーとPEの編みこみ。
うん 上手くいかん・・・
なぜだ・・・
細いとやりにくので、もっと太いタックルでまずは練習しよう
PE4号と8号リーダーでやってみる。
驚くほど簡単にできてしまった。
次にジギングで使うPE2号と6号リーダーでやってみる。
うんうん 簡単にできる。
そして、カブラタックルになると・・・ダメだこりゃ
PE1.5号になるとできなくなる。
そこでDETHさんに苦情の電話 (笑
「難しいよ これわ できない!!」
PEとリーダーの号数を聞かれ答えると・・・
リーダーが細すぎますとのこと、Mサイズはリーダー5号~36号ですと・・
なんと! 私のカブラ用ラインではsサイズのEZノッターでないとダメなのか!
しょうがないので6号のリーダーに変更してやってみると、あら不思議。
簡単にできますねぇ・・・
スプリングの強さが違うらしくSMLのEZノッターで使い分けなきゃいけないっぽい。
PEもリーダーもメーカーによって太さ強さが違うので微妙な号数だとEZノッターも選ばなきゃですね。

なんとか準備万端となり、いよいよ出船。
今回は4人での釣行。
しかも、人数合わせの為、無理やり誘った釣りが生まれて初めての友人も一緒。
実質戦力は3人と・・・((φ( ̄ー ̄ )

まずは、最近釣れてる淡路島のポイントを目指す。なんとか到着したももの、風が強く波もバタバタで釣りにならん・・・
しょうがないので風裏になる明石にポイント変更。
3時間のロスタイム発生することに><
せっかく早起きしてきたのに・・・(Tへヽ)(/へT) シクシク..
到着するとすでにボート仲間の船が数隻いてて、皆さん数枚釣ってらっしゃる。
さっそく投入するものの全然釣れにゃい、アタリもない時間が過ぎて行く。
しょっぱなから大苦戦となる。
しかし!初心者君が、「なんか釣れたーー!大きいよ!!」
おー期待してみると、22cmほどのガシラ (笑)

昼前になりやっとこさ風も落ち着き今回のメインポイントに行ってみる。
さっそくぽつぽつ当たりがあるものののらない。
次に潮が動き出すのが15時。それまではガマンの釣りだわと皆を元気つけながらがんばる。
そしてやっと私にお刺身サイズの真鯛がヒット。すぐに友人も同サイズ。とぽつぽつとあがっていく。が全部ちっこい。

初心者君を除き一応全員真鯛の顔は見れた。
後は君だけだがんばれ!!!
「一人だけ釣れなかったら、帰りの車は気まずいだろうなぁ~」
「一人だけ釣れなかったら、皆が気を使うだろうなぁ~」
と、皆が心から応援してます。

そして~
ついに
ロッド曲がる!

・・・・が。なんかおかしい。
(絶対いらないけど、ボートに積んである一番大きい)タモを準備して、隣りで待機!
上がってきたのは太刀魚。 あぁ残念、鯛じゃなかったねぇと初心者君以外は全員分かってたけど、ねぎらいの言葉をかける。

DSC05813.JPG

そして、またもや初心者君のロッドが! ちょことだけ! 曲がる。。。

ちっこいかもだけどそれ鯛やで!と皆次々に応援する。
がんばれがんばれ~ 普段ならタモを出さないサイズだが、大事な1匹なので船内で一番ちっこいイケス用のタモを用意。(笑

上がってきたのは25cmほどのチャリコ。
でも今日初めて魚を釣った人には大満足の真鯛でございました。
秘儀、チャリコを真鯛ににする奥義で記念撮影。

DSC05816.JPG

なんだかんだと、ありましたが、けっこう満足できた釣行でございました。

DSC05818.JPG

EZノッター感想。

うん、全体的に大物が出なかったので、強度など全然問題なしでした、というか、よくわかりませんでした。
結び方は簡単です。
しかし、これからジギング等を始める人でノットを結んだ事がない人は、何度かFGノットをEZノッターなしで結ぶとEZノッターをより理解できていいかもと思います。
EZノッターでノットを作ればだれが作っても実用強度がでる。
これはかなり大きいと思います。
あとは値段ですね。
昔からやってて、きちんとノットを素早く結ぶ事ができるような人は高いと思うでしょうし、自分で結べない人にとっては1万円でも損はないと思います。
テストでもあれだけのヒラマサ釣っても問題ないノットが誰でも結べるEZノッターは、初心者の方や結ぶのが苦手な私にはかなり大きい存在ですね。
ジギングも場所や対象魚によって使うラインは違うので、EZノッター2,3種類買うとなるとそれはそれで、2万3万となっちゃうので、難点だと思います。

私もカブラ用にsサイズのEZノッターがほしくなりました。
そのうちお財布に余裕ができたら購入しようとがんばってみます。。。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/141

コメント

EZノッターのインプレッションありがとうございます!
あみとさんのご意見は実際に使った人でしか分からない内容なのでとても貴重なご意見です。

まず大切なのはEZノッターのサイズ別はリーダーの太さによって分かれています。PEラインの太さは殆ど影響しません。

サイズ決定はリーダーの太さ別です。
Lサイズ  リーダー120~200LB(36~60号)
Mサイズ  リーダー20~120LB(5~36号)
Sサイズ  リーダー7~16LB(1.7~4号)
Sサイズはもっと太い号数までいけそうですがただ今検証中です。

サイズはリーダーの太さによって分けてください。

価格ですが、10年保証としている以上に一生お使いになって欲しいと願っております。ロッドやリールは消耗品ではないと言いますが、EZノッターはもっと消耗品ではありません。 釣りをしている限りずっとお使いになって欲しいですね。

DETCHさん

リーダーの太さだったんですね
私はPEで考えてたので大失敗です

慣れないとPEとリーダーの編みこみが(特に最初の所)が手こずるでしょうが、慣れるとらくにできますね。
少しの練習でも十分使えるノットが完成してしまいます。
今まで色々なノットを試し何百回どころか、何千回とも練習してきた身としては、EZノッターでの少しの練習でノットが完成してしまっては、今までのは何だったんだ・・と言いたくなりますね。
しかし、10年保証って・・・
すごいですね

ちなみに、私はカーボンでもグラスでもロッドはへたるし、ベアリングやギアが摩耗、腐食してくるので、ロッドもリールも消耗品と考えてます。。。

EZノッターはあれだけ材質にこだわってるし、確かに一生物ですねぇ
無くさないよう気をつけないと(笑)

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。