2009年8月17日

バルサシンカー×鱚介天秤の実釣リポート パート2

 残暑お見舞い申し上げます。こばそうです。
お盆休みが終わり、お勤めモードに切り替わりまして・・・。しかし、
未だに「休みボケ」をしています。

 妻の帰省先から自宅に着いたときのこと、郵便受けに見覚えのある封筒。
「ん、買い物していないのだけど(?)」帰りの荷物をそっちのけで封を切ると中から
「バルサシンカー」と「鱚介天秤」と「2枚のペーパー」内容を読み上げると、
「このたび、鱚介天秤バルサシンカー用を作成したのでモニタリングを(中略)」とのこと。

おもわずびっくりのサプライズな出来事とアイテム。早速投げずにはいられない!!
ということでプロトタイプの天秤を道具箱にしのばせ、いざ、ホームの上越の浜へ。
「刀鍛冶が刀を試し斬り」するような気持ちで「いざ、投魂」
(ちょっとこの表現は物騒ですね)

 DSC_0002.JPG

 と、いうことで鱚介に「秋田投魂スナズリ」「バルサシンカー25号」の名トリオで刀の試し斬りよろしく仕掛けの鈎も「ささめカタナキス5号を5本」をチョイスしてキャスト。
 従来の鱚介よりアーム径が細いのでさらにアタリが明確に。やはり、期待を裏切らない出来栄えです。サビくとまるで自分の人差し指で海底の地形を撫でているような・・・。
 
 少しわがままを言うと、アーム部の長さをもう2センチほど伸ばせるとちょっと嬉しい。かな。ロングアームタイプの天秤もあったらいいな。と思います。
 (長い多点鈎仕掛けに有効なのでは?)
最終的な結論は「道具箱に入れておかなければキス釣りは成立しないアイテムだなぁ」と。
 
 この天秤の実釣リポート。次回は当方の所属クラブの方々にも使ってもらってコメントを聞いて見たいと思います。
 
 では、また来週末を。(気づいたら今回は「スケベ~」表現と釣った魚の画像がないっ!)

 追伸ですが、「家族でちょい投げ」で使う天秤にも適していますよ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/129

コメント

バルサシンカー鱚介テンビンのインプレッションありがとうございます!

あの有名な鱚介さんがバルサシンカー専用の鱚介テンビンをGear-Labの依頼で気持ちよく作っていただいたのでお送りしました。
従来のウッドシンカー用でも良いのですが、作り手の鱚介さんと投げ師の方々の意見をコラボしながら作り出したいなあ~っと思いました。

こばそうさんの言われる通りに遠投したらアームの長さが気になるところかもしれません。でも遠投しない場合はちょうど良いのかもしれません。アームの長さはホントに難しいです。長いと空気抵抗が大きいし、長い分だけ曲がってしまいます、細いと曲がりやすいように思いますが空気抵抗がなくなりますのでその塩梅が分かりにくいのです。
つまり、これは実際に投げてみてコツコツとデータ取りするしかないような気がします。

ホントに試釣ありがとうございました。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。