2009年6月16日

ちょい投げで楽しい日曜日を!

 みなさんこんにちは。こばそうです。
キスのトップシーズン。木曜金曜と週末が近づくとそわそわしながら仕事をしている今日このごろです。
 
 今回は、波口で大ギスがかかるので子どもたちにまたまた「ブルブル」体験をいつものホームグラウンドの(新潟県上越市黒井)へ連れて行きました。

 しかし、この日(14日)の天候は低気圧の影響で肌寒くまるで7日のシマノJCみたいなコンディションでした。
「デカイの釣らせてあげるよ」と子どもに「親父の大見得」を切った手前、内心は「この天候じゃ活性低いだろ~なぁ」とハナっからマイナス要素が漂っていました。

 既に現地に到着したのだからなにはともあれ「投げなきゃ損損」(阿波踊り?)
2mのシーバスロッドに12号片天秤、波口攻略用ショート仕様4点5号鈎仕掛けにまるで極太ウドンのような太さのチロリを付けて「いざ、投魂」
 
 後は、子どもがサビいているのを眺めながら当方はゆっくりコーヒー&タバコタイム。
海を見ながらの一服は格別ですね。

 しかし、投げてものの2分もしないうちに「ギュ~ン」と竿が弓なり!軟らかい胴調子のロッドが弧を描いたので子どもが「来た来たっ!」と言う前に当方のドキがムネムネ。もとい、ムネがドキドキしました。ゆっくり一服タイムは即、中止。
 釣り上げると24センチ。また今シーズンも親父より先に子どもに記録更新されました。
1 (130).jpg
 「釣らせてあげるよ」の大見得台詞。とりあえず約束を果たしたからok牧場(ガッツ?)
 そして、「1発大ギス狙い」の遺伝子は親から子へ脈々と受け継ぐのでした。

 久しぶりの親子ちょい投げ。結構子どもより親父がわくわくします。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/117

コメント

OK牧場!

オヤジの見栄が実現して良かったですね。

でも一番楽しんでいたのはこばそうさんかもしれません。>^_^<

ドキがムネムネ。
もう、すでに娘さんがお父さんと遊んであげてるという気持ちかもしれませんよ。  
ちょっと酷かな? (^。^)

実はうらやましいなあ~と感じながら読んでました。(~。~)

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。