2009年6月 9日

JC浜中予選

6月7日は山形県の浜中海岸で行われた、「シマノ JAPAN CUP (JC) 東北地区予選」に参戦して参りました。 この浜中海岸では、一昨年はダイワSBCを勝ち上がって九州まで行けたり、昨年のJCでは人生初の表彰台に輝いた思い出の深い海岸です。 果たして今年は...?

AM4:30、受付に行って引いたゼッケン番号は『109番』。 参加者が130数名だったのでほとんど後ろに近いスタート順となりました。 そんなに上手くいくはずない... 我が秋田投魂会の他のメンバーのクジ運はみんな2ケタ後半の番号だったようで、微妙に嫌な予感が走ります。 同じ秋田から参戦のトンボさんだけゼッケン4番と引きの強さを発揮していました。 やがてスタッフの説明が終わって、いよいよ1番の人からスタートです!!

エリアは本部の左サイドが約2Km、右側は約1.5Km。 ただし昨年の大会でサーファーとの間でトラブルがあったことから、左サイドの中間部分数百メートル区間が投擲禁止エリアに設定されていました。 どちらに進むか悩んだ挙句、右側を選択してゆっくりと歩き始めました。 どうせ良さそうな場所には先行者が居るはずなので、ちょっとした隙間に潜り込む作戦です。

ちょっとしたワンドの凹部分の端が空いていたので、何気なくクーラーを置いて準備を始めました。 仕掛けをセットしてふと左横を見ると、2人を挟んだ先にGWに一緒にカレイ爆釣遠征をしたC師匠の姿がありました。 これは師匠にキスを持っていかれそうな気配です・・・
AM6:00、ホイッスルの合図でJCが開始されました!

前日の夕方に下見した方から情報を仕入れると、遠投してもキスの反応が薄く(ほとんど無い)波口勝負とのことだったので、2色以内の超近投げに徹することとしました。 1投目、力糸がトップガイドに来るところまでネチネチとサビいてくると、来ました!「ブルブルッ」!! 少し追い食いを待っていると2匹のキスが掛っていました。 山形県では12cm未満のキスはリリースするルールなのですが、この2匹はシッカリとキープできるサイズでした。 続く2投目は同じ場所でキープサイズが4連と好調なスタートです(^^) 

周囲を見ると一番気になるC師匠は単発ながら良型をコンスタントにゲットしています。 さらに私の右隣に入って来た方にはキープサイズ6連が!! これで場所の選択は正解だったと確信しました。 それからは群れが居なくなったり回ってきたりと、インターバルがあったものの、集中力を切らさずに3時間釣り続けました。 まずまずの釣果だったのでそこそこ手応えはありました。

本部帰着が9:00までで〆切とのことだったので、8:50にてタックルを片付けて検量を受けると775g。 例年なら1回戦突破は大丈夫なボリュームですが、如何せん遠いエリアの方々の釣果が気になるところです。 秋田投魂会や他の秋田のメンバーもやって来たので検量結果を聞くと、横手風焼きソバ職人(?)で遠投派のタナが347g、トンボさんが371gで、その他のメンバーは撃沈とのこと。 もしかすると1回戦は突破できるかな?

一度車に戻って朝飯を食べていると、地元の方から予選通過は500gぐらいだろうと聞いて、急いでタックルを準備して本部に向かいます。 既にボードには結果が書かれていて、私は16位で通過できていましたv(^^)v 

11:10からは2回戦の開始、1回戦の上位順にスタートするので上位の方々からいいポイントを押さえていかれます。 私のスタート順になったので先ほど入った場所に向かったものの、見事に入るスペースがありません(^^;; 仕方なくその先まで海の状態を見ながら歩を進めます。 するとワンドになっていて良さげな場所を発見、先行者のHさんとTさんの間に入れさせてもらって2回戦が開始です!

1投目は2色投げて1色半から真剣にサビきます。 すると波口から5~6m先でキスの明確なアタリ!! 慎重に取り込むと19cmと15cmのダブル。 まずまずのスタートです。 隣のHさんとTさんにもキスが来ましたが1匹で私よりも小さいのを確認しました。 密かに『こりゃイケるかも!?』とニヤニヤし始めました。 

ところが私の2投目は12cmギリギリのキスが1匹だけ。 隣のHさんは3投したところでクーラーを抱えて移動を始めました。 続いてTさんも移動... 私は迷ったものの、『もしかするとこの場所のキスを独占できるのでは?』ととらぬ狸の何とかで同じ場所で粘ることにしました。 しかしこれが災いしたようで、キスが3~4連で来るものの全てが12cm未満のリリースサイズ(>_<) 見事に外してしまっています...

焦って場所を移動しましたが風向きが変わって潮の流れも変わってきて、全体的に釣れていないような雰囲気です。 移動ですれ違う他の選手も一様に首をかしげてイマイチの様子。 こうなるともう集中力も冷静な判断もできません。 リリースサイズしか掛らない場所でダラダラと30分も時間を浪費してしまい、タイムアップを迎えてしまいました。
検量前にC師匠の様子を伺ってみると、良型をボロボロと持っていました。 さすがC師匠!

検量すると私は192gと撃沈、死後硬直で縮まってしまったキスが4匹も除外されてアウト!! 釣った時は13cmぐらいあったのにぃ~(>_<) 悲しい~
そんな中でC師匠は672gと上位が濃厚。 そして最初は隣にいたHさんが検量すると、何とこの状況で1,090gと見事なキロオーバー!! 更に同じく隣にいたTさんは609gとこれまた上位が確実な気配です。

2回戦の結果はこんな感じでした。
2009060713150000.jpg

優勝したHさん、おめでとうございます! 
C師匠、昨年の釜谷大会に続いての準優勝! さすが!
Tさんも見事に4位入賞でセミファイナルの権利をゲット、おめでとうございます!
2009060712590000 (2).jpg

アタシは17位でカルピスウォーターセットをいただきました。
2009060713030001.jpg

こんな感じで今年最初のトーナメントは勉強することばかりでした。 次はがんばるド~(^^)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/115

コメント

花丸さん、毎度です。
JCお疲れ様でした。
昨年の準優勝から、表彰台の真ん中に立つのかと思って期待していましたが、やはりトーナメントは厳しいですね。
私は都合があって参加できませんでしたが、来シーズンは参加する予定ですので、よろしくお願いします。
来週は、セミですよね?
がんばってファイナル行ってください(^^)/

シマノJC予選お疲れ様でした。
1回戦の重量からみてかなり期待して読んでいましたが、なんとも残念ですね。キス釣りは何がどうなるかわからないのでドキドキします。

次回の大会を楽しみにしとります。>^_^<

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。