2009年5月31日

現地偵察?のキス釣行記

 みなさんこんにちは。こばそうです。
さぁ~。週末です。投魂していますか?まず、土曜日。この日は7日に行われるシマノJCに向けて(柿崎中央海岸)「現地偵察」を。ところが、金曜の南風の影響で波にうねりがあり、少々コンディションが・・・。(悪)しかし、それを打破すべくまず、1投。2色でキャストし、ネチッこ~いサビキで1色と波口の「スイートスポット」を探りました。やはりいました。またまた竿のバイブのエクスタシー。「ああっ、イっちゃう!」(超ヒワイ表現)波による仕掛けの絡みを局限すべく、ショート3本鈎仕掛け(1.5m)をチョイス。23センチのパールピンクの女神様がやって来ました。
 
 ところがどっこい、またもそこから渋い展開。周りを見渡すとほかの「釣り客」を装った現地偵察者も渋い展開を繰り広げていました「ガッチョ」「クサフグ」「マイクロピンギス」モチベーションを下げる魚が釣れ始めたのです(とほほ)鈎を飲み込んだピンギスは自宅に持ち帰り冷凍保存。7月にシーズンを迎える「太刀魚」釣りのえさに。唇に浅くかかったピンギスは「出直して来なさい」のエールを送ってやさしくリリース。
 
 話が少々それました。早くも来週の展開が渋いものでは?折れた鈎を交換して場所を移動。「こばそうさん。ど~こ行くぅ?」一緒に現地偵察をした釣研メンバーのS氏。「お任せします」と、当方。結局2時間くらい粘って23センチと22センチのたったの2匹。「う~ん」これでは(超困)仕方なく、偵察行動は止めて、いつものホームグラウンド(黒井)へ。「仕掛けを絡ませない波口サビキ」を練習しました。
 練習の成果は下画像を(恥ずかしい数ですが)

1 (128).jpg

 日曜日。土曜の「仕掛けを絡ませない波口サビキ」を反復演連。4時半開始。8時納竿の自分ルールで設定していざ「投魂」場所はホームグラウンド。仕掛けについては少々長く(4点鈎2m)ハリ間を30センチから25センチに詰めて「絡まん仕掛け」を作成。アタリが出て、追い喰いを誘う。そして波に乗せて取り込む。一連の動作を手返しよく釣りをしてみました。(下画像がそのときの釣果です)

1 (129).jpg

 夕べから接近してきた低気圧ザーザー雨で15度と少々肌寒い中のずぶ濡れ練成。ブログを執筆しながら道具の手入れ、乾燥、塩抜き。当方もそろそろ身体の塩抜きを。
(このままじゃしょっぱいオヤジの塩辛になってしまう!)

 パールピンクのバイブを堪能した週末投魂ストーリー。いかが?
では、また。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/112

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。