2009年5月24日

こちらも例会ですが...

新潟柿崎中央から北上すること約415km、昨年初めてダイワSBCの東北地区予選が行われた釜谷浜で、我が秋田投魂会の2009年度1回目の例会が開催されました。

突然のアクシデントや仕事の都合などによる欠席者があって参加者は6名と寂しい人数。 でも少数精鋭(?)のメンバーで実釣は7:00~10:00の3時間、各自思い思いのポイントに釣り座を構えて「投魂」の開始です!

昨日の雨の影響で気温は11℃、水温もずいぶんと低く、また昨日のウネリが治まりきっていない状況で、しかも西風が真正面から吹き付けていて飛距離が伸びそうもなく、始める前から激シブだろうと安易に想像ができました。 

最初の1投は6色からジックリ&ネチネチと波口までサビいて活性の低いキスを引っ張り出そうとしましたが、案の定、生体反応が全くありません... 続く2投目も同じ... これは集中力を欠いてしまう完璧に苦手で嫌な展開です(^^;; これではアカンと思って200mほど場所を移動、そこで2投するものの状況は全く変わりません。

何とか現状を打破しようとして遠投してから流して待つことにしましたが、今度は道糸・テンビン・仕掛けに大盛りの「ホンダワラ」が絡んで超重リーリング... 他のメンバーも激シブと「ホンダワラ」に苦戦しているようで、1時間半経過しても誰にもキスのキの字もない様子です(>_<)
それから2回場所移動を繰り返すものの、時折フグが邪魔するだけで本命のアタリは全く現れません。 ここでゆっくりタバコタイム。 時計を見ると既に9:30。 残り30分ではジタバタしても仕方ないので、仕掛けを交換して再び6色半からネチネチサビキを再スタートしました。

するとボウズ覚悟の私をパールの女神様は見捨てていませんでした! 残り20分になって本日最初の「ブルッ!」(^^) 連掛けなど狙っている余裕はありません。 愛しい1匹を何としても取り込もうと慎重にリーリングすると、2色でガツンとホンダワラさんが絡んできました。 『おいおい、アンタはどこまでオレをイジめるの~?』と泣きが入ります。 テンションを掛けながら寄せ波に乗せて砂浜に引きずり上げると、ホンダワラさんの中にプルプルと白く動く物体が見えました! 本日の初キスですv(^^;;
サイズは17cm程度。 この状況ではまずまずの大きさでしょう。

すかさずアタリのあった同じポイントに投げます。 残り時間はたったの10分。 先ほどと同じ距離まで引いてくると、オヤジの願いが通じたのかまたしても「ブルッ!!」 今度はホンダワラさんにも邪魔されず、素直に波間から顔を出したのは18cmのキスでしたv(^^)v
ちょうどここでタイムアップ。 長そうで短い3時間が終了しました。 

検量に集まるとみんな辛そうな顔をしています。 釣果を聞くと2匹釣ったのがたったの3名。 1匹が1名。 2名は無念のボウズでした。 重量勝負だったので全員が検量を終えると、何と私の2匹合計がトップ! 何ともラッキーです。 こんな感じでは2009年は先が思いやられますね~(^^;;

検量後はみんなでBBQ。 横手風焼きソバ即興調理師の「タナ」が気合いを入れて作った焼きソバと焼肉を食しました。200905241250000.jpg200905241249000.jpg

アルコール抜きながらYYGGと楽しく例会を終了しました。

アクシデントで例会を欠席になってしまった「O王子」もBBQから参戦し、食後の初キスをゲットできて、それなりのスタートが切れた秋田投魂会でした。
200905241400000.jpg

ゲストで参加してくれたトンボさん、ナベさん、お疲れ様&ありがとうございましたm(_ _)m
メンバーも激シブにメゲず、予選開始まで頑張って参りましょう!

最後まで諦めずに粘ればいいことがあると実感した1日でした。
それにしても、もう少し釣れてくれないとね~(^^)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/109

コメント

 例会お疲れ様でした。
12時間の釣り。(すごい)たしか栄養ドリンクのCMで「24時間、戦えますか」というキャッチフレーズがありましたね。
 さながら「12時間、投げられますか?」

 当方も釣りえさとタバコと缶コーヒーがあればできますよ。
さて、週末も元気に「投魂」じゃ!

おお~。 焼きそばにも秋田の気合いが入ってます。

浜でみんなで食べるとなおさら旨いでしょうね~。>^_^<

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。