2009年5月11日

投げ釣り馬鹿の釣り指南

1 (86).jpg みなさんこんにちは。ただいま「天地人」でホットなご当地越後高田の「投げ釣り馬鹿」です。「義」の心で投げています(テレビドラマの影響?)

 今回は「釣り指南」ということで当方のホームグラウンド「西ヶ窪浜」(上越市内)で我が家の娘たちにあの心地いい「ブルブルッ」を体験させました。ところが、ビギナーズラックはありがちなことで、突然26センチの(当方の靴のサイズと同じ)大ギス釣ってみたり、自作のチョイ投げ仕掛け(それでも5点鈎)に3連で釣ってみたりと「投げ釣り冥利に尽きる」というより内心は「父親よりすごい」(超焦)

 毎年シーズンは親子3人でこんな休日を過ごしています。
子どもたちとのんびり釣り糸を垂らす釣りと例会(投げ釣り大会含む)の釣り。釣る魚はまったく同じですが、内容はまるで違いますね。

 1 (33).jpg

 「クラブの例会と投げ釣りの大会は当方の釣りをスキルアップし、それを次の世代(子どもたち)にフィードバックする」それが主な目的なのです。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/107

コメント

かわいい~。(^。^)

お父さんすきすきの年頃なんでしょうね~。
うらやましいです。はい。
うちは野郎ばかりが男臭く成長してまさに男と男の関係です。はい。

おお~。いきなりデカギス。
ビギナーズラックがある釣りってホントに大好きです。>^_^<
誰もが楽しめる釣りになりますしね。

釣りにもビギナーズラックが厳しい釣りもあります。またこれも違った意味でおもしろいと思います。 私が感じる限りでは鮎釣り、フライフィッシング、ダゴチン釣り(筏釣り)でしょうか。

どちらも楽しい釣りですね。(^-^)/

次世代に楽しい釣りをつないでやってください。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。