2009年5月 4日

怪しい3人組の初日

大型連休に入って私の酒の師匠(?)であるCさんとエギングの師匠であるSさんの怪しい3名で3連チャンの投げカレイに行って来ました。
釣り場所は地元の方々や漁師さんたちの迷惑になるといけませんので、申し訳ありませんが今回は伏せさせてくださいm(_ _)m

5/2(土)AM4:00~AM9:00
師匠(?)のお2人は初めての場所なので釣り場の特徴と釣れるパターンなどを少々お伝えし、いざスタート! エサはいつものごとく青イソメ1Kgが一人分、軽い追い風で凪の状況です。 

この日の私のタックルは以下の通りです。
テンビン → スーパーシグナルⅡ&鱚介テンビン
シンカ― → ROCK T601のワイヤーを外した本体(30号)
仕掛け  → 自作オリジナルの派手系カレイ仕掛け
ライン  → PE1.5号+PEチカラ糸(1.5~8号)


C師匠の第1投目、オモリが着底して糸フケを取っていると、いきなり竿先がグングンと暴れだしました! それは着底からたった5秒ほどだったでしょうか... アイナメが食い付いたのかと思って見ていると、上がったのは30cm超えの肉厚マコガレイ、しかも初っ端からダブルです!
続くC師匠の第2投、今度は着底から1分ほど時間がありましたが、またしても肉厚メタボマコのダブル!! しかも今度の1枚は40cm近い良型です。
いやいや、さすがは師匠(^^)

その後はS師匠にも私にもマコやイシが続々と掛り、あっという間に2時間が経過。 持っていったスカリも引き上げるのが辛くなってきたので、他の2個のスカリも使うことにしました。 
私も過去にカレイの数釣りを経験したことはありましたが、この日は遠投派の師匠が2名もいたのでその数はあっという間にグングンと伸びて行きました。

しかし8:00を回った頃からパッタリと音沙汰が無くなり、横風もかなり強くなってきました。 興奮ぎみの師匠たちと相談し、この日は早上がりすることに。 でも師匠たちは初めての入れ食い良型カレイの体験に満足いただいた様子で、案内役の私もホッと胸をなでおろしました(^^;;
さて車まで獲物を持っていこうとしましたが、あまりにも重いので私のキャスター付き背負子が台車に変身、カレイ入りのスカリを3段に積み上げての運搬です。

カレイたちは釣りたての新鮮なうちに師匠のご家族などにクール宅配されることに。 その時に3人の合計枚数を数えたら63枚!! リリースした25cm以下のカワイイカレイも結構あったので、驚きの釣果でした。

200905021333000.jpg

その後はハイテンションのままスーパーに行って酒と肴を仕入れて宴会を開始!!
明日は果たしてどうなるものか...つづく

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/99

コメント

確かに怪しい三人組ですね。>^_^<
酒の師匠というのがいいです。
師匠と弟子は理不尽を飲み込む力がありますからね。
いつも楽しそうなお付き合いが愉快です。(^。^)

しかし63枚というカレイを今まで釣り場で見たことないですよ。

さすが花丸さん。
名案内役です。私が来たときもよろしくです。(^。^)

と・・・・・プレッシャーをかけておきますね。(^_^)

S師匠はDETCHさんも九州でお会いしている方ですよ。
釣りの腕も酒の飲み方も見習うばかりでした(^^;;

DETCHさん、いつでもご案内申し上げますよ~
焼酎に炭焼地鶏をご持参下されば更に嬉しいですね!

来年のシーズン前にこっそり連絡しますので、
ぜひともお越しくださいませ。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。