2009年4月 9日

あみとさんのダウンショット仕掛け

shikake.jpg

いつもボートで爆釣しているあみとさんの仕掛けについて教えてください。
上の簡単な図は瀬戸内の防波堤でメバル釣りによく使われているROCK T301やT302を使った二本針の胴突き仕掛けです。仕掛けの長さはいろいろありますが虫エサが多いようですね。

あみとさんはワームだったと思いますが、あみと仕掛けを教えてください。<(_ _)>

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/96

コメント

DETCHさん
仕掛けは、めちゃくちゃ簡単ですよ~

仕様してるロックは、T301 T302 2号と5号が多いです

まずはポイントの説明しますね
私の根魚釣りは夜釣りです
そしてポイントは水深1m~2mのシャロー
水深5mほどのテトラ帯
水深10mの岸壁

ワームの場合
私はめんどくさがり屋なのでロックに天秤にキス仕掛けが基本です。
浅場を狙う時はジグヘッドです
キス仕掛けでワームの場合は、ネジワームや月光などのワームがいいようですね
メバルもガシラもこれで狙ってます
ロックはなるべく底を取れるなるべく軽いやつのが根がかりしにくいので2号のやつをよく使用します

エサ釣りの場合。
ガシラ狙いなら、ワームと同じキス仕掛けです
メバル狙いなら胴付きです
胴付き仕掛けは、エダス(1,5号前後)を回転ビーズでだします
エダスは10cmくらい
幹糸は、なるべく太くしてます。
5号10号と太ければ太いほど^^;
私の場合は、釣具屋で安売りしてる時に買っているのでその時によって太さ変わります。
太くても普通に釣れますよ~
昼間のメバルはわかりませんが夜釣りでは釣果に差はでません。
幹糸を使用しオモリをロックにする事で、根がかりしてもエダスが切れるようにしておきます。
エダスだけを数本予備でもっていれば、切れてもすぐに仕掛けは復活です
エダスは私はめんどくさいので2本か1本しかだしてません。
昔は、ジギング用の80lbのフロロリーダーを幹糸にしてエダスを1,5号にし作ったりしてましたが、普通に釣れてました。今はもったいないので適当に安売りで買ってるハリスです。

基本私の通ってるポイントですと、魚影も濃いので仕掛けなんてなんでも釣れるんです^^;
ポイントとボートの流し方が大事です
私の仕掛けがすごいんじゃなくて、ポイントですねぇ
あとは釣り人の腕です(笑)
ただ、めんどくさがり屋なので、よく安売りでまとめ買いできるキス仕掛けが都合いいんですね

実際同じポイントに通ってるボートやチャーター船は毎回それなりの釣果がでてるみたいです
やはり最重要はポイントですねぇ
ポイントの詳細を書くといろいろと言われちゃいますので、どうしても気になる人はDETCHさん宛にメールでも~
実際問題大阪湾でロックフィッシュやってるボートの人は皆知ってます^^;

いやあ~。
詳しい仕掛けをありがとうございます!

つまり幹糸はどうでもいい! 80LBのリーダーなんてとんでもない太さですよ。約20号のイシダイ用ナイロンですからね。 (^。^) 

それも安い既成のキス仕掛けで充分というのがとても素晴らしい。
これは心強いご意見ですね。

胴突きの場合はなるべく軽いオモリがいい。ですね。 ・・・メモメモ。
言われるとおりにやればそちらが楽しそうです。

ボートの場合はポイントと操船ですね。

非常に勉強になりました。ありがとうございます!

DETCHさん
やはり最終的に釣り師の腕も大事ですねぇ
その中には手返しのよさってのも含まれます。
根魚の場合は根の荒い場所ほど場荒れも少なく魚も多いですから、どうやって効率よく攻めるかが重要です。その為にはやはりロックなんでしょうね~
ロックですらロストする時もあるくらいですから普通のオモリだったら何個持って行ったらいいやら^^;
仕掛け交換してる間にジアイが終わることのないよう手返しよく釣りするのが大事です。

あみとさん

いやあ~。その通りですね。
岩礁にはROCK。 なんも面白くないオジギャグみたいな・・・。

手返しの良さ。大事ですね。
ROCKならオモリと幹糸は守れるかも。

このぶっとい幹糸でのダウンショットは、釣法のなかでかなり確立されたものだと思います。なんてったってシンプルですからね。>^_^<

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。