2009年3月20日

リーダーとPEの最強ラインシステム治具を開発中です。

fgup2.jpg

私は元々不器用なせいかリーダーとPEを結ぶのが本当にヘタです。SFノット、FGノット、ダブルライン・・・なかなかうまく出来なくて無理して結んで何度すっぽ抜けたことか・・・。(~_~;)

でも、うまく結べないからこそ何とか簡単にできないかとずっと考えてました。治具製作の構想はあったのですがなかなか具現化できないで時間ばかりが経っていました。
しかし、今回スプリングメーカー及びMC加工メーカーの協力を得て今の段階では機能的には合格ラインまで到達しました。

4号PEラインが50BLショックリーダーに、くい込んでいるのが見えますか。これならどんな大物がかかっても結び目がほどけたり、切れたりすることはありません。

結び方はFGノットですのでキャスティングでガイドに引っかかるということはありません。世界最強のFGノットだと思います。(^。^)

テストで力任せにラインを引っ張って切るのが恐ろしいくらい結びがしっかりしています。

細いのではエギングから太い物では20kgサイズが釣れるラインシステムが組めるものを開発中です。非常に簡単な治具ですのでリーズナブルな価格でご紹介させていただけると思います。

どうごご期待ください。>^_^<

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/89

コメント

すばらしい商品ですね
ジギングだと船釣りになるので、風の強い日、波のある日はラインシステム組むのに苦労します
簡単で手早くしかも正確にできる器具があれば大助かりです~

早く商品化に期待しております~

ジギングの専門家であるあみとさんに言われると緊張しますね。結びはジギングでは命ですからね。

治具構造も含めて今また進化したりしていますのであと少しお時間をください。 ただMC加工がこれに加わるとカッコイイ治具になりそうです。(~。~)

ではでは、お楽しみに~。(^-^)/

PEが相性が悪いのか私の腕が悪いのか、当然私の腕なんですが
結ぶのに苦労しております
早く商品化出来るのを楽しみに待っています。

とても楽しみにしています。
N社から出ていますが、いま一つ手が出ません。
早く実用化できるようになるのを指折り数えて待っています。

遠投投げ釣りでの力糸ナイロン12号と道糸PE0.8号の結びでは結び目が大きくなり、インナーロッドではトラブルが多く外ガイドロッドでしか使えず、現在は力糸もPE5号を使い、結び目が大きくならないようにしています。ナイロン12号とPE0.8号は考案の治具でOKでしょうか?
可能であれば助かります。最近使っていないインナーロッドも復活します。

中村正人様
いつもありがとうございます!

PEとナイロンラインは異質のものですので本当に特殊な結び方になりますね。この特殊な結びをいかに簡単にするかが課題なのですがこのFGノットは「摩擦型」とも言われています。その摩擦という言葉で開発が進みました。

フィールドでも簡単に結べる道具です。
どうぞお楽しみに。>^_^<

上田 忠様
いつもありがとうございます!

N社のものは機械で出来る正攻法ですね。
Gear-Labのものは意外で単純なものです。
ですから価格も抑えたいのですが、デザインも懲りたいのでいろいろ考え中です。

一度購入されると長く使えると思います。

どうぞお楽しみに。

中嶋清一郎様

一昨年から本当にありがとうございます!

結論から申し上げますと可能です。
通常FGノット特有の締め込みが必須なのですが、0.8号は細いので締め込みをしなくてもしっかり最初から絞め込んで編んでいく方法です。言葉では分かりにくいと思いますが、写真のような編み込み形状になります。またPEが細いのでもっとスマートになります。

どちらかというと細いPEに対して太いリーダーの組み合わせの方が楽に編み込みできます。 

キャスティングにはFGノットが一番スマートですしね。このスマートでもしっかり絞め込むことができれば最高です。

余談ですが、投げ釣りの力糸に太いショックリーダーを結ぶことができたら投げ方も変わってくると思います。その名の通りショックリーダーは例えばナイロン50lb(約12号)を力糸に使用した場合、そんなに太くても少し伸びますので竿を思いっきり曲げて投げた場合、リーダーにタメができます。そのタメでどのくらい投げに影響するのかも是非試していただきたいところです。

ショックリーダーは150lb(35号)くらいまで編み込みできます。

ではでは、お楽しみに。>^_^<

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。