2008年12月 7日

ブルーランナーでまたまたヒラマサをヒット。

Image013.jpg

氷点下1度というのは北国には当たり前の気温かもしれませんが九州の温暖ぬくぬく男にとっては釣行を躊躇してしまいそうな気温です。(~_~;)
そんな極寒の中、仕事サボって12月7日(日曜日)に佐賀県小川島へヒラマサ狙いに行って参りました。

ブルーランナーの専用天秤を試作中で、どうもこれはエビングにも使えそうな天秤でして、そのテストを兼ねての釣行です。

最初は全く釣れずあまりの寒さに釣りよりも焼き肉を始めてしまい、良い気分になりもう今日はお昼であがろうとしてましたが、いきなりウミネコが近くを飛び出し「ん?」ボイルまでにはいたらないが何かが海中の中で起こっていると思い竿を振りました。
予想通りにヒラマサ3kgとヤズ1kgをヒットさせました。

PE1.5号でヒラマサ3kgはなかなか楽しいやりとりです。リールを逆転させたりしながら間合いを詰めていく、手前でいきなりの走りはヒラマサならではの動きです。

ブルーランナーは思いもよらないアタリが魅力ですね。(^。^)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/72

コメント

DETCHさん

ブルーランナーで釣ったヒラマサは丸々太って実に旨そうですね*^。^*)!
これだけ寒波が来ると脂が乗って最高でしょう~。

そういえば、旨いヒラマサの刺身なんて何年食べてないかなー?
東京で食べようもんなら~目玉が飛び出る値段になりそう・・・(-_-;)。

そんな魚が釣れてしまうブルーランナーは”切れモノ”ですね。

DETCHさんの焼肉で殺気を殺して魚を寄せるう裏技も~さすがです~ヘ(^0^ヘ)。

ヒラマサは流石に高級魚ですからサバき方を間違えない限り旨いですよ~。>^_^< まっすぐにおみやげもって寿司屋行きです。(~。~)

しかし、今回は海の状況をウミネコからの報せで分かったというのが一番嬉しかったです。

竿を振っているときいつも廻りの状況を見る習慣が良しとされますが、今回は熱々の焼き肉を口にくわえているときでしたので慌てました。(~_~;)

これも釣りです。(^。^)

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。