2008年12月 4日

ウキ釣りでエサ盗りを回避する方法

玉砂利.jpg

エサラップを使った効果的なウキ釣りのエサ盗り回避方法です。この方法はかなり効果的なのでウキ釣りをされる方は一度是非お試しください。

用意するものは写真のような園芸店で売られている玉砂利です、大きさはそろっていなくて結構です。
それにエサラップタイムラインです。

付け餌を針に付けて玉砂利と一緒にエサラップで包みタイムラインでぐるぐる巻くというものです。半遊動式の円錐ウキが良いのですが少し浅めのタナを決めて浮き止めを設定しておきます。投げ込むと当然ウキは沈みますがエサラップが溶けたときに海底から静かに付け餌が浮上します。魚は逃げる餌には大きな反応を示すのはどの釣りでも一緒ですのでその餌にアタックしてくる確立が高くなります。例えアタックしなくてもタナで付け餌は漂います。

ウキが海面に近づいてきたとき一番緊張するときです。

少し湿らせればタイムラインは使わなくてもセットは可能です。

もちろん玉砂利は海底に残りますが自然のものですので環境負荷はないと考えています。

非常に簡単ですのでどうぞ楽しんでください。(^。^)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/70

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。