2008年11月26日

平うちテンビン試し釣り

丹後半島沖で、レンタルボートを借りて行ってきました

この前、DETCHさんに送って頂いた平うちテンビンの試し釣りです
潮の動かない日本海、この辺で、五目釣りで狙う場合は通常胴付き仕掛けで狙います
鯛狙いのみの場合はテンビンフカセです

なので、少しでも潮の動くポイントを目指します
はい、めちゃくちゃ遠かったです・・・
ボートに乗ってから2時間近くかかりました。

漁礁を狙って水深70mのポイントへアンカー投入
そして、1投目から釣れまくりです
しかもヒラアジ、カイワリの大きいのが混じりウキウキですよ
DSC00296.JPG

でも、こういう時に限ってやはりデジカメを車に忘れました
しかもぼけぼけΣ(T▽T;)

そして、次の日

さっそく昨日と同じポイントへ行きました
しかし、到着し釣り開始して1時間ほどやった所で急に荒れだす
こりゃいかんと、急いでマリーナに帰りました
近場のポイントにしときゃよかった・・・
忘れずにデジカメを持ってきたのが悪かったか!

DSC00347.JPG

平うちテンビン
ん~まだよくわかりませんね~
今回は魚の活性がよかった為か、なんでも釣れた気がします
捻じれのない天秤って事であたりは明確にでやすかったです
今回は2日間共、海が荒れ気味だったのもありますが、いつも使ってるL型テンビンよりもお祭が多かった気がします
また今度試して報告しますね~

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/67

コメント

公開前の漁師御用達の平打ち天秤のテストありがとうございます!

テンビンは確かに活性が良すぎるとその差が分からないでしょうね。
逆に活性が悪いときにはその差もハッキリしてくるのではないでしょうか。

ただ、活性に関係なく普通のテンビンと違うところは魚を掛けたあとにバラシの確立が減るということです。

テンビンのネジレに強い平打ち天秤のこの強みは確かにハッキリしているようです。

あとはオマツリですが、よくまだつかめていません。テンビンを使う釣りで潮の流れがないときは私も厳しいでしょうし、テンビンの腕の長さの差もありますね。

次回のテストも宜しくお願い申しあげます。>^_^<

DETCHさん
普段使っている天秤は、L字型で中にクッションゴムが入ってるタイプのやつで、バラシもかなり少ないです
その為、平打ちテンビンとのバラシの差はよくわからなかったですねぇ

お祭りに関しては、私の腕の問題もあるでしょうし、海が荒れまくってたってのもあるでしょう

次もがんばって試してみま~す

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。