2008年11月24日

下北半島2日目

たった30分もの間に12匹ものサメが入れ食いでした。 カレイなら飛び跳ねて喜んでいたのに...とガックシと肩を落として片付けしている意気消沈した2人でした。

サメの攻撃には参りましたが、ここで気を取り直そうと明日の作戦会議です。 風が南東に変わり始め、そして強くなってしまいました。 このまま下北半島の陸奥湾側に居ても釣りにならない状況です。 思いきり移動して津軽海峡を攻めるか?、もしくは2月に私が51cmを掛けた六ケ所村へ移動するか? 協議の結果、帰り道も近くなる六ケ所村へGO!!

車内の暖房でポカポカになり始めると、前夜はほとんど眠っていなかったので運転しながら夢見心地になりそう... 無理な運転は気をつけましょう!と言うか、ゆっくり休憩を取ってから運転するようにしましょう!!(^^;;

何とか自分にビンタを喰らわせながら、約1時間半かけて六ケ所村のいつもの港へ到着しました。狙いのポイントへ行ってみると、強い南東風によって強いウネリが発生しており、時折白波が堤防を洗っています。 私は釣りバカですが、こんな状況で堤防に釣り座を構えるほどの大バカではありません。 全国のあちこちで釣り人の落下事故のニュースを聞きますが、こんなところで無理をするから大きな事故になってしまうんですね。 せっかく釣りを楽しみに来ているのに、命を落としたりしてはアホです。 他人にも大迷惑を掛けてしまうし、堤防が立入禁止になることもあります。 
運転と言い、釣り座の状況判断と言い、十二分に気を付けて釣行しましょう!!

という訳で、風裏になって安全な港内の岸壁で、カレイの実績のあるところに釣り座を構えました。
ヨネちゃんは早速三脚と竿を2本準備し始めヤル気マンマンです。 一方の私は追い風とは言え強風なのと眠気が優先していたので1本だけセット、ヨネちゃんの三脚をお借りして怠慢な夜釣りに入りました。
3本の竿先のケミは強風でブルブル震えています。 これではサメの大群のようなアタリじゃなきゃ分かりましぇ~ん\(-o-)/ しかし、ヨネちゃんの眼は竿先に集中しているみたい。 敬服です。
それから何分経ったのか、ヨネちゃんに声を掛けられて我に返りました。 どうやら私は爆睡していたようです。 『わり~わり~』などと言いながらソソクサと寝床へ入る花丸であります...

翌朝は尿意に負けて目覚めると時計は4:30を回っていました。 カレイの実績が高い干潮を迎える絶好のタイミング~!! 爆睡中のヨネちゃんを尻目に、私は気合いを入れて3本のタックルを準備、投魂開始です!

朝イチの3投は音もアタリもないままでしたが、リールを巻き始めると重さを感じます。 嫌な予感がしながら回収すると、白と茶色の丸い球状の物体が付いてました。 前夜はサメでしたが、今朝はチビアナゴにやられてしまいました(>_<) 丹精込めて作ったド派手仕掛けが白い粘液とともにグシャグシャになっております... ショック!!! 海水温がまだ高いのか、アナゴが掛ってくるようです。 こうなると明るくなるまで待つしかありません。 そうこうしているうちにヨネちゃんもお目覚めのようでしたが、起きるなり私のアナゴ被害を見てメチャメチャ楽しそうに笑ってます。 思わずフグっ面の私です。 

やがて日の出となって、強かった風も止んで普通の状態になりました。 出でよ!座布団!

腹が減っていたので得意の「七輪」を持ち出してお湯を沸かし、朝食としてアツアツのおでんを食すことに。 スーパーで売っているパックになった物ですが、これが冬場の釣りには欠かせません。 待つ身も釣果も寒かろうが、胃袋だけはホクホクでいたいものです(^^) 2人分なので具材も2個ずつ入っていて、仲良く半分コ...と思っていたら、私の器には大根もゴボウ巻きも卵もなく、昆布とコンニャクが2個ずつしか入っていない... ヨネちゃんの器を見ると、卵も大根もゴボウ巻きも美味しそうに2個ずつある!! 食い物の恨みは恐ろしいと言いますが、大の大人が岸壁で小競り合いを始めました。『俺にも卵をちょうだい! お願いっ! 頼みますぅ~!』  なんだこりゃ?

そんな子供のような2人のヤリトリを知ってか知らずか、私の3本並んだ真ん中の竿にアタリが来ました。 おでんバトルを中断してそ~っと聞き上げると、その瞬間に左の竿が大きくしなったと同時にグイッと一気に横向きになるではありませんか! 真ん中の竿はそっちのけにして、左の竿をガッチリ握って大きく煽ると、ブルッと確かな魚信が伝わってきます。 『よ~し!来たド~!!』と雄叫びを上げる私。 横にはおでんの卵を頬張るヨネちゃん(^^)

グリグリとリールを巻いて引き寄せ、ヨネちゃんにタモ入れしてもらったのは、まずまずのマコガレイです! サイズは37cm。 座布団とまではいきませんが、今シーズン初のまともなマコに思わずニコニコの私です。 隣には口に卵を入れているのか膨れっ面なのか、うらやましそうなヨネちゃんが居ました(^0^)
マコ、獲ったど~!!
200811161035000.jpg

それから昼まで魂を入れて粘りましたが、マコは2枚しか出ず無念のタイムアップとなりました。

堤防には結構多くの投げ師が並んでいるようだったので様子を見に行くと、いつもお世話になっているFC八戸メンバーがズラリと揃っていました。 挨拶しながら状況を聞いたらイマイチの様子ながらも、エロキャラのルイルイ殿が40cm近いマコをゲットしていました。 さすが投人! 敬服です!!
30分ほどYYGGと雑談したあとで、皆さんの釣果を祈りつつ帰路に着きました。

これからますます寒くなりますが、北のカレイは本番を迎えます。
座布団ゲットでホットな気分になりたいものですv(^^)v

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/66

コメント

でたぁ~!!! 久々のエンターテナー花丸さん。>^_^ ヨネちゃん曰く、私の表情はフグ以上のふくれっ面だったようです...

大笑いしましたよ~。(^。^)
しかし北の海はサメやらアナゴやら賑やかですね~。

六ヶ所村の防波堤は私も見ました。釣れそうですが、危険な場所でもあるようですね。
花丸さんの言われる通りに大バカな釣りは避けたいものです。

得意の「七輪」・・・・・・実は私も得意です。(~_~;)
冬の海には七輪は欠かせません。(^_-) 必需品です。

インスタントだろうが冷凍だろうがあの厳しい海でのホクホク料理はこれに優るものはないでしょう。どんな高級料理もかないませんね。

熱燗のお酒や焼酎も・・・たまりません。

しかし・・・おでんバトルとは。 竿のアタリかおでんか。
迷う気持ちも分かります。(~_~;)

北国の熱いバトルスピリットは博多にも届きました。

ぬくぬくとPCの前でいる私も負けてられませんよ~。 o(^-^)o

博多までおでんバトルの熱気が伝わりましたかっ!?

もうひとつのターゲットのヤリイカはまだ少し早いみたいで、狙っている人たちにも全く気配がありませんでした。
今週は二刀流で行こうかな~と思っています。

でも、天気予報が…雪です(>_<)
迷いながらも準備だけは進めておりますけどね…

花丸さんのブログTetsu殿に聞いてたどりつきました!あの日シャー苦地獄におちてたんですか
実はアソコ12月頃に港内車横付けチョイナゲででかマコが釣れると漁師から聞いた事あります
今度七輪7固並べてNight釣〜りング釣査しましょう!

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。