2008年10月10日

新製品・NEWエサラップ

blog.jpg

旧エサラップの欠点である繊維質素材は付け餌回収時にエサラップが残ってしまうということがありました。つまり旧エサラップは薄い布のようなもので溶けることができませんでした。
NEWエサラップは、厚手の素材の特殊な水溶性不織布ですので数十秒で溶けてなくなります。

海面に落ちたときも非常に早く水を吸い込みますので水和性も良くすぐに沈んで行きます。

エサ盗りの強さを調整する方法として、エサラップSを2枚巻いたり、エサラップMをぐるぐるに巻いたりして調整できます。

また、別売の溶ける糸タイムラインを上から巻けばしっかり包めて、より完璧なエサトリ対策及び遠投が可能になります。

キビナゴのように崩れやすい餌もエサラップとタイムラインで巻けば投げ竿で力一杯遠投しても外れることはありません。
使いたい餌で新たなポイントへの攻略もこれで可能になると思います。

実は、新たな使い方として船のカゴ釣りでタナまでコマセをもたせたいときにこのエサラップが良いというお言葉をいただきました。カゴの内側にあてるだけで良いとのことです。

用途開発は嬉しいですね~。(^。^)v

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/56

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。