2008年6月11日

コロダイ連発~再び長崎遠征

koro57.jpg

6月8~9日に前回、コロダイ65センチ+マダイ80センチが出た長崎県西海市のポイントへ夜の投げ釣りに再チャレンジしてきました。
潮周りは前回とほぼ同じ。チャンスタイムは午前0時すぎの満潮からの下げ潮だろうと読み、夕方からのんびり始めました。予想どおり上げ潮では全くアタリがなし~(^^;)ゞ。おまけに今回はかなりの量の流れ藻とゴミに悩まされました・・・。激流ポイントだけに次々と道糸に絡んできて釣りどころではありません(--メ)。たまに「なんか付いてる?」と上げてみればアカエイと海ヘビです・・・やむなく竿を1本にして満潮までエサと体力の温存を計る作戦に変更。

やっと上げ潮が止まり満潮を迎えた午前0時すぎ、緩めておいたドラグをジャーーーと鳴らす大きなアタリが!!ついに来た~と大アワセを入れます。竿に乗った!と思った次の瞬間に痛恨の針ハズレ~やっちゃいました・・・(--メ)。
しかしまだ下げ潮が流れるのはこれから。前回のパターンからもう一度は回遊のチャンスがあると読んで粘り強く攻め続けることに。午前3時過ぎに待望の本格的な下げ潮の激流が流れ出しました。時合じゃ~!この瞬間を待ってましたとばかりにたっぷりとイワムシを付けた仕掛けを再投入します。

しかしアタリが出ない・・・「今日はあのアタリ1発だけでボウズかよ~(-_-#)? 」とため息をついたら再びドラグがジャーーーーと鳴りました!!今度は落ち着いてアワセるとガッチリと針に乗りました。元気な抵抗は最初だけで意外と楽に浮いてきました。1発でタモ入れして引き上げるとコロダイ57センチでした(^o^)/。これでなんとかお土産が確保できてほっと一息。残りの餌で夜明けまで打ち返しましたが結局それ以降アタリはなく終了しました。

前回のサイズを超えることはできませんでしたが、これでこのポイントでのヒットパターンが把握できたので収穫大の釣行となりました。また来月にでも梅雨の晴れ間があれば、サイズUPを狙って再々チャレンジしてみます。

ちなみに釣ったコロダイはタタキとムニエルで美味しくいただきました(=^0^=)/。コロダイの腹身で作るタタキは最高ですよ~!

korotataki.jpg


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/27

コメント

執念の男 ぐるくんさん。
なに?しつこいって? その通りでしょう~。(^。^)

コロダイまたまたおめでとうございます。ぐるくんさんのコロダイ57cmがなんだか小さく思えるのは日頃の大物狙いのサイズが大きいからでしょう。

寝静まった夜中にバクバクドキドキしている泥棒のような釣りをしているぐるくんさんに今度私はついて行きたい。(^^ゞ

タタキとムニエルですかあ~。
いいっすね~。o(^-^)o

DETCHさん>

どうも、執念?の男ぐるくんです。
しつこい→じゃなくて「的確な読みと粘り」と言ってください!
泥棒のような→じゃなくて!「ハンターのような~」と言ってください!!

来月前半に早めの夏休みを入れてるんですが、九州が長雨なら思い切って貯まったマイルを使って南国・奄美大島へ飛んじゃおーかなーなんて考えてます。4月に出張した際に下見済みですからーo(^-^)o!
また釣行したらUPしますね~(^o^)/。

またもや大ヒットをおめでとうございます(^_^)。夏の奄美となると、いわゆるタマン、ハマフエフキの類でしょうか。ホオアカクチビみたいな口の赤い系もけっこう多いみたいですね。あれ、えげつないアタリと引きをするそうです。

WEB魚図鑑のスタッフをやってもらっているむらにぃこと村瀬さんが、研究のためにしばらく屋久島に住むことになったので、彼がいる間に一度、屋久島オフなんてのもいいなあと思っています。あそこも、夜釣りをかけたらフエダイ、ハマフエフキ系が釣れそうですね。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。