2008年5月24日

吹上浜のイメージは?

hukiagehama.jpg

こんな感じで50キロの砂浜が延々と続きます。
当然途中に堤防や港があったりしますがほんの数えるくらいしかありません。
「遠浅の浜だな~」とイメージ戴けましたでしょうか?

浜迷人のホームグラウンドです。
今までご紹介致しました画が浜迷人の行動エリアとなります。

内之浦の画は持ち合わせがありませんでしたのであしからずごめんなさい。
m(__)m

それでは皆様!
次回からは現地からのレポート報告と言うことで・・・・・・ヽ(^o^)丿

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gear-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/15

コメント

浜迷人さん初めまして、熊本の奮河口と申します。
出水市の北隣に住んでます。
良いところですよね~鹿児島!何処行ってもスケールの大きさ感じます。家族旅行も鹿児島ばっかり行ってましたよ。
先日も黒の瀬戸(長島)行きましたが、私の釣りが通用するような場所じゃありませんので、雄大な景色と魚料理堪能して帰りました。
そのうち移住したいな~
レポート楽しみにしております、今後とも宜しくお願いいたします。

奮河口様へ

早々のコメント有り難う御座います。

縁あってギアラボ様のブログに書き込みさせて戴く事になりました。
宜しくお願い致します。

案外と近いところにお住まいですね~(^^♪
「よっしゃ~きばって行くぞ~」と腰をあげたら来れる距離でごわす。
ヽ(^o^)丿

一緒にキス釣りできたらいいですね~(^.^)

浜迷人さんのホームグランドは50kmも続く浜。 凄すぎです。

ここで竿振りたいですよね。

いえいえ。この広さでは浜迷人さんのツアーガイドが必須ですね。
今年は絶対に行こうと思いますのでどうぞ宜しくお願い申しあげます。

DETCH様お待ちしますよ~(^^♪

今晩は 初めてコメントします
わいるどぼすと申します。
吹上浜を検索して 見つけました
私の住まいは 北関東の栃木県南部の 田園風景豊かな
いわゆる田舎です 数少ない海なし県に生息してます。
生まれは東京で 子供のころから父親にキスの投げ釣りに
連れて行かれ はっきりいって それしか知りません
成人してからは 父親と釣行するより やはり 女の子と遊ぶのが
楽しいですから その間は 釣りなどやろうとは思いませんでした
結婚して子供が出来き 仕事のしすぎで 体を壊し
趣味として 再び釣りを始めたのが 25歳の時です
実は家内は鹿児島の生まれで 生家は串木野に今でもあり
結婚して10年は毎年夏休みには鹿児島で釣り三昧です
目の前に 照島海岸 少し走れば 吹上浜 も少し走れば
内之浦 もちょっと 走れば 宮崎のサーフも すべて回りました
ただ 真夏の釣行ですから 被爆したみたいに 日焼けで苦労します
昨年のお盆休みに 久し振りに帰省しまして 息子と 運動場のキャンプ場前の浜で 下げ潮時間に ばくちょうしました
2人で 下げきる前に 140匹の釣果さすが 鹿児島って思いました
いつもは 潮温が上がりすぎ いまいち よくなかったのですが
2日間海が荒れた後の 3日目で 潮が混ざって 好い加減になったのか 4色ピッタリで入れ食い 始めたばかりの息子が バンバン釣るので 地元のおじさんが逃げ出しましたからね w

今年も 祖母の3回忌なので 帰る予定です とちぎナンバーの
白い車を見たら 声かけて下さい
も最盛期に入って そちらは 爆釣してるのでしょうね うらやましい限りです 房総半島は いまいち 釣果に恵まれません
早く そちらに行きたいです

浜迷人さん
内之浦のもっと 佐多岬方面へ どれくらいだろうか
走って行くと 陸橋みたいなのがあって そこを民家のほうに
下った所の ほんと 民家の玄関先を入っていくと ちょうど
車が4代くらいおける Pがあって そこの浜が 自分は日本一美し浜だと思ってます 釣れるキスは 脳みそまで透きとおり 魚体の美しさは
キスを超えたキスです 砂が 星の砂のような 白砂で 浜辺自体は
それほど 広くはないんです 急深で 大キスが必ず出るはずです
私は 真夏しか行ったことがないので 数は出ませんし 型も良くなかったですが いつでも行ける方なら この時期には絶対行くべきです
情報まで


おそらく ここらへんだと思います
http://map.yahoo.co.jp/pl?sc=3&lat=31.12.49.846&lon=130.46.14.012

峠道の途中から見えるので
写真UPしたいですね

間違えました
詳しい地図で見る
です

埼玉在住の70の爺です。故郷を離れて54年、吹上浜の砂浜部分が狭くなったと感じます。小生は今別府でした。子供のころは夏休みは
夜、亀の卵をオランダカマスに一杯捕って3個1円で魚やに売った記憶があります。又、釣りは夜釣りで「ニベ」釣りをした。昔のリールは針金製のリールで、投げてブレーキを掛けながらのテクニックが必要でした。モツレタラそれで終わり。懐かしいなー。皆さん宜しく。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。